『孤独のグルメ』のロケ地・おすすめのグルメ店15選【絶対に行きたい厳選聖地巡礼】

2017年7月6日更新

2017年4月7日より、Season6の放送も決定した人気TVドラマ『孤独のグルメ』シリーズ。食欲をそそる料理と主演・松重豊の食べっぷりが相まって、”夜食テロ”番組と名高い本作のロケ地の中から、おすすめのグルメ店をご紹介します。

『孤独のグルメ』シリーズのロケ地になったおすすめのグルメ店をご紹介!

原作・久住昌之、作画・故谷口ジローによるグルメ漫画『孤独のグルメ』。2012年1月より、基本設定のみを受け継いだオリジナルの内容で、TVドラマシリーズ化されています。

本作は松重豊演じる主人公の井之頭五郎が、仕事に出かけた先で料理店に立ち寄り、食事をする様を綴る異色のグルメ・ドキュメンタリー。料理の蘊蓄を語るのではなく、中年男性が食事を楽しむ姿と心理描写を中心に描き、食欲を刺激する”夜食テロ”番組として人気を博しました。

2017年4月7日からは、TVドラマSeason6の放送も決定した『孤独のグルメ』のロケ地から、絶対に行っておきたいおすすめのグルメ店をご紹介します。

1.和食亭

Season1 第2話「豊島区駒込の煮魚定食」

古い付き合いの画廊のオーナーを訪ね、豊島区駒込までやって来た五郎。お腹が空いてきた彼は、「家庭料理 和食亭」という文字が目に留まります。愛想の良い店主に「煮魚定食」を頼むと、前菜やら汁物やらをまるでコース料理のように尋ねられ、心まで癒されてしまう五郎でした。

そんな「和食亭」はJR山手線「駒込駅」東口を右へ徒歩3分、アザレア通りの最初の角を左に曲がった先にあります。定休日は毎週日曜日で、営業時間は11:30~13:30、17:00~22:00です。

メニューは魚料理が中心で、店主の思いやりと拘りで作られた健康に良いものばかり、野菜の煮物なども手間をかけ丁寧に作られているとのこと。運営状況が確認出来ないからと、掲載を保留にしているサイトもあるようですが、2017年現在も経営されているのでご安心ください。

関連ランキング:割烹・小料理 | 駒込駅巣鴨駅

2.中国家庭料理 楊 2号店

Season1 第3話「豊島区池袋の汁なし担々麺」

その日の仕事を終え、お腹を空かせた五郎は池袋を彷徨い歩いていました。中華料理激戦区で、なぜか「中華料理 楊 2号店」に吸い寄せられ、「焼餃子」「拌三絲」を注文。周りの客も食べている「汁なし担々麺」は悶絶するほどの山椒の痺れが堪らず、五郎の手が全く止まりません。

「楊 2号店」は東京メトロ丸の内線「池袋駅」1b出口から徒歩2分、東京芸術劇場近くの中華料理店です。年中無休で、営業時間は平日11:30~15:00と17:30~23:30、土日祝はランチが12:00~15:00に変更となります。

アットホームは雰囲気の店内では、「麻婆豆腐」や「汁なし担々麺」など、四川料理の代表的なメニューを楽しむことが出来るのだとか。皮から手作りされている「水餃子」は、あんが詰まっていて食べ応えがあり、中国ならではの優しい家庭料理が楽しめるそうです。

関連ランキング:四川料理 | 池袋駅要町駅

3.カヤシマ

Season1 第7話「武蔵野市吉祥寺 喫茶店のナポリタン」

ジャズ喫茶のマスターに呼ばれて、吉祥寺に降り立った五郎。様々なレストランなどが入り乱れる独特の雰囲気に呑まれ、お昼に何を食べるかすら迷ってしまう始末です。占い師にまで意見を求め、ようやく入った喫茶店「カヤシマ」で、ようやく昼食にありつくことが出来ました。

「カヤシマ」はJR・京王電鉄「吉祥寺駅」から徒歩5分、吉祥寺第一ホテルの向かいにあります。年中無休で、営業時間は平日11:00~16:00と18:00~24:00、土日祝はランチが11:00~15:00に変更となります。

