2021年9月13日更新

ナム・ジュヒョクのおすすめドラマを紹介!モデルとしても活躍中【2021年最新】

ナム・ジュヒョク
©︎Lee Young Ho/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

韓国ドラマの主演俳優として、今最も旬なナム・ジュヒョク。ワンコ系後輩君の役からツンデレ俺様な役まで、様々なイケメン役をさらりとこなす彼は、抜群のスタイルを活かしてモデルとしても活躍中です。今回は、そんなナム・ジュヒョクに絶対ハマる、おすすめドラマを紹介します!

高身長イケメン!ナム・ジュヒョクのプロフィール

生年月日 1994年2月22日
身長 187cm
出身地 韓国 釜山

ナム・ジュヒョクは、1994年生まれの韓国人俳優&モデル。187cmのスラリとしたスタイルと、驚くほどの小顔、そして整った“塩顔”が魅力の、日本でも大人気の韓流イメケン俳優のひとりです。 2013年にモデルデビューを果たし、2014年にMVに出演したのをきっかけにドラマ『インヨ姫』で俳優デビュー。同年、バラエティ番組『学校に行ってきます』に出演し、一気に知名度をあげました。 若手俳優として第一線にいる2021年現在も、「Dior Beauty」などの広告モデルとしても活躍中です。本記事では、そんなナム・ジュヒョクの私生活情報やおすすめドラマを紹介します!

彼女はいる?過去には共演女優とも熱愛!

気になるナム・ジュヒョクの熱愛事情ですが、2021年9月現在は彼女の存在が明らかになっていません。 しかし、2017年4月には2016年のドラマ『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』で共演した女優イ・ソンギョンとの熱愛が発覚。事務所は交際を認め、公認カップルになっていました。 2人はモデル時代からの知り合いで当時から仲が良く、2016〜2017年放送のドラマ『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ』で再共演し、恋人役を演じたのが交際のきっかけだったようです。ファンにも応援する人が多いカップルでしたが、2017年8月には破局が報じられています。 超多忙な彼には、恋愛に割ける時間がないのかもしれませんね。

すでに入隊している?気になる兵役について

韓国俳優について知る時、やっぱり気になるのが兵役についてですよね。2021年9月時点では、ナム・ジュヒョクはまだ兵役に行っていません。 韓国では満19歳の時に徴兵検査を受け、満20~満28歳の間に兵役入隊することになっています。ナム・ジュヒョクは2013年に入隊令状が来たものの、ちょうど芸能活動をはじめた頃で入隊を延期しました。つまり、2021年で満27歳の彼は、近い内に入隊する可能性が高いのです。 2020年11月に韓国の国会で「文化芸能分野の優秀者について、入隊を満30歳まで延期できる」という内容の兵役改正案が可決されましたが……。ナム・ジュヒョクの兵役入隊はいつになるのでしょうか。

ナム・ジュヒョクの魅力が大爆発!おすすめドラマ7選

可愛さが大渋滞!ドラマ「恋のゴールドメダル」

『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ』は、2016〜2017年に放送された、体育大学を舞台とした青春ラブコメディー。ナム・ジュヒョクとイ・ソンギョンが主演を務めました。 重量挙げ部の期待の星キム・ボクジュは、水泳部のエースで女子に大人気のジュニョンとトラブルになります。それを機に、ボクジュが小学校の時に助けてくれた怪力の少女だと気付くジュニョン。それ以来、ボクジュを見かけてはからかうジュニョンでしたが……。 ナム・ジュヒョクは、気になる女の子にちょっかいを出してしまう、子供っぽい“子犬系男子”をキュートに演じました。初恋を自覚してからの暴走っぷりも見どころ。胸キュンシーンたっぷりな可愛らしいラブコメディです。

