ドラマ『ラストコップ/THE LAST COP』あらすじ・キャスト【唐沢寿明×窪田正孝】

2017年7月6日更新

唐沢寿明×窪田正孝の凸凹刑事lコンビの痛快エンタメドラマが、ついに2016年10月8日より地上波で連続放送されることが決定しました。スペシャルドラマ、ネット配信の両方でヒットを飛ばした『ラストコップ』最新作の、あらすじ・キャストを紹介します。

『THE LAST COP/ラストコップ』日テレ×Huluのアクションコメディドラマが遂にレギュラー放送決定!

『THE LAST COP/ラストコップ』は、30年ぶりに昏睡状態から目覚めた刑事・京極浩介(唐沢寿明)と若手刑事・望月亮太(窪田正孝)のコンビが、横浜を舞台に暴れまわる痛快刑事エンタメドラマです。

もともと日本テレビと動画配信サイトHuluが共同で制作し、2015年に金曜ロードショー特別ドラマとしてエピソード1を放送。高視聴率を記録し、Hulu内でもその後の6話が配信されています。

そんなヒット作の続編が、2016年10月8日から毎週土曜日21時〜日テレ系にて連続ドラマ放送されることが決定しました!また10月の放送に先駆けて9月3日、10日、17日にはエピソード0となるスペシャルドラマも放送!

コミカルな2人の掛け合いとド派手なアクションを軸に、ミステリードラマとしても家族ドラマとしても見所満載の作品となっているようです。

気になる視聴率は?

第1話(10/8放送) 8.6% 第2話(10/15放送) 7.4% 第3話(10/22放送) 8.0% 第4話(10/29放送) 9.8% 第5話(10/5放送) 7.6%

『THE LAST COP/ラストコップ』あらすじ

前作Hulu配信版『THE LAST COP/ラストコップ』シーズン1までのあらすじ

1985年、型破りだが操作への情熱は人一倍な”昭和の刑事”京極浩介(唐沢寿明)は、追っていた凶悪犯・カグラを追いつめるのですが、犯人の仕掛けた爆弾の爆発により昏睡状態に陥ってしまいます。そして30年の眠りにつくことに__。

2015年のある日、突如目覚めた京極。復活した彼は、妻の加奈子(和久井映見)の元を訪れるのですが、30年の時を経て彼女は再婚しており拒絶されてしまいます。憤慨し暴れていた京極は、ある警察官に逮捕されてしまうことに。

そしてその警察官こそが、相棒となる草食系若手刑事・亮太(窪田正孝)だったのでした。

警察署に連行された京極は、30年前の後輩・鈴木(宮川一朗太)や、上司の鯨井(田山涼成)と再会し、刑事復帰することになります。昏睡状態のせいでパソコン、スマホなどの最新機器の扱いや、セクハラなど現代社会のモラルや常識が欠落している京極。

亮太を困らせながらも2人で数々の事件を解決し、遂に因縁の凶悪犯・カグラとその組織を壊滅させたのでした。

そして秋ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』で描かれるストーリーは??

カグラとの決着から一年後の2016年。二人は共同生活を続けていました。亮太と京極のひとり娘である結衣(佐々木希)との交際も、もう1年になりますが、京極は彼らの関係を許してはいません。加奈子も鈴木(京極の後輩)との夫婦生活は円満で、京極は亮太とともに"気まずい晩餐会"に月一ペースで招かれていました。

この一年、ルール無視の破天荒な操作方法で数々の凶悪事件を解決していた亮太と京極のコンビは、神奈川地区ナンバー1の検挙率を誇っています。京極に限らず、亮太も草食系でお坊っちゃまな性格が変貌し強い男に。

そんな2人は"スタジャンと痩せマッチョ"のコンビとして警察内だけでなく、裏社会でも噂になっていたのでした。そこから新しい物語が始まっていきます。

主演はこの二人!

