2021年3月31日更新

『東京ミュウミュウ』を全巻あらすじネタバレ解説!アニメでも地球の未来にご奉仕するにゃん!

東京ミュウミュウ

『東京ミュウミュウ』が2022年に再び新作アニメとして帰ってきます!この記事では『東京ミュウミュウ』全7巻のあらすじをネタバレありで徹底解説します。声優やキャラの紹介もしているので是非最後まで読んでみてくださいね。

目次

『東京ミュウミュウ』を全巻ネタバレ解説!地球を守る少女達がかっこいいっ

『東京ミュウミュウ』は2000~2003年に「なかよし」で連載されていた美少女戦隊漫画。絶滅危惧種の動物の遺伝子と合体した美少女5人が地球の敵と戦う物語です。 2022年に完全新作アニメとして放送されることが決定している『東京ミュウミュウ』について、この記事では全巻のあらすじをネタバレありで徹底紹介!新作アニメに向けて、あらすじや主要人物を把握しておきましょう。

\2002年放送のアニメを観たい人はこちら/

【1巻ネタバレ】いちごがミュウミュウに変身!?

eeeeeeeeee

主人公の桃宮いちごは中学生の女の子。学校一のイケメン・青山雅也との念願のデートで「絶滅動物展」に訪れた彼女は、突然の地震の衝撃と共に不思議な光に包まれます。意識を失っている間、彼女は猫が自分の身体に入った夢を見ていました。 青山に介抱されて目が覚めたいちごでしたが、それからというもの慢性的な眠気に襲われたり、急に身体が身軽になったりするなど、彼女の身に異変が起こり始めます。 そんな中、青山が巨大なネズミに襲われる事件が勃発。そこへ突然現われた青年・白金稜(しろがねりょう)に言われるがまま、いちごは猫耳としっぽの生えた正義の味方「ミュウミュウ」に変身してネズミを倒します。 白金曰く、いちごは絶滅危惧種のイリオモテヤマネコの遺伝子と合体してしまったとのこと。地球侵略を狙うエイリアンを倒すため、彼女はどこかにいるはずの4人の仲間を探すことになります。

【2巻ネタバレ】ついに4人の仲間が集結

eeeeeeeeee

エイリアンによって凶暴化させられた地球の動物「キメラアニマ」に対抗するべく、白金は赤坂圭一郎と協力して「μ(ミュウ)プロジェクト」を進めていました。 「ミュウミュウ」とはキメラアニマの対抗策として生み出された技術で、絶滅危惧種(レッド・データ・アニマル)の遺伝子を打ち込むことで人を変身させることが出来ます。 正義の戦士「ミュウイチゴ」となったいちごは、地球の平和を取り戻して青山に改めて告白するべく、エイリアンを倒すことを決意。白金達のアジト「カフェミュウミュウ」でメイドとして働きつつ、藍沢みんとや碧川れたすなどの仲間を順調に見つけていきます。 しかし、いちごは青山と訪れた動物園で謎の少年・キッシュに襲われることに。キッシュとの戦闘で仲間・黄歩鈴(フォンプリン)と出会った後、最後の仲間・藤原ざくろを見つけることに成功し、ついに4人の仲間が揃いました。

【3巻ネタバレ】猫化現象に襲われることに……

eeeeeeeeee

ついに揃った5人でエイリアン退治を進める「ミュウミュウ」。しかしキメラアニマとの戦闘を青山に見られてしまい、「ミュウイチゴ」が「桃山いちご」だとバレてしまいそうになります。 咄嗟に嘘をついてその場を逃れたいちごでしたが、学校で青山と会うたびに猫耳が生えてしまうなど猫化現象にたびたび襲われることに。青山ともっと近づきたい気持ちとは裏腹に、彼を避けなければいけない状況でいちごは追い詰められていきます。 そんな中、学校でキメラアニマが出没。クラスメイトを守るために変身して戦ったいちごでしたが、青山には今回も正体がバレた気配はなく、いちごはほっと胸を撫で下ろすのでした。 一方、キッシュ達エイリアンは実は元々地球にいた種族だったことが判明。彼らは再び地球を自分達の物にするために必要な物質・ミュウアクアを求めて環境破壊を行っていたのです。

