2022年3月16日更新

「二十五、二十一(25、21)」のあらすじ・キャストを相関図と共に紹介!OSTを担当しているのはテイルとドギョム

二十五、二十一
© NETFLIX, INC. AND IT'S AFFILIATES, 2022. ALL RIGHTS RESERVED.

2022年2月に配信スタートした韓国ドラマ『二十五、二十一』は、1998年のIMF危機翌年を背景に、夢を奪われた若者たちの苦悩と成長を描いた青春ストーリーです。 この記事では、本作のキャストや登場人物、見どころを紹介!相関図やOSTの情報もあるので、合わせてチェックしてくださいね。

「二十五、二十一(25、21)」の気になるQ&A

どこでいつ配信している?

Netflixで毎週土曜日と日曜日の23時頃から1話ずつ配信しています。

メインキャストは誰?

主要な登場人物をキム・テリ、ナム・ジュヒョク、ボナ(宇宙少女)、チェ・ヒョンウク、イ・ジュミョンが演じています。

「二十五、二十一(25、21)」のあらすじを紹介

1998年7月、昨年のIMF通貨危機で生活が一変した韓国が舞台。フェンシングと少女漫画を愛する女子高生ナ・ヒドは、フェンシング部が廃部になるという知らせを聞き落胆します。 フェンシングを諦めきれないヒドは、フェンシング韓国代表のコ・ユリムが通う強豪校・太梁(テヤン)高校に転校できないかと母親に相談するも、勉強に専念するよう反対されます。そこでヒドは、問題行動を起こして転校処分になろうと画策します。 同じ頃、22歳の青年ペク・イジンはヒドが住む町でひとり暮らしをはじめ、新聞配達や貸本屋でアルバイトをしていました。そして、ある日ヒドの家に新聞配達をした際に初めて彼女と出会います。 その後も、ヒドの常連の貸本屋がイジンのアルバイト先であったり、ナイトクラブにいた際にたまたまヒドが訪れたりと偶然が重なり、2人は知り合いになるのです。

気になるキャストを相関図とともに解説

相関図 二十五、二十一

メインキャスト

ナ・ヒド役/キム・テリ

生年月日1990年4月24日
身長166cm
出演作『お嬢さん』,『ミスター・サンシャイン』,『スペース・スウィーパーズ』
SNSInstagram:@kimtaeri_official

キム・テリ演じるナ・ヒドはソンジュン女子高のフェンシング部に所属する女子高生。フェンシングの神童と呼ばれていましたが現在はスランプ中。フェンシング国家代表のコ・ユリムに憧れています。 部活動が廃部になっても挫折せず、なんとかフェンシングを続けようとする、前向きで明るい性格の持ち主。子育てより仕事を優先する母親とは折り合いが悪く、少女漫画が心のよりどころになっています。 映画『お嬢さん』ではキム・テリ演じる「令嬢」の同性愛や過激なベッドシーンを、新人らしからぬ堂々とした演技を見せ、新人賞を総なめにした気鋭の演技派女優です。『ミスター・サンシャイン』(2018年)では、イ・ビョンホンとともに名家の令嬢役で初主演を務めました。

ペク・イジン役/ナム・ジュヒョク

生年月日1994年2月22日
身長188㎝
出演作『スタートアップ: 夢の扉』,『保健教師アン・ウニョン』,『麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』,『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ』,『ハベクの新婦』
SNSInstagram:@skawngur

ペク・イジンはヒドの4つ年上の青年で、裕福な家庭で育ちNASAで働くことを夢見ていました。しかし、IMF通貨危機の影響で夢・家族・お金のすべてを失ってしまいます。 新聞配達と貸本屋でのアルバイトを掛け持ちしながら、ひとり暮らしでなんとか生計を立てるイジン。厳しい時代に翻弄され、「自分は決して幸せにならない」と誓うまで苦しみながらも、新しい目標に向かって成長していく逞しい人物です。 ペク・イジン役を演じたナム・ジュヒョクは、188㎝の長身と甘いルックスを生かしてモデル、俳優として活躍しています。 2014年にデビューして以降、話題作で着実に実力を積み、2020年にはドラマ『スタートアップ:夢の扉』、『保険教師アン・ウニョン』、映画『ジョゼと虎と魚たち』の3作で主演を務めました。

コ・ユリム役/ボナ(キム・ジヒョン)

生年月日1995年8月19日
身長163㎝
出演作『オー!サムグァンビラ』,『私の彼はエプロン男子〜Dear My Housekeeper〜』
SNSInstagram:@bn_95819

コ・ユリムは太梁高校に通う18歳の女子高生で、フェンシング韓国代表として金メダルを獲得した実力と美貌を兼ね備えた人物です。主人公ナ・ヒドをライバル視しており、ヒドに対して冷たい態度をとることも。知り合いであるペク・イジンには心を開いています。 コ・ユリム役を演じたのは、アイドルグループ「宇宙少女」のサブボーカルで、リードダンサーを務めるボナ。本名はキム・ジヨン。グループのビジュアル担当であるとともに、トーク力の高さからバラエティでも活躍しています。 フェンシングの実戦シーンが多い役に挑戦したボナは、3か月ほど練習を経て撮影にのぞんだそう。さまざまなジャンルで評価を受けるボナは、今回の役でも見事に孤高の金メダリストを演じています。

