2019年11月22日更新

『ハイキュー!!』各校のマネージャー9人を紹介!勝利に貢献するかわいい天使たち

ハイキュー!!

「週刊少年ジャンプ」連載中、大人気コミック『ハイキュー!!』。バレーボールに情熱をかたむける高校生達の物語、ここに登場する各校の人気女子マネージャーを紹介します。

目次

『ハイキュー!!』を彩るかわいいマネージャーたちを紹介!

「週刊少年ジャンプ」で連載中、アニメ化もされた大人気コミック『ハイキュー!!』。バレーボールに青春をかける高校生たちの物語です。選手たちの人気もさることながら、登場する各校の女子マネージャーも人気です。 今回は選手たちを支えるかわいいマネージャー9人をご紹介します。

清水潔子【烏野高校】

『ハイキュー!!』の主人公、日向翔陽、影山飛雄らが所属する烏野高校バレーボール部のマネージャーを務めるのは、3年2組の清水潔子(しみずきよこ)です。 バレー部に対して熱い想いは持っていますが、普段はあまりしゃべらないクールな性格。そのためインターハイ予選の前に、横断幕をキレイにして「がんばって」とたった一言発しただけで、2・3年生は目から涙が吹き出すほど喜びました。 また春高予選で白鳥沢に勝利し全国行きが決まった瞬間、潔子が選手たちを見据えたまま無言で涙を流していたのも彼女の部への愛情を感じた印象的なシーンです。 ちなみに潔子は年中黒タイツを履いていて、一緒にお風呂に入った仁花以外誰も生足を見たことがありません。その黒タイツを履いている理由は、中学時代陸上部で転倒したときの傷跡があり、それが恥ずかしいから。 潔子の声優を務めるのは、「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズのナナリー・ランペルージ役などで知られる名塚佳織です。少女の役から大人の女性まで幅広く演じ、『僕のヒーローアカデミア』の明るく元気な透明人間の女の子・葉隠透役でもその可愛さを発揮しています。

とにかくモテる!潔子の伝説のエピソード

潔子といえば、やはり美人!チームのなかでも田中と西谷は、魅力的な彼女に日々猛アプローチをしています。特に田中は、はじめて潔子が目の前に現れた瞬間プロポーズをしたという伝説のエピソードがあります。ちなみに潔子の答えは、「いいえ」の一言……。この先、田中の恋が報われる日は来るのでしょうか?

谷地仁花【烏野高校】

潔子と一緒にマネージャーを務めるのは鳥野高校1年5組、谷地仁花(やちひとか)です。清水潔子の勧誘で入部しました。優秀な特進クラスの生徒で、日向や影山の補習常連者のフォローをすることも。 小心者で自信が持てない女の子。緊張しいな性格のおかげで、「自分より緊張している奴を見ると平静に戻る」の法則で山口忠を救ったこともあります。本人いわく緊張で命の危険を感じることがたびたびあるため、それに関しては詳しいらしいです。 また部員をよく気に掛けていて、ちょっとした変化に気づくのでマネージャーにはピッタリのタイプ。特にそれを感じたエピソードといえば、白鳥沢戦で月島の目にいつもより生気があるという微妙な違いを2階席から指摘したことです。 最初はバレーに関してなんの知識もありませんでしたが、今では勝利した瞬間に気絶しそうになるほど熱くなって応援しています。 ちなみに母親がデザイン関係の仕事をして影響で、絵を描くことが得意。その力を活かして、日向がモデルとなっている遠征資金を募るポスターも彼女が制作しました。 担当声優の諸星すみれは、7歳でデビューをしたという経歴の持ち主。『文豪ストレイドッグス』の泉鏡花役や『約束のネバーランド』のエマ役も演じ、人気急上昇中です。

滑津舞【伊達工業高校】

滑津舞は、どんな攻撃にも「鉄壁」と呼ばれるブロックで防御する伊達工業高校バレーボール部のマネージャー。右サイドに髪をまとめたスラッとした女の子で、伊達工業2年生です。 春高予選で新しく投入された1年の大型セッター黄金川がトスを失敗し、監督がキャッチしたときに「ナイスキャッチ」とフォローをしていました。また黄金川が上手にブロックできたときは、監督と息の合ったガッツポーズを見せるなど可愛らしい場面も。 また選手のファインプレーに、立ち上がって大きな声で応援していたのも印象的でした。単行本に載っている能力パラメーターによると、頭脳の数値が高いので知恵で伊達工をサポートしていた可能性もあります。 舞を演じるのは声優の内山夕実。代表作には『Re:ゼロから始める異世界生活』のパック役、『アルスラーン戦記』でエトワール役などがあります。