“国民の初恋”ペ・スジと共演『スタートアップ:夢の扉』

スタートアップ:夢の扉
©︎Netflix

『スタートアップ:夢の扉』は、2020年に韓国で放送され、日本ではNetflixで配信されているドラマ。成功を夢見る若きIT起業家たちの奮闘を描いた感動のサクセスストーリーで、ナム・ジュヒョクはペ・スジと共に主演を務めました。 幼い頃に両親が離婚し、辛い時期をナム・ドサンという男の子との文通だけを心の支えに乗り越えたソ・ダルミ。ある日、両親の離婚によって離れ離れになり、CEOとして成功した姉インジェと再開したダルミは、「ナム・ドサンと起業準備をしている」と見栄を張って嘘をついてしまい……。 ナム・ジュヒョクが演じたのは、天才的なソフトウェアエンジニアで「サムサンテック」の創業者ナム・ドサン。誠実でイケメンなのに、どこか残念なドサンが見どころの本作。彼が涙を流すシーンは、巧みな演技に思わず貰い泣きすると話題になりました。

演技力が光る感動ドラマ「まぶしくて」

『まぶしくてー私たちの輝く時間ー』は、2019年に放送されたハン・ジミン&キム・ヘジャ主演による感動のヒューマンドラマです。主人公は、幼い頃に時間を巻き戻せる腕時計を拾ったヘジャ。しかし、それを使うとその分人より早く成長してしまうことがわかって以来、封印していました。 25歳のある日、父が突然交通事故で他界。ヘジャは必死に腕時計を使って父を助けますが、鏡を見ると70歳くらいのおばあさんの姿になってしまい……。 本作でナム・ジュヒョクは、心に傷を抱え周囲と馴染めずにいる記者志望の青年ジュナを繊細に演じました。彼は25歳のヘジャに出会い、少しずつ変わっていきます。 この好演で、ナム・ジュヒョクの俳優としての注目度がさらに上がったことは間違いありません。心にいつまでも残る素晴らしいドラマです。

俺様キャラの神様に変身!『ハベクの新婦』

『ハベクの新婦』は、2017年に放送されたファンタジーラブコメディ。神と人間の運命的な恋を描いた本作で、ナム・ジュヒョクは主人公の神・ハベクを演じ、ヒロインをシン・セギョンが演じました。 人間界に降り立った水の神ハベクと家来のスリ。トラブルで間違った場所に着き、神の能力まで失ってしまった2人は、神の従者の子孫であるユン・ソアを覚醒させようとします。普通の精神科医であるソアは、突然現れ神と名乗るハベクを初めは患者だと勘違いしますが……。 ナム・ジュヒョク扮する俺様&ツンデレキャラなハベクは、人間の常識など気にしない神ゆえにズレた言動を連発!序盤はシュールで笑えて、やがて胸キュンが止まらないロマンスになっていきます。

ペガ役で大ブレイク!『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』

『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』は、2016年に放送された、俳優イ・ジュンギ&女優としても活躍する人気歌手IUがW主演を務めた王宮ロマンス・コメディです。 化粧品販売員のコ・ハジンは、湖に落ちた子供を助けようとして溺れ、目を覚ますと少女ヘ・スとして高麗時代にいました。皇帝ワン・ゴンの宮廷で暮らすことになった彼女の前に現れたのは、8人の皇子たち。心優しい第8皇子ワン・ウクと惹かれ合うなか、冷徹な第4皇子ワン・ソに何度も助けられ……。 ナム・ジュヒョクは芸術と自由を愛する美しき第13皇子ペガを演じ、絶大な人気を獲得しました。たくさんのイケメン皇子が登場する本作。自分の推しを見つけてみてください!

ナム・ジュヒョク初主演作品『恋するジェネレーション』

『恋するジェネレーション (原題:Who Are You 学校2015)』は、2015年放送のミステリー学園ロマンス。1999年にスタートしたドラマ「学校」シリーズの6作目です。 スターの登竜門とも言われる本作で、ナム・ジュヒョクはドラマ主演デビューを果たしました。キム・ソヒョン、ユク・ソンジェ (BTOB)とのトリプル主演です。 児童施設で暮らすヌリ高校2年生のイ・ウンビは、いじめを苦に死を決意し橋から飛び降ります。一方、ソウルの名門私立セガン高校2年生のコ・ウンビョルは、優等生で家柄も良い学校のクイーン。病院で目を覚ましたウンビは全ての記憶を失い、瓜二つだったウンビョルとしてセガン高校に通うことになり……。 ナム・ジュヒョク演じるイアンは、ウンビョルに密かに思いを寄せる幼馴染。問題児・テグァンを含む三角関係が見どころのひとつです。

