WENN.com

高身長女優マッケンジー・デイヴィスが話題作に続々出演!【『ブレードランナー2049』出演】

2017年12月5日更新

『エイリアン:コヴェナント』等、話題作への出演が続いているマッケンジー・デイヴィス。注目が集まる彼女の過去の出演作と今後の活動を見てみましょう。

マッケンジー・デイヴィスのプロフィール

マッケンジー・デイヴィス
WENN.com

マッケンジー・デイヴィスは、1987年カナダのバンクーバー生まれ。身長178cmという抜群のスタイルが魅力です。 モントリオールのマギル大学を卒業後、ニューヨークの俳優養成学校ネイバーフッド・プレイハウスで演技を学びはじめました。その後すぐに映画監督のドレイク・ドレーマスに見出され、『あなたとのキスまでの距離』でデビューしました。

マッケンジー・デイヴィスの出演映画

『スマッシュド 〜ケイトのアルコールライフ〜』(2012)

アルコール依存性の夫婦が、妻の禁酒をきっかけに自分たちの関係を見つめ直す物語。夫のチャーリー役には、海外ドラマ『ブレイキング・バッド』のアーロン・ポール。マッケンジーはミリーという役で少し出演しています。

『あなたとのキスまでの距離』(2013)

イギリスからの留学生と教師の叶わない恋を描く純愛ラブストーリー。夢を捨てきれない教師と、天才的なピアノの才能を持つ少女がお互いの孤独から惹かれあう、切なくも美しい物語です。 マッケンジーは高校生の役で出演しています。

『もしも君に恋したら。』(2013)

元医大生のウォレスは、失恋して傷心の時にキュートな女の子シャントリーに出会いました。しかし彼女には同棲中の恋人がいて、「友達のままでいる」とふたりは約束します。

マッケンジーはアダム・ドライバー演じるアランの恋人、ニコルを演じ、カナダ・スクリーン・アワードを受賞しました。

『バッド・ターン・ワース(原題)』(2013)

テキサスの田舎から出ようと考える3人の少年たちが、犯罪組織の人間から車を盗んだために犯罪を手伝わされるようになります。少年グループのうちのひとり、ボビーに惹かれ、組織から一緒に逃げ出そうとするスーをマッケンジーが演じています。

『プルートズ・リアリティ・マシーン(原題)』(2013)

現実よりもテレビゲームにのめり込んでいる主人公チャーリー。マッケンジーは彼と他のプレイヤーをゲームの中で新しいクエストに連れていく奇妙な女性、ソフィアを演じています。 他の作品とは少し違った、怪しい雰囲気を醸し出しております。

『ア・カントリー・コールド・ホーム(原題)』(2015)

26歳のエリーは、疎遠だったアルコール中毒の父の死をきっかけに自分を見つめ直す旅に出ます。テキサスの小さな町で、自分の進む道や家族、友達を見つけていきます。キックスターターで資金を集めて制作されたインディーズ映画です。

『恋人まで1%』に出演!

ザック・エフロン主演の話題作

ザック・エフロン主演のラブコメディ。女性と真剣な付き合いをしようとしなかったジェイソン(ザック・エフロン)が、エリーという女性に次第に惹かれていく物語。アラサー男女のリアルな恋愛事情を描いています。

マッケンジーは、映画『セッション』や『ファンタスティック・フォー』のマイルズ・テラー扮するダニエルとデートするチェルシーを演じています。

日本公開は2015年9月19日です。

映画『オデッセイ』にも出演!

リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演のSF大作!

アンディ・ウィアーの小説『火星の人』を原作に、リドリー・スコットがメガホンを取り、マット・デイモンが主演したSF大作映画『オデッセイ』。火星での任務中に激しい砂嵐に合い、他のクルーに置き去りにされてしまうことから始まる物語です。2016年2月5日に日本公開になります。

NASAのエンジニア役に扮するマッケンジー・デイヴィスの新しい活躍に期待したいです。

その他マッケンジー・デイヴィスの出演作

話題作への出演が続いているマッケンジー・デイヴィス。今後はどんな作品に出演するのか、チェックしてみましょう!

映画『フリークス・シティ』(2015)

人間、ヴァンパイア、ゾンビが共存している町、デリフォードで、なにかの影響で対立するようになってしまった3者を、10代の若者3人が元に戻そうとする物語。ヴァネッサ・ハジェンズ主演で、2015年9月にアメリカで公開されます。

ショートフィルム『メモリー・ボックス(原題)』(2015)

メモリーボックスを制作するワーキング・マザーが、ある顧客にルールを破るよう強制される物語。短編映画ですが本作ではマッケンジー・デイヴィスが主演を務めます!

映画『オールウェイズ・シャイン(原題)』(2016)

マッケンジー・デイヴィスが主演となる映画。親友であり、共にハリウッドで成功する事を夢見る女優の卵のベスとアンナ。内気なベスが仕事で成功を掴む中、逆に感情豊かなアンナはあまり上手く行きません。そんな中、二人は旅行に行くのですが……。マッケンジー・デイヴィスは主人公アンナ役を演じます。

マッケンジー・デイヴィス、『ブレードランナー2049』に出演!

そんなマッケンジー・デイヴィスが、あのSF名作映画の続編『ブレードランナー2049』に出演します。彼女は今作に『オデッセイ』での演技力が認められ、起用されたようです。彼女の役柄は未だに明白にされていません。 現在も次々と話題作に出演している、マッケンジー・デイヴィス。今後も快進撃がつづくのか、気になるところですね!