2020年1月18日更新

実写映画『弱虫ペダル』最新情報を紹介 永瀬廉が坂道を演じる【あらすじ・キャスト】

実写映画『弱虫ペダル』永瀬廉(自転車練習写真)
(C)2020「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008

大人気スポーツ青春マンガ『弱虫ペダル』がいよいよ実写映画化!大人気のキャストを迎え、期待高まる本作について、キャストの再現度から最新情報までお伝えします!

目次

大人気スポーツ青春マンガ『弱虫ペダル』が実写映画化決定

サイクルロードレースに青春をかける高校生たちを描いた大人気スポーツ漫画『弱虫ペダル』。これまでアニメ、アニメ映画、小説、舞台、ゲームなどさまざまなコンテンツでメディアミックスを展開してきた本作が、いよいよ実写映画化! 今回は、「弱ペダ」の概要やあらすじ、そして気になる実写映画版キャストの再現度など、最新情報をお伝えします!

マンガ『弱虫ペダル』の概要・あらすじ

2008年から週刊少年チャンピオンで連載が開始された『弱虫ペダル』。2015年には講談社漫画賞・少年部門を受賞しました。2013年10月から放送が始まったテレビアニメも2018年には第4期が放送され、高い人気を誇っています。

『弱虫ペダル』のあらすじ

千葉県立総北高校の新入生、小野寺坂道(おのでら・さかみち)は、アニメやフィギュアを愛するオタク少年。彼はある日、同級生の今泉俊輔に自転車レースを申し込まれます。 中学から自転車レースで活躍していた今泉は、千葉から秋葉原まで自転車で通っていた坂道の脚力を見込んで自転車競技部に誘ったのでした。その後、坂道は自転車レースに魅せられ、チームの仲間とともにインターハイを目指します。

キャストの再現度が気になる キンプリ永瀬廉が主人公坂道を演じる

主人公・小野寺坂道(おのでら さかみち)を演じるのは永瀬廉(King & Prince)!

実写映画『弱虫ペダル』永瀬廉(自転車練習写真)
(C)2020「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008

実写映画で主人公の小野寺坂道(おのでら さかみち)を演じるのは、King & Princeの永瀬廉です。2013年の『信長のシェフ』や『俺のスカート、どこ行った?』(2019年)などのドラマに出演した永瀬は、2019年の映画『うちの執事が言うことには』で初主演を務めました。 原作では、小柄で童顔、眼鏡をかけている坂道。永瀬とは見た目の印象が違うように思いますが、作中での再現度に期待したいところ。坂道のような真っ直ぐな性格や熱さは、監督のお墨付きです。 永瀬は本作の見どころについて、「一つの競技に一生懸命になっている選手たちは、キラキラしていて本当にかっこいいんです!その魅力を映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。僕も弱虫にならないように(笑)、自転車練習を頑張ってますので、是非この夏を楽しみにしていてください。」と語っています。

坂道の良きライバル今泉俊輔(いまいずみ しゅんすけ)役には伊藤健太郎が扮する

伊藤健太郎
(C)2020「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008

坂道を自転車競技部に誘う同級生・今泉俊輔(いまいずみ しゅんすけ)を演じるのは、『今日から俺は!!』などへの出演で知られる伊藤健太郎。 原作では、シャープな顔立ちが特徴的な今泉。伊藤も目元や輪郭がシャープな印象なので、再現度は高いといえるのではないでしょうか。 伊藤は本作への出演について「漫画やアニメなどでとても人気のある作品に出させていただける事がとても嬉しいです。また監督の三木さんともご一緒するのが2回目で信頼できる方なので今から楽しみです。原作を飛び越えた実写ができればと思っていますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。」と意気込みを語っています。

ヒロインの寒咲幹(かんざき みき)を演じるのは橋本環奈!

橋本環奈
(C)2020「弱虫ペダル」製作委員会 (C)渡辺航(秋田書店)2008

自転車競技部のマネージャーでロードレース観戦が趣味の寒咲幹(かんざき みき)を演じるのは、大人気女優・橋本環奈です。 黒髪の美少女・幹の外見は、橋本に似ているように見えます。また、自転車競技部の部員たちを見守る彼女は、観客といちばん近いところにいるキャラクター。その魅力を橋本が同表現するのかも見どころになるでしょう。 原作のファンだという橋本は、その魅力を「学生時代のこれぞ青春!というような瑞々しさ溢れる物語で、こぼしたくない一瞬一瞬を繊細に丁寧に描かれていて、それに加え自転車レースという題材からも重要な要素となるスピード感溢れる絵がとても大好きです!」と解説。 また、本作への出演については「私はこの部をなにかと支える自転車オタクの役をやらせて頂きます。実写化されるにあたって、この魅力あるヒロインとして参加出来る事を今からとても楽しみにしています。」と意気込みを語りました。

監督は三木康一郎

実写映画『弱虫ペダル』の監督は、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(2016年)や『“隠れビッチ”やってました。』(2019年)などで知られる三木康一郎。 三木は「原作が持っている疾走感や熱量、あと登場人物たちの熱い想いをリアルに映像としてどう伝えていくのか?そう考えたとき、まず自分自身が登場人物たち以上の熱量を持って挑む!というなんだか少年漫画のような結論に至ってしまいました。」と本作への意気込みを語っています。 また、主演の永瀬については「主演の永瀬廉さんとは初めてですが、彼が持つ素直なところや、まっすぐなところ、しかし、その奥にある強さや熱さなんかを、主人公の小野田坂道を通して、みなさんに伝えられればと思っています。」ともコメントしました。

実写映画『弱虫ペダル』は2020年8月14日(金)公開

待望の実写映画化が決定した『弱虫ペダル』は、2020年8月14日(金)に全国公開となります。今後もそのほかのキャストの発表など、続報を楽しみにまちたいですね!