2021年10月19日更新

ユ・ヨンソクのおすすめドラマ・映画10選!『賢い医師生活』で話題沸騰中

ユ・ソンソク
©︎Lee Young Ho/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

韓国俳優ユ・ヨンソクのプロフィール

生年月日 1984年4月11日
出身地 韓国 ソウル
身長 183cm
公式インスタ @yoo_yeonseok

ユ・ヨンソクは数学者の父親と画家の母親の間に、1984年4月11日にソウルで誕生しました。5歳で普州市に転居するも、俳優を志しソウル市内の高校に転校します。 在学中に演技学校で知り合った女性に薦められ、映画『オールド・ボーイ』(2003年)の子役オーディションを受け、ユ・ジテの高校時代の役で俳優デビュー。2005年から約2年間、空軍で兵役に就き、2008年にドラマ『総合病院2』で活動再開しました。 復帰時に本名の「アン・ヨンソク」から、現在の「ユ・ヨンソク」に改名したそうです。その後、多くのヒット作に恵まれた彼の出演ドラマと映画を紹介します!

EXOのセフンに似ていると話題に!

男性アイドルグループ「EXO」のメンバー、セフンと揃ってNetflixオリジナル『犯人はお前だ!』に出演した際、「双子みたいにそっくり!」と話題になりました。 ユ・ヨンソクとセフンは共演を機に親交を深め、後者の公式Instagramに「ヨンソク兄さんと」というコメントを添えた写真が投稿されたことも。また、セフンは『賢い医師生活』シーズン2の撮影現場にケータリングを差し入れるなど、2人の仲の良さが伺えます。

ユ・ヨンソクの出演作を観るならU-NEXTがおすすめ!

ユ・ヨンソクの出演作が観たい!という人は、動画配信サービス(VOD)のU-NEXTがおすすめです。 見放題作品数では業界トップを誇り、韓国ドラマの配信にも注力しているU-NEXT。バラエティ番組や歌番組をはじめ、韓国系のラインナップが充実しています。 出演ドラマと映画が多く配信されているため、彼のファンなら登録して損はありません!

31日間無料で楽しむ!

ファン必見!おすすめの出演ドラマ5選

野心家の若き医師を熱演『浪漫ドクターキム・サブ』(2016年)

浪漫ドクターキム・サブ
©SBS

名優ハン・ソッキュ、ソ・ヒョンジンと共演した医療ドラマ『浪漫ドクター キム・サブ』。衣装の白衣姿が様になっており、『賢い医師生活』でのブレイクを予感させます。 本作で演じたのは、病院でVIPに横入りされ父親を亡くした経験を持つ外科医ドンジュ。彼は医大を主席で卒業し野心に燃えていたものの、とある手術に失敗します。左遷された地方の病院で、医師を目指すきっかけとなったキム・サブ、そして初恋の人ソジョンと再会しますが……。 ドンジュは型破りなキム・サブに反発しつつ、彼の元で一人前の医師に成長していきます。しかしそんな日々は長くは続かず、予想外の展開が待ち受けていました。

天然のツンデレぶりに胸キュン「幸せのレシピ」(2015年)

幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット

ユ・ヨンソクのドラマ初主演作『幸せのレシピ~合言葉はメンドロントット』もおすすめ!メンドロントットとは、済州島の方言で「気持ちよく、温かい」という意味です。 本作で演じたペク・ゴヌは、済州島にあるレストランのオーナーシェフ。島での再出発を決意したジョンジュと10年ぶりに再会し、彼女から淡い想いを寄せられます。ゴヌは初恋の人一筋ですが、無自覚にヤキモチを焼いてジョンジュを振り回すのです。 ゴヌがジョンジュを末期がんだと誤解したり、初恋の女性が島へやってきたりとハプニングの連続で、どんな結末を迎えるか最後まで目が離せません!

心優しい小児科医で大ブレイク『賢い医師生活』(2020年)

賢い医師生活 シーズン2
©︎Netflix

『賢い監房生活(原題)』の製作陣が再集結した、「賢い生活」シリーズの第2弾『賢い医師生活』。本作で大ブレイクを果たし、翌年のシーズン2にも出演しました。 ソウル大学医学部の同期だった5人が偶然、同じ「ユルジェ病院」に招集されることに。彼らは40歳を迎えた自分の人生を見つめ直しながら、バンド活動も再開します。ユ・ヨンソクが演じたのは、心優しく正義感に溢れた小児科医アン・ジョンウォンです。 兄姉4人は神職に就いており、末っ子の彼も神父になる夢を捨て切れずにいる役どころを演じた本作。バンドではドラムを担当しているため、猛特訓して撮影に臨んだそうです。

日本語を話す場面が多数!『ミスター・サンシャイン』(2018年)

ミスター・サンシャイン ユ・ヨンソク
©︎jisun park/Netflix

9年ぶりにドラマ復帰したイ・ビョンホン、キム・テリ主演の『ミスター・サンシャイン』。作品の時代背景上、キャストの多くが日本語の台詞に挑戦しました。 本作は1871年に勃発した「辛未洋擾」の最中、米国へ逃れた主人公が同国の軍人として祖国に帰還し、運命の出会いを果たす時代劇ロマンス。ユ・ヨンソク演じるク・ドンメは、朝鮮時代の最下位階級に生まれ、渡日しその腕ひとつでのし上がる役どころです。 ドンメはのちに浪人を束ねる剣客となり、愛するただひとりの女性のため祖国へと戻ります。日本語はもちろんのこと、日本刀などを使った殺陣のシーンもお見逃しなく!

