安藤サクラがヤバすぎる映画6選

2017年7月6日更新

父に奥田瑛二を持つ二世俳優として世に出た安藤サクラは、現在の邦画を語る上でなくてはならない存在になりました。魂が乗り移ったとも言える迫真の演技を見ることができる映画を6作品、ciatr独自に選びました。

デビュー作は父奥田瑛二の監督作品

himitsudan 良い。多分3回見た。

高校生たちの”性”青映画

S_H_0427 メチャクチャ面白い訳ではない…… だけど記憶に残る。 お薦め程ではない……… だけどまた観る。

安藤サクラが園子温に見つかる

YukiSato メッセージ性とか、芸術性とかよくわからないけど、メチャクチャ面白い。 最初の30分よくわからない、次の30分だんだん面白くなる、あとの3時間は夢中で観た。4時間引き付ける力がある映画。 満島ひかり、安藤サクラは圧巻の演技。この二人無くして、この映画無し。西島隆弘というキャスティングにも納得。

安藤サクラがワキガの女を演じる

kumagon99 いま、脂の乗っている安藤サクラの作品 やっぱロードムービー好きだなぁ

監督・脚本は姉、安藤桃子

shino 映画館で見て良かった! 途中飽きることなく 気がつけば最後まで見入ってた。

僕らの安藤サクラがボッコボコ

wnmmds 安藤サクラさんが本当に素晴らしかった。気だるそうなダメ人間からボクシングのシーンまで全てにおいてハマってた。最後のリングに向かう場面はかっこよすぎて涙が出ました。