一番人気のメニューは「カヤシマワクワクセット」で、ドラマに登場した「ナポリタン」や「オムライス」など、どのメニューもボリューム満点だそう。古き良きレトロな雰囲気の喫茶店ですが、お酒のメニューも提供しており、リーズナブルな値段で楽しむことが可能です。

関連ランキング:喫茶店 | 吉祥寺駅

4.平和苑

Season2 第3話「中野区沼袋のわさびカルビと卵かけご飯」

この日は新規のお客ばかりで、緊張続きだった五郎は無性にお腹が減ってきました。駅向こうの住宅街を歩くと、「飢る噛む!スタミナ一番!」というインパクトの強い看板が!その店は七輪で焼く焼肉屋で、五郎は「わさびカルビ」「三角」「丸」・・・と、メニューに魅入ってしまいます。

「平和苑」は西武新宿線「沼袋駅」から徒歩7分、住宅街に現れる「飢える噛む」の文字の屋根が目印です。定休日は毎週火曜日、営業時間は17:00~23:00となっています。

おろしわさびを乗せた「わさびカルビ」、お酒のすすむ「ホルモン皿」などをがっつり食べた後、塩納豆が効いた卵かけご飯が〆にぴったり!お店の名物店主も気さくに話してくれるそうなので、お一人様も友人や家族と一緒に行っても楽しめるお店です。

関連ランキング:焼肉 | 沼袋駅野方駅

5.四川家庭料理 珍々(ゼンゼン)

Season2 第6話「江戸川区京成小岩の激辛四川料理」

依頼主との商談を終えると街はすっかり暗くなっており、空腹に耐えられない五郎。赤々とした「珍珍」という看板に吸い寄せられ、常連客に囲まれて四川料理を楽しむことにします。「泡菜魚」や「豆腐のニンニクタレかけ」など、辛ウマな料理の数々を汗だくでかき込みました。

「珍々」はJR総武線「小岩駅」北口から徒歩10分、商店街を抜けた先の住宅街にある隠れ家店です。定休日は毎週月曜日で、営業時間は18:00~22:00と少々短めのお時間になっています。

唐辛子や香辛料が効いた四川料理を基に、重慶市出身のシェフが考案した家庭料理が味わえ、海外からも足を運ぶファンがいる人気店なのだそう。味の決め手になる山椒や唐辛子は、本場・四川省から仕入れており、季節の無農薬野菜を使用した期間限定の料理も魅力です。

関連ランキング:四川料理 | 京成小岩駅小岩駅

6.ライカノ

Season2 第11話「足立区北千住タイカレーと鶏の汁無し麺」

仕事で北千住へやって来た五郎は、宿場町のお店を探し始めました。結局タイ料理の店「ライカノ」に入り、タイ野菜(カイラン)の炒め、煮込み鶏肉とジャガイモカレーなどを注文。辛さがに癖になってきて、汁無し面鶏肉トッピング、デザートまで平らげてしまいました。

「ライカノ」は地下鉄・東武線・JR「北千住駅」西口から徒歩3分、ラ・フェットビル1階にあります。定休日は毎週月曜日で、営業時間は11:30~15:00、17:00~23:00となっています。

本格的なタイ料理の店で、甘酸っぱ辛い味わいが絶品の「トムヤムクン」を始め、「鶏の汁無し麺」や「マッサマンカレー」などが人気メニューとのことです。

関連ランキング:タイ料理 | 北千住駅牛田駅京成関屋駅

7.川栄

Season3 第1話「北区赤羽のほろほろ鳥とうな丼」

20年ぶりに赤羽を訪れた五郎は、個性の強い依頼主に翻弄され疲れ果ててしまいます。懐かしい街を歩いくと、以前入ったうなぎ屋いに目移りしつつ、新規開拓で「川栄」への入店を決意。「ほろほろの鳥の合わせ盛り」などを大量に注文し、〆には「うな丼」を堪能する五郎でした。

「川栄」はJR赤羽駅から徒歩2分、南北線・埼玉高速鉄道岩淵駅から徒歩6分のアクセスです。定休日は毎週水曜日で、祝祭日に当たる場合は翌日の木曜日が休みになるのだとか。営業時間は月~土曜日11:30~14:00と18:00~21:30、日祝日11:30~17:00となっています。

創業は1946年、当時から愛されてきた鰻は来店時にはぜひ堪能しておきたい一品。珠鶏(ほろほろ鳥)の旨味は、ガラでとった「ほろスープ」で最後まで味わい尽くすことが出来ます!