ムン・ジウン役/チェ・ヒョンウク

生年月日2002年1月30日
身長181㎝
出演作『リアルタイム:ラブ』,『ラケット少年団』,『模範タクシー』
SNSInstagram:@_choiiii__

ムン・ジウンは、ナ・ヒドと同じ太梁高校に通い同級生から人気のイケメン男子高校生。同じクラスのコ・ユリムに片思いをしています。個性的なファッションで独自の感性を貫く、当時のインフルエンサー的存在です。 ジウン役を演じたチェ・ヒョンウクは、韓国の若者に人気のウェブドラマ出身の俳優です。デビュー作の『リアルタイム:ラブ』(2019年)ではいきなり主演に抜擢。『模範タクシー』(2021年)では、高校生に暴力をふるう加害者役での演技が注目されました。 チェ・ヒョンウクは、『二十五、二十一』の配信開始にあわせた2022年2月から、日本でも公式ツイッターを開設しています。

チ・スンワン役/イ・ジュミョン

生年月日1993年12月1日
身長174㎝
出演作『ダーリンは危機一髪!』,『賢い医師生活』,『カイロス~運命を変える1分~』
SNSInstagram:@jmyoungl

チ・スンワンは、ナ・ヒドらの同級生で学年1位の成績をおさめる学級委員長。高校の放送部に所属しており、胸の内にある反抗心を爆発させるDJとして活躍しています。 同じクラスのムン・ジウンと仲が良く、お菓子を巡って子供のようにじゃれ合う可愛らしい一面も。ペク・イジンが住む家の大家の娘で、最初はイジンに対してぶっきらぼうな態度をとっていましたが、彼が放送部の先輩だと知ってからは態度が一変。コミカルでチャーミングなシーンとなりました。 クールな学級委員長スンワン役を演じたのは、モデル出身の女優イ・ジュミョン。 『ダーリンは危機一髪!』では主人公ジョングクの右腕となる詐欺師仲間役で注目を集めました。その後、『カイロス』『イベントを確認してください』などへの出演を経て、本作ではメインキャストに抜擢されています。

周辺人物たち

シン・ジェギョン(ヒドの母)役/ソ・ジェヒ

生年月日1976年5月15日
身長非公開
出演作『それでも僕らは走り続ける』,『工作都市』
SNSInstagram:@seojaehee_0515

ヒドの母親は、UBS局のニュース番組でメインキャスターを務めるアナウンサー。娘よりも仕事を優先するため、ヒドと対立することもしばしば。フェンシングのために転校したいというヒドの訴えにも反対します。 シン・ジェギョン役を務めるのは、女優のソ・ジェヒ。『それでも僕らは走り続ける』(2020年)や『工作都市』(2021年)などに出演しています。

キム・ミンチェ役/チェ・ミョンビョン

生年月日2008年4月15日
身長不明
出演作『恋慕』,『ボイス4』,『梨泰院クラス』
SNSInstagram:@choimyeongbeen

キム・ミンチェは、41歳になったときのヒドの娘。バレリーナを目指していましたが、ライバルとの実力差を目の当たりにして挫折。ミンチェの祖母(ヒドの母)のところへ家出し、ヒドの学生時代の日記を発見します。 ミンチェ役を演じたのは、数々のドラマで主演の子役時代を演じる実力派チェ・ミョンビン。『恋慕』(2021年)では、双子を1人2役で演じ分けた演技力の高さが話題となりました。

ヤン・チャンミ役/キム・ヒョウン

生年月日1973年3月1日
身長非公開
出演作『梨泰院クラス』,『ミスター・サンシャイン』
SNSInstagram:@kimhyeeun11

ヤン・チャンミは太梁高校フェンシング部のコーチ。飄々としていますが、ナ・ヒドとコ・ユリムの素養を見抜き導く実力者です。ヒドの母とも昔からの縁があるようです。 ヤン・チャンミ役のキム・ヒョウンは、大ヒットドラマ『梨泰院クラス』の専務役で日本でも話題になりました。気象キャスターなど多様なキャリアを重ねてきた、40代を代表する女優です。

ペク・イヒョン(イジンの弟)役/チェ・ミンヨン

生年月日2002年10月9日
身長不明
出演作『七日の王妃』,『W-君と僕の世界』
SNS不明

ペク・イヒョンは、イジンの弟。IMF通貨危機によって家族がバラバラになってしまったため、叔母の家に身を寄せています。 ペク・イヒョン役を演じるチェ・ミンヨンは、数々のドラマで主人公の子供時代を演じる子役出身。韓国のミュージカルコンテストでファイナルステージに進出したこともあり、抜群の歌唱力も兼ね備えた将来有望な俳優です。

ドラマの見どころを紹介

1990年代のレトロな雰囲気の描かれ方に注目!

