『ハイキュー!!』レシーブの神、ノヤっさんこと西谷夕を徹底紹介!

2017年7月6日更新

鳥野高校2年の西谷夕。彼の魅力は一言では語れません。旭との信頼関係、リベロとしての誇り…。「烏野の守護神」と呼ばれる西谷夕を徹底的に紹介!

烏野高校の天才リベロ、ノヤっさんこと西谷夕

ハイキュー

出典: anibu.jp

烏野高校2年3組、身長は部の中で一番低い159cmで本人も少し気にしています。しかし、その反面実力は確かで、中学時代、中総体でベストリベロ賞を獲得するほどの実力者です。また、自身のポジションに高い誇りを持っており、例え身長が高くてもリベロをやる、と明言しています。

普段はテンションが高く、「ゲリラ豪雨」とまで呼ばれていますが、試合になると一転静かなプレイを見せます。その様子に主将の澤村大地は後ろにいると安心する、「烏野の守護神」と呼んでいます。

西谷夕の名レシーブ集

エースに繋いだボール

ハイキュー

過去のトラウマからチームから離れていた東峰旭。しかし、町内会戦を通じて感覚を取り戻します。そんな旭に繋げるためにブロックされ、落ちたボールを拾うシーンです。西谷が繋いだボールから旭はスパイクを打ち、エースとして復活することができました。

インターハイ二回戦、伊達工業相手に見せた足レシーブ

ハイキュー

出典: prcm.jp

鳥野高校マッチポイント、あと1点取れば勝てる場面でネット近くに落ちるボールをスパイクしようとするも、相手のブロッカーとの押し合いになります。

しかし、押し合いに負けてしまい、ボールは自軍コートへ…そこで西谷が咄嗟の判断で足でレシーブ!ボールが繋がった鳥野チームははそのままスパイクを決め、勝利することができました!

田中とのコンビが最高過ぎる!

ハイキュー

出典: ameblo.jp

同じ2年の田中龍之介とはよく煩いコンビとして扱われています。

田中、西谷共にマネージャーの清水潔子に好意を抱いており、熱烈なアプローチを送っていますが、無視されるのがお約束となっています。

画像は音駒高校戦で田中が相手ブロックを吹き飛ばすほどのスパイクを決めたときの謎の踊り(?)です。2人の中のよさが伺えますね。

清水に平手打ちされたことのあるツワモノ

ハイキュー

先ほど述べた通り清水潔子に熱い気持ちを持っていますが、本人には相手にされておらず、いきなり飛び掛ったところをビンタされてしまったこともあります。

彼女に応援されたときには喜びすぎて涙を流してしまいました。

また、彼女に4文字Tシャツを送った際、文字入れを田中と共に担当したのですが、入れた文字は「清水潔子」。しかし、そのせいで受け取るときは嬉しそうだった彼女の機嫌を最低まで損ねてしまいました。

西谷夕の名言

ハイキュー

心配することなんか何も無え!!皆 前だけみてけよォ!!背中は俺が護ってやるぜ
引用:animemeigen.com

伊達工業との試合前、ウォームアップをしている時に放った台詞。

伊達工業は部員数が多く応援も凄まじい、そんな会場の雰囲気に飲まれそうになる鳥野チームを一喝!

チームメンバーが思わずカッコイイ!と言ってしまうほどの守護神っぷりに全員が調子を取り戻します。

「野郎共ビビるなァーッ!! 前のめりで行くぜ」
引用:animemeigen.com

青城城西戦。ファイナルセットでマッチポイントを取られ、ひるむ一同にかけた言葉。西谷らしい明るい言葉に鳥野チームは笑顔を見せます。そのおかげかチーム勢いを取り戻し、デュースにまで持ち込むことに成功します。

西谷夕の声優は?

岡本信彦

岡本信彦

小学校時代はプロ棋士になるのが夢で、中学3年まで将棋会館道場に通っていました。結局は声優の道を選びましたが、アマチュア三段を取得しています。

声優を目指したのは、自身がアニメが好きだったことや、母親が朗読のボランティアをしていたため興味を持ったからのようです。

自身の演じる西谷夕に対して、

「バレーボールをする人は身長が高いというイメージが僕の中にもあったのですが、西谷は身長が低く、でも低いながらも自分のポジションを見つけて信念を貫いて頑張っていくキャラクターです。西谷は強く物を言うタイプなのですが、強く言うのにもちゃんと理由があって、バシッとストレートに伝える人なのだなと思いました」
引用:oricon.co.jp

とコメントを残しています。