2021年6月8日更新

ドラマ好き500人に調査!次に朝ドラでヒロインを演じてほしい女優は誰?1位はあの若手女優に

朝ドラヒロイン記事サムネイル
©︎ciatr

今回はドラマ好き500人を対象に「次に朝ドラヒロインをやってほしい女優は?」のWebアンケート調査を実施しました。3位「橋本環奈」2位「今田美桜」という結果に。1位に輝いたのはいったいどの女優でしょうか?

目次

【500人に聞いた】次に朝ドラでヒロインを演じてほしい女優は誰?

5月17日から、NHK「朝の連続テレビ小説」第104作として『おかえりモネ』が放送されています。主演を務めているのは、2002年生まれの若手女優・清原果耶です。 清原は2013年に放送された『あまちゃん』以来となる「平成生まれのヒロイン」を演じ、持ち前の爽やかさと演技力ですでに多くの視聴者を魅了しています。 また『おかえりモネ』に次ぐ朝ドラとしては、上白石萌音・深津絵里・川栄李奈がヒロインを務める『カムカムエヴリバディ』、黒島結菜がヒロインを務める『ちむどんどん』が待機。 そこで今回は、ドラマ好き500人を対象に「次に朝ドラヒロインをやってほしい女優は?」のアンケート調査を実施しました。その結果を発表していきます!

調査結果を発表!

朝ドラヒロイン記事

1位:浜辺美波(111票)

回答理由: 「とにかく可愛いから見ていて癒される。朝から元気が出そう。」(20代女性) 「浜辺さんの爽やかなイメージが朝にぴったりだと思うため。」(30代女性) 「朝ドラ女優は透明感があって爽やかな女性というイメージなので、浜辺美波さんがピッタリ。」(30代女性) 「昔の設定の話でも、現代の設定の話でも合う顔だちをしていると思うから。」(30代女性) 「浜辺美波さんの透明感のある見た目と演技力は朝ドラのヒロインに最適だから。」(40代女性)

2位:今田美桜(67票)

回答理由: 「色んなドラマで脇役として頑張っている今田美桜さんの主役のドラマがもっと観たい。」(30代女性) 「可愛いだけでなく、演技力にも磨きがかかってきているので。」(40代女性) 「今田美桜さんの魅力である元気さや透明感が朝ドラヒロインのイメージにピッタリだと思うので。」(50代男性)

3位:橋本環奈(66票)

回答理由: 「現代もののドラマや映画が多い気がするので、昭和の服装や和服姿が観てみたい!」(20代女性) ​「コメディ映画にもよく出ているので、朝ドラの真面目な感じを少し崩してほしい。」(20代男性) 「漫画の実写化やコメディ映画に出演しているイメージが強いので、正統派なラブストーリーをどう演じるのか観てみたいので。」(30代女性)

4位:川口春奈(64票)

回答理由: 「透明感があり、朝ドラのヒロインにピッタリだから。」(20代女性) 「演技力もあり目力も強く、大河ドラマもやられていたので朝ドラも観てみたいから。」(40代女性) ​「大河ドラマで観て魅了されてしまいました。ぜひ朝ドラでヒロインをやってほしいです。」(50代女性)

5位:森七菜(52票)

回答理由: 「森七菜さんは透明感があって演技も上手いし、あの素朴な可愛さは幅広い層に好印象だと思う。」(20代女性) 「わんぱくでピュアなイメージがあって、老若男女問わず好かれていそうなので。」(20代女性) 「清潔感のある明るさがあり朝から元気になれそうなので。」(30代女性)

6位:上白石萌歌(41票)

回答理由: 「素朴で穏やかな感じが、朝ドラに向いている印象があるから。」(20代女性) 「朝ドラによく出てくる頑張り屋さんなヒロインを演じるのにピッタリだと思うから。」(40代女性) 「幅広い層が観る朝ドラにマッチしていると思う。高齢者にも支持が得られるのでは。」(40代男性)

7位:福原遥(34票)

回答理由: 「朝ドラ女優に求めるフレッシュ感や爽やかさが備わっている。」(20代女性) 「透明感がすごくて爽やかな印象なので朝から癒されそうです。」(30代女性) 「まいんちゃんとして子役時代から頑張っており、可憐さや清純さに満ちているため。」(40代女性)

