2020年11月13日更新

「ファンタビ」リタ・レストレンジの生い立ちや秘密は?遺した言葉の真意を徹底考察【ネタバレ】

ファンタビ リタ・レストレンジ
©︎Warner Bros./Photofest/zetaimage

「ハリー・ポッター」のスピンオフである「ファンタビ」シリーズの中で登場する謎の女性、リタ・レストレンジ。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では写真だけの登場でしたが、続編ではより深く物語に関わっていくリタについてまとめました。

目次

「ファンタスティック・ビースト」の謎多き女性 リタ・レストレンジとは

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 リタ・レストレンジ
©︎WARNER BROS.

小説、および実写映画が世界中で大ヒットとなったファンタジー作品「ハリー・ポッター」シリーズ。その作者J・K・ローリングが次に手がける作品が「ファンタスティック・ビースト」、通称「ファンタビ」シリーズです。 「ファンタビ」シリーズの舞台は「ハリー・ポッター」の約70年ほど前の世界ということで、「ハリー・ポッター」シリーズに関係していそうな人物がたくさん登場しています。 その中の1人が、リタ・レストレンジという女性。ミステリアスな彼女について、気になる情報をまとめました。 ※本記事には『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の結末に関するネタバレを含みます。本編を未鑑賞の方はご注意ください!

純血の魔女家系に生まれた?リタ・レストレンジのプロフィール

リタが生まれたレストレンジ家は、魔法使いとして純血を保っている家系です。彼女は1908年から1916年までホグワーツ魔法魔術学校に在籍、スリザリンに所属していました。 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、ニュートが飾っている写真の中でしかリタは登場していません。しかしニュートと親しくなる魔女クイニーによると、リタの性格はかなり複雑なものだそうです。 またリタは“奪う人”であるともクイニーは語っており、非常にミステリアスな存在でした。 そんな彼女も、続編となる『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では主要キャラクターの1人として登場。そこで明かされた過去や秘密、そして謎に迫ります。

リタ・レストレンジとニュート・スキャマンダーはかなり親しい関係?

ファンタビ  ファンタスティック・ビースト ニュート
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

ニュート・スキャマンダーは「ファンタビ」シリーズの主人公の魔法生物学者です。 彼とリタはホグワーツ魔法魔術学校で共に勉強していた同級生でした。周りの生徒からは浮いていた2人でしたが、そのこともあってか、とても親しい間柄だったのです。 しかし1913年に、リタがジャービーという大きなイタチに似た魔法動物を使った実験に失敗。同級生の命に危険が及ぶほどの大事故に発展してしまいます。彼女は退学処分になりかけますが、ニュートは彼女を庇い、代わりに自分が退学させられてしまいました。 このことからニュートは、同じはぐれ者だったリタに対して特別な思いを抱いていたことが伺えます。おとなになった今でもリタの写真を持っていることが、いまだに彼女に対しての想いを捨てきれていないことを表しているのです。

ニュートの兄 テセウスと婚約!兄弟の確執はこのせいかも?

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 リタ・レストレンジ
©︎WARNER BROS.

しかしリタはなんとニュートではなく、彼の兄であるテセウス・スキャマンダーと婚約したのです! テセウスは軍神と讃えられるほどの優秀な魔法使いであり、闇祓い。グリンデルバルドを捕らえるために英国魔法省から協力を求められるほどの存在でもあります。 リタは英国魔法省の魔法法執行部部長の補佐という役職についており、公私ともにテセウスのパートナーとなっています。彼らが婚約した経緯は未だ明かされていませんが、仲が良かったはずのスキャマンダー兄弟の関係がギクシャクしてしまった原因は、どうやらここにありそうですね。

「ファンタスティック・ビースト2」で明らかに!失踪した弟の真相は?

クリーデンス ファンタビ ファンタスティックビースト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

リタの父親で愛を知らなかったコーヴァス4世は、初めて生まれた男の子であるコーヴァス5世に対し、一心に愛情を注ぎました。一方のリタは蔑ろにされたため、赤ん坊のコーヴァスの存在が面白くなかったようです。 そしてある日、レストレンジ家に仕えるハーフエルフのアーマ・ドゥガードに連れられ、子供だった2人は渡米。しかしその際に乗っていた船が、海難事故に遭ってしまいます。船内が慌ただしくなる中で、リタはコーヴァスを近くの客室にいた他人の赤ん坊とすり替えたのです。 すり替えられた赤ん坊はアーマによってベアボーンに養子として預けられ、本当のコーヴァス5世は溺死しました。本作では当初、クリーデンスこそがこのコーヴァス5世なのではないかという説がありましたが、クリーデンスはリタがすり替えて一緒に渡米した他人の赤ん坊の方だったのです。 リタはこのことを誰にも言わず、罪の意識をずっと背負いながら生きてきました。

白い布を怖がっていた理由も明らかに

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、ホグワーツ時代のリタ・レストレンジが登場するシーンも。その中でリタは、その人自身が怖がっているものへと変身できるまね妖怪(ボガート)を、リディキュラスで倒さなければならない授業を受けています。 まね妖怪は、リタの順番になると白い布へと変身しました。リタが白い布を怖がる理由もまた、リタの弟であるコーヴァスが関係していたのでした。 弟のコーヴァス5世溺死してしまったその時、赤子であった彼は白い布に包まれていたのです。そのことをきっかけに、白い布はリタにとってトラウマのような存在となっていました。

