2021年1月15日更新

Netflix『全裸監督』シーズン2配信が決定!新ヒロインは恒松祐里に【あらすじ・キャスト】

Netflixオリジナル『全裸監督』シーズン2 ヒロイン役 恒松祐里
©︎Netflix

“放送禁止のパイオニア”こと村西とおるを題材にした、Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』。その続編となる「全裸監督2」が、2021年に配信されることになりました!この記事では続投キャストや新ヒロインなどを紹介しつつ、前作もおさらいしていきます。

目次

Netflix『全裸監督』シーズン2の配信が決定!気になる新ヒロインは?

衝撃のタイトルと、主演の山田孝之がブリーフ一丁でカメラを構えたポスタービジュアルで、視聴者の度肝を抜いたNetflixオリジナルシリーズ『全裸監督』。 本作は2019年8月に全世界へ向けてNetflixで独占配信され、アジア圏を中心に海外でも注目されています。 そしてこのたび、続編となる「全裸監督2」が2021年内に配信決定!恒松祐里(つねまつ ゆり)演じる新ヒロインや続投キャストについてなどなど、気になる最新情報をお届けします。

『全裸監督』のあらすじ アダルトビデオで勝機を見出せ!

バブル景気に沸いた1980年代、北海道で英語教材を扱う営業マンをしていた村西とおる。彼は独特の営業トークを編み出し、売上トップにのし上がります。 しかしある時、会社が倒産してしまい、さらに妻の不倫が原因で離婚。失意のどん底に落ちた村西とおるは、スナックで出会ったトシの誘いに乗り、アダルト業界へ進出します。そこで思わぬ才能を発揮し、成人向け雑誌の流通・販売業を経て、AV(アダルトビデオ)メーカーを設立しました。 彼はアイデア力と行動力で妨害に打ち勝ち、性革命を目指すのですが……。 商売敵や警察との規制をめぐる対立、のちに伝説のAV女優となる運命の女性・黒木香との出会いを通して、村西とおるの生き様を追いかけます。

アメリカ当局に保釈金を払い、日本へと帰国した村西とおる。しかし保釈金の一部は、トシがヤクザに裏ビデオを流して得たものでした。薬に手を出していたことも発覚し、彼はすり寄るトシを断腸の思いで突き放します。 警視庁は元号の改元に伴う一斉摘発で、最大手AVメーカーの池沢社長とトシを逮捕。トシは刑期を終えてヤクザになり、池沢は獄中で自殺しました。 シーズン1は村西とおるがカメラを背負い、黒木の新作の撮影に臨むところで幕を下ろすのでした。

新ヒロインには恒松祐里が抜擢!葛藤の末、問題作に挑むことに

Netflixオリジナル『全裸監督』シーズン2 ヒロイン役 恒松祐里
©︎Netflix

「全裸監督2」のヒロインとなるのは、美容部員からAV女優になる乃木真梨子。黒木との関係が変化しつつある村西の前に現れ、創作意欲を刺激する新たな運命の女性です。 新ヒロインに抜擢されたのは、2021年度前期放送の連続テレビ小説『おかえりモネ』への出演も決定し、躍進を続ける若手女優・恒松祐里。彼女は子役としてキャリアを重ね、近年はドラマ『真田丸』(2016年)や『凪待ち』(2019年)などの話題作に出演しました。 本作への出演について、「オファーを頂いた時は本当に驚き、沢山悩みました。でも怖いとか逃げたいよりも、やりたい。逃したく無い。が勝ちました」と葛藤にも触れつつ、意気込みを語った恒松。清純派女優のイメージを覆し、どんな演技を見せるのか注目ですね!

『全裸監督』の出演キャストをまとめておさらい!

村西とおる/山田孝之

『全裸監督』山田孝之
©︎Mio Hirota/Netflix

アダルトビデオ黎明期に、型破りなスタイルで時代の寵児となったAV監督・村西とおる。営業マンだった彼はヤクザや警察と渡り合い、アダルト業界に革命を起こします。一方で、トップに上りつめるまでも、登りつめてからも順風満帆ではありませんでした。 そんな村西監督を演じるのは、前作に引き続き山田孝之です。彼は映画プロデューサーや実業家、ミュージシャンとしての顔も持ち、活躍の場を広げてきました。 これまでには「闇金ウシジマくん」や「勇者ヨシヒコ」シリーズ、映画『50回目のファーストキス』(2018年)などに出演しています。本作では西村の外見から独特な話し方、そのカリスマ性まで再現し、山田の新たな代表作となりました。 その堂々たる演技は海外でも評価され、2020年の釜山国際映画祭アジアコンテンツアワード第1回授賞式にて、最優秀男優賞を受賞しています。

