2018年4月19日更新

2020年の大河は『麒麟がくる』!主人公・明智光秀のキャストには長谷川博己

2020年に放送される大河ドラマ『麒麟がくる』の主演・題材等が発表されました。主人公・明智光秀を演じるのは長谷川博己です。

2020年大河ドラマは明智光秀描く『麒麟がくる』!主演キャストは長谷川博己

2020年の大河ドラマが、「本能寺の変」で信長を裏切った家臣として知られる明智光秀を題材にした『麒麟がくる』になることが明らかになりました。 同作で主人公・光秀役を演じるのは、2018年10月1日から放送予定の朝ドラ『まんぷく』で、ヒロイン・安藤サクラの夫役を務めることでも話題の長谷川博己です。 朝ドラから大河の連投は、1986年前期の朝ドラ『はね駒』に出演し1987年大河『独眼竜政宗』で主演を飾った渡辺謙以来33年ぶりのこととなります。

2020年大河ドラマの気になる内容・あらすじは?

英雄たちが群雄割拠するオリジナルストーリー!

同作の脚本は、映画『復讐するは我にあり』などの作品を手掛けた池端俊策によるオリジナル。光秀が20代の青春時代から描かれ、信長以外にも、斎藤道山や細川藤孝、足利義昭、松永久秀といった一癖も二癖もある戦国時代の英雄たちが群雄割拠するストーリーになるとのこと。 宮藤官九郎手掛ける2019年の大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に続き、2020年の『麒麟がくる』もオリジナル作品ということで、それぞれ先の読めない展開に期待が集まりそうですね!

『麒麟がくる』の放送は2020年

大河ドラマ『麒麟がくる』は、中村勘九郎&阿部サダヲ主演の2019年大河「いだてん」からバトンを受け取る形となります。 この記事では新たな情報が発表され次第追記していきます!