「ファンタスティック・ビースト2」で悲しい死を遂げることに

グリンデルバルド ファンタビ ファンタスティックビースト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

そんなリタはクィニー曰く「奪う人」でしたが、レストレンジ家の中では比較的愛情深く、良心的なタイプだったのではないでしょうか。 スリザリン生でありながらも闇の魔法使いグリンデルバルドと対峙し、常に魔法省側の人間でした。そしてグリンデルバルドがレストレンジ家で行った集会に、ニュートとティナとともに向かいます。 しかし、それはグリンデルバルドの罠でした。その場に集ったみんなの命が危険に晒された時、リタは愛するニュートとテセウスを守るために、ヴィンダ・ロジエールの持っていた頭蓋骨を破壊。さらにはグリンデルバルドにも攻撃を仕掛けます。 彼らが逃げるための時間稼ぎとして自らが犠牲となり、最終的にグリンデルバルドの操る炎によって焼死してしまうのでした。

【考察】ラストで遺した「愛してる」の言葉の意味って?

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(ファンタビ2)』カラム・ターナー、エディ・レッドメイン(テセウス・スキャマンダー、ニュート・スキャマンダー)
©︎ WARNER BROS./zetaimage

先述の通りリタは「ファンタビ2」で亡くなってしまいましたが、彼女にまつわる謎はまだまだあります。まず、彼女はなぜテセウスと婚約したのでしょう。これは本作で語られることがなく、おそらく今後のシリーズでもう少し詳細に事情が明かされることが考えられます。 もともと、リタはニュートのことが好きでした。それは、ホグワーツ時代に机の下に残した落書き「L+N」からも明らかです。その落書きに触れながら涙を流していたリタ。テセウスと婚約したあともニュートを想っていたことが伺えます。 彼女は最期にテセウスとニュートに向かって「愛している」と伝えていましたが、映像を見る限りどちらに対しての言葉なのかはわかりません。 2人ともに伝えたのかもしれませんし(テセウスのことも婚約するぐらいなので好きだったはず)、あるいはニュートに伝えたかったのかもしれません。

彼女が抱える最大の謎!今後レストレンジ家はどのように繁栄するのか?

ベラトリックス・レストレンジ/ヘレナ・ボナム・カーター
© Warner Bros Pictures/LMK/zetaimage

「ファンタスティック・ビースト2」で残された最大の謎は、レストレンジの家系図についてです。 2作目の時点では、レストレンジ家の子供はリタとコーヴァス5世のみでした。しかしコーヴァス5世はまだ幼い頃に溺死したことが明らかになるので、リタのみが生き残りだったはずなのです(リタの異父兄弟ユスフは、カーマ家の人間)。 しかしそのリタも本作のラストで死亡! 彼女が死んだのであれば、「ハリポタ」シリーズで登場するベラトリックス・レストレンジ(旧姓ブラック)が結婚したロドルファス・レストレンジの親はいったい誰なのか、説明がつかないのです。年代的に、仮にコーヴァス5世が生きていればロドルファスの祖父にあたるはず。 映画の中で確認できた以外のレストレンジ家の人物がいるのであれば話は別なのですが、今後のシリーズの中で明確になるのでしょうか。

そもそもレストレンジ家ってどんな家系?

レストレンジ家は、ブラック家やゴーント家、マルフォイ家などと同様に純血の家系です。 彼らはマグルに対する差別的意識を持っており、親や祖父母にマグルがいる相手とは、結婚を頑なに許しません。そのためレストレンジ家のみならず純血に固執する家系は、種族の繁栄に関しては苦労しているようです。 またレストレンジ家では、女性に対する扱いもあまり良いものではない様子。家系図に記された女性たちは、立派なポートレートで描かれている男性たちとは異なり、名もなき花として描かれています。

リタ・レストレンジを演じるのは、女優のゾーイ・クラヴィッツ

ゾーイ・クラヴィッツ
©FayesVision/WENN.com

リタを演じたのはアメリカ出身の女優でモデル、ゾーイ・クラヴィッツです。彼女の父はシンガーソングライターのレニー・クラヴィッツ。彼女も歌手として活動しています。 女優デビューは2007年の『幸せのレシピ』。デビュー作からキャサリン・ゼタ=ジョーンズやアーロン・エッカートといった大物と共演しています。2011年の『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』では、ミュータントであるエンジェル・サルバドーレ役を演じました。 「ファンタビ1」では写真だけの登場でしたが、「ファンタビ2」ではゾーイ・クラヴィッツが演じるリタの様々な姿をみることができます。 また吹き替え版では、アニメ作品や海外作品で活躍する森なな子が担当しています。

「ファンタビ3」でリタ・レストレンジの残した謎は解明されるのか?

ファンタスティックビースト2 プレス画像
©2017 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © JKR.

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で明らかになったリタ・レストレンジの過去。 しかし家系図やスキャマンダー兄弟との関係など、より謎が深まってしまった点もあります。彼女亡き後のシリーズでこういった謎の数々が説明されるのか、気になるところです。