黒木香(佐原恵美)/森田望智

佐原恵美は厳格な母のもとで育ち、自分を抑圧して生きてきたエリート女子大生。イタリア留学の資金を稼ぐためAV女優を志し、「黒木香」の芸名でデビューしました。 村西に大きな影響を与えた運命の女性、黒木香役は森田望智(もりた みさと)が続投します。前作では大抜擢の末、わき毛を大胆に露出し、卑猥な言葉を連呼して有名になった黒木を完璧に再現。濡れ場にも“体当たり”の演技で挑み、一躍時の人になりました。 その活躍ぶりは『情熱大陸』でも取り上げられ、近年はドラマ『Iターン』(2019年)や『恋する母たち』(2020年)などの話題作に出演しています。

荒井トシ/満島真之介

『全裸監督』満島真之介
©︎Mio Hirota/Netflix

営業マンだった村西をアダルト業界に誘い入れ、相棒的な存在となる荒井トシ。警察に追われる身になりながらも、ともにのし上がっていく役どころです。 トシ役で続投する満島真之介は、映画『三度目の殺人』(2017年)などの注目作に出演し、2021年2月放送の大河ドラマ『青天を衝け』への出演も決定した実力派。 『全裸監督』では、これまでのさわやかな好青年のイメージから一転、裏の世界を生きるチンピラを熱演しました。

川田研二/玉山鉄二

『全裸監督』玉山鉄二
©︎Mio Hirota/Netflix

川田研二は元出版社社長で、村西とは雑誌の流通・販売業時代からの付き合い。優れた営業力を発揮し村西と手を組みますが、警察に賄賂を渡す豪胆さも持っています。 川田役で続投する玉山鉄二は、『マッサン』(2014年)で連続テレビ小説に初出演、19年ぶりの男性主人公を演じて話題になりました。そのほかに『西郷どん』(2018年)やドラマ「BOSS」、映画「NANA」シリーズなどへの出演でも知られています。

三田村康介/柄本時生

黒澤映画に憧れていたはずが、なぜかAV制作に携わることになる三田村康介。村西の撮影チームに参加し、おもに音声を担当しています。 三田村役は柄本時生が前作から続投。父である柄本明や兄の柄本佑らとともに、一族揃って第一線で活躍する個性派俳優です。2020年7月に公開された、巨匠・大林宣彦監督の遺作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』にも出演しました。

モデルとなった“放送禁止のパイオニア”村西とおるとは

主人公のモデルは、AV業界の黄金期を築いた村西とおる(本名・草野博美)です。彼は高校卒業後に上京し、英会話教材などの営業マンをしていました。 営業では優秀な成績を収めたものの、出張続きのうちに妻が不倫し、そのまま離婚。1970年代はゲーム機の設置・販売業を経て、後に「裏本」の制作・販売業に転身します。この裏本とは、当時非合法に流通していたアダルト写真集のこと。 草野はアダルト雑誌業界で大成功しますが、1984年に猥褻図画販売容疑で逮捕されました。同年に執行猶予付きで保釈され、「村西とおる」の芸名でAV監督デビュー。 1988年にはAVメーカー「ダイヤモンド映像」を設立し、トップ女優たちを発掘します。自ら監督と男優、カメラマンを兼ねて実際に本番を撮影し、“放送禁止のパイオニア”と呼ばれた村西。黒木香とともに地上波のテレビ番組にも進出し、数多の伝説を生みました。 一時は50億円もの借金を抱え、ついた前科は何と7犯!そんな波乱万丈の半生を、公私において30年以上の交流がある本橋信宏が評伝としてまとめ、2016年に出版しました。その『全裸監督 村西とおる伝』を原作に、脚色を加えて映像化したのが本作なのです。

引き続き「全裸監督2」で総監督を務めるのは、武正晴

武正春
©ciatr

「全裸監督2」でも、前作に引き続き武正晴(たけ まさはる)が総監督を務めます。 これまで安藤サクラ主演の映画『百円の恋』(2014年)や「嘘八百」シリーズ、『ホテルローヤル』(2020年)などの作品を手がけた武監督。驚くほど人間臭く、泥臭いキャラクターたちを、生々しくも魅力的に描いてきました。 武監督はアダルトビデオ屋の店員だったこともあり、黒木香の人気っぷりをリアルタイムで体感していたそうです。彼女が出演した『朝まで生テレビ!』を学生エキストラとして偶然観覧した際の印象などを脚本チームへ伝えたそうで、演出にも反映されました。 またエピソード監督も前作と同じく、「かぐや様は告らせたい」(2019年)の河合勇人、『ミッドナイトスワン』(2020年)の内田英治が担当します。

『全裸監督』シーズン2は2021年にNetflixで全世界独占配信!

AV業界で一時代を築いた村西とおると、彼の仲間たちが過ごした青春、そして日本中が熱狂する様を描くサクセスストーリー『全裸監督』。一躍業界の風雲児となり、AVに革命を起こした村西を待ち受けるものとは?続編もますます目が離せません! ファン待望の『全裸監督』シーズン2は、2021年にNetflixで全世界独占配信されます。ciatrでは続報が入り次第お届けしていきますので、ぜひ引き続きチェックしてくださいね。