©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

映画『キングコング:髑髏島の巨神』最新情報【ネタバレ注意!エンディングを迎えても決して席を立つな!】

2017年8月8日更新

2017年3月25日公開となったキングコング最新映画『キングコング:髑髏島の巨神』。ついに明かされるの出生の秘密!?新たな怪獣映画シリーズの始まりとも言えるこの映画のあらすじから関連情報まで、海外メディアからの情報をまとめてお届けします!!

2017年3月25日公開、映画『キングコング:髑髏島の巨神』!

ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズが今後数年の間に、ど迫力の怪物映画を何本か企画しているということが明らかになりました。まずは2017年3月25日公開の『キングコング:髑髏島の巨神』から。これは2020年代公開予定の『ゴジラvs.コング』へとつながる一作となっています。

この記事では、トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソンなどビッグネームが名を連ねるキングコング映画最新作の情報をまとめてご紹介します。下部には重大なネタバレ情報を含むためご注意ください。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』はゴジラと同一の世界観を持っている

『キングコング:髑髏島の巨神』 レッドカーペット

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.,LEGENDARYPICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

何と言っても本作の見どころとなるのは、2019年公開を予定しているハリウッド版ゴジラの続編『ゴジラ・キング・オブ・モンスターズ』と同一の世界観を有しているというもの。そして、2020年代公開予定『ゴジラvs.コング』へと繋がるのです。2体の巨大人気怪獣がどのようなバトルを繰り広げるのか?これから数年は怪獣ファンにとってたまらない年となりそうです。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』果たしてそのあらすじは?

新作では謎に包まれた危険な類人猿の王者の住み家を再び探検することに。(トム・ヒドルストン演じるリーダー率いる)調査遠征隊は、神話にしか出てきたことのない血清とリーダーの兄弟を見つけるため、前人未踏の危険な島に果敢にも突き進んで行きます。

そのさなか、一行は想像を越したく巨大な生物に出くわすことになってしまい…。

アクションあり、アドベンチャーあり!!キングコングの起源が壮大なスケールで描かれています。

ティザーポスター

『キングコング:髑髏島の巨神』

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURESPRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

巨大なコングのイメージに、「人類VS巨神、勝つのはどっちだ」というキャッチコピーが印象的なポスターも公開されています。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』気になるキャストは?

隊長、ジェームス・コンラッドには映画界のプリンス?!トム・ヒドルストン

ロンドン生まれ、幼い頃から優秀でオックスフォードのドラゴン・スクール、イートン・カレッジ、ケンブリッジ大学へと進んだヒドルストンは2005年には英国の王立演劇学校を卒業します。

ヒドルストンの名を一躍有名にしたのは2001年にマーベル・スタジオ制作で大ヒットした映画『マイティ・ソー』(2011)で演じた“ロキ”。同じく『アベンジャーズ』(2012)でも同じ役を演じています。

子どもの頃から主役の力量!!ヒロイン・ウィーヴァー役、ブリー・ラーソン

ヒロイン・ウィーヴァーを演じるのは、シンガーソングライターでもある女優ブリー・ラーソン。サクラメント出身のブリーは6歳という若さでドラマの勉強を始め、サンフランシスコのアメリカン・コンサバトリー・シアター歴代参加者の中で誰よりも若かったといいます。

ブリーはディズニー・チャンネル『レーシング・エンジェルズ』(2003)や、WBの『Raising Dad(原題)』 (2001)、MGMの10代向けコメディー『スリープオーバー』(2004)で主役を演じていますが、どれもブリーが中学を卒業する前のことです。

米陸軍、二等陸佐を演じるのは出演作品100を超える名俳優、サミュエル・L・ジャクソン

『キングコング:髑髏島の巨神』サミュエル・Lジャクソン

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENTINC.,LEGENDARYPICTURESPRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

