2016年7月12日更新 11,126view

長谷川博己の出演映画、ドラマまとめ!

昨今、「家政婦のミタ」や「MOZU」などの人気ドラマや、園子温監督の『地獄でなぜ悪い』や、河合勇人監督の『鈴木先生』など幅広い役柄を演じ、存在感ある役者となった長谷川博己。『シン・ゴジラ』など今後の出演作についてご紹介します。

高身長イケメン・長谷川博己といえば

hasegawa

引用: hachigen.com

長谷川博己(はせがわ・ひろき)は1977年3月7日生まれ、東京都出身の俳優です。ハセヒロの愛称でも親しまれています。

役者を志し、中央大学文学部卒業後、2001年に文学座附属研究所に入ります。2002年にマーティン・シャーマンの戯曲『BENT』で初舞台を経験。

2004年に文学座の準座員となると、2006年に座員に昇格します。同年、映画の仕事に集中するために文学座を退座しました。

その後、ドラマ『セカンドバージン』で不倫する男性役で話題を集め、「MOZU」でエキセントリックな元エリート警官を演じるなど、様々な役どころで印象に残る演技をみせてきました。

結婚が噂される鈴木京香と共演した代表作『セカンドバージン』

ドラマ『セカンドバージン』では不倫愛を演じた長谷川博己と鈴木京香

セカンド・バージン 長谷川博己

20年前に離婚して以来仕事一筋で生きてきた出版プロデューサーの女性と金融庁の若手キャリア官僚の男性の不倫が描き、翌年には映画化もされ話題となった2010年放送のNHKドラマ『セカンドバージン』。

長谷川博己は、年上の女性・中村るい(鈴木京香)と不倫をするキャリア官僚・鈴木 行を演じています。るいとお嬢様でわがままな妻・万理江(深田恭子)の間で揺れる男性を演じ、注目を集めました。

鈴木京香とはドラマ共演後に交際報道

長谷川博己

ドラマ『セカンドバージン』がきっかけで知り合った二人は交際に発展。

2014年には結婚報道も出ましたが、現在のところ結婚はしていません。しかしながら、交際は順調なようでデートを重ねる二人の姿も目撃されているようです。

ドラマでは不倫愛を演じきったふたりでしたが、実生活はお互い独身の健全カップルです。

『MOZU』シリーズでは裏の顔をもった凶悪犯に

ドラマ『MOZU』(2014年)では狂気に満ちた犯罪者を演じる

長谷川博己 MOZU

ドラマ『MOZU』はTBSとWOWOWの共同制作の刑事ドラマで、西島秀俊演じる刑事・倉木尚武と日本を震撼させる悪の組織との闘いが描かれています。原作は、逢坂剛の小説『百舌の叫ぶ夜』『幻の翼』です。

本作で長谷川博己は元エリート警官ながら、犯罪者としての顔を持つ男・東和夫を演じています。冷静沈着な表の顔をもちながら、実は狂気に溢れた犯罪者という二面性のある難易度の高い役どころを演じました。

ドラマに引き続き『劇場版MOZU』にも出演!

ドラマシリーズに引き続き映画でも狂気的な犯罪者である東和夫を演じる長谷川博己。元公安刑事と言う経歴を持ちながら、主人公倉木(西島秀俊)を翻弄する裏の面を持つキャラクターは誠実そうな長谷川のイメージを見事に裏切っています。劇中でも度々「イカれている」と表現されるこのキャラクターは、個性的な雰囲気と奇妙なオーラを放っています。

長谷川博己

本作ではドラマ版よりもより狂気に走っていく東ですが、なんとロケットランチャーを放つシーンもあるんだそう。フィリピンロケでド派手なアクションを盛り込んだ大作となっている『劇場版MOZU』で長谷川がどう活躍しているか、注目です。

長谷川博己が2016年映画でも大活躍!

門脇麦主演映画作でストーカーされる

教授の勧めで、一人の男の「ストーカー」をすることになった女子大生を門脇麦が演じる映画『二重生活』が2016年6月25日に公開されます。長谷川博己は女子大生に尾けられる雑誌編集者を演じており、劇中では彼の秘密が徐々に暴かれていきます。

リリー・フランキー、菅田将暉ら実力派俳優との共演も期待され、大注目の映画です!

映画『シン・ゴジラ』に主演!

