2019年9月27日更新

『約束のネバーランド』が実写映画化!浜辺美波が命がけの“鬼ごっこ”で頭脳フル回転

浜辺美波写真集

週刊少年ジャンプの人気マンガ『約束のネバーランド』が2020年に実写映画化!浜辺美波を主演に迎え、異色の脱獄サバイバルストーリーが描かれます。気になるキャスト・あらすじなど最新情報を紹介!

目次

人気マンガ『約束のネバーランド』実写映画化が決定!浜辺美波を主演に迎えて送る、異色のサバイバルストーリー

白井カイウと出水ぽすかによる、週刊少年ジャンプの人気マンガ『約束のネバーランド』(略称・約ネバ)。本作が2020年に浜辺美波主演で実写映画化されることが決定しました! ジャンプ漫画の中でも異色のサバイバルストーリーが描かれ、「このマンガがすごい!」などの賞を受賞している人気作品です。 今回は、気になるキャストやあらすじなど最新情報をお届けしていきます!

映画『約束のネバーランド』あらすじは?命がけの“鬼ごっこ”が幕を開ける

『約束のネバーランド』の舞台となるのは、子供たちが幸せな暮らしを送る孤児院「グレイス=フィールドハウス」。(原作版では)12歳を迎えるまでに、子供たちが里親に引き取られることになっています。皆、その日を待ちながらも家族で仲良く過ごしていました。 ある日、里親に引き取られることが決まったコニー。彼女がハウスを出た後に、エマとノーマンは彼女の忘れ物に気づきます。2人はハウスの決まりを破り、決して近づいてはいけない「門」までコニーを追いかけることに。 しかしそこでエマとノーマンが見たのは、すでに亡骸になったコニーと、彼女の体を「食糧」と呼ぶ“鬼”の姿でした。実は孤児院は「食用児を育てる農園」で、子供たちの世話をするシスターは「飼育者」だったのです。 その事実に気が付いたエマ、ノーマン、レイの3人は、孤児全員でハウスを脱獄することを決意。遊びではない、命がけの“鬼ごっこ”が幕を開けます――。 実写映画版では、里親に引き取られる年齢が16歳に変更されています。もしかしたら、その他にも実写化に当たって設定が変わっているのかもしれませんね。実写版「約ネバ」は、いったいどんな映画に仕上がるのでしょうか?

原作版に関する記事はこちら

メインキャストを紹介!

ここからは、実写映画版「約ネバ」でメインキャストを務める3人を紹介していきます。エマ役には浜辺美波、レイ役に城桧吏、ノーマン役に板垣李光人と、フレッシュなメンツが揃っています。それぞれ登場人物・キャストを、公式ホームページのコメントとあわせて見ていきましょう!

エマ/浜辺美波

エマは、グレイス=フィールドハウスの最年長3人組のひとり、学習力と運動神経が優れている人物です。ハウスの中では年少の子どもたちの世話係で、面倒見のよい性格。 そんなエマを演じるのは、浜辺美波です。彼女はもともと「約ネバ」のファンだったそう。そのため作品に対する愛も熱く、「私の中にある原作愛を原動力にすることで、(美しい世界観を表現することの難しさに対する)迷いを乗り越えて、エマを演じることが出来て良かったと思えるようになりました」と公式コメントを発表しています。 浜辺は2000年8月29日生まれの女優。2011年の東宝シンデレラオーディションでニュージェネレーション賞を獲得したことをキッカケに芸能界デビューしました。 ドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(2015年)や、『賭ケグルイ』(2018年)、映画『君の膵臓をたべたい』(2017年)など、実写化作品に多く起用されヒロインを務めています。

レイ/城桧吏(じょうかいり)

城桧吏『万引き家族』
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro. ​

レイは、エマとノーマンと同じくグレイス=フィールドハウスで最年長の少年。明るい性格のエマと違って常にクールで、周りをよく観察している知識人です。 そんなレイを演じるのは、城桧吏(じょうかいり/画像左)。城は「よりレイに近づけるように大人の人と話す機会を作ったり、監督から教えてもらった作品を観たりなど、色々な準備をしながら学んできました」と、本作に対する意気込みが伝わるコメントを公式発表しています。 城桧吏は2006年9月6日生まれの俳優。7歳の時から芸能活動を始め、ダンス・ボーカルグループ「スタメンKiDS」のメンバーとしても活躍しています。2018年映画『万引き家族』に出演し、一躍注目の的になりました。2020年には映画『都会のトム&ソーヤ』で主演することが決まっており、今後の活躍が期待される子役です。

原作版に関する記事はこちら

ノーマン/板垣李光人(いたがきりひと)

ノーマンは、グレイス=フィールドハウスでも史上まれにみる頭脳をもつ天才とされる人物です。誰よりも優しく穏やかな性格で、戦略家な一面はエマやレイにも一目置かれています。 そんなノーマンを演じるのは、板垣李光人(いたがきりひと)。板垣は、「自分がやるべきことは2つ。原作を愛しておられるみなさまに最上級(フルスコア)なものをお届けできるよう頑張ること。GF(グレイス=フィールドハウス)のみんなを心から愛して脱獄に導くこと」と、謙虚な姿勢で役に打ち込んでいることが分かるコメントを公式発表しています。 板垣は2002年1月28日生まれの俳優。2歳のころからモデル活動をしていましたが、小学5年生の時から子役として本格的な活動を始めることに。過去には、2018年映画『悪と仮面のルール』などに出演しています。

原作版に関する記事はこちら

映画『約束のネバーランド』は2020年冬に公開予定!追加情報をお見逃しなく

今回は実写映画版『約束のネバーランド』について、あらすじやキャストなど最新情報を紹介しました。 週刊少年ジャンプの中でも、独特の世界観を描くサバイバルストーリーが、実写版ではどのような仕上がりになるのか。 本作の公開は2020年冬に予定されています。これからも追加情報がどんどん出てくると思われるので、お見逃しなく!