黒人学生運動を精力的に行っていたジャクソンは、70年代になると(モーガン・フリーマンと共に)“ニグロ・アンサンブル・カンパニー”に参加。

80年代以降参加作品は増え続け、『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1990)、『モ’・ベター・ブルース』(1991)、『ジャングル・フィーバー』(1992)、『パトリオット・ゲーム』(1992)、『トゥルー・ロマンス』(1994)、『ジュラシック・パーク』(1993)など挙げたらキリがありません。

『ダイ・ハード3』(1995)や『ロング・キス・グッドナイト』(1997)でアクションヒーローを演じるまでは常に悪役や麻薬中毒者を演じていたジャクソンですが、『パルプ・フィクション』(1994)ではオスカーにノミネートされ、『ジャッキー・ブラウン』(1998)ではベルリン国際映画祭の銀熊賞を受賞。

おもしろい!だけじゃない?!ビル・ランダ役、ジョン・グッドマン

本名ジョン・スティーブン・グッドマンは映画やテレビ、舞台で活躍しているアメリカの俳優です。ジョンを一躍有名にしたのはダン・コナーを演じたテレビドラマ『ロザンヌ』。その主演で1993年にゴールデングローブ賞を受賞。

また『赤ちゃん泥棒』では脱走した囚人を演じ、『バートン・フィンク』(1992)では気のいい殺人犯を、『ビッグ・リボウスキ』ではキレやすいボウリング選手を演じるなどコーエン兄弟の作品にたびたび出演し絶賛されていることでも知られているでしょう。

50以上の作品に携わっており、さらにはアメリカン・コメディー・アワードも受賞したりコメディー番組の司会も務めています。

演技派?チャップマン役、トビー・ケベル

トビーは17歳の時ノッティンガムでのテレビのワークショップに参加し、監督シェーン・メドウズに見込まれ、『デッドマンズ・シューズ』(日本未公開)で一躍有名に。

『デッドマンズ・シューズ』の撮影までには3日しかありませんでしたが学習障害のある繊細で感情的な青年の役を見事に演じたことで、英国インディペンデント映画賞で最も期待できる新人にノミネートされたのです。

それに続いて『アレキサンダー』と『マッチポイント』、この2作はウディ・アレンが『デッドマンズ・シューズ』に出演したトビーを見てオーディションなしでトビーの出演を決定してしまったというエピソード付きの作品!さらに、トビーが大絶賛された作品がイアン・カーティスの伝記映画『コントロール』です。

日本語版吹き替え声優も豪華キャストが!

GACKT

日本語版吹き替え声優には、様々な界隈から名だたるキャストが集結しました。

歌手で俳優のGACKTが演じるのは、トム・ヒドルストン演じる主人公で髑髏島調査隊のリーダー・コンラッド。ヒロインの写真家・ウィーヴァーの声を務めるのはモデルで女優の佐々木希が。

さらに、兵士のヘルスの声をプロレスラーの真壁刀義が務めます。怖いもの知らずな役柄ということで、真壁にぴったりのキャラクターなのではないでしょうか。

日本を代表するギタープレイヤーMIYAVIがカメオ出演!?

なんと本作に日本を代表するミュージシャンであり、アーティストMIYAVIがカメオ出演していることが明らかになりました。1981年9月14日生まれのMIYAVIはバンドとしてデビューした後、2002年にソロデビュー。独特なヴィジュアルと圧等的なギターパフォーマンスによって日本のみならず世界でも認められている数少ない日本人アーティストです。

近年は演技の世界に進出していて、2014年アンジェリーナ・ジョリーがメガホンを取った『不屈の男ブロークン』(2016年日本公開)では渡邊睦祐役で出演し、大きな話題となっていました。

MIYAVIは日本人パイロットの一人としてこのハリウッド超大作に出演すると言われています。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』みどころはここ?!

『キングコング:髑髏島の巨神』

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

映画『キングコング髑髏島の巨神』の脚本はジョン・ゲイティンズとマックス・ボレンスタインが手がけました。

レジェンダリーのジョン・ジャッシュニーとトーマス・タルがメアリー・ペアレントと共に制作しています。レジェンダリーによると、本作では『キングコング』のベースを大切にしつつも、全く新しく異なる時間軸の中に『髑髏島の巨神』を取り入れたとのこと。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』関連情報も要チェック!!

