『孤独のグルメ』“オワコン”にも関わらずシーズン6が放送!飯テロドラマの最新情報まとめ

2017年5月17日更新 4691view

松重豊主演の人気ドラマ『孤独のグルメ』。2017年1月にお正月スペシャルが放送し、番組最後でシーズン6制作決定の告知がありました。ファン待望の新シーズンについてまとめました。

松重豊主演の人気ドラマ『孤独のグルメ』シーズン6放送決定!

テレビ東京系の人気ドラマ『孤独のグルメ』。2017年1月2日には、スペシャルドラマとして『孤独のグルメお正月スペシャル~井之頭五郎の長い一日~』が放送されましたが、その番組最後でシーズン6の放送が決定したと告知されました!ファンには年明けから嬉しい大ニュースですね!

2015年10月から12月まで放送されたシーズン5、2016年のお正月と夏のスペシャル、2017年のお正月スペシャルを経て、松重豊扮する井之頭五郎が、新たな「飯テロ」を巻き起こします。シーズン6は2017年4月7日放送開始です!

『孤独のグルメ』あらすじ

1

個人で輸入雑貨の貿易商を営んでいる井之頭五郎(松重豊)。何ものにも縛られない自由な生き方を好む彼は、仕事の合間にお店を見つけて一人で食事をします。選ぶお店と、そこで注文するメニュー。たった一人の食事ですが、いつも彼の食事には新鮮な出会いがあり、一人で食事をするからこそ、その出会いに集中できるのかもしれません。

これまで関東周辺から出張先まで日本各地で食事を楽しみ、ついには台湾にも飛んだ井之頭五郎。シーズン6で巡り会うお店とメニューも期待大です。

『孤独のグルメ』シーズン6もキャストはもちろん松重豊

井之頭五郎/松重豊

2

輸入雑貨の貿易商を行っている男性。クライアントと会う前や、会った後に気になるお店を見つけては、一人で食事を楽しんでいます。食事を何よりも楽しみに考えている彼は、お酒が苦手で大の甘党。色々な店に足を運び、料理に舌鼓を打つ彼の姿は、視聴者の羨望のまなざしを一身に集めています。

演じる松重豊は1963年1月19日福岡県生まれ。大学時代は三谷幸喜の東京サンシャインボーイズに参加し、1986年に蜷川幸雄主催の蜷川スタジオに入ります。1989年退団後はフリーの役者としてTV・舞台・映画に幅広く出演。188センチの長身とちょっと強面のルックスから、迫力のある悪役を演じることも少なくありません。

これまで『アウトレイジビヨンド』など様々な作品に出演してきた松重豊ですが、以外にもこの『孤独のグルメ』が初主演作になります。毎回様々なお店でおいしそうに食事を行う姿は読者を惹きつけ、彼の当たり役になりました。

「ちょっと胃拡張になった」とコメントしている松重豊ですが、シーズン6の井之頭五郎は、さらに「飯テロ」に磨きをかけてくるでしょう。

ヒットに疑問?「オワコンという言葉がぴったり」「おっさんが飯を食ってるだけ」

『孤独のグルメ』シーズン6の放送を直前にして制作発表会見が行われました。これまで5シーズン放送してきた本作ですが、制作発表会見を行うのは今回が初めてとのこと。主演の松重豊は「どうしてこのタイミングで発表会見を行うのかわからない」と疑問をぶつけ会場を笑わせました。

また6シーズンも続く人気シリーズになった『孤独のグルメ』ですが、放送当初は「おっさんが飯を食ってるだけのドラマ、誰が見るの?」と思っていたらしく、ここまでヒットした要因を未だに掴めていないそうです。

ただ「料理が主役で、自分はバイプレイヤー」と語るように、料理の美味しさは本ドラマにおける絶対条件。「オワコンという言葉がぴったりなドラマ」と辛辣な言葉を投げながらも「美味しいものが尽きない限り冒険は続く」と、シーズン6に向けての意気込みを語りました。

シーズン6では新しい食べ合わせを提案!

孤独のグルメ

松重曰くオワコンとのことですが、第2話放送後は斬新な食べ合わせが話題になりました。

第2話では五郎が朝食を求めて新宿にある伊勢屋食堂を訪れます。そこで豚バラの生姜焼き定食し、朝食にもかかわらず4つの小鉢を追加注文。その時に「納豆」を注文した五郎ですが、生姜焼きと納豆という前代未聞の食べ合わせに視聴者はどよめきを見せたようです。

結局最後まで納豆には手を付けず、生姜焼き定食はほとんど完食。白米のおかわりを注文し納豆とともに口にかき入れ、最後は1枚だけ残しておいた生姜焼きをおかずに納豆ご飯を完食しました。

新しい食べ合わせを提案するなど、何かと話題の『孤独のグルメ』。シーズン6になっても、まだまだ人気は衰えなさそうです。

今度はどんな店が出てくる?シーズン6のみどころ

『孤独のグルメ』が漫画原作なのは周知の事実です。しかし、シーズン1から原作とは異なるオリジナルストーリーを基本にした姿勢を貫いています。登場するお店も原作とは異なり、スタッフが一軒一軒調べて採用するという気合いの入れようです。この制作の姿勢がドラマを見応えあるものにしているのでしょう。

お正月スペシャルの最後に放送決定が告知された以外は、まだ情報が未確認の『孤独のグルメ シーズン6』。今度の店はおなじみ東京だけなのか? それともすでに台湾まで行っている五郎は再び海外へと向かうのか? スタッフのロケハンが気になりますね!

『孤独のグルメ』の原作紹介

4

ドラマ本編終了後、原作者の久住昌之自身がドラマに登場した店に行く「ふらっとQUSUMI」。ドラマ本編と並んで人気の高いミニコーナーです。しかし先述したように、漫画原作とドラマはストーリーが異なり、原作の五郎よりドラマの五郎は若干年齢を高めに設定しているそうです。

シーズン6放送の前に、ドラマと違う雰囲気を原作で味わってみるのも楽しいかもしれません。残念ながら、漫画を担当した谷口ジローは2017年2月に亡くなりましたが、彼らの遺した『孤独のグルメ』はこれからも多くの人が手に取るはずです。

漫画に登場するお店も実在のもので、ドラマと違って五郎は時にお店選びを失敗することもあるので、『孤独のグルメ』ワールドの新たな一面が味わえるでしょう。2017年4月7日から始まるシーズン6の放送が待ち遠しいですね!

放送が待ち遠しい!『孤独のグルメ』シーズン6の放送日

放送が待ち遠しいシーズン6は2017年4月7日、金曜日の深夜0時12分から放送開始です。

シーズン6ではどんな飯テロに出会えるのでしょうか。ドラマの放送が楽しみですね。