モテる年下役を熱演!『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』

『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』は、韓国のウェブコミック『チーズ・イン・ザ・トラップ』を原作とした2016年放送のミステリアス・ラブコメディです。 マジメな大学生ホン・ソルは、ある日偶然、皆に好かれる完璧な先輩ユ・ジョンの冷徹な本性を知ってしまいます。その日からユ・ジョンに嫌がらせをされ悩むソル。しかし、ある時を境に、彼は別人のように優しくなります。そんな中、ユ・ジョンと犬猿の仲であるペク・イノがソルに急接近し……。 主演のキム・ゴウン、パク・ヘジン、ソ・ガンジュンが演じる三角関係に注目が集まる本作。ナム・ジュヒョクはソルの親友ボラの彼氏であるモテ男・ウンテクを演じています。“慕ってくれるワンコ系後輩”感が最高に可愛いです!

ドラマだけじゃ物足りない!おすすめの出演作【番外編】

素の姿を観られる!『三食ごはん コチャン編』

『三食ごはん コチャン編』は、2014からtvNで放送されているバラエティ番組「三食ごはん」シリーズの第5弾。出演者が豪華なゲストを迎えつつ田舎で三食ごはんを作るという、新感覚・自給自足バラエティです。 2016年に放送されたこの「コチャン編」では、第4弾のレギュラー出演者チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュンの3人の中に、ナム・ジュヒョクが参戦!あんまり料理が得意ではない初々しいナム・ジュヒョクの末っ子感に癒されます

時代劇アクション映画に挑戦!『安市城 グレート・バトル』

『安市城 グレート・バトル』は、2018年韓国公開の歴史アクション映画。唐の大軍を相手に孤軍奮闘した安市城城主の伝説的死闘を描いた大作です。 西暦645年。唐朝の中国皇帝・太宗は、朝鮮半島全土も支配しようと大軍を率いて高句麗へと進撃。高句麗の城主が次々と破れ、宰相ヨン・ゲソムンの軍も惨敗を喫する中、ヨン・ゲソムンは戦いに参戦しなかった安市城の城主ヤン・マンチュンを裏切り者とみなし、部下サムルに彼の暗殺を命じますが……。 韓国本国で観客動員500万人を超える大ヒットを記録した本作。ナム・ジュヒョクは主人公ヤン・マンチュン暗殺のために安市城へ送り込まれるサムルを演じ、多数の韓国映画賞で新人俳優賞を受賞しました。

2021年最新の出演作品の情報を紹介

『ジョゼと虎と魚たち』(2021年)
© 2003 "Josee, the Tiger and the Fish" Film Partners. All Rights Reserved.

ナム・ジュヒョクの2021年以降のドラマ・映画出演はあまりありませんが、2021年12月ごろから放送されるドラマ『twenty-five-twenty-one (原題)』で、キム・テリと共に主演を務める予定と報じられています。 また、2020年12月に韓国公開された映画『ジョゼと虎と魚たち (原題:ジョゼ)』が、2021年10月29日に日本で劇場公開予定。これは、日本人である田辺聖子の同名小説を原作とした邦画のリメイク版です。 足が悪くほとんど外出したことがないジョゼと、1人の男子大学生の儚い愛を描いたラブストーリーで、ナム・ジュヒョクは、邦画では妻夫木聡が演じた恒夫に当たるイ・ヨンソクを演じます。

ナム・ジュヒョク出演のドラマは傑作ぞろい!

Instagramのフォロワー数は驚異の1,600万人超えと、海外からも大人気のナム・ジュヒョク。彼の魅力と演技力が存分に発揮されているドラマがいくつもあるだけでなく、バラエティで見せる素顔もとても素敵です。 気になった方は、ぜひ今回紹介したおすすめ作品の中からピンと来たコンテンツをチェックしてみてくださいね。兵役入隊がいつになるのかは気になるところですが、今後も様々な胸キュンドラマに登場してくれるであろうナム・ジュヒョクから目が離せません!