映画『レ・ミゼラブル 』あらすじ・キャストまとめ

2017年7月6日更新

『英国王のスピーチ』でアカデミー賞レースを賑わせたトム・フーパー監督による、大人気ブロードウェイミュージカルの映画化作品である2012年版『レ・ミゼラブル』。今回は、本作のあらすじ・キャストについてまとめています。

豪華キャストによる、有名ブロードウェイミュージカル『レ・ミゼラブル』の実写化プロジェクト!

予告篇

「民衆の歌/オールキャスト」

フランスの詩人・小説家であるヴィクトル・ユーゴーの同名小説を原作とするブロードウェイの有名ミュージカルを完全映画化するという触れ込みで制作された、2012年の大ヒットミュージカル映画。同年のゴールデン・グローブ賞では作品賞他合計三部門を受賞、アカデミー賞においても三部門を受賞しており、批評家にも高く評価されている映画と言えます。

出演者の歌唱力にも注目!『レ・ミゼラブル(2012)』のあらすじ

les-miserables

19世紀のフランス革命が過ぎた頃、パンを盗んだ罪で投獄されていたジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)が、仮釈放によって19年ぶりに外の世界に出られることになるところから物語は始まります。彼は釈放後に再び盗みを働いてしまうものの、寛大な心で罪をを許してくれた司教との出会いから生まれ変わることを決心し、牢獄に戻らず司教のように人に親切をして生きていく道を選びます。

remizehyu

脱獄してから数年後、これまでの自分を捨てたバルジャンは、工場を経営して成功し、その功績からで市長となり、親切で善良な男として市民から尊敬される存在になっていました。しかし、過去だけは簡単には変えられず、因縁の相手である警察署長のジャベール(ラッセル・クロウ)から疑いの目を向けられてしまい…。

敏腕監督のもとに豪華キャストが集結!

監督を務めるのは、『英国王のスピーチ』のトム・フーパー

TomHopper10TIFF

トム・フーパーはイングランド出身の映画監督で、92年に演出家デビューをしてから、ドラマを中心に活躍していました。2004年に『ヒラリー・スワンク IN レッド・ダスト』で映画監督デビューをし、本作が4本目の長編映画作品となります。

2010年にはコリン・ファース主演で、イギリス王ジョージ6世と言語療法士ジェフリー・ラッシュによる実話を描いた『英国王のスピーチ』を監督し、アカデミー賞作品賞・監督賞を受賞した実力派監督です。

主人公のジャン・バルジャンを演じるヒュー・ジャックマン

a54c3d8eb939bb19790be21f3e3633ab

映画『X-MEN』シリーズのウルヴァリン役で主に知られる英国の肉体派実力俳優ヒュー・ジャックマンが、罪を犯してしまった主人公バルジャンを演じます。本作では歌にも挑戦し、ウルヴァリンの印象とは打って変わったイメージの役作りをしているところにも注目です。

「フー・アム・アイ/ヒュー・ジャックマン」

正義に執着する警察署長ジャベールを演じるラッセル・クロウ

Inspector-Javert

オーストラリアの映画・ドラマに出演し、2000年に『グラディエーター』でアカデミー主演男優賞を獲得して以来ハリウッドを中心に活動し、演技派俳優として人気を博しているラッセルクロウ。本作では、どこか歪んだ正義感のもと、主人公ジャン・バルジャンを追い詰める警察署長役を演じています。

「囚人の歌/ヒュー・ジャックマン,ラッセル・クロウ,囚人たち」

主人公の経営する工場で働くファンティーヌを演じたアン・ハサウェイ

a

プラダを着た悪魔』『レイチェルの結婚』で有名なアン・ハサウェイは、本作の撮影のためにトレードマークであるブルネットのロングヘアをバッサリとカットし、更に11キロも減量する素晴らしい役作りをしています。アン自身が「女優人生の全てを懸けた」と言っていたことからも、本作に対する彼女の熱意の高さが窺えます。作中では「夢やぶれて」を熱唱しています。