京極浩介/唐沢寿明

30年の昏睡から目覚めた昭和の破天荒刑事・京極浩介を演じるのは唐沢寿明。コンプライアンスゼロ、モバイル、ネット音痴でまるで浦島太郎状態の京極をコミカルに演じています。

唐沢といえば三谷幸喜作品群でのコミカルな役柄や、とと姉ちゃん(2016年朝ドラ)での花山伊佐次役などでおなじみの俳優ですね。

今回の『THE LAST COP/ラストコップ』の連続ドラマ化に際して唐沢は、

今回は亮太とのコメディチックなやり取りもかなり増えてくるようなので、最終的には台本も無視して!?突っ走ってやろうかと考えています。アクションも前回よりパワーアップするようなので、おそらくその辺のビル群だったら、軽く跳べちゃうんじゃないですか(笑)? ただ、ありえないながらも、どこか見る人を引き付ける、「こういうヤツ、確かにいるよね?」というリアリティの部分は、しっかり残したいです。 規格外の部分が多いドラマなので、これが世の中の人に受け入れられるのか、すこし心配にはなりますが、そのあたりは窪田くんの爽やかさでカバーしてもらえれば! チビッ子から年配の方まで、家族そろって笑える「ザ・エンターテインメントドラマ」にしたいです。
引用:www.ntv.co.jp

とコメントしています。

望月亮太/窪田正孝

京極の相棒を務めるお坊っちゃま刑事亮太を演じるのは、現在若手筆頭の演技派イケメン俳優として名高い窪田正孝。本シーズンでの亮太は破天荒な性格が加わっているようで、そちらも要注目です。彼の細マッチョな肉体美も披露されるかもしれません。

本作での京極と亮太の関係や、唐沢寿明の演技について窪田が語るところによると、

凸凹でハイテンションな二人が、今回もっとパワーアップして帰ってくることになるので、前回を超えられるように京極さんといろんなことに挑戦して、最高のエンターテインメントをお届けしたいと思っています。 二人でハチャメチャなことをやりますが、どんなことをしていても基本的に亮太は京極さんのことを尊敬しているので、そのまなざしはなくしたくないですね。それは亮太の芯の部分だと思うので、大切にしたいです。 唐沢さんは、基本“マジメにふざけている方”だと思うんです。つまり、京極というキャラクターとしてはふざけていますが、アクションだったり、役として譲れない部分だったりを、すべて監督と細かくコミュニケーションを取って作り上げていらっしゃいます。前回、そういう部分を一番近くで見ることができたのがとても嬉しかったので、今回はもっと色々なシーンを一緒に演じて勉強させていただきたいと思っています。
引用:www.ntv.co.jp

とのこと。また作品に関しても意気込みと期待を語っています。

週に1回の1時間がすごく爽快で楽しくて笑えて、でもどこか泣けたりグッとくる、そんな作品に絶対なると思いますので、たくさんの方に見ていただけたら嬉しいです。
引用:www.ntv.co.jp

京極とのコミカルな掛け合いが楽しみですね。

2人に関わる登場人物も豪華!

鈴木加奈子/和久井映見

加奈子は京極の元妻で現在は誠と再婚しています。また亮太の彼女結衣の母親でもあります。京極と亮太を招いた鈴木家の晩餐会を月一で開催中。

加奈子を演じるのは和久井映見。彼女は1993年に出演した映画『虹の橋』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝くなど、演技派として有名です。

鈴木結衣/佐々木希

結衣は京極と加奈子の間に生まれた娘で、亮太との交際も一年に。娘を思うあまり、京極は二人の交際を認めていない状態です。そして結衣は2人の仕事・警察官へと転職。彼女がストーリーに絡んでくること必至と言えそうです。