『二十五、二十一』の見どころのひとつが、本当に1990年代のドラマをみているかのようなレトロな世界観。主要キャラクターが横一列に並んだポスターは、大ヒットドラマ「応答せよ」シリーズと似た雰囲気を感じさせます。 本作のオープニングでは、ブラウン管テレビの画角や画質を再現した当時のテレビ番組のような映像が登場。主人公ヒドが当時大流行した少女漫画「フルハウス」を愛読していたり、フェンシング部のコーチが練習の合間にたまごっちで遊んでいたり、ブラウン管PCでチャットのやりとりをしたり……。 当時の若い世代に流行したファッションやカルチャーを、今の若者にも楽しめる“映え”として演出されています。

チェ・テジュンがパク・シネとの結婚後の初活動として特別出演

2022年1月にパク・シネと結婚したチェ・テジュンが結婚後の初活動として『二十五、二十一』にカメオ出演。 役どころは、キム・テリ演じるヒドの彼氏役。彼もフェンシング選手で、ヒドに告白し付き合います。イジンの前でラブラブっぷりを見せつけた2人でしたが、なんとスピード破局。ヒド曰く付き合った理由は「実は“別れ”を経験してみたかった」とのこと。 短い出演時間でしたが、作品の良いスパイスとなっていました。

OSTはK-POPアイドルが続々担当!各グループのメインボーカルが集結

スターターはNCTのテイル

『二十五、二十一』の最初のOST発表はテイルが担当する『Starlight』です。テイルは少女時代や東方神起、SHINee、aespaなどが所属するSMエンターテイメントのグループ「NCT U」「NCT127」のメンバーで、メンバー内でもトップレベルの歌唱力を誇る1人。2021年の末に発表されたNCTの楽曲の1つ「Beautiful」でのテイルのパートは何度聴いても感動してしまいます。 『Starlight』は「僕を照らしてくれるのは君だ」や「僕たちは誰よりも輝いている」など、明るく爽やかな青春の曲となっており、まさに作品を飾るOSTのトップバッターとしてふさわしい楽曲となっています。 その他にもぺ・ギソンによる『눈이 부시도록 너를 비춰줄게(雪が吹くように君を照らしてあげる)』、BIBIによる『Very, Slowly』が発表されています。「雪が降るように〜」はオープニングの各キャストの名前が出るシーンで使用されている曲となっています。

予想的中!「SEVENTEEN」のドギョムもOSTを担当

これから発表されていくOSTにも注目が集まる中、SNS上では「SEVENTEEN」のドギョムがOSTを担当するのではという噂が飛び交っていました。 そして、放送後のエンドロールとSEVENTEENのVLIVEでドギョムが歌っていることが確定。オープニングでヒドがユリムのところに走って向かうシーンで流れている、明るい雰囲気の曲がドギョムが担当している「Go!」です。(ちなみに、同グループのスングァンが『青春の記録』で歌ったOSTも「Go」。VLIVEで2つの違いは「!」の有無だと仲良く話していました。) ドギョムは過去に『賢い医師生活2(ドギョム、ウジ、スングァン)』『偉大な誘惑者』などでもOSTを担当しており、きれいに突き抜ける高音と表現力は、本作の世界観にもぴったり。この曲は2月27日にリリースされました。

第6段はTWICEのジヒョ!単独では初のOSTを担当

TWICEのジヒョも『二十五、二十一』のOSTを担当しました。曲名は『Stardust love song』。昔の夢と一緒に相手のことを思い出すと言った曲で、クラシカルな曲調となっています。 ジヒョはこれが単独では初のOST歌唱。過去にはドラマ『賢い医師生活2』でメンバー全員とリメイク曲「誰よりも君を愛している」を担当しています。

第7段は主要キャストが大集合の「With」

ナム・ジュヒョク、キム・テリ、ボナ、チェ・ヒョヌク、イ・ジュミョンもOSTを担当します。なんというエモすぎるプレゼント……。 「With」は、夢を追う若者に対して、「一人じゃないよ」「お互いに信じ合おう」ということを伝える希望の歌となっています。収益金は俳優名義で寄付されるとのこと。まさに応援歌ですね。 キム・テリから始まり、各メンバーが順番に歌っていくのですが注目したいのはナム・ジュヒョク。懐かしい歌声、歌い方をする印象(気になる人は事務所が公開している「歌唱SOOP」のカラオケ動画を見てみてください!)のナム・ジュヒョクと、懐かしいメロディの「With」の相性はバッチリではないでしょうか?

韓国ドラマ「二十五、二十一(25、21)」はNetflixで配信中!

時代に夢を奪われたナ・ヒド&ペク・イジンの青春を描いた韓国ドラマ『二十五、二十一』の個性豊かな登場人物とキャスト、見どころを紹介しました。 『二十五、二十一』は、今後の活躍が注目される若手キャスト陣や、1990年代のレトロな世界観が見どころ。これから発表されるOSTにも注目です。ぜひ楽しみながら見てくださいね。