2019年4月16日更新

「キッズウォー」に出演していた子役キャストの現在【シーズン1から5まで】

TBSで人気を博したドラマ「キッズウォー」シリーズ。井上真央を始めとする子役たちの活躍が光るドラマでしたが、彼らはその後どのように活躍しているのでしょうか。子役たちのその後をまとめました。

「キッズウォー」で子役だったキャストの現在は?

お昼のドラマとして異例のヒットを放った「キッズウォー」。TBSで1999年8月に第一作目の放送がスタートし、以後昼ドラとして毎年放送されて2003年9月に終了。平均視聴率は2ケタ台、最高視聴率が17.2%と高い人気を誇り、ゴールデンタイムに2時間スペシャルドラマが3本制作されました。 元ヤンキーでバツイチである春子(生稲晃子)と妻を亡くした大介(川野太郎)が再婚し、彼らの連れ子たちの対立や学校生活を通して、家庭だけでなく社会や学校問題にスポットを当てた内容で幅広い年齢層に支持されました。 子役たちの魅力が抜群だった昼ドラ「キッズウォー」。現在彼らがどのように成長したのか調べてみました。

今井茜/井上真央

出演:全シーズン全話

春子の娘・茜役で一躍有名になった井上真央は1987年1月9日、神奈川県生まれ。5歳の頃から子役として芸能活動を開始し、松たか子主演のNHKドラマ『蔵』(1995)での主人公の少女時代役や、多くのCM出演で注目を集めました。 「キッズ・ウォー」シリーズにより、中高生を中心に人気を集めていた井上。そんな彼女ですが、シリーズ放送中に「死亡説」が流れ、ファンを騒然とさせたのです。その噂を聞きつけ心配した齋藤慶太が井上に電話したところ、まったく元気だったとのこと。噂の出どころは未だに不明です。

「キッズウォー」後は学業に専念するため2004年から一年間芸能活動を休止。復帰後はTVドラマ『花より男子』(2005)で主人公・牧野つくしを演じて大ブレイクします。『花より男子』も人気シリーズとなりました。 2010年にはNHKの朝ドラ『おひさま』に出演したり、2015年大河ドラマ『花燃ゆ』で主演を飾るなど幅広い活躍を見せています。2016年にはそれまで所属していた事務所との契約を終了し、アン・ヌフへ移籍しています。

今井健一/小谷幸弘

出演:全シーズン全話

大介の息子で茜と義理の兄妹になった健一。いじめられっ子のため普段は学校に行かず、フリースクールに通う勉強家です。演じる小谷幸弘は1985年9月25日生まれ。1996年には朝ドラ『ふたりっ子』に出演するなど、早くから芸能活動を行ってきました。

「キッズウォー」出演と同時期に2000年公開の映画『バトル・ロワイアル』に、生徒役として出演しました。ドラマ終了後の目立ったブレイク作品はありませんが、2005年公開の映画『男たちの大和』やTVドラマ『科捜研の女』、『京都地検の女』など話題作や長寿ドラマに出演するなど、演技の実力派確かなようです。 2017年2月に斉藤祥太のブログに登場し、ドラマ放送終了から14年たった今でも共演者同士が繋がっているると話題になっています。

風間一平/浅利陽介

出演:シーズン3、スペシャル(2002)、シーズン5、

パート3から登場した風間一平。当初悲惨な生活から心が荒み、茜とも対立しますが、やがて自分を気にかけてくれる彼女を好きになりました。

演じた浅利陽介は1987年8月14日東京都生まれ。4歳から子役としてデビューし、「コード・ブルー」シリーズで主要キャストの藤川を演じたことで、一躍俳優として注目されるようになりました。その後も映画やドラマにとどまらず、舞台にも出演し、その大きな存在感で幅広い活躍を見せています。 2015年には大学時代の同級生との結婚を発表しています。

紺野翼/斉藤祥太

出演:シーズン2~4、スペシャル(2002)、クリスマスSP(2002)、ファイナル(2003)

茜の恋の相手・翼(写真右から2番目)はパート2から登場します。ケンカが強くて成績も優秀。複雑な事情から荒れたり、茜とも離れた時期もありましたが、最終的には彼女と結ばれました。

