2020年6月25日更新

山崎賢人出演のおすすめドラマ 若手屈指の人気を誇るイケメン俳優

山崎賢人、ドラマ

2010年の俳優デビューから仕事に恵まれ、『まれ』『グッド・ドクター』など数多くの話題作に出演してきた山崎賢人。この記事では出演ドラマに絞り彼の功績を振り返っていきます。

目次

山崎賢人出演のおすすめドラマ 初期の名作から話題の最新作まで

1994年生まれ東京都出身の俳優山崎賢人。芸能界デビューは、ティーン向けファッション誌「ピチレモン」のメンズモデルで、俳優デビューは、TVドラマ『熱海の捜査官』(2010年)でした。 それ以降、数多くのドラマ、映画に出演し若手のなかでも屈指の人気を誇る俳優に成長しました。そんな山崎賢人出演のおすすめドラマを一挙に紹介します。 ※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記です。

山崎賢人最新ドラマは『今際の国のアリス』 (2020年配信予定)

土屋太鳳と4度目の共演となる大注目のドラマ

麻生羽呂原作のコミックを実写化したSFサバイバルドラマ『今際の国のアリス』。2020年にNetflixオリジナルシリーズで配信される予定です。 山﨑賢人が演じるのは、ある日突然、荒廃した世界に迷い込んでしまう青年、有栖(アリス)良平。彼の前に現れた土屋太鳳演じる宇佐木(ウサギ)柚葉と共に、生き残りを賭ける壮大な“げぇむ”に挑むストーリーです。はたして、“アリス”と“ウサギ”はこの謎の世界から抜け出すことができるのでしょうか? 監督は映画『キングダム』(2019年)の佐藤信介。全世界190か国に配信が決定している注目作です。

『熱海の捜査官』(2010年)

2010年に放送されたオダギリジョー主演のミステリードラマ『熱海の捜査官』。山崎賢人は市長と愛人の息子の四十万新也を演じました。 捜査官星崎剣三が 3年前に起こった女子高生失踪事件を解決するために南熱海市に派遣されます。元失踪者が意識を取り戻したのをきっかけに捜査は進展していき……。

『クローン ベイビー』(2010年)

主演は第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストグランプリを獲得した市川知宏。他に松坂桃李、滝裕可里、菊田大輔、稲葉友、菊池亜希子などが顔を揃え、有名雑誌出身の美男美女が集結して話題となりました。 山崎賢人は、テンションの高い引きこもり、岡部城太郎を演じました。同じ遺伝子を持つクローン人間たちが「ひとつのイス」をかけて壮絶な戦いを繰り広げるサスペンスドラマです。

『ランナウェイ〜愛する君のために』(2011年)

主演の市原隼人が脱獄メンバーのリーダー、葛城アタルを演じたドラマ『ランナウェイ〜愛する君のために』。山崎賢人が演じたのは過去警察から濡れ衣をかけられ、ひきこもりになったパソコンオタク。ハンドルネーム“PANDA”を名乗り、twitterを駆使して4人の逃走劇を見守ります。 無実の罪で刑務所に服役させられた若者4人が、刑務所を脱走し、それぞれ愛する人のために生きる道を模索します。福岡から東京までの逃走劇も合わさり、痛快なロードムービーとして楽しめる作品です。

『黒の女教師』(2012年)

榮倉奈々が初の教師役にして初のダークヒロインに挑戦した『黒の女教師』。 山崎賢人は成績優秀でバレーボール部のエース安田俊介を演じました。 3人の女教師が学園内の様々な問題を多額のお金と引き換えに、手段を選ばず解決していくサスペンスドラマです。

『佐藤家の朝食、鈴木家の夕食』(2013年)

2013年のドラマ『佐藤家の朝食、鈴木家の夕食』で山崎賢人は佐藤拓海役で主演を務めました。2人の母親と自分という特殊な家庭環境に育ち、本当の父の存在に複雑な思いを抱いている息子の役です。 拓海の家の近所に父親2人に育てられている少女が引っ越してきたことで、若者2人は自らの存在意義に疑問を持ち、家族の中に「居場所」を失います。LGBTをテーマの中心に据え、家族にとって何が本当に必要なことなのかを丁寧に描いた感動作です。

『35歳の高校生』(2013年)

米倉涼子主演のドラマ『35歳の高校生』。 ストーリーが毎回1話完結で進む本作は、35歳で高校に編入した馬場亜矢子が様々な学校問題を解決に導きます。 山崎賢人は3年A組の生徒、阿久津涼役を演じました。普段は目立たない存在ですが、ある理由があって学校裏サイトでスクールカーストの順位を操作しています。

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』(2014年)

2008年から伊藤淳史を主演に迎え、人気となった「チーム・バチスタ」シリーズの第4弾『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』。ある日外科医の田口公平は、院長の命令で地方の総合病院『碧翠院』に派遣されます。 そこは終末医療に取り組む病院で、周囲の人たちにとって不可欠な場所。しかし『碧翠院』はある闇を抱えていて……。 山崎賢人は柳葉敏郎演じる院長桜宮巌雄の末っ子で、崖から転落死する葵を演じました。

『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』(2014年)

二宮和也主演の『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』。弱小野球部の監督が生徒の悩みに真剣に向き合いつつ、甲子園出場を目指す笑いと涙の青春ドラマです。 山崎賢人演じる江波戸光輝は青志のクラスの生徒で、野球部のキャプテン。中学時代にチームメイトの岡留にいじめられた経験から、彼を素直に受けいれられず悩む役どころです。

