『ハイキュー!!』最強のスパイカー牛若こと牛島若利をネタバレ紹介!

2017年7月6日更新

通称「ウシワカ」とも呼ばれ、『ハイキュー!!』最強クラスの選手、牛島若利。そんな牛島の圧倒的な実力や人間関係について紹介したいと思います。なお本記事はネタバレを含みますので閲覧には注意してください。

全国で3本の指に入るスパイカーウシワカこと牛島若利

ハイキュー

白鳥沢学園高校3年のバレー部主将。身長189cm、体重84.8kgという圧倒的な体格を誇ります。左利きなため右に慣れている相手を翻弄、さらにそこから繰り出される強力なスパイクはバウンドで会場の2階席に届くほどのパワーを持っています。

さらにランニングをすると同じ白鳥沢の仲間は誰も追いつけなくなるスタミナをもっています。

その実力から全国で3本の指に入るスパイカーとされ、19歳以下のみ出場できる世界大会に東北地区で唯一選ばれました。

中学時代は「怪童」、相手を吹っ飛ばしてしまう「大砲」、一昔前は「スーパーエース」等様々な呼び名の多さが彼の圧倒的な実力を物語っています。

最強のエースとして白鳥沢学園を率いる

ハイキュー

前述の通り圧倒的実力を持つ牛島。その実力に絶対的自信を持っており、弱者や興味のないものには目も向けません。

俺に尽くせないセッターは白鳥沢には要らない
引用:animemeigen.com

と冷徹にも思える発言をすることも…。しかし、そのストイックな面があるにも関わらず、チームメイトには若利君、など下の名前で呼ばれ親しまれており、彼のカリスマ性の高さが伺えます。

そんな最強のエースを持つ白鳥沢の戦法はシンプルで、ここぞという時に牛島にトスを集める方法です。彼がかならずポイントを取ってくれるという信頼と、それを実現する実力を持っているからこそできる作戦ですね。

見られることで俺達が弱くなることはない
引用:animemeigen.com

偵察に来た鳥野チームに対しての発言。自身のチームの絶対的な信頼感を置いているのが分かります。

及川のことは認めている

ハイキュー

青葉城西高校3年の及川徹とはライバル関係とされ、実際及川からは"天才"と敵視されています。

しかし、牛島自身は及川の実力を認めており本人に対して、青葉城西ではなく自分がいる白鳥沢に入るべきだった、と実力を評価する発言をしています。

青葉城西は及川以外は弱い痩せた土地と称すことからもその評価の高さが伺えます。

そんな牛島に対し、及川は自分の選択は間違っていないと一蹴。彼に宣戦布告と取れる発言をして去っていきます。

牛島若利の父親は?

ハイキュー

出典: prcm.jp

牛島の家族構成は、父・空井祟と母、そして母方の祖母となっています。

父親の空井は元バレーボール選手で牛島がバレーボールをはじめるきっかけになりました。

白鳥沢学園バレーボール部のOBでもあり、在籍していた頃に全国制覇も果たし、卒業後も2部リーグで選手活動をしていました。しかし、怪我が多かったため引退、牛島家の婿養子となります。

現在は離婚して海外で暮らしているようですが、詳細は不明です。

「身長は190cm高3でまだ伸びていた、でも体格だけではなくこいつのトスをあげれば絶対に決めてくれるそう、そう思わせてくれる奴だった」
引用:hi-q.mobi

父親がそう語ったエースになりたいと牛島は思っています。今の牛島があるのは父親のおかげのようです。

牛島若利の声優は?

竹内良太

竹内良太

兵庫県神戸市出身で、奥さんは同じく声優の寺島愛です。

地声は元々高かったのですが、ドスの効いた悪役等に憧れていたためどうしても声を低くしたくなり、耳鼻咽喉科に相談に行き教えてももらったトレーニング方法を4、5年続けたことで現在の声になったようです。

竹内良太といえば、2011年発売のPlayStation 3・Xbox 360用ソフト『エルシャダイ』にルシフェル役が有名。一時期、動画サイトで大ブームになったのでご存知の方も多いかと思われます。

アニメに牛島が初登場した際、EDに竹内良"平"と誤ってクレジットされてしまい、公式から正式に訂正されるまで、ネット上で騒然としました。