リチャード・ハリス、『ハリー・ポッター』初代ダンブルドア校長の軌跡を辿る!

2017年7月6日更新

アイルランド出身の俳優リチャード・ハリス。『ハリー・ポッター』の初代ダンブルドア校長として覚えている方も多いのではないでしょうか。自身の死によってシリーズ2作目で姿を消した名優の、知られざる経歴や名作揃いの出演作についてご紹介します。

リチャード・ハリスのプロフィール

リチャード・ハリスは、1930年10月1日生まれ、アイルランド出身の俳優です。9人兄弟の5番目としてリムリックで育ったハリスは、カトリック系の寄宿学校で教育を受けました。

そしてロンドンで舞台役者として長い下積み時代を送ったのち、映画界へ進出。渋いバイプレイヤーとして活躍しました。

現在では晩年に演じた、『ハリー・ポッター』シリーズの初代ダンブルドア校長としての姿が最も知られているのではないでしょうか。

残念なことにハリスは2作目である『ハリー・ポッターと秘密の部屋』に出演後、この世を去ってしまいました。今回はそんな名優リチャード・ハリスの軌跡を辿ってみます。

ラグビー選手から演技の道へ

寄宿学校でリチャード・ハリスはスポーツの才能を現し、ラグビー選手として活躍しました。アイルランドのプロチーム、マンスターが主催する学生大会のジュニア部門とシニア部門に学校代表として参加し、一時期は地元のプロチームであるゲリーオウェンでもプレイしています。

しかし、結核にかかってしまったことがきっかけでラグビーをやめました。しばらくした後に映像の仕事に関わることを目指し、イングランドに渡ります。

ディレクター志望でしたが、当時は仕事に直接関係する学校がなかったため、少しでも関連する道に進もうとロンドン演劇学校に入学。炭鉱で働きながら学校では熱心に学び、自ら出資して公演を打ったりもしています。学校を卒業した後は、劇団に所属し舞台俳優として活動を始めました。

初期出演映画『孤独の報酬』で男優賞受賞

1958年にハリスは『地獄で握手しろ』で映画デビューを果たします。その後、『ナバロンの要塞』などいくつかの映画に出演し、1963年に主演した映画『孤独の報酬』でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞しました。

この作品でハリスが演じたのは、元炭鉱作業員でラグビーのスター選手のフランクです。フランクは、未亡人のマーガレットに思いを寄せ、彼女をしあわせにするため作業員からラグビー選手に転身します。なかなか心を開こうとしないマーガレットを一途に思い続けながらも、スター選手に昇りつめていくフランクは傲慢な態度をとるようになっていきます。

ハリスは粗野でありながらも女性のために人生を変えてしまった男を演じ、その演技が高く評価されました。

代表作となった『許されざる者』

クリント・イーストウッド監督、主演の1992年の映画『許されざる者』は、第65回アカデミー賞作品賞を受賞したハリウッド西部劇です。

『許されざる者』は、 1881年のワイオミング準州を舞台に、娼婦の顔に傷をつけた賞金首を追うカウボーイたちを描いた物語です。この作品でハリスは鉄道会社に雇われ、多くの中国人を撃ち殺したという伝説を持つ英国人、イングリッシュ・ボブを演じました。

当初イングリッシュ・ボブは、英国紳士らしい振る舞いと伝説に違わない腕前を披露していました。しかし、賞金首がいるという町に着いたとたん、保安官に武器を取り上げられ、情けない過去を暴露されてしまいます。

この役で名脇役としての存在感を示し、『許されざる者』はリチャード・ハリスの俳優人生の代表作の一つとなりました。

ハリウッド進出時代のその他の作品

『キャメロット』(1967年)

ジョシュア・ローガン監督によるローマ帝国を舞台にしたミュージカル映画です。

リチャードは、アーサー王役で主演を果たしました

『ジャガーノート』(1975年)

船上を舞台に、時限爆弾を巡るのスリルをアクション満載で描いています。本作では、爆発物処チームを率いる海軍中佐役で主演。名優アンソニー・ホプキンスとの共演も果たしています。

ハリーポッターシリーズではダンブルドア校長を演じる

リチャード・ハリスは、『ハリー・ポッター』シリーズの1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』と2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』に出演し、魔法学校ホグワーツのダンブルドア校長を演じました。

ハリスは当初この役のオファーを断るつもりでいましたが、原作のファンである孫娘から「ダンブルドアを演じないなら、もう口をきいてあげない」と言われ、引き受けることにしたそうです。

偉大な魔法使いでチャーミングな性格でもあるダンブルドアを見事に再現したハリスの演技は好評を博しました。

しかし2作目『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を演じきり、公開年となった2002年にハリスはホジキンリンパ腫で72歳の生涯を終えました。

3作目以降は、ハリスと同じアイルランド出身の俳優、マイケル・ガンボンがダンブルドア役を引き継いでいます。

リチャード・ハリスの最終出演作となった『ジュリアス・シーザー』

2002年にハリスは歴史テレビ映画『ジュリアス・シーザー』に出演しました。

ハリスが演じたスッラは共和制ローマの軍人・政治家で、議会から民衆派を追放し独裁官として強固な元老院派の政権を作り上げた人物です。スッラが作り上げたこの元老院政権は、後にシーザーによって倒されることになります。

そしてこの作品が、ハリスの遺作となりました。

リチャード・ハリスは死してなお

死去の翌年2003年には、英国インディペンデント映画賞がハリスの功績を讃え、リチャード・ハリス賞を設立しています。

ハリスは他にも傭兵映画の傑作である『ワイルド・ギース』(1978)や『パトリオット・ゲーム』(1992)などなど、数多くの名作に出演しました。名バイプレイヤーの軌跡を更に深く振り返ってみるのもいいのではないでしょうか。

2006年、長年計画されていたハリスの等身大銅像がアイルランドに設置されました。母国の英雄としてハリスは人々の中に生きているのかもしれません。