ニーガンは本当に悪者なのか?気になる過去も含め徹底考察【ウォーキング・デッド】

2018年3月12日更新

大反響を呼んでいるホラードラマ『ウォーキング・デッド』!!シーズン6終盤から登場した史上最悪の敵と呼ばれる新キャラ、ニーガンの前職を含めた過去や性格、キャラクター性を徹底的に解説します。ニーガンは果たして本当に“悪”なのでしょうか?

ニーガンは「救世主」グループのリーダー!

ウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこる世界を舞台とした大人気海外ドラマ『ウォーキング・デッド』はシーズンを重ねてもその勢いは留まることがありません。 そんな本シリーズのシーズン6終盤に登場したジェフリー・ディーン・モーガン演じる新たな敵ニーガンは、「救世主」というグループのリーダー。ヒルトップなどコミュニティのメンバーをウォーカーから守り、安全を提供する事と引き換えに、毎週食料などの物資を半分渡すことを強要します。 シリーズ史上最強とも言われているニーガンのキャラクター性を徹底解説!

ニーガンを演じるのはジェフリー・ディーン・モーガン

ジェフリー・ディーン・モーガン
©PRPHO/Landmark Media

『ウォーキング・デッド』史上最悪の敵ニーガンを演じるのは、アメリカの俳優ジェフリー・ディーン・モーガンです。 2005年から放映されている超自然ホラーアクション『スーパーナチュラル』でのジョン・ウィンチェスター役や、同じく2005年から放映の『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』デニー・デュケット役などを演じています。 2016年公開のDCエクステンデッドユニバース作品『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にもトーマス・ウェイン役で出演。新作の『フラッシュポイント』でもトーマス・ウェイン役として出演するのではないかと噂されるなど、『ウォーキング・デッド』のニーガン役で大きく注目されています。

『ウォーキング・デッド』シーズン7は原作コミックに忠実?

ニーガンのキャラクターは、原作コミックとは違ったものになるのではないかという予想もありましたが、レザージャケットを始めとした容姿などもかなり忠実に再現されています。 また、見た目に留まらずコミックの台詞などもドラマでそのまま使用されています。

ニーガンの使う武器、ルシールも忠実に再現!

ニーガンは有刺鉄線を巻いたバットを武器として使い、それにルシールという名前をつけていました。このルシールは、ニーガンの亡き妻ルシールの名前に由来しているのです。

元妻ルシールとの関係性【過去】

ニーガンにはサンクチュアリーに沢山の“妻たち”がいます。彼の妻になれば、好きなものを与えられて贅沢ができる一方で、彼の要求に答えなければならない面も。 しかし、このように一夫多妻であるニーガンにも、“最初”の妻がいました。それがルシールです。彼は生前、浮気を繰り返して彼女を裏切っていましたが、彼女がガンと診断されて入院してから自分の行いを悔やみ、反省します。アポカリプスが起きた頃、ルシールは病院でニーガンに看取られながらこの世を去ります。あまりの悲しみ、不甲斐無さにニーガンは心を痛め、ウォーカーとして蘇った彼女を自分の手で殺す事ができなかったと、神父ガブリエルに懺悔しています。

『ウォーキング・デッド』でお馴染みの登場人物がニーガンに殺されてしまう!

リックはニーガンに会う前に、救世主の基地の一つを襲撃し、彼らの寝込みを襲って惨殺しました。しかし、これが引き金となってニーガンらはリックの仲間を報復として殺す事に。 シーズン7の第一話では、これまでお馴染みだった登場人物が彼に残酷に殺されてしまいました……。今までのシリーズで最もゴア描写の強いこのシーンに、言わずもがな多くのファンが嘆きました。

ニーガンは総督(ガバナー)よりも強敵!?

シーズン3とシーズン4に登場した総督(ガバナー)も強敵でしたが、彼は大きな弱点も持っていました。ニーガンは総督以上に徹底して無慈悲な人物で、引き連れるギャングたちを恐怖で支配しています。 今後ウォーキングデッドの世界の住人はウォーカー以上にニーガンの存在に怯えることになりそうです。

ニーガンは頭脳派でリアリスト!?