そんな結衣を佐々木希が演じることが決まっています。

鈴木誠/宮川一朗太

鈴木家の大黒柱にして、刑事として30年前は京極の部下だった男、鈴木誠を演じるのは宮川一朗太です。現在は刑事課長に出世しています。

柏木沙織/黒川智花

武闘派としてならしている、現在の京極の部下である柏木沙織。黒川智花に扮するのはドラマ、映画、舞台に幅広く活躍中の黒川智花です。

テレビドラマ版『名探偵コナン』の毛利蘭役が有名ですね。

鯨井雅高/田山涼成

30年前の京極の上司である鯨井雅高は、現在は警察署の署長にまで昇進。復活した京極に亮太とのコンビを組ませた人物です。そんな鯨井を演じるのは前回に引き続き田山涼成。渋くも暖かい演技で和む名俳優です。

新シリーズより、婦人警官・三島菜々子役で桜井日奈子の出演が決定

三島菜々子は京極の娘で警察官である鈴木結衣(佐々木希)の同僚の警官。ストーリーにどのように関わってくるのかは未だ不明です。

三島役を演じる桜井日奈子は、1997年生まれ、岡山県出身の新人女優です。CMヒロインを演じた、コロプラの白猫プロジェクトなどで見せるあまりの可愛さから、一気に注目度が高まってきています。

本作は、2016年7月より放送された『そして、誰もいなくなった』に続く2作目のドラマ出演となります。

私にとって「ラストコップ」は2回目の連ドラになります。憧れの先輩の皆さまとご一緒できることに感謝して精一杯頑張ります!
引用:mdpr.jp/news

とコメント。また自身のブログでは、

私は三島菜々子という新人婦警の役を演じさせていただきます??

この菜々子ちゃん、かなりぶっ飛んだ子なんです

「ラストコップ」はおもしろ満載なコメディドラマなので、私も振り切ってこの三島菜々子を演じたいと思います!

気になる三島菜々子というキャラクターの性格をチラリとのぞかせながら意気込みを綴っています。

その他にも今回の地上波ドラマシリーズでは、佐野史郎、マギー、松尾諭らの出演も決まっています。

主題歌を歌うのは人気バンドBLUE ENCOUNT

ブルエンの愛称で親しまれるロックバンドBLUE ENCOUNTの新曲「LAST HERO」がドラマ『ラストコップ』の主題歌となることが発表されました。

彼らに楽曲提供をオファーしたプロデューサーは、

『ブルエン』の熱さと『ラストコップ』の熱さは絶対にシンクロする!」そう確信しながら待ち続けた

といい、ドラマの世界観とぴったりのエネルギッシュなサウンドに仕上がっているようです!

劇中出演でドラマ初出演も!撮影裏話って?

気持ちのよい疾走感のあるメロディと爽やかなのにアツい歌声で見事にドラマの世界観を表現した主題歌「LAST HERO」。その主題歌を担当したBLUE ENCOUNTが、第4話(2016年10月29日放送)に出演しました。

出演のキッカケは、同ドラマの制作スタッフもかけつけていた、BLUE ENCOUNTの初の武道館公演でのことでした。11000人のオーディエンスの前で「ドラマに出演させて欲しい」と、スタッフに直接お願いしたそう。

メンバー4人は、ドラマ撮影後に主演の唐沢寿明と窪田正孝を表敬訪問し、演技力やアドリブによる掛け合いなどについて質問を交わしました。そこでは「撮影中はアドリブからいつ何が生まれるか分からないので、カメラが唐沢と窪田の2人から目を離さない」などの貴重な裏話が明かされました。

『ラストコップ』が別ドラマとコラボ!?

『ラストコップ』が11/19放送の回で、同じく日本テレビ系で放送中のドラマ『レンタル救世主』とコラボが行われることが明らかになりました。

『レンタル救世主』より主人公・明辺を演じる沢村一樹と、女子高生・葉石りさ子を演じる福原遥が出演します。また、本作で主演を務める唐沢と窪田も『レンタル救世主』にゲスト出演するとのこと。

二作品とも横浜を舞台にしている物語だということで、実現した演出だということです。