関連ランキング:うなぎ | 赤羽駅赤羽岩淵駅

8.第一亭

Season3 第2話「神奈川県横浜市日ノ出町のチート(豚胃)のしょうが炒めとパタン」

商用で神奈川県、横浜市の「日ノ出町」に降り立った五郎。商談を終え空腹を覚えた彼は、”豚豚豚豚豚”という衝撃の看板を掲げた、「第一亭」で豚のホルモン料理を堪能することに。さらには常連客が注文した「パタン」なる料理が気になり、五郎も思わず注文してしまいました。

「第一亭」は京急本線「日ノ出駅」から徒歩5分で、営業時間は11:30~13:30、17:00~21:00です。定休日は火曜日のみですが、店主がご高齢のため連休など不定期の休みもありとのこと。細い路地を入った場所にあるので、気付かずに通り過ぎてしまわないよう注意してくださいね。

五郎も頼んだ裏メニューの「パタン」は、ほぼ100%の人が注文するという人気メニュー。想像よりはあっさりした味との噂ですが、かなりニンニクのパンチが効いた一品だそうです。

9.まちのパーラー

Season3 第9話「練馬区小竹向原のローストポークサンドイッチとサルシッチャ」

久々に徹夜した五郎は、凄まじい空腹を抱えて「まちのパーラー」へ駆け込みます。珍しいパンの名前に悩みながら、「サルシッチャセット」「ローストポークサンドイッチ」などを注文。仕事で疲れ果てていた五郎は、店員も驚く勢いでパンを噛みしめるのでした。

「まちのパーラー」のアクセスは、東京メトロ有楽線「小竹向原駅」3番出口から徒歩5分。定休日は毎週火曜日で、営業時間は水~日曜日7:30~21:00、月曜日のみ18:00までとなっています。

季節の食材を使用した種類豊富なパン、肉汁溢れるサルシッチャが魅力のお店です。パンの取り置きが可能ですが、サンドイッチなどの販売は10:00からなのでご注意ください。

関連ランキング:カフェ | 小竹向原駅新桜台駅江古田駅

10.タンドールバル カマルプール

Season4 第6話「東京都江東区木場のチーズクルチャとラムミントカレー」

少々難しい依頼に悩んでいた五郎は、空腹時に嗅ぐカレーの匂いの魔力に負け、「タンドールバル カマルプール」の扉に自然と手を伸ばしました。インド料理のメニュー名に苦戦しつつ、「タンドリーベジ」「ラムミントカレー」などなど、初めての味の虜になってしまうのです。

「カマルプール」は都営バス「東陽三丁目」で下車してすぐ、東京メトロ東西線は「木馬駅」「東陽町駅」ともに、2出口より徒歩約5分のアクセス。定休日は年末年始のみ、営業時間は11:30~14:00、17:00~23:00です。

ランチのカレーはもちろん、様々なスパイスを効かせた具材を本格的なタンドリー窯で絶妙に焼き上げた、タンドリー料理の数々が絶品のお店です。

関連ランキング:インド料理 | 木場駅東陽町駅

11.シャンウェイ

Season4 第9話「渋谷区神宮前の毛沢東スペアリブと黒チャーハン」

五郎は熱いものが食べたくなり、「家庭料理鉄板中華」という看板の店に誘われます。気さくな店主に迎えられ、10時間蒸され骨まで食べられる「蒸し鶏」、「天使の海老ロンジン茶炒め」「毛沢東スペアリブ」、シメに「黒チャーハン」「麻辣湯」も頼んでしまう五郎なのでした。

「シャンウェイ」は地下鉄銀座線「外苑前駅」の3番出口から徒歩5分、ワタリウム美術館近くの大鉄ビル2階にあります。定休日は毎週日曜日で、営業時間は11:30~14:00、18:00~23:00。非常に人気のお店で、2017年現在も予約の電話が繋がらないことが時折あるそうです。

ドラマで紹介された料理以外にも、「烏龍茶チャーハン」などがオススメとのことです。