2020年5月26日更新

『ハイキュー!!』宮侑(みやあつむ)は高校No.1セッター!双子の弟・治(おさむ)との関係は

宮侑 宮治 サムネイル

稲荷崎高校の宮兄弟。兄の侑(あつむ)が高校No.1セッターと称されるようになった影には、弟の治(おさむ)の存在がありました。2人のバレー愛を語る上で欠かせない兄弟喧嘩や、胸アツ展開が繰り広げられた対烏野戦のエピソードを徹底解説!

目次

『ハイキュー!!』宮侑(みやあつむ)は天才セッター!女性ファンも多いイケメン選手【ネタバレ注意】

春高の優勝候補、兵庫県代表稲荷崎(いなりざき)高校の宮侑(みやあつむ)は、身長187.4cm、体重80.4kgの2年生セッターです。金髪ツーブロックが特徴の“二枚目”で、関西弁の口調はきついものの女性ファンも多いといいます。 宮侑は「高校No.1セッター」と称される天才的な技術と能力の持ち主。スパイカーの力を最大限に引き出すトスに定評があり、彼のセットアップでスパイクを打った選手は「自分が上手くなったのでは」と錯覚する程だそうです。 弟の治(おさむ)とともにレギュラー出場し、卓越した技術とコンビネーションで相手を翻弄します。 ※ここからは2020年5月現在までの『ハイキュー!!』のネタバレ情報を扱っています。読み進める際はご注意下さい。

ケンカするほど仲が良い?弟、宮治(みやおさむ)との関係

宮侑の双子の弟、宮治(みやおさむ)は、稲荷崎高校のウイングスパイカー(WS)です。 お互いの呼び名は「ツム(侑)」「サム(治)」。小学生の頃からのチームメイト・尾白アランに出会った際に、横文字の名前に憧れてこのように呼び合うようになりました。 セッターである侑は自らのセットに対する思い入れが強く、「自分のセットで打てないやつはポンコツ」など、治やチームメイトに対して辛辣(しんらつ)な言葉を吐くこともしばしば。 そんな兄の背中を見ている治は侑と比べて控えめで優しい性格ですが、2人とも我の強い性格なので兄弟喧嘩は日常茶飯事です。

宮兄弟のケンカが影山に与えた影響

2人ともバレーが大好きだからこそ、侑(あつむ)と治(おさむ)は頻繁にぶつかり合います。しかしケンカを避けていたとしたら兄弟の絆はここまで深まらず、その結果素晴らしいコンビネーションも生まれなかったでしょう。 侑はユース合宿で、過去のトラウマから喧嘩を避けていた烏野セッターの影山と出会い、彼のプレーは「おりこうさん」だと言い放ちます。 言葉にはとげがありましたが、チームプレーには時として“ケンカ”も必要であることを暗に示し、彼に殻を破るきっかけを与えたのです。 結果、侑の言葉によって影山はセッターとして新しいステージに上り、再会した侑を驚かせるような成長を遂げました。

稲荷崎のアイドル?宮ツインズ

双子の息の合ったプレーは試合中にも発揮され、ついたあだ名は「高校バレー最強ツインズ宮兄弟」。チーム内では基本的に侑(あつむ)がセッター、治(おさむ)がスパイクと役割を分けていますが、状況に応じて瞬時に治がセッターに回るなど、お互いを補完し合う双子ならではのプレーを見せてくれます。 バレーが上手いイケメンな双子「宮ツインズ」は女性からの人気も高く、稲荷崎のアイドル的存在です。『ハイキュー!!』初登場時には関西弁の集団として怖そうな雰囲気だった稲荷崎ですが、春高での侑再登場以降は仲むつまじい様子も垣間見せてくれます。

宮侑はセッターの鑑!圧倒的ハイスペックの持ち主

口調がキツいため高圧的に思われがちですが、誰よりもスパイカーのことを考えて初対面の相手にも完璧なトスを上げる宮侑(みやあつむ)。 その真摯で献身的な姿勢は、音駒(ねこま)高校の頭脳派セッター狐爪研磨(こづめけんま)にも「セッターの鑑」と言わしめました。 そんな侑のトスへのこだわりは、どんな無理な姿勢であっても両手10本の指を使ってトスを上げるということ。 自分が持てる限りの能力でトスを上げる侑の姿に、「ただの天才」では言い表せない努力を感じます。

変人速攻を即コピー!vs烏野高校

春高全国大会で稲荷崎は初めて烏野(からすの)高校と対戦することに。しかし初めての相手であっても、宮侑はバレーを楽しむことを忘れません。 烏野の日向影山コンビによる「変人速攻」を宮兄弟は練習もなしに実行したばかりか、成功させてしまったのです。 侑の思いつきを行動に移す実行力、そしてそれを成功させる圧倒的ハイスペックが光る試合でした。

ポンコツ呼ばわり!?過去の兄弟喧嘩

「このポンコツ」。稲荷崎であったとある試合後、侑が治に対して言い放った言葉です。その試合で治はいつもより調子が悪く、侑が上げたトスを上手く打てませんでした。チームメイト達が治を励ます中、侑だけは怖いほどの冷めた表情を見せ、先述の暴言を吐いたのです。 そして彼は、治に「ポンコツはポジション空けえや」とさらなる追い打ちをかけました。当然、治は大激怒。「人格ポンコツ野郎」に言われたくない、と言い返し、とっくみあいの喧嘩に発展しました。侑のバレーにかける熱意の強さに驚いたのは、チームメイトだけでなく読者も同じなのではないでしょうか。 ちなみにこの兄弟喧嘩の一部始終はチームメイトの角名(すな)が携帯で撮影しており、チームにとっては珍しくない光景であることがうかがえます。他の部活からも見物が訪れている描写もあり、宮ツインズの兄弟喧嘩は稲荷崎の名物になっているようです。

