ドラマ『孤独のグルメ season2』をエピソードを料理を添えて紹介!

2017年7月6日更新

井之頭五郎が気ままに食事を楽しむドラマ『孤独のグルメ』のシーズン2が放送されました。相変わらずの自由さと独特の感性の五郎と、原作者久住による”ふらっとQUSUMI”のコーナーも健在の今作品。料理を交えつつエピソードを紹介していきます。

ドラマ『孤独のグルメ season2』とは?

主人公・井之頭五郎が自分の直感を頼りに訪れた店で食事を堪能するという漫画をドラマにした『孤独のグルメ』。シーズン2では東京近辺だけではなく、群馬や静岡といった少し遠い方面まで足を延ばし、五郎好みの店を堪能します。

またシーズン2でも、原作者の久住が実際に店を訪れるふらっとQUSUMIも健在です。

孤独のグルメ season2第1話

神奈川県川崎市 新丸子のネギ肉イタメ

神奈川新丸子を訪れた五郎は、散策中に昼間から酒を楽しむ食堂を見つけびっくりします。今日は打ち合わせのためにダンススタジオを訪れたのですが、生憎オーナーは留守。空いた時間と小腹を満たそうと、和菓子屋を訪れクリームあんみつを注文。店の雰囲気とあんみつにほっこりします。

再びスタジオを訪れ、情熱的な女性オーナーから「あなたの思うがままの品を」と花を入れる器の注文を受けました。スタジオを離れ、気の向くまま散策をしている最中に見つけた、活気あふれる食堂へと入るのでした。

大量のメニューに迷いつつ、みょうがの天ぷら、チーズ入りウインナー、ネギ肉イタメ、ごはんと味噌汁を頼みましたが、周囲の熱気にあおられて、つい海鮮春巻きも追加注文。店の雰囲気を楽しみつつ、塩が味を引き立てるみょうがの天ぷらに、ビールに合いそうなチーズ入りウィンナーを堪能します。

大量のネギの入ったネギ肉いためは塩コショウでパンチの効いた味でごはんが進みます。続くえび・いか・たこ・カニの入った春巻きも本格的で、店の雰囲気に乗せられて、ついつい食べ過ぎてしまったようです。

ふらっとQUSUMI

店の外まで喧噪が聞こえてくる賑やかな店を訪れると、そこには作家のなぎら健壱がいました。店は午後3時だというのに、みな飲んでいるという特異な空間。なぎらと久住は焼肉ライスに、コロッケの入ったカレーを注文しましたが、どちらも食事にもお酒にも合う味のようです。

孤独のグルメ season2第2話

中央区日本橋人形町の黒天丼

フィンランドの友人、ジョセフィーヌからおめでたの連絡が届き、腹帯と日本文化を感じる贈り物を求めて人形町を訪れました。作戦会議だ、とお茶屋に入り抹茶ぜんざいを注文。そこには抹茶ビールなる珍しい飲み物もあり、驚く五郎。

再び町へ繰り出し、日本文化を求めてつづらや三味線を物色します。しかし三味線の音で天ぷらを連想してしまい、お腹が空いてしまいます。天ぷら屋を探し彷徨い歩いた後、家族経営のこじんまりとした店を発見しました。

その店1品100円から、という安さの嬉しい店。めごち、はす、玉ねぎを頼み、サクっとした衣を堪能していると、常連と店主の会話でかき揚げの存在を知ります。しかしこれは夜限定のメニューでした。

常連が天丼を頼むのを見て、すかさず天丼を追加注文。天丼はタレで黒味を帯びており、一見すると驚きますが、見た目に反して味は抜群です。余りの美味しさに頭の中がお祭りモードになってしまいました。満腹になった五郎は日本文化を求め、再び人形町を彷徨うのでした。