三咲華【条善寺高校】

IH予選でベスト4に入った強豪校・条善寺高校バレーボール部は、1年前に監督が変わってからメキメキと頭角を現すようになりました。そんなバレーボール部のマネージャーを務めるのは条善寺高校3年6組、三咲華(みさきはな)です。 試合を「最高の遊び」と称する条善寺高校のメンバーが、春高予選の際に烏野に追い詰められても具体的な対策を練らずに笑っていたときに一喝。引退した前主将・奧岳誠治から、「選手のケツを叩いてやってほしい」と頼まれていたこともあり、監督の制止も振り切り叱りつけました。 これによって、主将の照島たちの気が一気に引き締まり、最善のプレーをする結果に。部員たちからは、「華さん」とよばれ、先輩としてもマネージャーとしても慕われている様子。 華を担当する藤村歩は、華のような強くて真面目なキャラからツンデレまで幅広く演じることができる声優です。代表作には『会長はメイド様!』の鮎沢美咲役や『HUNTER×HUNTER」のネフェルピトー役などがあります。

栗林るな【条善寺高校】

栗林るな(くりばやしるな)は美咲華と同じく、条善寺高校バーれボール部のマネージャーを務める1年生です。3年の美咲の後釜として頑張っています。 春高予選で条善寺が負けたときに、2階席から涙目で見ていた女の子。前髪が短めで可愛らしい見た目です。華が「るなちゃん困らせないでよ」といっていたことから、大人しい性格だと考えられます。 またアニメではセリフがなかったため、まだ声優はいません。

雀田かおり【梟谷学園高校】

夏休みの合宿の際には、マネージャーをまとめる姉御的存在だったかおり(画像左奥)。後輩の白福雪絵(画像左手前)とも仲が良いようで、大食いをしている彼女を見て微笑んでいました。 また全国大会でベンチ入りしていたかおりは、調子が上がらず後退させられた赤葦京治(あかあしけいじ)が声を出して頭を抱えていたのを見て驚いていました。しかしそのあと、意味不明な独り言を発する赤葦を「こいつも見えないだけでまぁまぁ変なんで」と、監督に小声で報告。 かおりを担当する富樫美鈴は、歌手としても活動している声優です。『デート・ア・ライブ』で鳶一折紙役などを演じています。

白福雪絵【梟谷学園高校】

梟谷のマネージャーのショートカットの女の子です。すぐに調子が下がったり上がったりするエース・木兎光太朗に対し笑顔で「相変わらず上がるのも早いねー」と一蹴していました。 また合宿で、大きめのおにぎり4つを一瞬で平らげるという大食いぶりを発揮しました。 担当の竹内絢子は、韓流ドラマ『美男ですね』でワン役など、映画やドラマの吹き替えに多数出演している声優です。

宮ノ下英里【生川高校】

生川高校バレーボール部のマネージャーを務めるのは宮ノ下英里(みやのしたえり)です。いつも元気な黒髪ツインテールの女の子です。東京での合同合宿のときに、大きい声でみんなに声をかけていたのが印象的。合宿最後のBBQの準備中に玉ねぎが目しみてしまって、泣いていた姿も可愛かったですね。 担当声優は嘉山未紗。『アイドルマスターシンデレラガールズ』で演じた脇山珠美などが代表作に挙げられます。

大滝真子【森然高校】

森然高校バレーボール部のマネージャーを務めるのは大滝真子(おおたきまこ)です。鳥野の3年生をしっかりしていそうだと評価したメガネ女子。 夏の合同合宿際に他のマネージャーに敬語を使っていたことから、1年か2年だと推測されますが、詳細は分かっていません。 担当の大地葉は、『僕だけがいない街』ケンヤ(小学生時代)役や、『フルーツバスケット』の草摩燈路(そうまひろ)役など、少年役も多く務める声優です。