2021年2月24日更新

「ハリー・ポッター」が実写ドラマ化!?最新情報から見えてくる制作の可能性

クィディッチ  ハリーポッター
©︎Warner Bros./Photofest/zetaimage

大人気シリーズ「ハリー・ポッター」に実写ドラマ化の噂が!ワーナー・ブラザースとHBO Maxは否定しているものの、ドラマ化の可能性は高い模様。その根拠となる情報や、ハリー役ダニエル・ラドクリフの発言を徹底解説します。

「ハリー・ポッター」ドラマ化って本当?気になる最新情報をお届け!

『ハリー・ポッターと賢者の石』ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン
©︎ WARNER BROS./zetaimage

米メディア『Variety』は2021年1月25日付の記事で、ワーナー系列の動画ストリーミングサービスHBO Maxにおいて、「ハリー・ポッター」の実写ドラマ化の計画が進められていると報じました。 この記事によれば、映画シリーズを手掛けたワーナー・ブラザーズ、HBO Maxのいずれも制作を否定していますが、「複数の脚本家と交渉中」「複数の情報筋がプロジェクトの初期段階にあると明かしている」とのこと。 果たして実写ドラマは制作されるのでしょうか?

「ハリポタ」実写ドラマ制作の可能性を徹底予想

『ハリー・ポッターと死の秘宝』ロン、ハリー、ハーマイオニー(ルパート・グリント、ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン)
©︎ Warner Bros./Photofest/zetaimage

ciatr編集部では、「ハリー・ポッター」の実写ドラマ化の可能性はかなり高いのではないかと予想しています!その根拠となる情報を解説していきましょう。

根拠1:ストリーミングサービス向けのスピンオフドラマがアツい!

まず「映画スタジオが傘下のストリーミングサービス向けにヒット作のスピンオフドラマを制作する」のが、1つのトレンドとして盛り上がっていることが理由に挙げられます。

例えばウォルト・ディズニー・スタジオ傘下のルーカス・フィルム。「スター・ウォーズ」シリーズ初となる実写ドラマ『マンダロリアン』を制作し、2019年からストリーミングサービスDisney+で配信をスタートして人気を博しているのです。

根拠2:HBO Maxもヒット作のスピンオフドラマを続々制作!

「ハリー・ポッター」を制作するワーナーメディア傘下のHBO Maxでもこの動きが見られます。ワーナー・ブラザースの大人気作品のスピンオフドラマが続々と制作されているのです!

2022年公開予定の映画『ザ・バットマン』のスピンオフドラマの配信が決定したほか、メガヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のスピンオフドラマや「セックス・アンド・ザ・シティ」のリブート版ドラマの制作が進められています。

こうした状況を踏まえると、「ハリー・ポッター」の実写ドラマ化の可能性はかなり高いと言えるのではないでしょうか。

ハリー役のダニエル・ラドクリフもドラマ化を予想していた?

ダニエル・ラドクリフ
©WENN.com/zetaimage

映画シリーズで主人公ハリー役を務めたダニエル・ラドクリフは、以前から各メディアに対しドラマ化を予期するかのようなコメントを残しています。 米ウェブサイトIGNのインタビューでは、「僕が最後のハリーというわけではない」と発言。リブート化されたら「絶対に観たい」と期待感を示しました。 また英ウェブサイトTV Guideのインタビューでは、「私が生きているうちに、別バージョンがあると思う。現状では映画シリーズが神聖化されているが、それもいつかは色あせる」と興味深い分析を披露しています。 そして、「(ハリー・ポッターの世界から)テレビドラマにできるほかの物語が、確実にある」とも語っているのです。

広がり続ける「ハリポタ」の世界!「ファンタビ」や「呪いの子」はもうチェックした?

ファンタビ  ファンタスティック・ビースト ニュート
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

2011年の「死の秘宝 PART2」で映画シリーズが完結した後も「ハリポタ」の世界は広がり続けており、その人気はとどまるところを知りません。 スピンオフとして、2016年からエディ・レッドメインを主演とする映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズ(通称・ファンタビ)がスタート。同年には、原作小説の後日談が描かれる舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』がロンドンで上演されました。 「ファンタビ」は全5部作が構想されており、2018年の第2弾に続いて、第3弾が2022年に公開予定。「呪いの子」も2022年夏、東京・TBS赤坂ACTシアターで上演されます。 ぜひ過去作をチェックしたうえで、2022年を楽しみに待ちましょう。

「呪いの子」と「ファンタビ」の最新情報はこちらをチェック!

「ハリー・ポッター」実写ドラマ化の続報に期待!

今回は米メディアの報道を皮切りに盛り上がりをみせている「ハリー・ポッター」の実写ドラマ化の噂について、最新情報をまとめました。 特に“本家”の映画版で主役を務め、ハリーのイメージを定着させたダニエル・ラドクリフが、インタビューでテレビドラマ化に太鼓判を押す発言をしていることに期待感が高まりますね。 ciatr編集部ではこれからも最新情報をお届けしていきますので、続報をお楽しみに。

「ハリポタ」シリーズを無料で観返したい人はこちらをチェック!