【4巻ネタバレ】蒼の騎士の正体は?

eeeeeeeeee

1人でいたところをキッシュに襲われたいちご。絶体絶命のピンチに現われたのは、エイリアンと同じ長い耳を持つ「蒼の騎士」でした。謎の男に救われたいちごは「蒼の騎士の正体は白金なのではないか」と疑念を抱き始めます。 一方、エイリアン達が作った大量のキメラアニマが入っている繭が東京タワーに出現。東京壊滅を防ぐために出動したミュウミュウでしたが、現われたキッシュに阻まれてしまい、繭がふ化し始めます。 そこに再び「蒼の騎士」が登場し、彼の力を借りてミュウミュウはキッシュを追い払うことに成功します。無事ミュウアクアを入手したものの、「蒼の騎士」の謎は深まるばかりです。

【5巻ネタバレ】ミュウアクアを巡る戦闘が勃発!?

eeeeeeeeee

雨の中の告白で、ついに青山と恋人同士になったいちご。しかし今度は身体が完全な猫に変化してしまい、大ピンチを迎えます。 そこへアルトと名乗る灰色の猫が現われ、猫のいちごにキスして彼女を人間に戻してくれました。その後、謎の猫の正体が白金だったことが判明します。 青山との交際を順調に進めるいちごは、クリスマスにデートの約束を結びます。しかしデート当日、またもや現われたキッシュが彼女に「ボクのものになれ」と迫ってきたのです。感情が高ぶったせいで、いちごのミュウアクアが出現してしまいます。 ミュウアクアを巡ってキッシュとの戦闘が始まりますが、関東全土の命運がかかった戦いで「蒼の騎士」がいちごを救い、最悪の事態は免れました。その後、青山と再会したいちごは自分が「ミュウイチゴ」だと正体を明かし、2人はさらに強い絆で結ばれたのです。

【6巻ネタバレ】ついに蒼の騎士の正体が明らかに!

eeeeeeeeee

白金と赤坂の過去が明らかに。白金は幼少期に両親を失っており、父の研究を完成させるために世話係だった赤坂を伴って来日し、μプロジェクトを完成させるに至っていました。 一方、ざくろの脱退騒ぎを経てミュウミュウはさらに一致団結。しかし、エイリアンの親玉・ディープブルーの「蒼の騎士を殺せ」との命令に従うキッシュやパイ、タルトなどが襲撃を仕掛けてきたことで、ピンチを迎えることに。 混乱の中、なんと「蒼の騎士」の正体が青山だったことが発覚しました。いちごを守るために生まれた「蒼の騎士」は敵と刃を交えますが、キッシュは彼の力を目にしたことで「青山こそが自分達の救世主だ」と確信します。 その後、キッシュは単独行動をしていた青山を襲撃。駆けつけたいちごの前で「蒼の騎士」に変身する青山は、さらに力を増幅させて「ディープブルー」へと姿を変えました。

【7巻ネタバレ】ディープブルーとなった青山を救うことができるのか!

eeeeeeeeee

エイリアンの親玉・ディープブルーとは、青山と「蒼の騎士」を含めた3つの人格を持つ生命体だったのです。ミュウミュウ達が動揺する中、いちごは必死で青山に呼びかけるも、ディープブルーとなった彼は容赦ない攻撃を彼女たちに向けて放ちます。 1度は絶望に陥ったいちごでしたが、青山が大好きだった地球を守るためにディープブルーを撃破することを決意。現われた巨大な要塞に姿を消した青山を追い、いちごは内部へと侵入します。 ディープブルーに襲われたキッシュを発見し、泣き出すいちご。そんな姿を見たディープブルーは突然苦しみだし、ついに青山の人格を取り戻します。なおもいちごや地球を破壊しようとするディープブルーの人格に、青山は必死で抵抗。 ディープブルーが浄化される中、人格ともども青山も消滅しかかりますが、いちごは一身に集めたミュウアクアのエネルギーで青山を復活させることに成功します。役目を終えたミュウミュウ達は力を失って普通の女の子に戻り、地球には平和が戻りました。

ミュウミュウのメンバーとキャストユニットを紹介!