3部作の流れやいかに?!

『キングコング:髑髏島の巨神』トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURESPRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

映画『キングコング髑髏島の巨神』は2014年に上映された『ゴジラ』に出てきた モンスターハンティング組織“モナーク”からの流れを引き継いだ構成となっていることが2016年10月初めに判明しました。以降は類人猿の王者vs怪獣の王者の戦いと二者が手を組むという映画で構成されていくようです。

キングコングとゴジラの"殴り合い"が始まる前には『ゴジラ』の続編が上映される予定で、脚本を手がけるのはマックス・ボレンスタイン、監督は再びギャレス・エドワーズが担当します。

ラドンやモスラ、キングギドラと言った名の知れた怪獣たちもお目見えするとの情報もあります。現時点では全貌は明かされていませんが、上映予定は2018年6月8日、『キングコング髑髏島の巨神』の公開は2017年3月25日となっています。

サミュエルファン耳寄り情報?!

サミュエル・L・ジャクソンのインスタグラムによると、なんとサミュエルがヘリコプターの操縦を練習している写真が!

ハワイにある『キングコング』のセットでサミュエルの操縦したヘリコプターにお目にかかれるのでしょうか?そのヘリコプター、噂されている70年代のセットと見事に一致したようですよ!!

『キングコング』のセットの写真を見てみると怪物の撮影は良い方向に進んでいるようです!!

監督の日本オタクっぷりがスゴイ

本作でメガホンを取ったジョダーン・ヴォード=ロバーツ監督がかなりの日本つうであることが話題となっています。ジブリ作品や日本のゲームなどに精通していて、日本のお酒も大好きだと語るほど。日本びいきである監督であれば、きっと日本怪獣ファンの期待を裏切るような作品を作ることはないでしょう。

巨獣のディテールにも監督のオタクぶりが満載

本作に登場する巨獣スカイクローラーのデザインは『エヴァンゲリオン』、『千と千尋の神隠し』、『ポケモン』のキャラクターを組み合わせて生み出されたものだったのです。

髑髏島の秘密

Critics hail the King’s return to the big screen. #kongskullisland is NOW PLAYING: link in bio.

Kong Skull Islandさん(@kongskullislandmovie)がシェアした投稿 -

本作の舞台となる髑髏島は10世紀以上もの間その存在を知られることのなかった神秘の島です。外界から遮断されガラパゴス化した環境によって、独自の生態系を形成し、恐ろしい巨獣たちを生み出してきたのです。

前作までの『キングコング』では、人間が策を練ってコングを捕獲するなど人間が優位でした。しかし今回の『キングコング:髑髏島の巨神』では登場する巨大生物はコングだけではありません。

森をなぎ倒すほどの巨大生物や、人間の背丈以上の動物の骨をもつ生物、“巨神”など、とてつもなく大きく、強く、また危険な怪物が生息する髑髏島においては、人間などちっぽけな虫けら同然の存在です。

果たして人間たちは巨大で獰猛な怪物たちが生息する島から脱出し、生き延びることが出来るのでしょうか。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』で大暴れする巨獣を紹介!

キングコング

『キングコング:髑髏島の巨神』

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS,LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

全長30メートルを超す髑髏島の王。

バンブースパイダー

『キングコング:髑髏島の巨神』

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

髑髏島に生息する体長5mを超える巨大グモ。

スケルバッファロー

『キングコング:髑髏島の巨神』

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

擬態が得意な水牛のような巨獣スケルバッファロー

スカルクローラー

『キングコング:髑髏島の巨神』

©2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

蛇のような姿をした巨獣スカルクローラー。キングコングと因縁の関係にあります。

トム・ヒドルストンも大の日本好きだった!

本作の監督ジョーダン・ロバーツが大の日本好きなことが明らかとなりましたが、どうやら主演を務めるトム・ヒドルストンも負けず劣らずの日本好き。ジブリの『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』がお気に入りだと語るトムヒは、本作の日本版ポスターを大絶賛しています。