2017年7月6日更新

少女時代の一番人気!アジア屈指の美しさを誇るユナに迫る!

誰もが羨む美貌の持ち主ユナの、少女時代の活動や、女優業、気になる熱愛など様々な話題を取り上げたっぷりと魅力をご紹介します。

少女時代の一番人気ユナ!

 2007年に結成した韓国アイドルグループ「少女時代」のメンバーです。グループの中でも人気NO.1のユナは、なんといっても“美しい顔立ち”と“美脚”の持ち主で男性はもちろん女性も虜になります。芸能界にも多くのファンがいてサバンナ高橋、チュートリアル徳井など芸人の方に多いようです。

容姿だけではなく、飾らない性格も人気の秘訣。見た目では難しい性格かと思いがちですが、テレビ番組ではモノマネや変顔を披露するなどチャーミングな一面もありそのギャップが魅力的なのでしょうね。

ユナのメイクの秘密は?

 ユナのメイク方法はズバリ、韓国芸能人がよくやっている「オルチャンメイク」。韓国語で「最高にかわいい顔」という意味です。その特徴は美肌、眉、アイライン、涙袋の4つがポイントになり、ユナの場合はアイラインを薄めに引きチョコレートレンズと呼ばれるコンタクトレンズを使用し目力をアップさせています。

しっかりメイクしようとすると塗り重ねてしまいがちですが、オルチャンメイクで素肌に近いナチュラル感を出し美白美人を目指せばユナに近づくかもしれません。

性格は子どもっぽい?

 昔から自他ともに認めるイタズラ好きなユナは、メンバーから「小学生男子」と呼ばれているそうです。

『少女時代ハローベイビー』というバラエティー番組では塩を大量に入れた海苔巻きをメンバーに食べさせたり、きゅうりが嫌いなメンバーにきゅうりを食べた後の息を吹きかけたりとあらゆるイタズラをして人を困らせる事が大好きです。見た目とのギャップがユナの魅力でもありますね。

元彼氏はイ・スンギ?

 お相手のイ・スンギは歌手活動をメインに俳優やバラエティー番組にも出演するトップスターです。2014年1月から交際を始めたようですが、2015年8月に破局したと報道されています。

昔からお互いに理想の人とテレビ番組などで公言していたので、ビッグカップルの誕生には納得した人も多いでしょう。熱愛中は二人の“シンデレラデート”が話題となり、イ・スンギがユナのマンションまで迎えに行きドライブを楽しみ午前1時を過ぎることなく彼女を見送ったと、健全なデートとして注目を集めました。

結婚間近とも言われていましたが、お互い多忙なスケジュールのためすれ違いが多く自然と疎遠になり破局に至ったようです。

少女時代としての活動

 「少女時代」は、韓国の芸能事務所SMエンターテイメントの練習生の中から9人が抜擢され結成されました。2007年8月に韓国でデビューした後、2010年8月1日シングル『GENIE』で日本デビューを果たし韓流アイドルブームの火付け役となり大人気のグループです。

メンバー全員が抜群のプロポーションですが、中でもユナは一際美しいため“グループの顔”と言われるセンターポジションを勤めています。またリードダンサーとしてメインダンサーを支える役目もし、主役だけでなく脇も固めることができるところも彼女の魅力かもしれません。

主演ドラマ『君は僕の運命』が最高視聴率43.6%の大ヒット!

 初主演作でパク・ジェシンと共演した、2008年ドラマ視聴率NO.1の『君は僕の運命』。角膜移植手術を受けたチャン・セビョク(ユナ)、寄贈者の家族に感謝の気持ちを伝えようと家を訪ねたところ、逆に家族にショックを与えてしまいます。

ひょんなことからカン・ホセ(パク・ジェジョン)とお見合いをすることになりましたが、実は角膜寄贈者はカン・ホセの事故死した恋人のナヨン(キム・ヒョソ)で本当のことを言えないまま複雑な関係が始まっていく、大人気ホームドラマです。

『シンデレラマン』ではヒロインとしてクォン・サンウの相手役に

 『シンデレラマン』は2009年に、世界的に有名な童話『王子とこじき』の現代版として制作されたドラマです。東大門市場のファッション特区で、100億ウォンの財産を夢見て、働く青年オ・デサンと、アパレル会社社長の次男イ・ジュニをクォン・サンウが一人二役を演じ話題を集めました。

ユナはデザイナー志望のソ・ユジン役で、恋に仕事に一生懸命な女の子を演じています。

チャン・グンソクと共演したドラマ『ラブレイン』は映画化されるほど人気に

 根強いファンを持つ『冬のソナタ』でタッグを組んだユン・ソクホ監督と脚本家のオ・スヨンが10年ぶりに集結し話題を集めたドラマです。

1970年代同じ大学に通うソ・イナ(チャン・グンソク)とキム・ユニ(ユナ)、イナがユニに一目惚れし徐々にユニも心惹かれていき愛を育みますが、かけがえのない思いを胸に抱きながら別れる道を選んでしまいます。月日は流れ2012年、雨の日に再会を果たす二人・・・ロマンチックなストーリーに目が離せません。

2013年には『運命の恋』編と『禁じられた愛』編の二部構成で映画化されました。本編にはドラマでは未公開シーンの収録や、『君に届け』などを手がけた熊澤尚人監督も特別編集として携わっています。

『武神・趙子龍』で中国本格進出!

 中国小説“三国志演義”に登場する英雄、趙子龍(趙雲)の物語を描く時代劇で、中国の後漢末年を舞台に個性あふれる人物たちが繰り広げる戦争、愛、成長ストーリーを収めた作品です。

ユナは、優れた美貌と明るい性格を持つ女主人公の夏侯軽衣役として出演し、趙子龍に恋をするものの、自分の父親を殺した人が彼であることを知り、混乱に陥るキャラクターを熱演しています。中国で高視聴率をとった『武神・趙子龍』の放送を機に、一躍有名となり女優としての活躍も世に知られていった作品です。

美女ランキング、人気ランキングにランクイン!

 2016年5月7日、中国の検索サイト最大手・百度(バイドゥ)が『アジアの10大美女』ランキングを発表し、堂々の2位にユナが選ばれました!また2016年4月29日、中国で人気の韓国人女優ランキングでも、2位を獲得しています。女優業の中国進出を機に一躍アジアのトップ女優へと駆け上がり人気急上昇中です。

2016年にソロデビューを発表!

 2016年3月11日にデビュー9年目にして待望のソロ曲『Deoksugung Stonewall Walkway』をリリース。デュオ「10cm」がフィーチャリングで参加し、温かな感覚のエレキピアノとユン・チョルジョンの美しいアコースティックギター音が奏でる作品です。ユナの甘い歌声とクォン・ジョンヨルの柔らかいボイスが調和し、魅力を倍増させたという曲。

今後もグループ活動、女優、ソロ歌手として目が離せない存在です!