ふらっとQUSUMI

カウンターに味がある、昔ながらの店で久住はイカとキスと芋を頼みます。しかし、3つも頼んだのにたった400円。値段に喜ぶ久住が続いて頼んだのは、五郎が食べ損ねたかき揚げです。その時の旬の食材を使っているそうで、たまらない味なのだとか。

孤独のグルメ season2第3話

中野区沼袋のわさびカルビと卵かけご飯

初めての町沼袋を仕事で訪れ、カフェで商談成立祝いにチョコバナナクリームタルトと紅茶を注文します。チョコパウダーのほろ苦さがポイントで、紅茶の似合うケーキに満足。店を後にし、続いて商談のために新規客のいる洋服店を訪れます。

新規の客に気を遣って空腹になった五郎は、店を探すうちに住宅街に迷い込みんでしまいました。すると住宅街の真ん中に焼肉店を見つけ、即決で入ります。太ももの部位の肉、丸と肩バラの三角に、わさびカルビとライスを頼みます。

合間に生キャベツを堪能する五郎の元に運ばれてきたのは、わさびカルビです。レア焼きの肉に本わさびを巻いて食べるという変わったメニューで、思わず「なんじゃこりゃ」と一言。肉なのに刺身のような味がします。

三角はレアで、丸はじっくりと焼いてレモンを絞って食べます。そして、今度はタレの味を楽しもうとタレカルビを頼み、店主のススメでシメにタマゴ掛けご飯を堪能。お腹もいっぱいになり、一汗かいた五郎は銭湯に寄る事を決め、店を後にしました。

ふらっとQUSUMI

今回のふらっとQUSUMIは、久住と『孤独のグルメ』のファンだという、ブックディレクター幅允孝をゲストに迎えての焼肉となりました。わさびカルビはこんなにレアでいいの?という程のレア加減で食べるそうで、とても爽やかな味。五郎が食べ損ねた超四角も絶品です。

孤独のグルメ season2第4話

群馬県邑楽郡大泉町のブラジル料理

仕事で独立した先輩・片岡の「新しく店を始めるから手伝え」との言葉を受けて群馬県を訪れます。記憶では堅物だったはずの片岡。しかし今はブラジル人の妻を貰い、ラテンのノリになっており「一体先輩に何が」と不思議に思うのでした。

その後片岡に急用が出来てしまい、急遽、片岡の娘の梨沙が五郎を町を案内する事になります。自分を「五郎」と呼び捨てにする梨沙の態度に少々苛立ちましたが、チュロスを堪能したりブラジルの食品を見たりと楽しみ、帰りには梨沙にちょっと好かれた存在になりました。

梨沙と別れ、お腹が空いた五郎はブラジル料理の店を訪れます。そこで牛や豚に黒豆を加えて煮込んだ、フェイジョアーダ・コンプレッタのセット、塩を振った炭火焼きの肉、エスペトン・デ・ピカニャ、飲み物にガラナアンタルチカを注文。おまけにサラダバーもついてきました。

どれも聞きなれない料理でしたが、フェイジョアーダの味の染み込んだ肉やスープの深み、皿に突き立てた櫛に肉が刺さったピカニャのビジュアルからブラジルを堪能します。そして、片岡から送られてきた家族写真つきメールで心もお腹もいっぱいになり、笑顔で帰っていきました。

ふらっとQUSUMI

大泉町で最初に出来たブラジルの店だという今回の店。久住は店の売りであるシュラスコや五郎も頼んだピカニャを含む5品を頼みました。独特のスパイスは日本にない味で、肉も歯ごたえ抜群です。

孤独のグルメ season2第5話

神奈川県横浜市白楽の豚肉と玉ねぎのニンニク焼き

この日は神奈川大学の教授に呼ばれ、大学を訪れていました。気難しそうな教授が知識を披露しようとするも、五郎が質問に淀みなく答えたので機嫌を損ねてしまいました。自分の失態に気づいた五郎は足早に教授室を離れ、気分直しに食堂で神大ソフトクリームを堪能します。

