映画『オーシャンズ8』そのゴージャスな吹き替え声優とは!?

2018年8月23日更新

あの「オーシャンズ」シリーズが、装いも新たに女性キャストでリブートされました。ゴージャスな犯罪ドリームチームの面々を演じるのは、個性豊かなハリウッド女優陣。日本語吹き替え版では一体どんなキャスティングがされているのか?今回はその部分にポイントを絞ってご紹介していきます。

豪華絢爛!美しき犯罪映画『オーシャンズ8』の豪華声優とは?

豪華キャストが話題となり、2001年〜2003年まで連続で『オーシャンズ11』「〜12」「〜13」と3作品公開された人気シリーズが、今度は女性ばかりの犯罪チームとしてリブートされました。 主人公は既存の「オーシャンズ」シリーズ中心人物であったダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)の妹、デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)。 ニューヨークで開かれるファッションの祭典・メットガラを舞台に、リアルタイム配信や世界トップクラスのセキュリティをくぐり抜け、無事1億5000万ドルの宝石を手にすることができるのか?凄腕犯罪チームが挑みます。

鉄壁の布陣と噂!日本語吹き替え版の声優キャストが決定

近年は日本語吹き替え版や劇場版アニメの声優など、有名芸能人の起用が増えていますよね。話題性やその芸能人のファンの方に映画館に足を運んで欲しいという狙いがあるのは分かりますが……映画ファンの中には、プロフェッショナルなキャスティングをして欲しい!と願っている層もいます。 そんな中公開される今回の『オーシャンズ8』では、洋画の吹き替えやアニメなどでの経験豊富な実力派が勢揃い!ケイト・ブランシェットやアン・ハサウェイなどの過去作品を担当した声優も参加しているので、安定感のある吹き替え版が楽しめそうですね。 8名それぞれ個性のある面々。ゴージャスな声優陣が一体どんな日本語吹き替え版の世界を見せてくれるでしょうか?

本作のあらすじ・オリジナルキャストについてはこちら

本田貴子が頭脳明晰なカリスマ司令塔デビー・オーシャンを担当

デビー・オーシャン/サンドラ・ブロック/本田貴子

今回、主人公・デビー・オーシャンの吹き替えを担当する本田貴子は、サンドラ・ブロックの出演した『ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』『デンジャラス・バディ』『イルマーレ』などを担当してきました。 また、「バイオハザード」シリーズの主人公アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)の吹き替えとしても広く知られています。 『オーシャンズ8』へ参加するにあたって、「チームが楽しすぎてついついテンションが上がってしまった」と映画公式Twitterへコメントを寄せています。掛け合いも魅力の同シリーズでどんなやり取りを見せてくれるのか?どんなゴージャスなデビーを演じてくれるのか?楽しみでなりませんね。

塩田朋子がデビーの右腕となるクールな天才ルーを担当

ルー/ケイト・ブランシェット/塩田朋子

デビーの右腕的な働きを見せるルーを吹き替えるのは、塩田朋子。 過去に同じケイト・ブランシェットが出演する『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』『ブルージャスミン』『ベヴェロニカ・ゲリン』など数々の吹き替えを担当。中でも「ロード・オブ・ザ・リング三部作」や「ホビット三部作」で知られるガラドリエルの吹き替えが有名です。 『オーシャンズ8』でも勿論、ケイト・ブランシェットの吹き替えと言えば……と当然のようなキャスティングですよね!「今回のルーもカッコよくてクールなのにお茶目。演じていてとても楽しかった」と映画公式Twitterにコメントを寄せています。 クールビューティーなルーのキャラクターや、その衣装にも注目です。

甲斐田裕子がターゲットとなる女優ダフネ・クルーガーを担当

ダフネ・クルーガー/アン・ハサウェイ/甲斐田裕子

過去アン・ハサウェイの出演した「プリティ・プリンセス」シリーズ『ブロークバック・マウンテン』『アン・ハサウェイ/裸の天使』『シンクロナイズドモンスター』の吹き替えを担当した甲斐田裕子が、今回もハサウェイ演じるダフネ・クルーガーを吹き替えます。ちなみに、『ワンダーウーマン』におけるガル・ガドットの吹き替えを担当したのも、甲斐田です。 アニメの声優としても『一騎当千』の呂蒙子明や『銀魂』の月詠などを担当しています。 今回の『オーシャンズ8』では、「アン・ハサウェイの魅力が満載」と吹き替え担当として公式Twitterにて太鼓判を押しています。その他コメントでは、本作品の魅力を「軽快で心地よいエンターテイメント」と評していますので、彼女のファンの方も必見。