宮侑の強さの秘密は「治の存在」

侑(あつむ)だけユース合宿に呼ばれていたことから、治(おさむ)よりバレーが上手そうな印象を受けますが、実は最初からそうだった訳ではありません。 中学生の頃は治の方が一枚上手で、彼を追いかけるようにバレーを練習していた侑。最初にセッターを経験したのも、実は治の方です。負けず嫌いな侑は努力によってセッターのポジションを獲得し、それからメキメキと実力を上げていきました。 生まれたときから一緒でバレーも同時に始めた侑と治。誰よりもバレーを愛する気持ちや持ち前の才能、運動神経だけでなく、何よりも治の存在があったからこそ、侑は高校No.1セッターにまで登り詰めることが出来たのです。

稲荷崎バレー部の主将・北信介との関係がアツい

春高にて烏野と対戦し、結果、無念の敗北となってしまった稲荷崎。主将であり3年生の北信介(きたしんすけ)にとっては高校生最後の試合です。しかし試合後、彼は「後悔していない」とチームメイトに断言しました。 北信介が主要メンバーに選ばれたのは高校3年生になってから。特に秀でた才能があるわけではありませんが、バレーに取り組む実直な姿勢を評価され、スタメンに抜擢されたのです。 3年生になってようやく日の目を浴びた北信介。「後悔はない」と言いながらもやはり未練があったのか、「どや俺の仲間すごいやろって、もっと言いたかったわ」と言葉を残します。 「言ってくださいよ、孫の代まで自慢できる後輩になりますから」と、宮兄弟。振り返らないまま「それは楽しみやなあ」と笑って返す主将の背を、双子は真剣な表情で見送っていました。 春高での敗北は“青春の終わり”かと思いきや、北信介の言葉は侑と治のさらなる成長を促したのです。

宮兄弟の名言を紹介

侑と治の兄弟の絆エピソードや、対烏野戦で主人公級の活躍をした稲荷崎メンバーのエピソードでは、数多くの名言が生まれました。侑のバレー愛や稲荷崎のチームカラーをよく表した名言を紹介します。

俺のサーブの邪魔すんなや(侑)

春高にて烏野との試合が始まった時のこと。静まりかえった観客席で、2人の女子が侑のサーブ中に声援をかけました。 侑のサーブはラインギリギリに決まりましたが、侑は観客席を睨み付けています。その時の心の声が「俺のサーブの邪魔すんなや」。 時として高圧的で怖い面として現れる真摯なバレー愛に、観客のみならず読者も生唾を飲み込んでしまうシーンでした。

侑の方が俺より、ちょびっとだけバレーボール愛しとるからな(治)

侑だけが呼ばれたユース合宿。治は褒めますが、侑は「悔しがれサム!」と言いながら苛ついた様子を見せます。もちろん治も悔しくない訳がないのですが、治の悔しさは別の所にありました。 「悔しいわアホ。あんま悔しいと思てへん事が悔しい」。どうやら治は、いつからか侑の方が一枚上手になっていることを認めていたようです。 軽い口論を挟みながら、治はなぜ侑だけがユース合宿に呼ばれたのか、自分なりの理由を話しました。「侑(ツム)の方が俺より、ちょびっとだけバレーボール愛しとるからな」。 いつもは喧嘩ばかりしている宮兄弟ですが、心の奥底ではお互いを認め合っていることが分かるワンシーンです。

今日 何をする?(侑)

春高、烏野戦第3セット。稲荷崎ではメンバーチェンジがあり、理石平介(りせきへいすけ)がピンチサーバーとして呼ばれました。 第2セットでもピンチサーバーとして呼ばれ、しかし安全策を取ったサーブを打ってしまった事を後悔していた理石。うなだれる彼に、監督が「日本一になってへん俺らが去年を、昨日を守って明日何になれる?」と激励をかけます。 見事サービスエースを取った理石に続き、流れを掴んだ稲荷崎。ここで宮兄弟の「変人速攻」が再び火を噴きます。侑は心中で、「“昨日”はもう消化した」「今日何をする?」と自問自答していました。 大事な試合であっても常に挑戦することを忘れない稲荷崎。横断幕に書かれた「思い出なんかいらん」の文字が何を意味するのかを体現した試合でした。

アニメ版『ハイキュー!!』で宮侑を演じたのは宮野真守(みやのまもる)

アニメ版『ハイキュー!!』で宮侑が登場するのは第4期の『ハイキュー!! TO THE TOP』からです。宮侑を演じたのは、声優の宮野真守(みやのまもる)。1983年6月8日生まれの埼玉県出身です。声優だけでなく、歌手や俳優としても幅広く活躍しています。 声優として出演した作品は、『DEATH NOTE』の夜神月や『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』のリン・ヤオ、『デュラララ!!』の紀田正臣、『Free!』の松岡凜、『亜人』の永井圭などがあります。

宮侑(みやあつむ)、そして治(おさむ)の圧倒的プレーに惚れ惚れ!

高校No.1セッターと誉れの高い宮侑。彼の天才的なプレーを語る上で、彼の双子の弟、治の存在は欠かせません。チームメイトでもあり最高のライバルでもある2人のエピソードは、天才とは何かを考えさせられるものばかり。 2020年5月現在、ジャンプ本誌ではプロになった侑やバレー以外の道を選んだ治の姿も描かれています。高校卒業後の宮兄弟からも目が離せません。