昭和の風情を残す商店街をうろつき、休憩がてらに喫茶店を訪れ本格的なコーヒーを堪能した後、是非この商店街で食事を、と店を探してうろつきはじめます。そして自分好みの店をやっと探し当て洋食屋のキッチン友へ入ります。

店の名前の入ったスペシャル友風焼きととん汁、ハムポテトサラダを頼む五郎は、周囲の学生の会話に耳を傾けながらメニューを待ちます。スペシャル友風焼きはたっぷり玉ねぎの甘みと肉の旨みが絶品で、具沢山のとん汁と素朴な味のポテトサラダに、本日も大満足でした。

ふらっとQUSUMI

今回はゲストに、『孤独のグルメ』ファンの、裁判ウォッチャーの阿蘇山大噴火を迎えました。久住は2人はセットメニューとちょっと大きな一口カツのペテカツランチ、チーズキュウリにお酒を頼み、楽しそうに談笑しながらの食事風景となりました。

孤独のグルメ season2第6話

江戸川区 京成小岩の激辛四川料理

打ち合わせのために江戸川区を訪れ、少し早めについたのでケーキ屋に立ち寄ります。長い時間迷い、フルーツのたっぷりのったガトーフレーズに珈琲を頼みました。商店街の人々を眺めほっこりとした気分に浸っていたため、打ち合わせに遅刻しそうになり、仕事場の写真屋へと急ぎます。

そして「誰かの人生の大切な一枚に関わるっていいなぁ」としみじみしているとお腹が空いてきました。写真屋を後にして夜の町をふらつき、四川家庭料理の店を訪れます。豚肉のニンニクタレかけとライスを注文。ニンニクタレかけで四川のガツンとした味を楽しみ、続いて泡菜魚を頼みます。

常連のオススメ泡菜魚は香辛料たっぷりで四川の本気の辛さに驚きますが、辛さの中にコクがある味です。常連たちの雰囲気を楽しんでいると、皆がじゃがとろ、という謎のメニューを頼み始め、五郎も慌てて挙手。一緒にメニューを頼みます。

マッシュポテトにそぼろ餡のかかったじゃがとろのまろやかさを楽しんだ後は、残った泡菜魚のスープをライスにかけ、スパイシーで締めくくりました。

ふらっとQUSUMI

今回は音楽系のアーティストとして活躍していたかせきさいだぁをゲストに迎えています。メニューには載っていない牛肉のアスパラ巻と痺れる辛さのマーボー豆腐、じゃがとろを頼み、ゲストと共に孤独のグルメについて語り合いました。

孤独のグルメ season2第7話

千葉県旭市 飯岡のサンマのなめろうと蛤の酒蒸し

電車で寝過ごし千葉の銚子まで来てしまいます。出先で仕事のミスが発覚して、戻るのをあきらめて九十九里浜近くで一泊することにしました。時間に余裕があったので、喫茶店に立ち寄りレアチーズケーキでまったりします。

気持ちの和んだ五郎は夕陽を眺めながら「失敗したからこそ、この景色に出逢えた」と気持ちを切り替えます。翌日は漁港をうろつきますが、漁港を見る内無性にお腹が空き、地元の食堂に入ります。

食堂ではマグロとサンマのなめろうの刺身定食に、赤貝とハマグリの酒蒸しを頼みました。質が良く厚みのあるマグロ、サンマのなめろうの甘みはごはんが進みます。

ハマグリの酒蒸しの塩味に海を感じ「俺は海そのものを食べている」と心で一言。余りのおいしさに思わず声も出てしまいます。海辺の休息を楽しみ、仕事へと戻っていくのでした。

ふらっとQUSUMI

さんまのナメロウとハマグリの酒蒸しに、アジのフライを頼みました。店では酒蒸しの事をヤキハマと呼ぶのだそうです。ハマグリは身が大きくて塩がいい塩梅で、さんまのナメロウは甘みがあり絶品、五郎と同じくごはんが進みます。