シーズン6の終盤で見たとおり、ニーガンは自分の部下を複数の道に配置して、リックのRVをブロックし、まっすぐ罠へと誘い込んでいます。 また彼は人々を従わせるのに恐怖が役に立つことをよく知っているだけではなく、時に恐怖だけでは足りないこともわかっているリアリスト。また、彼の支配するサンクチュアリーではポイント制を導入し、作業と引き替えに物資を渡すようにしたり、お互いを監視し合うようにさせているのです。 リックがサンクチュアリーに他のコミュニティを引き連れて襲撃した際も、「撃ち合いは弾の無駄になるから、とりあえず話しを聞こう」と動揺せずに状況を冷静に判断していました。 このことからも彼はかなりの策略家で頭が相当キレルことが分かりますね。

ニーガンはかなり口が汚い!

ニーガンは言葉遣いが相当汚く、『ウォーキング・デッド』の制作会社のAMCスタジオも、どうやって放送禁止用語にひっかからずにこのキャラクターを表現するか頭を悩ませたようです。 彼の登場するシーズン6の最後のシーンは、テレビ放送用のものと、ブルーレイの特典となる予定の放送禁止用語を使用した2つのバージョンが撮影されたと言われています。

前職が意外すぎる!【過去】

無慈悲な救世主のリーダーであるニーガン、実はアポカリプスが起きる前は高校の体育の先生でした!卓球のコーチであった彼は、その性格や口の悪さからよく親御さんから苦情を受けていたのだとか。大声で怒鳴りながら人々を動かすような彼の立ち振る舞いをみると、教師時代の面影を感じますね。

ニーガンは本当に危険なサイコパス?

先述の通り、リックの仲間を惨殺し、その後彼らのコミュニティであるアレクサンドラを支配下に置いたニーガン。笑顔でいながら、突然人を殺す彼の行動から危険なサイコパスという印象を受ける方も少なくないでしょう。 しかし、彼は本当にサイコパスなのでしょうか? リックの息子・カールがサンクチュアリーに一人で乗り込んだ際には彼を脅したり、彼の失った目についてからかいます。しかし、カールがそれで泣いてしまうと彼が只の子供だった事を思い出し、ニーガンは反省して素直に謝るのです。その後、彼を安全にアレクサンドラに送り、不在だったリックを待つ間スパゲティを作って食べさせるなど、大人として子供の面倒をみるような行動をとりました。更に、自分の妻に対する罪悪感をいつまでも抱えている事からも、彼には優しい一面があるように感じます。

ニーガンにはリックと同じく、彼なりの正義があるだけ

我々『ウォーキング・デッド』視聴者は、リックらのグループを初期からずっと見守ってきました。それ故に、つい彼らに感情移入してしまい、彼らの敵は必ず悪だと考えがちです(本当に悪い人たちも沢山いましたからね……)。しかし、このニーガンという男は実はリックと何ら変わらない存在なのではないでしょうか? それというのも、もともと救世主たちはアレクサンドラやリックのグループの事を知りませんでした。彼らが寝込みを襲って何十人もの救世主メンバーを殺すまでは。彼らにとっては、突然得たいのしれないグループに仲間を惨殺された、という事です。そんな酷い事をされた救世主にとって、リックのグループは「無慈悲で危険なグループ」と認識されたでしょう。 リックが必死に自分の仲間を守るように、ニーガンもまた自分の部下や人々を守ろうとしています。(彼らにとっては)理由もなく仲間を殺すような危険な人物がいるのであれば、いつサンクチュアリーが襲撃され人々が殺されるか分かったものではありません。だから、リックのグループを捕まえて彼の仲間を報復として処刑したのです。

しかし、ニーガンは無意味な殺人は好みません。本人曰く「殺すべき物を殺すべきときに殺せば、全てが丸く収まる」とのこと。彼がリックの仲間を殺したのは、彼らに二度と自分たちの仲間を殺させないための教訓でした。しかも、ニーガンは何十人もの仲間を失ったのに、たった一人の死だけを望んでいたのです。彼が結果的に二人殺す事になったのも、彼のせいではなくダリルのせいでした。 リックにはリックなりの正義があるように、ニーガンにはニーガンの正義があるのです。シーズン7からシーズン8は、リックとニーガンの関係を中心に描かれる、そういった人間の極限状態における「正義」について考えさせられるようなテーマ性をはらんでいます。 そんなニーガンがどのような結末を迎えるのか、結末を迎えることなくリックとの戦争で生き延びるのか、見守りたいところです。 (テキスト:ANAIS)