8位:森川葵(22票)

回答理由: 「演技力が高く、これから活躍してほしいと思う女優さんだから。」(30代女性) 「森川葵さんは演技が上手だと思います。安心して観られそうです。」(40代女性) 「爽やかさと透明感のある演技が朝にぴったりだと思います。ハキハキと明るい役をやってみてもらいたいです。」(40代女性)

9位以降:

9位 :桜田ひより(11票) 10位:桜井日奈子(9票) 11位:吉川愛・芦田愛菜(各2票) 12位:小芝風花・清野菜名・堀田真由・蒔田彩殊 高橋ひかる・横田真悠・福本莉子・馬場ふみかなど(各1票)

1位に輝いたのは浜辺美波 幅広い年代からの支持を獲得!

1位に輝いたのは、2000年生まれの女優・浜辺美波でした。浜辺は2017年の映画『君の膵臓をたべたい』で知名度を獲得し、近年は映画『賭ケグルイ』(2019年)や『約束のネバーランド』(2020年)、ドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』(2021年)に出演しています。 また出演作のなかでも、2020年放送のドラマ『私たちはどうかしている』では、ヒロインの和菓子職人の娘役を演じて話題に。今回のアンケートでも「わたどう」で見せた着物姿が似合っていたため、昭和時代の朝ドラヒロインを観たくなったという声が多数寄せられています。 浜辺美波が1位に輝いた要因としては、出演してきた映画やドラマの視聴者層がさまざまな年代にわたっていること、若々しく爽やかな役柄を演じることが多く、朝ドラ出演のイメージが湧きやすかったことが挙げられるのではないでしょうか。 この分析を裏付けるように、浜辺美波は若者のみならず幅広い世代に支持されていることも明らかになりました。以下のランキングは、今回のアンケート結果を年代別に集計したものです。

朝ドラヒロイン記事
©︎ ciatr

これを見てみると20〜50代のすべての年代で、浜辺美波が1位になっていることが分かります。2位以下は年代によって変動がありますが、浜辺美波は不動の人気を誇っているようです。 朝ドラヒロインの素質としては老若男女から愛されるキャラクターが求められますが、浜辺美波はまさに適任といえるでしょう。

2位は今田美桜、続く3位は橋本環奈!新たな一面が観たいとの声多数

続いて2位にランクインしたのは、1997年生まれの女優・今田美桜です。 今田はこれまでにドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(2018年)や『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(2019年)などに出演。2021年現在放送中の朝ドラ『おかえりモネ』にも、若手気象予報士として出演しています。 朝ドラでは、脇役で出演した女優がのちのちヒロインになるパターンが非常に多く、『おかえりモネ』のヒロインである清原果耶も広瀬すず主演の『なつぞら』に出演していました。今田も同じ経歴をたどることになるかもしれません。 そして3位にランクインしたのは、1999年生まれの女優・橋本環奈。橋本はこれまで漫画実写化の映画で数多くヒロインを演じてきました。代表作は映画『銀魂』(2017年)での神楽役や『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』での四宮かぐや役です。 コメディ調の実写化映画に出演することが多い一方で、意外にもドラマにはあまり出演していない橋本。今回のアンケートでは、そんな橋本の「正統派な演技を観てみたい」という声や、反対に「朝ドラの真面目なイメージを崩すユニークな役を演じてほしい」との声が集まりました。

朝ドラヒロインに求められるのは「透明感」や「爽やかさ」?

次の朝ドラヒロインとして支持された女優は、1位が浜辺美波、2位が今田美桜、3位が橋本環奈という結果になりました。未発表の2022年後期朝ドラヒロインに、彼女たちが抜擢されるか否か期待が高まります。 またランキングの順位を問わず、回答理由には「透明感」「爽やか」「老若男女に愛される」といったキーワードが非常に多く見られました。これらはまさに多くの人が思い描く朝ドラヒロインのイメージ、求められる素質をあらわしているといえるでしょう。 ※今回の調査内容をご利用いただく場合は、弊社サービスのクレジット「ciatr( https://ciatr.jp/topics/318409 )」を表記いただくようお願いします。