釘宮理恵が手先の器用な天才宝飾デザイナーのアミタを担当

アミタ/ミンディ・カリング/釘宮理恵

宝飾デザイナーのアミタを演じるのは、釘宮理恵です。 洋画吹き替えでは「ハンガーゲーム」シリーズの主人公の妹、プリムローズ・エヴァディーンを担当。主力のアニメ作品では『灼眼のシャナ』で主人公のシャナ、『鋼の錬金術師』のアル、そして『銀魂』の神楽など、主人公から重要な準主役まで多岐にわたって活動をしています 映画公式Twitterには、担当するアミタを「素の表情は可愛らしいのですが、でも仕事の腕前は超一流!という格好良さも兼ね備えた素敵なキャラクター」と表現。 そんな魅力的なキャラクターをどのように演じてくれるのか?今回の吹き替え版では期待したいポイントですね。

高乃麗が神経質な崖っぷちデザイナーのローズを担当

ローズ/ヘレナ・ボナム=カーター/高乃麗

過去にヘレナ・ボナム=カーターが出演した「ハリーポッター」シリーズ、『ファイト・クラブ』のソフト版、『ダーク・シャドウ』の吹き替えを担当した高乃麗。アニメ作品では、『サクラ大戦』のマリア・タチバナの声優としても有名です。 また、ジャズシンガーとして活動するほどの歌声の持ち主で、そのハスキーボイスも特徴の一つ。 今回の映画を「久々にスカッとする『あーこの映画、面白かったー!』と気持ち良く映画館を後に出来る作品」と評し、映画公式Twitterでも「暑さをぶっ飛ばしてください。」とパワフルにコメントを寄せています。個性的デザイナーというキャラクターを担当するにはうってつけの人物ですね。

園崎未恵が盗品売買のエキスパート!今は主婦のタミーを担当

タミー/サラ・ポールソン/園崎未恵

タミーを演じる園崎未恵は、ドラマ『24-TWENTYFOUR-』でジャックの娘・キムの吹き替えをしており、アニメ作品では「ストライクウィッチーズ」シリーズのゲルトルート・バルクホルン、『キングダム』楊端和(ようたんわ)などで知られている声優です。 実は過去アン・ハサウェイの『マイ・インターン』『ダークナイトライジング』など数作を担当。しかし今回は趣をかえ、メンバー唯一の主婦!というタミー(サラ・ポールソン)の吹き替えをしています。 映画公式Twitterにはそのタミーがただの主婦ではなく実は……と意味深なコメントを寄せていますので、その部分も楽しみに鑑賞したいですね。

村中知が一匹オオカミの天才的ハッカー、ナインボールを担当

ナインボール/リアーナ/村中知

アニメ作品を中心に『オレカバトル』俺牙ファイヤ、『ワールドトリガー』の空閑遊真といった少年役を得意とする声優・村中知。近年では『キラキラ☆プリキュアアラモード』の立神あおい/キュアジェラート役を担当して元気いっぱいのキャラクターを演じ、新境地を見せています。 少年役を得意としたそのハスキーボイスで、今回はリアーナ演じるナインボールを担当。映画公式Twitterに「ナインボールは、けだるさの中に共存する色気とクールさが魅力だと思います。演じる時は、脱力感とマイペースな感情の起伏に拘りました」とコメント。 ゴージャスな面々の中でどのような個性を見せてくれるのか?期待が高まります。

杉浦慶子が一級品の腕を持つスリ師・コンスタンスを担当

コンスタンス/オークワフィナ/杉浦慶子

洋画吹き替えでは『エクスペンダブル・レディズ』のレイヴン、その他『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』や『フライト・ゲーム』などに参加している、杉浦慶子。 声優としてのキャリアと並行して、役者としても橋爪功が代表を務める演劇集団・円の舞台に立つ実力派です。 今回はアメリカで活動するアジア系ラッパー・オークワフィナ演じるコンスタンスを担当するため、その個性的なキャラクターにも注目が集まります。 杉浦本人も映画公式Twitterでコンスンタンスを「物怖じせず飄々としていて、やる気があるのかないのか、見ていてハラハラする彼女」と評しているため、奔放な人物が期待できそうですね。

『オーシャンズ8』の世界をじっくり堪能するなら吹き替え版がいい!?

洋画を字幕でみるか?吹き替えで見るか?いつの時代も議題にあがるテーマですよね。しかし今回のようにテンポよく進むストーリーや、ゴージャスな衣装など見どころが多い作品の場合、吹き替え版で見るのもおすすめ。 すみずみまで気を配られた画面に没頭するには、字幕を追っている時間がもったいないと感じるかもしれません。また字幕では文字数の関係で縮められてしまった細かなニュアンスがあるとも言われていますので、それも何とも勿体のない話です。 実力派のハリウッド女優たちの演技合戦に、これまた実力派の日本語版の声優陣。この掛け合わせが最高の化学反応を起こしてくれることに期待しましょう!