マーベル最少ヒーロー『アントマン』を演じるポール・ラッド

2017年8月17日更新

体長1.5センチのマーベル最小のヒーロー『アントマン』で主演を務めるポール・ラッドは海外ドラマ『フレンズ』や『ヴェロニカ・マーズ』にも出演している売れっ子俳優。映画『アントマン』が2015年9月19日に公開。マーベル史上最少の体長1.5センチとなるヒーローの、実際の身長はどれくらいなのでしょうか?

映画、ドラマ、舞台とマルチにこなす天性の俳優ポール・ラッド

ポール・ラッドは、1969年4月6日にアメリカ・ニュージャージー州に生まれました。カンザス育ちの彼はカンザス大学にて演劇を専攻、卒業後にはロサンゼルスにあるアメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツにてさらに深く演技を学びました。 その後、1995年公開『クルーレス』にてスクリーンデビュー、アリシア・シルバーストーンとの共演で注目されるも活動の場をブロードウェイに移し、しばらくは舞台俳優として活躍していました。その一方で映画への出演もコンスタントに続け、日本でも有名な『サイダーハウス・ルール』や『40歳の童貞男』はヒット作となりました。 コメディ俳優としての印象が強く、『40歳の童貞男』シリーズや、『俺たちニュースキャスター』でも重要キャラクターを演じ、フランスの名作コメディのリメイクである『奇人たちの晩餐会 USA』にも出演しています。イケメンながらもやさしさと柔らかさに溢れる彼の雰囲気が、コメディ映画にぴったりなのかもしれませんね。

2015年9月19日公開の『アントマン』に主演

ポール・ラッドが主演として参加するのは、マーベルヒーロー「アントマン」の実写化映画。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画の"フェーズ2"を締める、シリーズの一区切りとなる重要な作品です。 何もかも上手くいかない男・スコットが人生をやり直すために掴んだチャンスは、なんと1.5cmの極小ヒーローとなって戦うことでした。果たして彼はチャンスを活かして真の「ヒーロー」になることは出来るのか?奇抜な設定が話題を呼ぶ、マーベル史上最小のヒーローの戦いに期待は膨らむばかり。 そんな、最小のヒーローを演じるポール・ラッド。スーツを見事に着こなし、ジェントルマンな趣を持つ彼は、なんと178cmの高身長!史上最少のマーベルヒーローへの大抜擢は、どうにも身長が理由というわけではなさそうですね。

ポール・ラッド続投の新作『アントマン&ザ・ワスプ(原題)』の情報はこちら

日本での未公開作品の多いポール・ラッド

マーベルコミックスの中でも異色の、1.5cmのヒーロー『アントマン』を演じることになり、世界中から大きな注目を浴びているポール・ラッド。しかし、今までの日本での注目度は余り高くなかったので、本作で初めて知ったという方も少なくないのではないでしょうか。出演作品数はベテラン俳優と言うに足るほどなのですが、残念なことに日本での公開作品はとても少ないのです。

アメリカでは、映画、ドラマ、舞台として活躍している彼ですが、日本での知名度は超有名というわけにはいかないようです。『40歳の童貞男』は日本でもヒットとなったものの、同監督による『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』や、そのスピンオフ的続編『40歳からの家族ケーカク』は日本では未公開となっています。

ドラマ『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャップ1日目』で主演に!

2015年には、ポール・ラッド出演ドラマ『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目』が大人気となっています。本作は2001年の映画『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』のドラマ化で、ブラッドリー・クーパーエリザベス・バンクスマーガリート・モローレイク・ベルなどそうそうたるキャストがそろっています。

ポール・ラッド、ベテランにして俳優人生はまだまだこれから!

俳優としての評価が非常に高いポール・ラッドは、先日2015年7月1日にハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムを授与され、2,554番目のハリウッド俳優として殿堂入りを果たしています。 ポールはこの名誉について

「先週僕は僕の人生の中で起こってきたことの精神や感情のスナップ写真を思い返していたんだ。いままでに本当に宝物にしたいような素晴らしいことがいくつもあったけど、ウォーク・オブ・フェイムの星を貰えるなんて最高水準だね。」

出典:

と喜びを語っています。 既に数多くの作品に出演しているベテラン俳優の一人ですが、この受賞を機に、まだまだこれから注目は高まっていくばかりなのではないでしょうか。 2016年には、アントマンとしてMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー(原題)』を含めた3作品にすでに出演が決定していますし、2015年11月に日本公開予定の『リトルプリンス 星の王子さまと私』でも王子様の声を担当しています。 今後、活動の幅を更に広げ、世界的な大スターになるであろうポール・ラッド。彼の活躍から目が離せません!