2018年11月24日更新

キャサリン・ウォーターストンを徹底解剖!「ファンタビ」のヒロイン・ティナを演じる女優に迫る

WENN.com

「ファンタビ」シリーズのティナを演じるキャサリン・ウォーターストンが今一番気になる!?この記事では、彼女の出演歴からプライペート情報まで徹底的に紹介していきます。

今最も気になる?キャサリン・ウォーターストンを徹底解剖

近年「ファンタビ」シリーズで大活躍しているキャサリン・ウォーターストン。しかし、本シリーズ以外での活動やプライベートに関する情報を知らない人が多いのではないでしょうか? そこで今回、彼女の気になるプロフィールや出演経歴などを徹底的に解説していきます。

キャサリン・ウォーターストンの豪華すぎるプロフィール【家族がスゴすぎる?】

キャサリン・ウォーターストン
© Retna/Avalon.red

キャサリン・ウォーターストンは、1980年3月3日のロンドン生まれ、アメリカ育ちの実力派女優です。 そんな彼女は、超豪華な家族構成で有名。実は彼女の父親は、1974年公開の映画『華麗なるギャツビー』でニック・キャラウェイを演じた名優サム・ウォーターストンなのです。他にも、女優として活動する姉のエリザベス・ウォーターストンや、同じく俳優として活動する兄のジェームズ・ウォーターストンがいます。 ちなみに、彼女の身長は182㎝。母が70年代に活躍したモデルだったそうで、母親譲りのスタイルの良さを持ち合わせています。 キャサリン・ウォーターストンは華々しい芸能一家の一員というわけですね。

「ファンタビ」シリーズで、ティナを好演!

世界中で人気を集めている「ハリー・ポッター」の新シリーズ、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が2016年に公開され、2018年には続編『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が公開となりました。 「ハリー・ポッター」シリーズに劣ることのない魔法ワールド全開な「ファンタビ」は、第1作目にして8億200万ドルの収益を生むほどの大ヒットを巻き起こし、第2作目にも大きな期待がかかっています。

キャサリン・ウォーターストン演じるティナとは?

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 キャサリン・ウォーターストン
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

キャサリン・ウォーターストンが演じるティナは、「MACUSA」と呼ばれるアメリカ合衆国魔法議会で働く魔女。幻獣を探して旅をしている途中でニューヨークに立ち寄り、主人公のニュート・スキャマンダーと出会うことに。 そんなティナは正義感が強いゆえ、感情的になってしまう一面があります。また、作中では、ニュートに想いを寄せる様子も。 記事後半では続編『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でのティナの活躍を紹介しています!

これまでの活躍や過去の出演作は?

キャサリン・ウォーターストン
© 2015 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All Rights Reserved.

キャサリン・ウォーターストンはニューヨーク大学で演技を学び、2004年のテレビ映画『Americana(原題)』で女優デビューを果たしました。 その後、ブライス・ダラス・ハワードが監督をつとめた短編や、ジョージ・クルーニーが主演した『フィクサー』などに出演するようになります。 今回は、中でも彼女の演技が際立った『インヒアレント・ヴァイス』と『スティーブ・ジョブズ』、『エイリアン: コヴェナント』の3作品を紹介していきます。知らず知らずのうちに、彼女が出演していた作品を観ていたかもしれません!

映画『インヒアレント・ヴァイス』のヒロインに大抜擢!

第87回アカデミー賞2部門にノミネートされた本作は、マリファナ中毒の私立探偵ドクが元カノからの依頼を受けて調査したことをきっかけに、不動産業界の大物にまつわる事件に巻き込まれてしまう……という物語です。 彼女が演じたのは主人公ドクの元カノのシャスタで、誰もが認める最高の女。つまりドクを事件に巻き込んだ張本人ですね。 キャサリン・ウォーターストンは、この役をつかみ取るために自らオーディションテープを送ったそうです。また、本作の好演がきっかけで『スティーブ・ジョブズ』の出演も獲得しました。

『スティーブ・ジョブズ』では、ジョブズの元恋人役に!

2016年公開の『スティーブ・ジョブズ』では、マイケル・ファスベンダー演じるスティーブ・ジョブズの元恋人、クリスアン役として出演しています。 この映画は伝記的作品であり、マイケル・ファスベンダーとケイト・ウィンスレットがアカデミー賞にノミネートされたことでも話題になりました。 キャサリン・ウォーターストンはノミネートされていませんが、彼女の注目度が高まる一つの要因となりました。

『エイリアン: コヴェナント』で主人公、ダニエルズを熱演!

『エイリアン: コヴェナント』は、1979年公開の『エイリアン』の前日談として製作されたシリーズの2作目として、2017年に公開されました。震え上がるSF映画として、観る者を恐怖のどん底に突き落とす……そんな作品になっています。 キャサリン・ウォーターストンは主人公のダニエルズを熱演。「戦うヒロイン」として物語を大いに盛り上げました。

プライベートが謎すぎる?急な妊娠発表にびっくり

女優として大活躍中のキャサリン・ウォーターストンですが、妊娠していたという事実が発覚! 2018年の11月13日(現地時間)にロンドンで開催された、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』プレミアでのこと。彼女は、お腹の膨らみが分かるようなドレスで登場したのです。 彼女のプライベートが全てベールに包まれている中、突然の妊娠発表に世間は驚きを隠せなかったよう。相手が誰なのか、そもそも恋人はいるのか、全てが謎のままとなっています。

「ファンタビ」続編に期待!ティナとニュートはどうなる?【ネタバレ注意!】

キャサリン・ウォーターストン ファンタスティック・ビースト
© 2015 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All Rights Reserved.

さて「ファンタビ2」の公開で再び注目が集まっているキャサリン・ウォーターストンですが、続編で彼女が演じるティナはどのような活躍を見せるのでしょうか? 前作のラストで、ニュートとティナは再会の約束をして別れました。その時点で、すでにニュートへの恋心を抱き始めていたティナ。 そんな中、「リタとスキャマンダーが婚約!」という新聞を偶然見てしまい、ニュートと距離を置くようになってしまいます。しかし、実はリタと婚約したのは兄のテセウスのほうだったようで……? 今作ではキャサリン・ウォーターストン演じるティナの、複雑な感情に目を向けてみてくださいね!

キャサリン・ウォーターストンのこれからに注目!

キャサリン・ウォーターストンの華々しい経歴や謎に包まれた私生活などを紹介してきました。 この記事を通して、彼女の飛躍ぶりが伝わったのではないでしょうか。そして今後、ますますの活躍が期待されますね!