2021年4月21日更新

『シャーマンキング 』をネタバレあらすじ解説!シャーマンの頂点に立つのは誰だ!?

SHAMAN KING シャーマンキング
(C)武井宏之・講談社/SHAMAN KING Project.・テレビ東京

『シャーマンキング』が20年ぶりに完全新作TVアニメ化を果たし、大きな話題を呼びました。本作は神や霊と交流できる「シャーマン」である麻倉葉の戦いを描いた、ファンタジーバトル漫画です。そこで本記事では2021年4月現在話題沸騰中の『シャーマンキング』を、完結版のあらすじに沿ってネタバレ解説していきます!

目次

『シャーマンキング 』をネタバレあらすじ解説!

神や霊と交流できる「シャーマン」である麻倉葉(あさくらよう)が、神羅万象を司る星の王「シャーマンキング」の座を掴むため奮闘する姿を描いた『シャーマンキング』。 2001年にアニメ化を果たした本作ですが、2021年4月に完全新作となる20年ぶりのアニメ化が放送開始し、ファンの間では大反響を呼びました。 そこで本記事では予習・復習のため、『シャーマンキング』完結版をネタバレあらすじ解説していきます!

『シャーマンキング 』を全巻無料で読みたい人はこちら!

ネタバレあらすじ①:まん太・葉・道蓮(タオレン)の出会い

ある日、小山田まん太(おやまだまんた)は塾の帰り道に墓場で幽霊に囲まれた奇妙な少年を見ます。彼は次の日転校生としてやってきたその少年が、麻倉葉(あさくらよう)という名前であると知りました。 葉に「シャーマンの修行をしにこの町に来た」と告げられ、まん太は友達になることに。そして悪事を働く不良集団のトップ・梅宮竜之介(うめみやりゅうのすけ)“通称木刀の竜”を、伝説の鬼武者である阿弥陀丸との憑依合体で倒す葉。 その後、葉が憑依合体で一緒に戦う持ち霊を増やしている間、まん太はまたしても墓場で奇妙な少年に出会います。その少年・道蓮(タオレン)は中国のシャーマンで、「阿弥陀丸を持ち霊に加える」と葉に勝負を仕掛けてきました。 そんなある日、蓮を阿弥陀丸との信頼の力で何とか退けた葉は許婚である恐山アンナ(きょうやまあんな)の報せによって「シャーマンファイト・イン・トーキョー」開催を知ります。

ネタバレあらすじ②:シャーマンファイト〜予選までの道のり〜

道潤とのバトル

シャーマンキングになるため、シャーマン達が持ち霊を駆使して戦う「シャーマンファイト」を控えた葉は、蓮の姉である潤に勝負を仕掛けられます。潤は蓮がシャーマンキングになれるよう、邪魔者を潰しておこうと考えたのです。 しかし元カンフー映画スターのキョンシー・白竜(パイロン)は木刀を手にして力を解放した阿弥陀丸に倒され、潤の支配から逃れて暴走してしまいました。そしてアンナの口寄せで白竜の師匠を呼び事なきを得た潤は、葉達のもとを去ります。

木刀の竜にトカゲロウが憑依

自分の居場所が見つからず、全てを葉のせいだと考えていた木刀の竜。彼は隙につけ込まれ、蜥蜴郎(トカゲロウ)という霊に憑依されてしまいます。阿弥陀丸への私怨で行動するも失敗に終わり、トカゲロウは木刀の竜を道連れに殺そうとしました。 しかし木刀の竜の代わりに自身の体を差し出そうとする葉を見て、トカゲロウは改心して悪事をやめます。そして木刀の竜もそれ以降霊が見える体になり、葉に尽くすことを決めるのでした。

シルバとのバトル

シャーマンファイト開戦の合図である彗星が通り、葉は参加資格を得るため試験官であるシルバと戦います。シルバは“一撃でも入れれば葉の勝ち”としながら、憑依合体ではなく、シャーマンの強さを表す自身の「巫力」を使って戦えと話しました。 葉は苦心するも阿弥陀丸の愛刀「春雨」に霊を憑依させる「オーバーソウル」を編み出し、見事シルバに一撃を入れます。こうして葉はシャーマンファイトへの参加資格をゲットしたのでした。

ネタバレあらすじ③:シャーマンファイト〜予選〜

第1戦(v.s.ホロホロ)

シャーマンファイトは3戦して2つの白星を獲得すれば、本戦への出場が決まります。葉の第1戦の相手はアイヌの少年・ホロホロです。彼がシャーマンキングになりたい理由は、広大なフキ畑を作りたいからでした。小さい夢のようですが、彼は精霊の居場所を残してあげたかったのです。 ホロホロに勝利した葉は、自分がシャーマンキングになりその夢を叶えてみせると約束するのでした。

第2戦(v.s.ファウスト)

