2018年9月30日更新

安藤サクラがヤバすぎる映画9選【『百円の恋』『万引き家族』他】

父に奥田瑛二を持つ二世俳優として世に出た安藤サクラは、現在の邦画を語る上でなくてはならない存在になりました。魂が乗り移ったとも言える迫真の演技を見ることができる映画を9作品、ciatr独自に選びました。

名作邦画に女優・安藤サクラの演技あり

同年代の俳優とは一線を画している女優・安藤サクラ。俳優の奥田瑛二とエッセイストとして活躍する安藤和津を両親に持ち、2006年ごろから女優としての活動を始めました。 2016年には主演を務めた映画『百円の恋』で女性ボクサーを体当たりで演じ、日本アカデミー最優秀主演女優賞を受賞。その他の作品でも、役に深みを持たせた演技で、観客の印象に残る芝居をし続けています。 2012年には同じく2世俳優の柄本佑と結婚し、芸能一家同士の結婚ということで注目を集めました。2017年には女児を出産しています。 今回は、母になり女優としても磨きがかかった彼女が出演した、ヤバすぎる映画を紹介します。

1.デビュー作は父奥田瑛二の監督作品【2006年】

himitsudan 良い。多分3回見た。

『長い散歩』は2006年に公開された映画で、安藤サクラの父・奥田瑛二が監督を務めた作品です。

定年まで高校の校長を務めあげた厳格な男・松太郎がとある少女との逃亡の中で、自分や家族のことを見詰め向き合うというヒューマンドラマ。自分の厳しさが家族を追い詰めたこと、そして虐待に遭っていた少女が松太郎との逃亡生活の中で心が解けていく様はとても美しく、「心洗われる作品」と評価の高い作品です。

2006年にはモントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞を受賞。脚本の「桃山さくら」が安藤の母・安藤和津と姉の安藤桃子、安藤サクラの共同クレジットとなっており、安藤サクラは脚本での参加となっています。

2.高校生たちの”性”青映画【2008年】

S_H_0427 メチャクチャ面白い訳ではない…… だけど記憶に残る。 お薦め程ではない……… だけどまた観る。

『俺たちに明日はないッス』は、さそうあきらによる漫画作品で男子高校生の恋と性を描いたほろ苦い青春コメディ。映画公開は2008年で、原作に掲載された「ロマンス」「揺れています」「教えてください」の3編を元にして製作されました。

性に貪欲で、女の子とセックスをしたくてしたくて堪らないという柄本時生演じる比留間を筆頭に、友人の峯と安藤というダメダメな男子高校生がメイン。安藤サクラは、「セックスすると生理になる」と思い込んでいる女子生徒、ちづを演じました。

公開当時の安藤はまだまだ初々しく、演技から青春の甘酸っぱさを感じ取ることが出来ます。彼女のヌードシーンもあり、甘酸っぱさと同時に10代の若々しい性を感じられる作品です。

3.安藤サクラが園子温に見つかる【2009年】

YukiSato メッセージ性とか、芸術性とかよくわからないけど、メチャクチャ面白い。 最初の30分よくわからない、次の30分だんだん面白くなる、あとの3時間は夢中で観た。4時間引き付ける力がある映画。 満島ひかり、安藤サクラは圧巻の演技。この二人無くして、この映画無し。西島隆弘というキャスティングにも納得。

『愛のむきだし』は園子温が2008年に執筆した小説を、映画化した作品。監督、脚本も園子本人が担当しました。

メインキャラクターは西島隆弘が演じたユウ、満島ひかりが演じたヨーコ、安藤サクラ演じるコイケの3人。コイケは幼少期から父親による虐待を受け続けた少女で、父を憎みながらカルト教団の教祖の右腕として暗躍していました。

彼女は自分と同じような育ち方をしたユウに興味を持ち、彼を嵌めて崩壊させようと目論見ます。そのキャラクターは狂人的でありながら不思議な色気が漂う存在で非常にインパクトがあり、濃厚なキャラクターたちが多い中でも際立つ存在となりました。

4.安藤サクラがワキガの女を演じる【2010年】

kumagon99 いま、脂の乗っている安藤サクラの作品 やっぱロードムービー好きだなぁ

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』は2010年に公開された大森立嗣監督・脚本の映画。安藤サクラは松田翔太、高良健吾の2人と共に主演を務めています。

施設で育ったケンタは劣悪な環境から抜け出そうと、同じく施設で育ったジュンと、ジュンがナンパした同棲相手のカヨちゃんと共に逃げ出します。生きる場所を探し求め、彷徨う3人の姿を描いたロードムービー仕立ての青春物語となった本作品で、安藤は高良健吾演じるジュンの同棲相手、カヨちゃんを演じました。

安藤はカヨちゃんについて「本当に魅力的で、ブスでバカでワキガだしヤリまくってるけど、清らかで純粋な女性」と語っています。

5.監督・脚本は姉、安藤桃子【2014年】

shino 映画館で見て良かった! 途中飽きることなく 気がつけば最後まで見入ってた。

『0.5ミリ』は安藤サクラの姉、安藤桃子が書いた小説を2014年に映画化したもの。監督と脚本は安藤桃子、エグセクティブプロデューサーは2人の父である奥田瑛二が担当しました。

安藤桃子自身の介護経験に基づいて描かれた物語で、非常にリアルな出来が話題を呼びました。安藤サクラは主人公で介護ヘルパーのサワを演じており、押しかけヘルパーとしてワケアリ老人たちの中に介入していく彼女を熱演。

