2017年7月6日更新

ドラマ『マルコ・ポーロ』あらすじ・キャスト紹介【ネットフリックスの人気ドラマ】

マルコ・ポーロ

マルコ・ポーロは東方見聞録を口述した実在したの冒険家です。そんなマルコ・ポーロの若き日の探検をネットフリックスが2015年9月から配信しています。あらすじ、キャストをご紹介いたします。

壮大なスケールで描かれる若きマルコ・ポーロの冒険の物語『マルコ・ポーロ』

ネットフリックスオリジナルドラマ『マルコ・ポーロ』が2015年9月から配信されています。

モンゴルのリーダーであるクビライ・ハーンと若きマルコ・ポーロの関係や、裏切りや画策が描かれています。主人公マルコ・ポーロを演じるのはイタリアで今大注目のロレンツォ・リケルミです。

イタリア、カザフスタン、マレーシアで撮影された壮大なロケーションと本格的なアクションシーンがみどころです。すべての俳優がカンフーの特訓を受けたそうです。

広大なモンゴルの地を舞台にした『マルコ・ポーロ』あらすじ

マルコ・ポーロは商人である父や叔父とともないアジアへ旅をします。そこでクビライ・ハーンと出会うのですが、モンゴルの地においてフビライは絶対権力を持つものでした。

モンゴルを支配するクビライ・ハーンとマルコ・ポーロの関係が描かれます。マルコ・ポーロの才覚を見抜いたクビライはアジアの文化を教え、マルコはそれをうまく利用して、周囲の国の文化の知識を得ます。ハーンに忠誠心を試されるなど様々な試練がマルコ・ポーロを襲います。

裏切り、競争がうずまく世界『マルコ・ポーロ』キャスト

ロレンツォ・リケルミ:マルコ・ポーロ

主人公マルコ・ポーロは商人である父や叔父とともにアジア諸国を旅します。そこでモンゴルへ入り、クビライ・ハーンと出会います。ハーンは中国を牛耳る絶対的な存在として君臨していました。マルコ・ポーロはハーンに気に入られますが、政権内の権力争いに巻き込まれていきます。

ロレンツォ・リケルミは『Sotto una buona stella』(2014年)に主演しています。

ベネディクト・ウォン:クビライ・ハーン

クビライ・ハーンは後の元王朝の初代皇帝であり、チンギス・ハーンの孫にあたります。チンギス・ハーン亡き後モンゴル草原を継承し、モンゴル帝国の皇帝になります。そして宋(中国の南部)を滅ぼし、元の初代皇帝になり、今の北京に都をおきました。

演じるのはベネディクト・ウォンで中国系ながらイングランド出身の俳優です。『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』(2013年)の映画で中国系の役を演じています。

ジョアン・チェン:皇后チャブイ

チャブイは正祖ハーンの皇后であり、チンギス・カン家の姻族としてモンゴル帝国の中でも有力な部族出身でした。ハーンを支える存在であり、自身もかなりの財力があるという女性でした。

チャブイを演じるのはジョアン・チェンです。女優であり、映画監督でもあります。中国のエリザベス・テイラーなどと呼ばれています。『ツイン・ピークス』に女優として出演しており、また『オータム・イン・ニューヨーク』では監督をつとめました。

レミー・ヒー:チンキム王子

チンキム王子はクビライとチャブイの次男です。クビライが国を治めていた時に皇太子となり中国の政務を委ねられました。絶大な権力を得ましたが、父親よりも早くに死去してしまいます。

演じるのはレミ・ヒー。オーストラリアの俳優であり、オーストラリア国立演劇学院を卒業しています。

ジュジュ:クカチン王女

クカチン王女はクビライの子女です。

演じるのは中国の女優ジュジュ、司会者や歌手としても活躍しています。また2013年の「世界で最も美しい顔100人」で22位に選ばれました。

トム・ウー:百目

トム・ウーが演じる百目はカンフーの達人でありマルコに武術を教えます。

演じたのはトム・ウーで、『キック・アス ジャスティス・フォーエバー』(2014年)でチンギス・カーネイジ役を演じています。