葉の次なる相手は、ネクロマンサーのファウストです。ファウストは亡くなった自身の恋人であるエリザを持ち霊としており、その本物の骨を媒介に戦っていました。 まん太の骨格に興味を持ち、解剖しようとするファウスト。それに怒った葉は本気で倒そうとしますが、地の利でファウストに敗れてしまいます。 エリザを使役していることを「人形遊び」だと指摘されたファウストは、葉を殺そうとしました。しかしそれを阻止する蓮。蓮こそ葉の次の対戦相手だったのです。

葉の修行

自身のせいで怪我を負ってしまったまん太を突き放し、葉は単身で過酷な洞窟修行に入ります。しかしこのまま別れるのは嫌だと、葉の元を訪ねてくるまん太と木刀の竜。勘違いにより麻倉家に仕える霊媒師・玉村たまおに阻まれながらも、まん太と木刀の竜は修行を終え帰還した葉を迎えました。 彼はそして修行の成果を見る目的で出された祖父の持ち霊を、あっさりと倒します。葉のオーバーソウルは格段にパワーアップしていたのです。

葉v.s.蓮

修行を終え、葉は蓮との戦いに臨みます。蓮はその生い立ち故あまりに多くの死を目の当たりにしており、シャーマンキングになって全てを破壊したいと思うほどこの世を憎んでいました。 お互いに死力を尽くし、いよいよ最終局面。蓮が最後の一撃を放つ瞬間、葉は「蓮を受け止める」と言います。そして全てを出し切った蓮と全てを受け止めた葉は、互いに巫力切れとなり引き分けで本戦へと駒を進めました。

ネタバレあらすじ④:日常に戻った彼らだったが……

ボーズからの奇襲

本戦出場が決まり普通の日常に戻った葉達は、突如ボーズというシャーマンから奇襲を受けます。そして彼は阿弥陀丸をオーバーソウルするのに必要なアイテムを、ボーズに奪われてしまいました。そんなピンチの彼らを救ったのは、シャーマンとなった木刀の竜でした。 木刀の竜は葉の祖父から、シャーマンとしての修行を受けていたのです。そして木刀の竜は持ち霊としてトカゲロウを率い、葉にシャーマンファイト本戦出場の報告をします。

蓮の救出

蓮と潤は自身に歯向かった罰として、道家の当主・道円(タオエン)から折檻を受けていました。蓮の持ち霊である武孫からその事実を聞かされた葉は、まん太、木刀の竜、ホロホロを率いて蓮の救出に向かいます。 蓮の救出に成功した彼らの前に、円の巨体が立ちはだかりました。攻撃が効かない円に苦戦を強いられるも、蓮は彼の巨大な体が本物ではないと見破ります。円の巨体はオーバーソウルで見せていた偽物だったのです。 こうして円に勝利した蓮達は、東京へと帰還を果たすのでした。

ネタバレあらすじ⑤:シャーマンファイト〜本戦〜

現れた「未来王」ハオ

いよいよシャーマンファイトの本戦が開始し、集まった葉達のもとに「未来王」を名乗るハオという少年が現れます。彼は圧倒的な強さを見せられ、今は敵わないと認めました。 その後、飛行機に乗りパッチ族の元に向かう彼らは、「3ヶ月以内にパッチの村に辿り着くことが第1の試練」だと告げられ、上空に放り出されてしまいました。 葉達はヒッチハイクで近隣の村に行き、そこでパッチが悪魔として扱われていることに驚きます。その村のシャーマン・リリララに見せてもらった500年前のビジョンでは、確かにパッチは悪魔として存在しています。しかしパッチの姿はシルバで、ハオと呼ばれていたため彼は2人の現状を説明しパッチへと案内してもらうことになりました。

驚くべきハオの正体とは?遂にパッチ到着!

一連の動向を見ていた葉の父・麻倉幹久はハオの正体が大陰陽・麻倉葉王(あさくらはお)の生まれ変わりだと見抜きます。そして生前の葉王が残したシャーマン流戦闘術が書いてある「超・占事略決」を、アンナに託すのでした。 葉達は道中で新たな同行者・リゼルグや、天使の持ち霊を持つ徹底正義の集団「X-LAWS」と衝突しながらも、遂にパッチに到達します。 パッチの選手村で待機している葉に話しかける、チョコラブという少年。実は本戦トーナメントは3人1組のチーム戦であり、チョコラブは仲間に入れて欲しいと頼みにきたのです。そして別でチームに入れてくれと頼みにくるファウスト。 こうして蓮はホロホロとチョコラブと、葉は木刀の竜とファウストとチームを組み、トーナメントへと臨むことになりました。

ネタバレあらすじ⑥:シャーマンファイト〜第1トーナメント〜

「THE蓮」と「ふんばり温泉チーム」!初戦の結果は?