孤独のグルメ season2第8話

墨田区両国の一人ちゃんこ鍋

両国を訪れた五郎は、最近小口の仕事が続きがちで落ち込んでいました。途中で立ち寄った甘味処の団子セットで癒されるも、次の客も小口。「いやいや、仕事はしっかりしないといかんぞ」と気を引き締めて床屋へ向かうと、押しの強い女性店員に客と間違われてしまいました。

やっと自分の用件を伝えると、五郎が用意したオルゴールを頼んだのは、予想外にも体の大きな男性。見た目とのギャップに驚きます。その男性と五郎を客と間違えた店員は夫婦で、2人の笑顔と仲良しぶりに癒されたのです。ほっとしたらお腹が空いてきました。

両国と言えばちゃんこだ、と目当ての店に入りカウンターに座り、鳥そっぷのちゃんこ鍋に山芋の千切りを頼みます。野菜たっぷりで具だくさんのちゃんこはシンプルな醤油味で、日本を思わせる味。五郎は思わず野菜を頬張ります。

味の染みた鶏にと出汁の深い味にを堪能した五郎はすっかり両国モードで頭の中では座布団が飛び交いました。最後はシメのうどんをかきこみ、ちゃんこに気合を貰ったのでした。

ふらっとQUSUMI

今回は上々颱風のボーカル白崎映美をゲストに迎えました。1940年代に活躍した力士、大内山の家族が経営する店で、2人は五郎と同じちゃんこを頼み、そのおいしさを堪能しました。

孤独のグルメ season2第9話

江東区砂町銀座商店街を経て事務所飯

喫茶店を開くという顧客の元を訪れ、足を怪我した美人店主を手伝う事に。力仕事を頑張る五郎でしたが、後で彼女に旦那がいる事を知り「俺もべっぴんさんに弱いって事か」と振り返ります。

店を後にし鎧甲冑の置かれた渋い喫茶店に立ち寄り、ブルーベリーのフレーバーコーヒーと真っ白なコーヒーゼリーを味わいます。最後の一仕事、と意気込みましたが立て続けに仕事が入り、今日は徹夜決定コースに。

外食をやめた五郎は砂町銀座商店街に立ち寄り、牛豚煮込み、焼き鳥、アサリご飯、かぼちゃの煮物、中華揚げ、シュウマイ巻、マグロメンチ、おでんの大根にチキンロールと大量のおかずを買い込み、足早に事務所へと帰ります。

なつかしい味のあさりご飯、ほくほくのかぼちゃ、プチ辛の中華揚げを味わい、一番楽しみにしていたマグロメンチを醤油で味わいましたが、ちょっと食べ過ぎて眠くなってしまったようです。

ふらっとQUSUMI

今回は店ではなくて砂町銀座を訪れた久住です。五郎も立ち寄った焼き鳥屋やおでん屋を訪れ、商店街のあったかい雰囲気と温かい料理を楽しみました。

孤独のグルメ season2第10話

北区十条の鯖のくんせいと甘い玉子焼

十条の商店街を訪れた五郎は、甘味処へ立ち寄ります。体をあっためようと汁粉を頼むはずだったのに、珍しいかき氷に惹かれて栗のかき氷を頼んでしまいます。ペーストの栗が乗った氷は、ふわふわで最後まで栗の味たっぷりでした。

寒さに震えつつ仕事の注文のため提灯屋を訪れますが、提灯の話を聞いているうち、提灯から食べ物を連想して無性にお腹が空いてきます。店を後に、商店街を彷徨う五郎は赤い提灯の入った店を発見し、飲みはしないがいいだろう、と意を決して店内へ。

そこで鯖のくんせい、ももハムとキムチ、ごはんと味噌汁のセット、とんぶりしらす、ウーロン茶を注文。鯖のくんせいは塩とも味噌とも違う味で、五郎の味覚ではごはんにぴったりです。ももハムとキムチのバランスや、とんぶりの触感を楽しみ、追加に砂糖入り卵を注文します。

