仮面ライダーに登場するかっこいいバイク30選

2017年11月15日更新

仮面ライダーといえば、小さな男の子から大人の男性まで憧れるヒーローの1人ですが、そのヒーローが乗っているバイクもまた憧れの1つでしょう。そこで今回は各シリーズの仮面ライダーに登場するバイクを30選ご紹介したいと思います。

ライダーマシンっていったい何?

51PK0S473RL

ライダーマシンとは、仮面ライダーが乗るバイクのことです。 では、なぜ仮面ライダーはバイクに乗るのか?と言うと、それは大阪毎日放送の廣瀬隆一の「バイクに乗る新しいヒーローが良い」という発言から始まりました。

その理由は、子供の人気を勝ち取るには、「スピード感のあるヒーローを」と考えた廣瀬は、石ノ森章太郎らと共に案を出し合い、誕生したのが昆虫の姿をした異形のヒーロー『仮面ライダー』でした。

では、その子供に大人気の1つのライダーマシンをご紹介します。

1:『仮面ライダー』(旧1号・2号)

仮面ライダー1号 バイク

仮面ライダーの初代バイクです。

まだCG技術などがない時代にもかかわらず、バイクを大きく派手に表現できた撮影者の技術のお陰もあり、その時代の大人気を勝ち取ることができたようです。

仮面ライダー1号のベースモデルはスズキのT20ですが、撮影で使われていたものはこのT20を改造しており、ベースとはだいぶ違うようです。ライダーが乗っている映像では大きく見えましたが、実際はとても小さなバイクで実際に乗ってみるとまるで子供の乗るバイクのようでした。

それでもテレビの画面上では、カッコよく乗りこなすライダーにファンも面白かったに違いないでしょう。

2:『仮面ライダーフォーゼ』

仮面ライダーフォーゼ、バイク

2011年から2012年まで放送された作品で、仮面ライダーシリーズ生誕40周年記念作品という節目の作品でもありました。

主人公の乗るマシンマッシグラーのベース車はホンダのXR230で、カラーはレッドとブラックの2色を設定し、盗難抑止機能として、強化コンビロックを取り付けています。

3:『仮面ライダーカブト』

『仮面ライダーカブト』

カブトの専用ビークルで、カブトムシをモチーフとした機体です。小型の虫型機械で変身できる技術が搭載されており、通常のバイクにはない驚異の性能を持っています。

4:『仮面ライダーV3』

『仮面ライダーV3』

仮面ライダー1号と仮面ライダー2号がサイクロン号のデータを元に製作したV3専用のマシンで、ロケットが装着され、長時間の空中飛行が可能になる非常に高い性能を持っています。

このマシンのベースモデルはスズキ車TM250で、最高時速が600kmに出力は300馬力です。

5:『ライダーマンマシン』

『仮面ライダーマン』

ライダーマンが乗っていたバイクで、また他のライダーマシンとは違い特別改造を加える事なくそのままで使われた為、今までの歴代でも特に異彩を放つマシンです。

ベース車はスズキ車のハスラーTS250IVです。

6:『仮面ライダーX』

『仮面ライダーX』

動力はプラズマエネルギーによって動く太陽エンジンで、仮面ライダーXの脳波を受けて無人走行もできるというハイテクなバイクです。

撮影した車両は外装の飾りが多いため走行中に部品が脱落するというアクシデントもよくあったようです。

ちなみにベース車は、ファン雑誌によるとスズキ車のTM250ではないかと言われています。またこのベースモデルは、『仮面ライダーX』の他に『仮面ライダーアマゾン』や、『仮面ライダーストロンガー』でも使われています。

7:『仮面ライダーストロンガー』

『仮面ライダーストロンガ‐』

ストロンガー専用のバイクです。 大気中の静電気を吸収して動くタイプのマシンで、基本燃料補充は不要で省エネな環境に優しいバイクです。

この『仮面ライダーストロンガー』のベースモデルは、『仮面ライダーX』と同じスズキ車のTM250モデルとなっており、最高時速300kmです。

8:『仮面ライダースカイライダー』

仮面ライダースカイライダー、バイク

『仮面ライダースカイライダー』に使われていたバイクは、水素エンジンを搭載しており、車体には専用のエンブレムがプリントされています。

ベース車はスズキ車のSP370です。最高時速は1200kmの2000馬力のようです。

9:『仮面ライダースーパー1』

『仮面ライダースーパー1』

『仮面ライダースーパー1』で使われていたバイクは、原子力エンジンを使い、無人走行を可能とする自動航行を搭載しています。

また、スーパー1と連動し脳波追跡装置などまで装備している超高度なマシンでした。

ベースモデルにはハーレーダビットソンというバイクを使用していました。ちなみに、歴代ライダーで海外メーカーを使用したのは唯一このバイクだけだったようです。

10:『仮面ライダーZX』

『仮面ライダーZX』

『仮面ライダーZX』の専用のバイクは、特殊な金属でできた頑強な車体が自慢で、タイヤのパターンを変えることのできる機能をもつマシンです。

このベースモデルは市販公道オートバイ初の新設計、SOHC・4バルブエンジンなどが特徴で、軽量コンパクトでしたがデザイン面で不評だったようです。

『仮面ライダーBLACK』

11:仮面ライダーBLACK

『仮面ライダーBLACK』

『仮面ライダーBLACK』に使用されていたバイクは、人口知能が搭載したマシンです。

オフロードタイプなため、凸凹道での走行にも長けています。また、自我を持つため、BLACKがピンチの時には命令がなくても行動する臨機応変さも持ち合わせています。

『仮面ライダーBLACK』のベースモデルはスズキ車のRH250です。

12:仮面ライダーロードセクター

ロードセクター

『仮面ライダーBLACK』に登場するもう一つのバイク、ロードセクターは人口知能は搭載されていませんが、命令で自走することの可能なマシンです。

ベースモデルに使われたGSX-R400は1984年に発売されましたが、発売当初はGSX-Rという表記のみだったようです。