第1戦は蓮のチーム「THE蓮」と、ハオの部下のチーム「土組」の戦いです。土組は卑怯な手を使用するも、チョコラブと蓮の前に敗退します。 葉率いる「ふんばり温泉チーム」は相手チームであり全員が人間霊の上位に位置する精霊を使用する「ICEMEN」に馬鹿にされていました。 しかし3人の持ち霊である阿弥陀丸、トカゲロウ、エリザはすでに精霊に進化していたのです。そしてICEMENを倒し、ふんばり温泉チームも2回戦へと駒を進めます。

ハオの強さがベールを脱ぐ

葉はX-LAWSからの勧誘を受けましたが、ハオの打倒を目論む目的は一緒でも人殺しを良しとしないという考え方から、この勧誘を断ります。そして迎えた次戦、ハオ達「星組」の対戦相手はX-LAWSの「X-III」でした。 命をも犠牲にして戦った甲斐あって、X-LAWSはハオのオーバーソウル「スピリット・オブ・ファイア」のシステムを暴きます。しかしハオは陰陽術で危機を回避し、余裕の勝利を飾りました。

蓮のまさかの死……

戦いを見終わった後、葉は蓮達に“ハオの肉体は自身の兄のものであり、実力的にハオに勝てる者など存在しない”ことを告げます。 その後、葉と別れた蓮達の前に幹久が現れ、超・占事略決を伝授しようとしました。しかしそこに登場するパッチ司祭のマグナとニクロム。2人はハオの味方をしていたのです。 そして後に葉が現れ敵を退けるものの、自身の過去の過ちを突かれ動揺した蓮はハオの部下に殺されてしまうのでした。

友のために己を犠牲にする葉

同時刻、幹久のチームメイトであるルドルブとセイラームもハオの手先に襲われていました。2人を助けるためアンナ、潤、たまおが駆けつけるも、暴力的な強さを前にピンチに陥ります。しかしそこに到着した幹久によって、5人は窮地を脱出するのでした。 葉は死んだ蓮を助けるため、X-LAWSのジャンヌのもとを訪れます。ジャンヌは持ち霊の力で、損傷の治癒ができたのです。確かに治すことは可能だと話すジャンヌ。しかし治す条件として「葉がシャーマンファイトから辞退すること」を提示され、葉は戦いの場から降りることになりました。

ネタバレあらすじ⑦:ついに最後の戦い!ハオとのバトルの行方は

シャーマンファイトが終了しシャーマンキングとなったハオは、目に入った人間の魂を吸い込んでいきます。しかし葉だけをシャーマンキングのコミューンに迎え入れました。ハオは「大嫌いな人間を殺す」と宣言し、葉はそれを止められません。なぜなら彼もまた人間を好きになれない悩みを抱えていたからです。 ハオは弱った葉を魂ごと消そうとします。しかしそんな彼の前に蓮達の魂が現れ、一斉に攻撃を始めます。蓮達が攻撃するのはハオにまともな王になって欲しいからです。世界に害を為さない王になって欲しいという一心で、蓮達はハオに攻撃をしました。 そして攻撃を受けるハオの前に現れた生前の親友・乙破千代の霊は、“ハオの母親の霊はずっとハオの近くにいる”と伝えます。そして自身が強い憎しみを抱える原因となった母と再会したハオから、憎しみと悲しみが消えていきました。 そして救われたハオは「残された時間の中で、お前たちがどうやって地上を変えるのか見守る」と告げるのでした。

キャラのその後を解説!

ハオとの戦いが終わり、葉達はその後どうなったのでしょうか。 本作の続編として発表されている、『SHAMAN KING THE SUPER STAR』や『シャーマンキングFLOWERS』より紹介します!

麻倉葉

主人公・麻倉葉はハオとの戦いが終わった後、許嫁であるアンナと結婚しています。そしてアンナと息子と共に、世界平和を目指した旅に出ていました。 しかし旅先で銃撃戦に巻き込まれ、残念ながら死亡してしまいます。

恐山アンナ(麻倉アンナ)

葉の妻であるアンナも、旅先で葉と共に死亡してしまいます。 その後シャーマンキングの持つ全知全能の霊「グレートスピリッツ」の内に入り、息子である花を生き返らせるようハオを脅す姿が描かれました。

梅宮竜之介(木刀の竜)

元々は居場所の無い不良だった木刀の竜。そんな彼はシャーマンファイト後、ふんばり温泉の板前として活躍しています。 面倒見の良い頼りがいのある人物として、成長も見せていました。

道蓮

蓮はその後ビジネス関係で大成功を収めています。 その手腕は次々と会社を買収するほど優秀なもので、IT企業や食品会社、鉄鋼メーカーなど業界を問わず手を伸ばしていました。

ハオ

葉に救われたハオは改心し、その後もシャーマンキングの座に君臨しています。 続編では味方として描かれ、1度死んだ花を生き返らせるなどの働きを見せました。

アニメ『シャーマンキング 』は絶賛放送中!ネタバレを復習に活用するのもアリ

「シャーマンキング」の座を巡る戦いが描かれた、ファンタジーバトル作品『シャーマンキング』。今回はそんな本作の、ネタバレあらすじを解説しました。 もし見逃した人がいれば本記事であらすじを確認しながら、2021年4月現在絶賛放送中のTVアニメ『SHAMAN KING』を楽しみましょう!