2020年5月22日更新

『ハイキュー!!』清水潔子のかわいい魅力に迫る!部員を激励する姿にキュン

清水潔子 サムネイル

バレーボール部を陰で支えるマネージャー・清水潔子。作中では「女神」とも称えられ、公式サイトでは「男だらけの烏野排球部に咲く一輪の花」と書かれています。そんな彼女の魅力について迫っていきたいと思います。

目次

『ハイキュー!!』清水潔子は烏野高校バレー部のオアシス!かわいい魅力を解説【ネタバレ注意】

烏野高校3年2組、バレーボール部のマネージャーを務めています。他校の生徒ですら目を奪われる整った顔立ちをしており、彼女のファンは鳥野高校以外にも存在しています。 潔子自身は寡黙で、彼女のファンや下心を持って近づいてくる生徒に話しかけられても無視をするなど、冷たい性格に見えます。 しかし、彼女もバレー部のことを大切に思っており、インターハイに向かう鳥野チームに激励をかけたり、自分の後任となるマネージャーを勧誘してきたりしています。 ※この記事では、清水潔子の活躍を振り返るとともに『ハイキュー!!』のストーリーを解説します。ネタバレにはご注意ください。

横断幕で激励!「がんばれ」の一声に思わず涙

インターハイ予選の直前、潔子は「飛べ」と書かれた烏野らしい真っ黒な横断幕を偶然発見。選手たちに見つからないようにキレイにして、試合前日にサプライズ! その時、普段は無口は彼女が照れながら「頑張れ」と小声で激励……。潔子の事をよく知る2、3年生はこれに目から涙が吹き出してしまいました。 澤村は「こんなの初めて!」と叫び、選手たちの気合は十分となったのです。2、3年生が大騒ぎする中、潔子は恥ずかしそうな表情をしていたのがまた可愛かったですね。

清水潔子がバレー部に遺したかったもの……、後輩マネージャーを勧誘

烏野がインターハイ予選に敗れ、いよいよ潔子も引退が近づいていたため、自分がチームのためにできる事を考えていました。その1つが自分の跡継ぎを探すこと。 最初はもともとマネージャーがいなかったので、自分がいなくなっても元に戻るだけと考えていましたが、日向や影山たち新1年生が入り強くなるチームを見て、マネージャーを探すことにしたのです。 そして出会ったのが、1年生の谷地仁花。谷地は潔子の美しさに見とれて、思わず仮入部の話を承諾してしまっただけでしたが、どんどんバレーに夢中になっていきます。 谷地が入部してからの潔子は、笑ったりしゃべったりする回数が増え、彼女が大好きな田中と西谷もそれを微笑ましくみていましたね。 徐々に谷地と仲良くなり、全国大会の時には潔子はお風呂で楽しく会話したあと「こんな風に話すのは仁花ちゃんが初めてだ」と嬉しそうにしています。

陸上部だった過去が明らかに

潔子は中学時代陸上部に所属し、ハードルの選手として試合に出ていたのです。しかしたくさん練習を重ねてきたにも関わらず、大事な試合で転倒してしまい、彼女の部活人生はあっけなく幕を閉じました。 中学時代の部活動に関して潔子は谷地とお風呂に入った時、よくない想い出として語りました。人一倍コケて足に傷が残った上に、所属していた陸上部は大所帯で、話すことが得意ではない彼女はあまりなじめなかったのです。 しかし全国大会で日向の荷物が取り違えられてしまった時は、こういった過去をすべて吹っ切り、彼に荷物を届けるために見事な走りとジャンプを披露しました。 烏野高校でマネージャーをしていることは、潔子にとってプラスになっており、最後になるかもしれない勝負でも挑まずにはいられないと感じるようになっています。潔子も部員たちと一緒に戦っているのです!

西谷や田中への塩対応も素敵

同じ部員の西谷夕、田中龍之介は共に清水に崇拝に近いほどの好意を抱いており、日々アプローチをかけています。清水はそんなことも気にせず無視、ひどい場合にはビンタなど辛辣な態度で対応。しかし、彼女に無視されるとそれはそれで興奮するという困った状態に陥っています。 西谷達に4文字Tシャツを送られたときは嬉しそうにしていましたが、書かれた文字は「清水潔子」、自分の名前でした。そのせいで機嫌は悪くなり、全裸かこのTシャツかの二択になったときしか着ないと決めます。

菅原とのシーンにファンが悶えた

白鳥沢学園戦、ファイナルセットのスターティングを任された菅原。大事な場面で緊張を隠せない菅原は両手を合わせて目をつぶります。そんな菅原を落ち着かせるために菅原の両手を握る清水。 突然の出来事に混乱した菅原は「結婚は待ってください!!」と突拍子のないことを叫んでしまいます。 この突然すぎるまさかの展開にファン騒然!2人の幸せを願う人が続出しました。しかし、実際の結婚相手は……

その後のエピソードで描かれる、潔子の結婚相手は……

物語の6年後を描いた『ハイキュー‼』の最終章では、烏野のマドンナ潔子は結婚し人妻になっていました。その相手は、なんと2年の田中龍之介です! 「田中潔子」という名前になっており、日向と影山の試合も夫の田中と一緒に見に来ていました。2人の姿を見るなり、菅原は「田中コノヤロー!」と叫び、悔しそうな表情を浮かべながら田中の頭を両手で鷲づかみに……。 白鳥沢戦で、潔子が菅原の手を握った事から「この2人がいい感じになるのでは?」という噂もありましたが、彼女が選んだのは田中だったのです。初対面プロポーズから本当に結婚までいくとは、田中もなかなかやりますね。 ちなみに結婚後の潔子はショートボブになっており、眼鏡もかけていません。しかも表情も明るくなり、幸せがにじみ出ています。 また田中の職業がスポーツインストラクターで、潔子はスポーツショップの店員となっていることから明言はされていませんが、一緒にお店をやっている可能性もありそうですね!

清水潔子の名言を紹介

何かを始めるのに“揺るぎない意志”とか“崇高な動機”なんて無くていい

男子ボール部のマネージャーに入るかどうか悩んでいる谷地仁花を後押しするために話したセリフ。 「何かを始めるのに“揺るぎない意志”とか“崇高な動機”なんて無くていい。成り行きで始めたものが少しずつ大事なものになっていったりする。スタートに必要なのはチョコっとの好奇心くらいだよ」 彼女自身、鳥野高校に入るまではスポーツこそやっていたものの、バレー・マネージャー共に未経験でした。そんな彼女でも鳥野高校バレー部の一員として活躍出来ています。谷地仁花にとっても大きな一言だったでしょう。

パワー型の2人に気をとられてるとね、小さな烏を見失う

扇南高校戦、スパイクの凄まじい音に気迫される谷地仁花に対して話したセリフ。 このパワー型の2人は旭と田中、そして小さな鳥は日向の事。清水が仲間の事をよく想い、見ているからこそ話せるセリフですね。

アニメ『ハイキュー!!』清水潔子の声優は名塚佳織

名塚佳織は、1985年4月24日生まれ東京都出身の声優。 主に、『交響詩篇エウレカセブン』エウレカ、『コードギアス 反逆のルルーシュ』ナナリー、『To LOVEる-とらぶる-』古手川唯、『凪のあすから』先島あかり、『僕のヒーローアカデミア』葉隠透などを演じています。 「田中さんと西谷さんにはごめんなさいだけど、バレーボール以外のことはガン無視しちゃう潔子が好き。皆さんと熱い青春が過ごせることが今からとても楽しみです。応援よろしくお願い致します。」 清水潔子を演じるにあたって上記のコメントを公式に発表しています。