『水球ヤンキース』(2014年)

中島裕翔の初主演ドラマ『水球ヤンキース』。山﨑賢人はもう一人の主人公、三船龍二を演じます。龍二は中学時代に水球部のエースでしたが、挫折を経験し水球から遠ざかっていました。 しかし仲間たちに触発され再び高校の部活で水球を始めます。 水球に燃えるひとりの不良高校生を中心に、友情、恋愛などを織り交ぜたストーリーが展開する熱い青春ドラマです。

『まれ』(2015年)

2015年に放送された土屋太鳳主演の朝ドラ『まれ』。山崎賢人はまれの移住先での同級生で、輪島塗職人になることを夢見る紺谷圭太を演じました。 父親の度重なる失敗の為に、夜逃げのように輪島に移住したまれ一家。まれは、周りの人たちに恵まれ温かく見守られ、パティシエを目指し成長してきます。

『永遠のぼくら sea side blue』(2015年)

海で出会った8人の男女の青春を繊細なトーンで描いた「永遠のぼくら」。山﨑賢人演じる永田拓は主人公あおいの幼馴染で、彼女を一途に思っています。 しかし、あおいは窪田正孝演じる先輩、山内航汰に憧れていて……。様々な境遇の彼らが出会った時どんな運命が待ち受けるのか。 成海璃子、浅香航大、清野菜名、矢本悠馬、東出昌大などほかにも豪華な若手キャストが集結しました。

『デスノート』(2015年)

漫画『DEATH NOTE』が原作のドラマです。2006年に公開された映画『デスノート』とは直接的なつながりはありません。 山崎賢人は窪田正孝演じる“キラ”こと夜神月の犯罪を捜査するため、来日した天才探偵Lを演じました。死神リュークが人間界に落としたデスノートを使って、殺人を犯したライト。はじめこそ罪の意識に震えましたが、次第に平然と凶悪犯たちの名前を書き込んで始末していくようになります。 そこに罪を暴こうとするLが登場し、ライトと熾烈な頭脳戦が始まるのでした。

『好きな人がいること』(2016年)

2016年放送の桐谷美玲主演のドラマ『好きな人がいること』。パティシエの櫻井美咲がひょんなことから海辺のレストランを経営する3兄弟と同居することになり……。山崎賢人、三浦翔平、野村周平演じるイケメン柴崎3兄弟とひとつ屋根に暮らしながら、胸キュンのロマンティック・コメディを繰り広げます。 山崎賢人は、レストランの中心となって働く天才シェフ柴崎夏向を演じました。

『陸王』(2017年)

『下町ロケット』や『空飛ぶタイヤ』などの代表作を生み出した池井戸潤の小説が原作のドラマ。埼玉県にある経営難の老舗足袋屋「こはぜ屋」の社長が、会社の存続を賭けて、いまだかつてない裸足感覚のランニングシューズの開発に勤しむ姿を描いた物語です。 役所広司演じる社長が企業再生のために従業員と共に奮闘する姿や、「こはぜ屋」を取り巻く人々の協力に共感を呼び、大ヒットドラマとなりました。 本作で山崎賢人が演じたのは、自分のやりたいことが見つからず悶々と過ごす足袋屋の息子。この息子の心境の変化などもドラマのみどころ。 竹内涼真や松岡修造、小籔千豊などの豪華キャストにより映像化された作品で、挫折と努力、その先に広がる希望や成功に勇気づけられるヒューマンドラマです。

『トドメの接吻』(2018年)

山崎賢人が演じる主人公は、歌舞伎町のクラブのNo.1ホスト。女性を金づるにしか思っていない最低な男ですが、大金を貯めるためにホストをしている秘密があるのでした。 主人公はある日、突然現れた謎の女性にキスをされ気を失ってしまいます。意識を戻すと1週間前にタイムリープしていて、何度も同じ日を繰り返すことに。謎の女性の正体は何なのか?なぜ主人公が狙われているのか?いくつもの謎や先の読めない展開にハラハラドキドキさせられる危険なラブストーリーです。 キャストは、菅田将暉や門脇麦、新田真剣佑などの人気若手俳優たち。さらに、このドラマ終了後には、スピンオフ作品『トドメのパラレル』がHuluで配信され、注目を集めました。

『グッド・ドクター』(2018年)

2013年に韓国で放映されたドラマのリメイク作品。近年、医師不足と言われている小児外科が舞台の医療ドラマです。 山崎賢人が演じるのは、発達障がいを持つが、特定の分野では優れた才能を発揮するというサヴァン症候群の主人公の青年。小児外科医を目指す中で、子どもたちの命と向き合いながら成長していく姿が描かれています。 医師役に初挑戦した山崎は、実際に小児病院を訪れ医師に取材するなど、積極的に役作りに臨みました。病と闘う子どもたちを救う小児外科医たちの姿を描いた本作は、ピュアで素直な主人公の言動や行動に心があたたまる感動作です。

シリアスなドラマから王道の恋愛作品までさらっとこなす山崎賢人

少女漫画を実写化した作品では爽やかな青年を演じ、シリアスな作品では難しい役柄もこなす山崎賢人。きれいな見た目以上に演技力も光る彼は、実力派若手俳優の1人に成長しました。今後も進化を続ける山崎賢人の活躍に注目していきましょう。