NHK朝ドラ『あさが来た』キャスト一覧・あらすじ【波瑠と宮崎あおいの姉妹ヒロイン!】

2018年1月24日更新

2015年度下半期のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』。注目のキャストが正式に発表され、ますます話題を呼んでいる『あさが来た』のあらすじとキャストをご紹介します。

2015年度下半期のNHK朝ドラ『あさが来た』のあらすじ、キャストを紹介

波瑠『あさが来た』

2015年度下半期のNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』が9月28日から放送をスタート。シリーズ第93作目となる『あさが来た』は、朝の連続テレビ小説史上初となる幕末時代から始まるということで注目を集めています。話題の『あさが来た』のあらすじとキャストをご紹介します。

『あさが来た』あらすじ

あさが来た 

幕末から明治、明治から大正へ、激動の時代を駆け抜けたヒロインあさ。女性参政権がなかった時代に銀行や生命保険事業に企業経営者として携わり、さらに日本で初となる女子大の設立にも貢献したあさのストーリーが、登場人物たちとの暖かな交流を通して描かれます。

1849年生まれのあさが幼いころは、生まれた時から結婚相手が決まっているのも珍しいことではありませんでした。父親に学問やそろばんを禁じられたあさは、嫁入りにも反発します。そんなあさに許婚の新次郎は赤いそろばんを送り、あさの気持ちは新次郎に傾き始めるのでした。

今井あさ/波瑠

波瑠

平成27年度後期の朝の連ドラ『あさが来た』のヒロインに抜擢されたのは、ファッション雑誌『セブンティーン』や『non-no』の専属モデルとして知られる波瑠。『ドラマ14才の母』や『恋空』『リーガル・ハイ 』などに出演しています。2015年11月には映画『グラスホッパー』への出演も決定しています。

実在の女性実業家、広岡浅子をモデルにしたあさは京都の豪商の次女。「なんでどす?」、「びっくりぽん」という口癖を持つ彼女は好奇心にあふれる、型にはまらない新時代の女性像です。結婚することを拒みますが、玉木宏演じる許婚、白岡新次郎の人間性に惹かれて結婚します。結婚後も夫の代わりに仕事をしたり、新事業を立ち上げ、女子大の設立に奮闘します。

今井はつ/宮崎あおい

宮崎あおい主演 連続テレビ小説 純情きらり 完全版 DVD-BOX 1【NHKスクエア限定商品】

ヒロインあさの姉を演じ、ダブルヒロインを務める宮崎あおいは、『純情きらり』以来の2度目の朝の連ドラ出演となります。『神様のカルテ』や『少年メリケンサック』 『ソラニン』 『ただ、君を愛してる』など多くの作品に出演し、2016年には『世界から猫が消えたなら』の公開も控えています。

あさとは異なり、おしとやかで女性らしい性格を持つ女性です。あさは姉のはつを信頼しており、彼女にとって大きな存在となります。

今井忠興/升毅

ショムニ

頭脳明晰で優秀なビジネスマンであり、あさの父親でもある今井忠興を升毅が演じます。『ショムニ』シリーズの前川進役で知られ、ほかにも『anego』や『野ブタ。をプロデュース』、『HERO』など数多くのテレビドラマに出演する実力派俳優です。

家のために子供たちの子育てには厳しく、自由すぎるあさには女性として正すために厳しくあたります。

今井梨江/寺島しのぶ

あさの母、今井梨江を寺島しのぶが演じます。『大停電の夜に』『人間失格』などに出演。宮崎あおいと同じく『純情きらり』に続く2回目の朝の連ドラ出演となります。

夫のために人生を捧げ、常に良き妻・母である事を良しとする価値観を持つ「家庭の天使」といえる存在です。自由奔放なあさの姿を通して、自分の価値観を見つめ直す事になります。

白岡新次郎/玉木宏

玉木宏

あさの夫・白岡新次郎を演じるのは玉木宏。『のだめカンタービレ』や『残念な夫。』などに出演しています。今作は2003年の『こころ』に続く2回目の朝の連ドラ出演となります。

趣味に生きる新次郎は、自分は仕事から離れ、自分よりも仕事にセンスがあり情熱のあるあさを支える存在として夫婦の形を築きます。

白岡よの/風吹ジュン

風吹ジュン

新次郎の母親役を風吹ジュンが演じます。朝の連ドラは1996年『ひまわり』2001年『ほんまもん』に続く3度目の出演となります。最近では『永遠の0』や『そして父になる』『海街diary』などに出演しています。

「女は夫を支え、家を守るべき」という考えを持つあさの姑。

白岡千代/小芝風花

小芝風花

あさの長女を演じる白岡千代は映画『魔女の宅急便』でスクリーンデビュー、初主演にしてブルーリボン賞の新人賞を受賞をした期待の新人、小芝風花が演じます。

母親あさの家を放ったらかしにするような生き方に不満を持っており反発しています。あさは新時代の女性になるようにと教育をしますが、二人は対立します。

眉山惣兵衛/柄本佑

柄本佑『ラッシュライフ』

あさの姉・はつの夫役は、『美しい夏キリシマ』や『夜のピクニック』『僕等がいた』などに出演する柄本佑が演じます。

口数の少ない、無愛想で周りから理解されにくいキャラクターです。

眉山菊/萬田久子

萬田久子

惣兵衛の母親役を1978年ミス・ユニバース日本代表の萬田久子が演じます。朝の連ドラは、『なっちゃんの写真館』『ぴあの』『すずらん』に続く4回目の出演となります。

自発的で気の強くプライドの高い菊は、夫にも上から目線で、嫁であるはつにも不満を持っています。

眉山栄達/辰巳琢郎

惣兵衛の父親で眉山栄達(びざん えいたつ)役。日本ソムリエ協会ソムリエ・ドヌールの称号を持っています。クイズが得意でバラエティ番組に出ることもしばしば。連続ドラマ小説への出演は6作品目。その他過去出演作は映画では『レディ・ジョーカー』、ドラマは大河ドラマの『篤姫』などがあります。

眉山家に婿養子で入ったため、妻には逆らえない立場にあります。しかし包容力のある、心は優しく穏やかな性格を持っています。