「夢やぶれて/アン・ハサウェイ」

ファンティーヌの娘役を演じたアマンダ・セイフライド(アマンダ・サイフリッド)

amanda-seyfried-les-miserables

2004年公開の『ミーン・ガールズ』で映画デビューを飾り、2015年現在もひっぱりだこの人気女優であるアマンダ・セイフライド(アマンダ・サイフリッドとも)は、ファンティーヌの娘のコゼット役で出演しています。本作におけるメインヒロインとなる重要な役どころを担っています。

政府に戦いを挑む勇敢な青年を演じたエディ・レッドメイン

STA1314MISERABLES4_316940k

エディ・レッドメインは、2015年に『博士と彼女のセオリー』でアカデミー主演男優賞を獲得し、2015年現在、一番注目を浴びている英国俳優の一人です。J.K.ローリングによる『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ作品である『Fantastic Beasts and Where to Find Them(原題)』に主演することが決定しています。

ミュージカル史上初!全編口パク無しの生歌レコーディング

lesmis2

ミュージカル映画では、撮影時には口パクで演技をし、レコーデイングした曲をそれに合わせて一つのシーンを作り上げるのが基本ですが、本作は、一切の口パク無しの生歌レコーディングを成し遂げた作品としても評価されています。

これまでの、『レ・ミゼラブル』

20130502_les_01

出典: webun.jp

1864年にヴィクトル・ユーゴーによって執筆された原作小説は、本作を含めて幾度となく映画化されています。

クロード・ルルーシュ監督/ジャン=ポール・ベルモンド主演による1995年版『レ・ミゼラブル』は、時代背景を20世紀に置き換えて原作の世界を再構築している面白い作品ですし、ビレ・アウグスト監督/リーアム・ニーソン主演の1998年版『レ・ミゼラブル』は、主人公ジャン・バルジャンと警察署長ジャベールの関係性に焦点を当てている、これまた本作とは違ったテイストの映画に仕上がっています。どちらも批評家の評判の良い映画なので、この機会に鑑賞してみるのも良いかもしれません。

アカデミー賞7部門にノミネート!

アカデミー賞『レ・ミゼラブル』

本作は2012年第85回アカデミー賞で、作品賞・歌曲賞・衣装デザイン賞など合わせて7部門でノミネートされました。

なかでも迫真の演技をみせたアン・ハサウェイが助演女優賞を獲得しています。

その他、ゴールデングローブ賞でも複数受賞しています。

過去に何度も映画化されている名作

『レ・ミゼラブル』

1975年に映画化された際には原作を最も忠実に再現された作品として高く評価されています。

主人公・ジャン・ヴァルジャンをジャン・ギャバン、ジャヴェール警部をベルナール・ブリエ、工場で働くファンティーヌをダニエル・ドロルム、ファンティーヌの娘コゼットをベアトリス・アルタリバ、政府に戦いを挑むマリウスをジャンニ・エスポジトが演じています。

1998年『レ・ミゼラブル』

1998年には、ジャンとジャベールの関係に焦点を絞った作品として映画化されました。

主人公ジャン・ヴァルジャンをリーアム・ニーソン、ジャヴェール警部をジェフリー・ラッシュ、工場で働くファンティーヌをユマ・サーマン、ファンティーヌの娘コゼットをクレア・デインズ、政府に戦いを挑むマリウスをハンス・マシソンが演じています。

『レ・ミゼラブル』で歌われた名曲

名曲『レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』では多くの名曲があり、様々な場面で使用されていますが、特に有名なのが、次の3曲ではないでしょうか。

『民衆の歌』は、新政府に対し不満を抱いていた共和派の少年らが自らを鼓舞し、平和と自由を求める民衆の曲です。また、ラストシーンでも命を落とした者たちが合唱しています。

悲しいイメージの強い『夢やぶれて』は、主人公が経営する工場で働いていたァンティーヌが不当に解雇され、病気の子どもの為に自分の歯や髪を売っても足りず、娼婦に身を落とし絶望の淵で歌う曲です。

見せ場ともいえる場面で歌われる『ワン・デイ・モア』は、決起前夜の場面でジャン・バルジャン、コゼット、エポニーヌら多くの登場人物がそれぞれの葛藤や心の交錯を歌った曲です。