また、2016年7月29日公開の庵野秀明監督作品『シン・ゴジラ』では主人公である内閣官房副長官の矢口蘭堂を演じています。予告編でも長谷川のシリアスな演技が映し出されています。

園子温監督作品『ラブ&ピース』でも怪獣(?)と戦った(??)長谷川博己。怪獣となにかと縁があるのでしょうか。

変わり者教師からダメ親父まで。ヒットドラマに引っ張りだこの長谷川博己

ドラマ『鈴木先生』に主演(2011年)

長谷川博己 鈴木先生

武富健治の同名コミックをドラマ化した『鈴木先生』。長谷川は主人公の鈴木先生を演じました。中学の国語教師である鈴木先生が、独自の教育方針で生徒たちの悩みを解決しようと奮闘する姿が描かれます。ヒーローというよりはちょっぴりダサい、でもやっぱり頼りになる?今までになかった異色の教師像を描き出した学園ドラマです。

土屋太鳳や窪田正孝といった今をときめく若手俳優が出演していることでも話題です。2013年に映画化もされています。

人気ドラマ『家政婦のミタ』(2011年)ではダメ親父

家政婦のミタ 松嶋菜々子 長谷川博己

母親の死により崩壊寸前の家族と家政婦の交流を描き、松嶋菜々子の演技も話題となった『家政婦のミタ』。最終話の視聴率がなんと40%を超えるなど「ミタさん」は社会現象になりました。

本作で長谷川博己は、駄目な父親・阿須田 恵一を演じています。

ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(2015年)

datekoidarama

『デート~恋とはどんなものかしら~』は、「恋愛力ゼロ」の男女が、やむにやまれぬ事情から結婚を目指すことになり、日々つたないデートを積み重ねていくことから始まる月9久方ぶりのラブストーリーです。

東京大学大学院数理科学研究科で、研究後、内閣府経済総合研究所に入所したマクロ経済の動向予想のエキスパート・藪下依子役を演じています。

そして、長谷川博己は自称「高等遊民」(明治時代から実在した、大学卒業後、高い教養を持っていながら、労働はせず、読書などで日々を過ごしていた人々)、親に寄生し、働かずプラプラ毎日を過ごしている35歳・谷口巧を演じています。

園子温監督作品にも二作出演

監督自身をイメージした役を演じる

『地獄でなぜ悪い』は映画を愛する青年がひょんなことからスタッフ、キャストが全員ヤクザの映画の監督なってしまう物語です。園子温監督の奇抜な演出と、豪華出演者の共演が注目された作品です。

長谷川博己は映画の神様を信じる青年・平田純を演じ、堤真一や二階堂ふみと共演しています。

会社員からロックスターへ

長谷川博己演じる冴えない会社員がミドリガメを拾ったことでどんどん成り上がり、果てはロックスターとなるトンデモストーリーなのが本作です。様々な要素が詰まった園子温の真骨頂とも言える作品でしょう。

長谷川博己が劇中で生歌を披露しており、ファン必見の映画です。

その他のおすすめ出演映画

映画『舞妓はレディ』(2014年)

2014年9月13日に公開された周防正行監督の映画『舞妓はレディ』で、上白石萌音演じる主人公西郷春子を指導する言語学者・京野法嗣を演じました。

映画『海月姫』(2014年)

hasegawa01

東村アキコの人気漫画を「あまちゃん」で大ブレイクした能年玲奈主演で実写映画化した『海月姫』。クラゲオタクの月海と女装男子・蔵之介の恋模様が描かれます。

本作で、長谷川博己は、菅田将暉演じる女装男子・鯉淵蔵之介の異母兄、鯉淵修役で出演します。

実写版『進撃の巨人』シキシマ役で出演

shikishiba

累計発行部数5000万部を超える超人気コミック、『進撃の巨人』が実写映画化。

2015年8月1日に前編が、9月19日に後編が公開された実写版映画『進撃の巨人』キャストが発表され、「最強の男」シキシマ役に長谷川博己として出演しています。

キャストが発表された際には原作漫画でも人気のキャラクター「人類最強の兵士」ともいわれるリヴァイを演じるのではないかと噂されていましたが、実際演じたシキシマはオリジナルキャラクターでした。

橋本環奈と共演!

橋本環奈初主演、2016年3月5日に公開された映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』に出演しました。長谷川博己は、橋本環奈演じる星泉が憧れる月永を演じます。

この記事はこちらの特集に含まれています。

ゴジラ特集
日本のイケメン俳優特集

PAGE TOP

カテゴリー一覧