演じた斉藤祥太は1985年11月18日神奈川県生まれ。ドラマで弟役だった斉藤慶太とは実際に一卵性双生児で、2005年公開の映画『タッチ』では再び双子の兄弟役を演じています。2018年にはテレビドラマ『科捜研の女シーズン18』に出演し、2019年現在はバラエティでも活躍しています。 ドラマ放送から14年経った2017年に、共演した浅利陽介、小谷幸弘と集まったことをブログで報告。当時のファンたちを賑わせました。

新田一也/斉藤慶太

出演:シーズン4、クリスマスSP(2002)、ファイナル(2003)

翼の双子の弟の一也。両親が離婚して母親に引き取られたため、翼とは名字が異なっています。彼も不良少年でしたが、健一の妹である里香と関わっていくことで性格が徐々に落ち着き、最後は里香と結ばれました。 演じた斉藤慶太は兄の斉藤祥太と双子役で共演することもありましたが、2019年現在は単独でTVドラマや映画などに出演し、活躍の幅を広げています。

黒木祐太郎/崎本大海

出演:シーズン4、クリスマスSP(2002)

シーズン4とクリスマススペシャルに登場した黒木祐太郎。茜に恋をする彼は翼のライバルの一人で、茜を取り巻く男性の中では唯一の優等生タイプでもありました。

演じた崎本大海は1986年8月23日東京都出身の俳優・タレントです。バラエティ番組に出演することも多く、スザンヌや木下優樹菜らがブレイクするきっかけとなった「ヘキサゴン」にレギュラーメンバーとして出演していました。 2012年公開の映画『闇金ウシジマくん』ではホストの高田を演じ、2018年の連続テレビ小説『半分、青い。』ではヒロインの鈴愛が東京で出会う男性・堀井を演じるなど、作品を支える脇役として出演することが多いです。

黒田祐太/松山ケンイチ

出演:ファイナル(2003)

2003年に放送された「キッズウォー」ファイナルに登場した最凶最悪の不良少年・黒田祐太。バタフライナイフを持ち歩くなど暴力的な性格で、翼とのケンカの時は彼をナイフで刺そうとし、かばった茜が刺されてしまう事件まで起こります。 演じた松山ケンイチは、1985年3月5日青森県生まれ。今や知る人はいないほどの実力派俳優に成長した彼は、2015年に第3子が誕生するなどプライベートも充実しているようです。2016年公開の『聖の青春』では役作りのために大幅な体重の増量をし、話題となりました。 松山は役作りが徹底していることもよく知られています。『聖の青春』のような大幅な増量のほか、映画『NANA』に出演した際にはベースを特訓したり、『セクシーボイスアンドロボ』出演の際にはロボットアニメを見直したりするエピソードが有名で、「憑依型俳優」と評されています。

今井里香/宮崎真汐

出演:全シーズン全話

健一の妹でいつも茜と対立する里香。他の兄弟のように継母の春子とも打ち解けず、亡き母を慕う複雑な一面がありました。その性格のせいで恨みをかってトラブルが起きることも。 演じた宮崎真汐は1985年5月8日東京都出身。「キッズウォー」出演後は東洋大学へ進学しましたが、柔道に興味を持ったことがきっかけで在学中から柔道専門誌で記者の仕事を始めました。卒業後は芸能界を引退してスポーツライターに転身し、2011年結婚・出産しました。

今井浩/金澤匠

出演:全シーズン全話

健一と里香の弟で末っ子の浩。健一と同じく春子に早い段階からなつき、英才教育を受けた秀才である反面、特技が万引きというクセのある設定です。 演じた金澤匠は1988年8月16日東京都生まれ。1996年の特撮ドラマ『ウルトラマンティガ』やNHK大河ドラマ『毛利元就』に出演するなど、早くから芸能活動を行っていましたが、2019年現在は俳優活動を行っていないようです。

豪華俳優へと成長したドラマ「キッズウォー」の子役キャストたち

個性豊かな子役たちが大きな魅力だった「キッズウォー」シリーズ。 主演の井上真央をはじめ、今になって振り返ってみると豪華な俳優陣が集結していたことに気付きますね。現在の姿を知ってから見返してみると、また違ったおもしろさが見つかりそうな作品です。