要潤、イケメンなのに3枚目な役が多い?!意外に知らない9つの事実

2018年1月22日更新

特撮ドラマ『仮面ライダーアギト』でイケメン俳優としてブレイクしつつも香川県の「うどん県」副知事やコメディ映画『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』など3枚目の役も数多くこなす俳優の要潤。その下積み時代の苦労や3枚目を演じる理由などをご紹介します。

1:要潤、芸能界入りのきっかけはアルタでのバイト?!

1981年2月21日香川県生まれの俳優、要潤。 彼の芸能界入りのきっかけといえば、1999年に新宿のスタジオアルタで警備のアルバイトをしていたところ『笑っていいとも!』の司会者タモリの目に留まり、同番組のイケメンコンテストコーナーで優勝したことで、芸能関係者から声を掛けられてデビューに至ったというエピソードが有名です。 しかし要が居酒屋でアルバイトをしていたところへ『笑っていいとも!』のADが出演依頼しに来たという情報もあり「アルタの警備員」という設定が番組の演出だった可能性もあるようです。

2:『仮面ライダーアギト』でブレイク!イケメンヒーローブームを牽引

2001年に特撮ドラマ『仮面ライダーアギト』の3人の主役の一人である氷川誠/G3役に要潤は抜擢されました。この作品は仮面ライダー作品生誕30周年の記念すべき作品であり、3人の仮面ライダーが初めから主役級に活躍する展開は、作品史上初めてでした。 要潤は番組を観ていた子供たちの母親を中心に人気を博し、以後巻き起こるイケメンヒーローブームを牽引した俳優として名前を刻むことになりました。

3:意外なバイト経歴、イタリアレストランからビアガーデンまで

要潤は下積み時代に居酒屋、弁当屋、イタリアンレストラン、ビアガーデン、模試の採点など様々なアルバイトを経験したそうです。バラエティ番組では、バイト時代に習得した沢山のビアジョッキを同時に持ち上げる特技を披露したこともありました。 「少しでも時間が空くと不安だった」と語ったこともあり、イケメン俳優としてブレイクする以前ははアルバイトに明け暮れていたようです。

4:「うどん県」の副知事として出身地をPR

香川県出身の要潤は2011年に香川観光プロジェクトの一環として「うどん県」に改名するという設定のもと副知事として選ばれ、プロジェクトの顔としてCMなど様々なメディアに登場しています。   動画には彼がケンタウロスとなり弓を射るというちょっとシュールなPR映像が。2016年からうどん以外にも、香川県のオリーブを宣伝する「おりーぶ新鮮組」というキャラに扮して宣伝活動をしています。

さらには要潤が新選組風の衣装を身にまとい、ノリノリでオリーブオイルを注ぎ、オリーブの新鮮さをPRしている姿を見ることができます。

5:ドラマでは3回も航空関係の役を務めた

要潤は『GOOD LUCK!!』の整備士役から数えて『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』『空飛ぶ広報室』といずれも午後9時から放送されたドラマで3回も航空関係の役柄を務めました。

『GOOD LUCK!!』

2003年1月19日から3月23日までTBS系で放送された、ANAの若手旅客機パイロット新海元(木村拓哉)を中心に描かれる青春恋愛ドラマです。 航空整備士阿部貴之を要潤が演じました。

『TOKYOエアポート〜東京空港管制保安部〜』

2012年10月14日から12月23日までフジテレビ系で放送された、東京国際空港(羽田空港)を舞台にグランドスタッフから航空管制官に転職した篠田香織(深田恭子)の奮闘を描いたドラマです。 成田空港の主任管制官近藤幸宏を要潤が演じました。

『空飛ぶ広報室』

 2013年4月14日から6月23日までTBS系で放送された、防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室を舞台にTVディレクター稲葉リカ(新垣結衣)と元パイロットの空井大祐(綾野剛)を中心に繰り広げられる群像ドラマです。 広報班に属する片山和宣1等空尉を要潤が演じました。

6:要潤は顔が長い

要潤がイケメンなのは見てそのままなのですが、「顔が長い」「シャクれている」と評されることがしばしばあります。確かに少し長く見えます。ファンとしては指摘しづらい点かもしれません。しかし要は以下のようにツイートしています。

どうやら要潤は自分の顔の長さを自覚しているようです。自覚しているどころか、顔がどんどん伸びているとのこと。顔の長さも自分のアイデンティティとして前向きにとらえているようです。 顔の長い役者だけが出演するドラマ、是非観てみたいですね。

7:3枚目の役も多くこなすイケメン俳優要潤

『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』

要潤は『仮面ライダーアギト』でのブレイク以降イケメン俳優としての立ち位置も保持しつつ前出の「うどん県」副知事やコメディ映画『ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE』の主演など3枚目の役もこなしています。 要が3枚目役のオファーを受ける理由は、元々関西系のTVを観て育ったお笑い好きな自分を見透かされたような気がしてテンションが上がってしまうからだそうです。

8:ギリギリアウト?な要潤のキノコCM

要潤が鈴木砂羽と出演しているホクトのCMが過激すぎると話題になってます。 買い物中の鈴木砂羽演じる女性に明らかに怪しい男が近寄り、「普通のきのこ」と「立派なきのこ」どっちがいいか?と耳元で囁きます。 イケメン三枚目俳優として活躍する要潤だからこそできる際どく印象的なCMです。

9:要潤の結婚と子育て。妻は元タレント社長?

要潤は2013年に元タレントで現在会社社長をしている松藤あつこと結婚しました。同年には第一子を授かり、Twitterではファンに向けて以下のようなコメントしています。

さらに2015年のクリスマスに第二子が誕生したこともTwitterで報告しました。

要家の仲睦まじい様子が目に浮かびます。ファンとしては俳優とパパとの両立を期待したいですね。

要潤の今後

映画『あやしい彼女』

天使の歌声を持ち写真を撮ると20歳に若返る73歳のおばあちゃん瀬山カツが巻き起こす騒動を描いた、2016年4月1日に公開したコメディ映画です。 多部未華子が主演を務め、外見だけが20歳に若返ったヒロインをコミカルに演じます。 20歳に若返り、大鳥節子という偽名で、たまたま近所ののど自慢大会に出たカツ。その歌声が音楽プロデューサー小林の目に留まり、あれよあれよと歌手デビューの話に。 しかもそれだけでなく節子は音楽プロデューサー・小林、バンドマンでカツの孫・翼、若い頃からカツに想いを寄せる・中田次郎との恋の4角関係にも巻き込まれてしまいます。 音楽プロデューサー小林拓人を要潤が演じます。

映画『星籠の海 探偵ミタライの事件簿』

累計330万部を更新する島田荘司の同名シリーズ小説を原作とする、脳科学者・御手洗潔(玉木宏)が難事件を解決する2016年6月4日公開予定のミステリー映画です。 今作では広島県・福山市の瀬戸内海を舞台に、次々と起こる難事件を、御手洗潔が解決していきます。 要潤は、その中で起きる事件の一つで、事件に巻き込まれる看護学生の恋人であり、学芸員の小坂井准一役を演じます。

映画『OVER DRIVE』

2018年6月1日公開の映画『OVER DRIVE』で要は、マネジメント会社の社員・遠藤ひかる(森川葵)の上司役を演じます。 『OVER DRIVE』は人気俳優、東出昌大と新田真剣佑が兄弟役を演じることでも話題になっています。