ボニー・ライト、ロンの妹ジニー・ウィーズリー役女優の魅力に迫る

2017年11月30日更新

「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001年)以降、全ての同シリーズ作品に、ジニー・ウィーズリーとして出演したことで知られているボニー・ライトですが、彼女は女優だけでなく、短編映画作品の監督もしています。そんなボニーのキャリアをご紹介します。

『ハリー・ポッターと賢者の石』で女優デビュー

ボニー・ライト(本名:ボニー・フランチェスカ・ライト)は、1991年2月17日にイギリスのロンドンで生まれた女優です。 ボニーは『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)でハリーの親友であるロン・ウィーズリーの妹、ジニー・ウィーズリー役で女優デビューしました。 本作ではカメオ出演でしたが、2作目の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)以降は、最終作品となった『ハリー・ポッターと死の秘宝Part2』(2011年)まで、全ての『ハリーポッター』シリーズにジニー・ウィーズリー役で出演しています。 また、『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』(2010年)の撮影時には、仕事をする一方で大学に通い、卒業制作では短編映画の監督もしました。

ハリポタ出演のきっかけは実の兄?

ボニー・ライトには、ルイスという兄がいるのですが、ジニー・ウィーズリー役になれたのは、ルイスの存在が大きく影響しているのです。 というのも、ルイスがボニーはジニ―・ウィーズリーに似ていると思う、と話したのがきっかけとなり、彼女はジニー役のオーディションを受けたのでした。 小説でもジニーをはじめウィーズリー一家はみんな赤毛であり、同じく赤毛のボニーはなるべくしてジニー役になったのかもしれませんね。

『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』撮影と並行して大学に通う

ボニー・ライトは、『ハリー・ポッターと死の秘宝PART1』(2010年)の撮影をする傍らで、大学に通っていました。 彼女は、ロンドン芸術大学で映画を学び、卒業制作では、『ハリー・ポッター』シリーズでは、リーマス・J・ルーピン役を演じたデヴィッド・シューリスを迎えて、短編映画『Separate We Come, Separate We Go』を撮影。 近隣のお店から制作資金の援助を受けながら低予算での制作となりましたが、2012年に第65回カンヌ国際映画祭でも上映され、監督デビューしました。

カワイイけど奔放!?な私生活

calamari and chips maaaaate

B O N N I E W R I G H Tさん(@thisisbwright)がシェアした投稿 -

2012年、『ハリーポッターと死の秘宝Part.2』にグリンデルバルド役で出演していたジェイミー・キャンベル・バウワーと破局し、婚約を解消したとのニュースが報じられました。二人はボニー・ライトが19歳の頃から結婚を約束し、2年ほど交際を続けていたようです。 二人が別れた詳しい原因は分かっていません。 しかしボニー・ライトの年齢の若さが別れるきっかけだったのではないかと噂されています。 自身のインスタグラムにビキニ姿の写真をアップしたり、イタリアで一般男性とバカンスに来ているところをパパラッチされたりなど、なかなかに楽しい私生活を送っているようです。

イギリス有名誌には「次世代のケイト・ブランシェット」と称される

ケイト・ブランシェットといえば、 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのエルフの女王、ガラリエル役や『ブルージャスミン』(2013年)のジャスミン役、最近では『キャロル』(2015年)でのキャロル・エアード役でも知られている、美貌と確かな演技力を兼ね備えた女優です。 ボニーは、イギリスの雑誌であるグラマーマガジンの「2010年に最もスタイリッシュな35人の女性」の中で、レッドカーペットでの彼女の立ち振る舞いが“次世代のケイト・ブランシェットだ”と称しました。

ボニー・ライトにとって『ハリー・ポッター』シリーズとは?

School's out for summer ????⚡️ @unistudios #wizardingworldhollywood

B O N N I E W R I G H Tさん(@thisisbwright)がシェアした投稿 -

ボニーは、「ハリー・ポッター」シリーズについて、

Congrats on the new show @snatch Rups ???????? #proudsis (thanks @__sloan__ for making pyjamas so chic I can wear them to a premiere ????)

B O N N I E W R I G H Tさん(@thisisbwright)がシェアした投稿 -

映画「ハリー・ポッター」シリーズに参加できたことは、私に自分の夢を追うように鼓舞し、女優業と監督業ができている今があります。この作品の撮影はとても素晴らしい体験となり、今後も自分にとって大切な一部であり続けます。

出典: www.imdb.com

と述べています。 映画デビューが、社会現象となった小説の映画化作品で、今なお愛され続けてる『ハリー・ポッター』シリーズの主要登場人物の役であり、プレッシャーや不安もある中でこうして女優や監督として活躍できたのは、撮影の最中で得られたたくさんの経験だったのでしょう。 今後も、女優だけでなく監督としてもボニーの活躍が楽しみですね。