桃宮いちご/天麻(てんま)ゆうき

主人公の桃山いちごを演じる声優は天麻ゆうきです。いちごは恋にも戦いにも全力で挑む頑張り屋さんの女の子ですが、普段は天然でドジっぽい一面も。 イリオモテヤマネコの遺伝子と合体してミュウミュウになってからというもの、感情が高ぶると猫耳やしっぽが出てくる現象に悩まされています。物語中盤からは完全に猫の姿にまで変化してしまうこともありました。 桃色がイメージカラーの「ミュウイチゴ」に変身すると、語尾に「にゃん」がつくように。黒い猫耳やしっぽがトレードマークです。

黄歩鈴/戸田梨杏(とだりあん)

黄歩鈴(フォンプリン)を演じるのは声優の戸田梨杏(とだりあん)。いちごが訪れた動物園で大道芸をしていた小学6年生の女の子です。 元気いっぱいで身体能力が著しく高く、お金が大好きなキャラクター。はつらつとした雰囲気とは裏腹に、両親がいない中で5人の弟妹を世話する逞しい一面もあります。 猿の仲間であるゴールデンライオンタマリンの遺伝子と合体し、「ミュウプリン」に変身できるようになりました。イメージカラーは黄色で、変身前より髪色が黄色に近くなります。

藍沢みんと/日向未来(ひなたみらい)

藍沢みんと(あいざわみんと)を演じる声優は日向未来(ひなたみらい)。財閥の箱入り娘であり、高飛車で強気な性格をしている中学1年生の女の子です。 お嬢様口調でキツい言葉を使う彼女は、当初いちごと仲が悪かったものの、ツンデレな一面があることが分かると2人は徐々に親睦を深めていきました。後述のざくろのことが大好きで、「おねーさま」と慕っています。 ノドジロルリインコの遺伝子と合体し、変身するとイメージカラーが水色の「ミュウミント」に。ジャンプ力や羽を生かした戦闘が得意です。

藤原ざくろ/石井萌々果(いしいももか)

藤原ざくろ(ふじわらざくろ)を演じるのは声優の石井萌々果(いしいももか)。クール美人な外見と抜群のプロポーションでカリスマモデルをしている中学3年生の女の子です。 ミュウミュウ最年長であることからか、チームからは頼られることもしばしば。元々人付き合いを好まない性格をしていたものの、仲間と戦ううちに友情が芽生えました。 ハイイロオオカミの遺伝子と合体しており、イメージカラーが紫の「ミュウザクロ」に変身することができます。

碧川れたす/十二稜子(じゅうにりょうこ)

碧川れたす(みどりかわれたす)を演じる声優は十二稜子(じゅうにりょうこ)。虐められやすい気弱な性格で、眼鏡がトレードマークの中学2年生です。 眼鏡を外すと何も見えないほどですが、イルカの仲間であるスナメリの遺伝子と合体した「ミュウレタス」に変身すると眼鏡を外し、下半身をスナメリ化することも出来ます。緑色がイメージカラーで、水中戦が得意なキャラクターです。

『東京ミュウミュウ』は女の子心をくすぐるガールズヒロインが素敵

『東京ミュウミュウ』全7巻では、恋と戦いに全力で挑むいちごが、最後には地球と恋人どちらも救うハッピーエンドが待っていました。本作は、変身後の衣装やメイド服など、女の子心をくすぐる漫画として、連載終了後の今もなお多くの読者から愛されている作品です。 2022年の新作アニメを待ちつつ、この機会に是非あらすじを確認してみてくださいね!