主人公の未来の夫は誰!?『応答せよ1994』(2013年)

応答せよ1994
©CJ E&M CORPORATION, all rights reserved

『応答せよ1997』(2012年)から始まる「応答せよ」シリーズ2作目『応答せよ1994』。本作はコ・アラ演じるナジョンの結婚相手は誰か、という謎を中心に展開します。 1994年当時、ナジョンは実家の下宿で暮らすスレギ、チルボンやサムチョンポら6人の下宿生と楽しい大学生活を送っていました。8年後の現在、ナジョンの新居に仲間たちが集まり、過去と現在を行き来しつつ彼女の夫となった人物の正体が明かされます。 ユ・ヨンソクは野球部のエースで好青年のチルボン役を演じ、一躍時の人になりました

話題作多数!おすすめの映画4選

号泣必須のラストシーン『ビューティー・インサイド』(2015年)

『ビューティー・インサイド』 
(C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD

『ビューティー・インサイド』は、朝目覚めるたびに容姿も性別も、国籍すらも変わる青年キム・ウジンと、彼を愛する女性との切ないラブストーリーです。 劇中でウジンを演じた俳優は、モンタージュを含めなんと123人!そのうちの1人に、日本の女優・上野樹里が名を連ねたことも話題になりました。しかし、心の声のナレーションはユ・ヨンソクが一貫して担当し、観客の涙を誘うラストではウジン役で出演もしています。 出演時間こそ短いものの重要な役どころを任されており、ユ・ヨンソク推しは必見の1作です!

奔放なチャラ男役に!『その日の雰囲気』(2016年)

過去作の硬派なイメージから一転し、プレイボーイに扮した『その日の雰囲気』。ユ・ヨンソクの一味違う魅力が堪能できると、ファンからの人気が高い映画です。 ユ・ヨンソク演じるジェヒョンは、釜山行きの列車内でスジョンをワンナイトラブに誘います。百戦錬磨の男に翻弄されつつも、10年来の恋人への純愛を貫くスジョン。身持ちの堅い女性と奔放なチャラ男、正反対の恋愛観を持つ男女の恋の駆け引きに、胸がキュンとすること間違いなし!

豪華な衣装に注目『尚衣院 -サンイウォン-』(2015年)

朝鮮王室の衣服を担当する部署「尚衣院」が題材の映画『尚衣院 -サンイウォン-』。ハン・ソッキュとコ・ス、パク・シネが主演を務め、実力派俳優陣が集結しました。 ユ・ヨンソクは時代劇で初めて王を演じ、自身の出自に劣等感を抱く難役を好演。王は先王に仕えた大臣をすべて変えますが、尚衣院を仕切るドルソクだけは傍に残します。しかし王妃に重用される天才仕立師が王宮内外で評判になり、やがて歴史を揺るがす事件へと発展するのでした。 10億ウォン(約1億円)もの制作費が投じられた、豪華絢爛な衣装にも注目してください!

実はこっそり出演している!『建築学概論』(2012年)

建築学概論
©2012 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved

韓国で「初恋ブーム」を巻き起こし、「もう1度観たい映画」第1位に選ばれた『建築学概論』。建築士になった主人公が、15年の時を経て初恋の女性と再会する恋愛映画です。 オム・テウン演じる主人公スンミンが、ソヨンの依頼で彼女が生まれ育った家を再建するうちに、かつての淡い恋が再燃して……というストーリー。ユ・ヨンソクの出演シーンは少ないですが、大学時代の先輩でお坊ちゃんのチェウク役を演じて一躍有名になりました

【番外編】素顔が観られるおすすめのバラエティ番組

カフェ運営の裏側をのぞき見!『コーヒーフレンズ』(2019年)

コーヒーフレンズ
ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

『コーヒーフレンズ』は、『応答せよ1994』での共演後、親友となったソン・ホジュンと共に展開するチャリティー・プロジェクトが番組化したリアルバラエティです。 本作の舞台は、済州島のみかん畑に併設されたカフェ。メニュー開発に調理、接客などすべてキャストが行い、客が値段を決めるのも特徴です。カフェの収益金は全額寄付される仕組みで、「東方神起」のユンホら豪華ゲストがアルバイトとして協力しました。 セフンも7話と8話、そして10話に登場し、現場にコーヒーメーカーをプレゼントしています。

ドラマや映画を観てユ・ヨンソクの魅力にハマろう!

話題の映画やドラマ、舞台のほか、バラエティ番組でも活躍しているユ・ヨンソク。チャリティ活動にも積極的で、『コーヒーフレンズ』では人柄の良さが伺えます。 演じる役どころも好青年が多いですが、ちょっと危険なプレイボーイの役もぴったりとハマります。ユ・ヨンソクの過去の出演作が気になった人は、ぜひU-NEXTを利用して観てみてください!

31日間無料で楽しむ!