こちらは甘さにおろし醤油がぴったり。お酒は飲めませんが「酒飲みが提灯に惹かれる気持ちがわかるなぁ」とほっこしりながら店を後にするのでした。

ふらっとQUSUMI

今回は今ドラマにも出演した斎藤清六をゲストに店を訪れました。常連のリクエストに答えるうちメニューが70種を超えた、という店で、水こぶのシンコと水タコの刺身にきりたんぽを頼み、お酒と共に楽しんだ2人でした。

孤独のグルメ season2第11話

足立区北千住のタイカレーと鶏の汁無し麺

北千住の町でタイ料理の店を発見し、以前に知人の女性とタイ雑貨について話をしたことを思い出します。雑貨の実地調査も兼ねて店に入ろうとするも、店内は女性ばかりで一瞬躊躇います。しかしそこに自分と同じソロの男性を見つけ、思わずにんまり。

男性客を心で密かに「戦友」と呼び、親近感を覚えます。メニューで迷った五郎はカイランの炒め、牛挽肉とタイスパイシーハーブ、タイ東北部ソーセージ焼き、ライスにタイティーを注文しました。カイランの見た目は空心菜のようで、シャキシャキとした歯ごたえが特徴です。

肉のしっかりしたソーセージ焼きを楽しんだ後、スパイシーで辛い牛挽肉に、ムエタイでハイキックをもらった気分になります。慌ててタイティーで辛さを中和させます。周囲の女性が辛い料理を平気で食べる姿に、女性の強さを実感しつつ、追加で煮込み鶏肉とジャガイモカレーを注文。

エスニックながら柔らかい味の対カレーを堪能し、続いて汁無し麺を頼むみます。甘辛醤油の味が、異国味なのに口に合い、大量に食べた後なのに箸が進んでしまいます。最後にはデザートに焼きプリンのカムノトイを頼みタイ料理を満喫しました。

ふらっとQUSUMI

本場タイで修業を積んだ料理人の作るメニューが130種類もそろったメニュー豊富な店です。久住はタイのビールを飲みつつ、グリーンパパイヤのサラダに店の一番人気、香ばしくてマイルドな辛さの空心菜炒め。追加でタイカレーも注文しました。

孤独のグルメ season2第12話

東京都三鷹市 お母さんのコロッケとぶり大根

東京三鷹を訪れ、深大寺を見つけてすっかり年の瀬モード。仕事を済ませて年越し蕎麦を、と決意するのですが、甘味処に惹かれ、餡ぎっしりのタイ焼きと天竜茶で寄り道してしまいます。今度こそ、さっさと仕事を済ませようとバーを訪れる五郎を、若い店主が迎えます。

用意してきたグラスを見せ、説明をしようとするのですが、忙しそうな店主を待っている内にお腹が空いてしまいます。仕事は思ったより時間がかかり、深大寺をあきらめた五郎は近場で店を探す事に。そして直感で決めた店へ入ると、そこには家庭料理がずらり並んでいました。

自分でおかずを選ぶ3品定食を選び大皿に乗ったおかずから、ぶり大根となす味噌、鴨と青菜のマリネに追加でコロッケを注文します。なす味噌のもぶり大根もご飯が進む味で、ご飯をおかわりしました。次は他の3品も頼みたいなぁ、と店を後にしました。

ここで終了かと思いきや、満腹なのに店を出て数歩先の立ち食い蕎麦やに入ってしまう五郎。そこでは原作者の久住がそばを食べており、シーズン1に続くサプライズ出演となりました。

ふらっとQUSUMI

まずは五郎が訪れた店を訪れた久住は、つまみにチャーシューと煮卵を食べます。肉も卵も美味しかったのですが、味の染みたジャガイモが一番おいしかったとか。ソース焼きそば、豚肉スタミナを注文し満足する久住の横には、なんとドラマの音楽を担当した”The screen tones”も。豪華な最終回となりました。