この映画に関して安藤は「ぐちゃぐちゃになりながら闘っている姿に惹かれた」とコメント。安藤サクラにとってサワは憧れのヒーローのような存在だったのだそうです。

6.僕らの安藤サクラがボッコボコ【2014年】

wnmmds 安藤サクラさんが本当に素晴らしかった。気だるそうなダメ人間からボクシングのシーンまで全てにおいてハマってた。最後のリングに向かう場面はかっこよすぎて涙が出ました。

『百円の恋』は2014年に公開された映画で、自堕落な生活を送っていた主人公がとあるボクサーに出会い人生が変わっていくという物語を描いています。

安藤が演じたのは32歳にもなって実家で自堕落な生活を送っていた斎藤一子。恋する不器用な乙女であり、熱いボクサー魂を持つ彼女を体当たりで演じ切りました。ボクサーということもあり、安藤はこの映画のためにかなり肉体を絞ったそうで、見た人の中には驚いた人も多かった様子。

「しょせん女優さんがやるボクシングでしょ」と思われたくない、という強い気持ちで徹底的に役作りに励んだそう。彼女の熱い役者魂を感じますね。

7.レインボーな金髪姿が似合う女優は他にいない【2016年】

mataro_mince
mataro_mince 3.5

東京に棲む不法労働外国人。裏都民とも言える彼等を統べる裏都庁。人としての暗黙のルール、その警察力はたった1人の「ディアスポリス異邦警察」西宮5。久保塚の快気パーティの最中、裏都民の不良少年による裏都民誘拐殺人が。久保塚は無軌道な奴らを追い神戸へ。痴話喧嘩にイチャこきなんでもアリ!2016年9月6日 テレビシリーズの最終回からの続きで新たな事件が。今回東京を飛び出して主に神戸、大阪のロケ。もちろんそこも「裏」なのでそれらしい場所で妖しい感じを作っているが、TVシリーズであった東京の暑苦しいごった煮感を振り捨ててどういう感じに撮れているのか観るのも楽しかった。個人的に人殺しの不良少年を画面で愛でるという心境に至らないので、人によってはもっとそういう楽しみ方もあるかと思う。ネットで真木蔵人が絶賛されてるがよくわからないや。あのラストシーンはとても好き。なんやねんお前らみたいなw。

『ディアスポリス』とは脚本をリチャード・ウー、漫画をすぎむらしんいちが担当した青年漫画作品で、2016年に映画化。東京に暮らす異邦人たちの生活が物語の主軸で、彼らは自分たちを守るために異邦都庁という組織を立ち上げ、そこに暮らします。 主人公は異邦都庁で警察官を務める久保塚早紀で主演は松田翔太。安藤サクラは松田演じる久保塚が追うアジア人犯罪組織の一員、宇野祥平が演じるロドリゴの恋人役です。物語の鍵を握る重要な役割で、出番こそ少ないもののレインボーな金髪の見た目と体当たりの演技が見る人にインパクトを与えます。

8.夫・柄本佑と共演したサスペンス映画【2017年】

skr_icj
skr_icj 3

必要最低限の情報、心情のみを語りつつ、映像と音楽を見せつけられる。邦画のしっとりとした優しさ、不器用な人たちの美しさに、ああ良いものを見たなという気持ちにさせられ、心が静かに動く。ただ地味であっさりしているので、予告編からサスペンスを期待してしまうと少し残念な気持ちになるかも。

『追憶』は降旗康男が監督を務めたサスペンス映画で、2017年に公開されました。漁港で起きた殺人事件の被害者は主人公のかつての幼馴染だった、という衝撃の展開から始まる物語。3人の幼馴染は25年の時を経て刑事、容疑者、被害者という立場となり、岡田准一演じる刑事の四方篤が事件を通して過去と向き合うことになります。 安藤の夫・柄本が被害者となった川端悟を演じており夫婦での共演作となった本作品。安藤サクラは3人の幼馴染が慕っていた、ゆきわり草という喫茶店の店主仁科京子を演じます。京子は物語の中では3人のマリア的存在となっており、監督は安藤のことを「マリア様の神々しさを持った女優」と評価しました。

9.憧れの是枝作品に初参加しカンヌ受賞!安藤サクラの演技に絶賛の声

Karin_Yokoyama
Karin_Yokoyama 3.5

是枝監督がこれまで描いてきた家族論と、繋がってるものがあったけど、今回の作品は、より観る人によって感じ方が異なってくるのではと思った。 今回も子役の演技によって、作品の魅力が押し上げられてて、安藤サクラとリリーフランキーのコンビも良かった。 彼らはどういう関係(血の繋がり)なの?という部分を、映画の後半にちょっとだけ説明することによって、血縁という先入観を持たせないで作品を観てもらうことに成功していると思った。そのおかげで、なかなか考えさせられる作品だった。

『万引き家族』は犯罪で結ばれた家族の絆を描いた作品で、2018年に開催されたカンヌ映画祭で最高賞んのパルム・ドールを獲得しました。 是枝裕和が監督を務め、安藤サクラはリリー・フランキーと共に柴田夫婦を演じます。家族の結びつきが犯罪である、という衝撃的なテーマですが「家族とは」「絆とは」というものを深く考えさせられる作品となっています。 安藤は是枝作品に憧れを抱いており、オファーを貰った時はとても驚いたのだとか。あまり構えずに、自然な形で作品の中に入っていったと言います。撮影を通してその場その場で演じている時は演技だと意識せずに過ごすこともあったそうです。 安藤は天性の女優と言えるようなエピソードですね。