『アグリーベティ』について知っておきたい10のこと

2017年11月16日更新

世界中にファンを持つドラマ『アグリー・ベティ』。見たことがない人も、一度はこのタイトルを耳にしたことがあるのでは?今回はそんな人気ドラマに関するエピソードをご紹介します。

大人気TVドラマ『アグリー・ベティ』!

アグリー・ベティ1

絶大な人気を誇るドラマ『アグリー・ベティ』。見たことがない人も、一度はこのタイトルを耳にしたことはあるはず。今回はこのドラマに関するエピソードをご紹介します。

アグリー・ベティのストーリー

アグリー・ベティは、2006年~2010年にアメリカのテレビ局ABCで放送された人気コメディドラマで、ファッションセンスのない主人公ベティが、ファッション雑誌の編集部の仕事に就き奮闘する物語です。

コロンビアで大人気となったテレノベラ(スペイン語でテレビ小説)「ベティ 愛と裏切りの秘書室」が元となっています。

2007年にゴールデングローブ賞を受賞、主演のアメリカ・フェレーラもゴールデングローブ賞を同時期に受賞しています。アメリカはその後も2008年、2009年と連続でこのドラマの主演女優としてノミネートされました。

今回はそんなアグリー・ベティがさらに楽しくなるエピソードをご紹介します。

アグリー・ベティって?

将来自分で雑誌を創ることを夢見るベティは、ファッション雑誌の編集部で、編集長ダニエルのアシスタントとして働くことになります。プレイボーイのダニエルを仕事に専念させるため、恋愛対象に絶対にならないからという理由でベティを採用したなんて理由を知らずに・・・

はじめは仲が悪かったベティとダニエルですが、だんだんベティはダニエルにとってかけがえのない友達になっていきます。

ベティは常にダニエルに対して協力的で、あらゆるトラブルから救い出すなど彼の為に奔走し、はじめはファッションセンスのないベティを軽蔑していた同僚たちも、ベティのやさしさに触れ、いつの間にかいじめもなくなります。

クリスティーナやマーク、アマンダなど友人もでき、ベティは編集部で成長していきます。

ベティを演じたアメリカ・フェレーラ

ラテン系女性で初めてエミー賞主演女優賞を受賞したアメリカ。

2002年に公開された『リアル・ウーマン・ハブ・カーブス(原題)』で主人公アナを演じ、ハリウッド界で最も輝く若手女優としての地位を確実にした実力派です。

彼女の演技は多くの映画賞を受賞、ノミネートされるなど高い評価を受けています。

大人気小説を映画化した『旅するジーンズ』シリーズ(2005年~)ではカルメン役、アニメ『ヒックとドラゴン』シリーズでは、主人公ヒックが思いを寄せる男勝りな女の子アストリッドの声を担当するなど活躍が続いています。

またスヌーピーのパロディ作品『ドッグ・シーズ・ゴッド(原題)』などブロードウェイ・ミュージカルにも出演しています。

1.ベティはシークレット・エージェントのはずだった

脚本家シルビオ・ホータがテレビ局上層部に見せた時は、ベティはFBIのエージェントになることになっていました。

しかし、原作であるコロンビアのテレビ小説「ベティ 愛と裏切りの秘書室」のコンセプトに沿うよう言われ、変更したようです。

2.リンジー・ローハンの出演回数が激減

ベティの高校の友達を演じたリンジー・ローハン。

彼女の撮影はトラブル続きで、当時6話出演する予定だったのですが、3話に減らされたそうです。

3.ベティのめがねの秘密とデザイナーの努力

この番組の象徴的な衣装を担当したデザイナーのパット・フィールズは、表舞台には出てきていませんが、キャストはかなりの時間をキャラクターにトレードマークを与えたこの女性と過ごしています。

ベティのとても有名で印象的なあのルックスを作り上げるのにパットが貢献していると、アメリカは明かしています。

コスチュームのフィッティングで、アメリカはパットと共にベティの衣装とめがねを決めるのに苦戦していました。めがねは完璧なものがなかなか見つからず、200種類ものめがねを試したようです。

最後はパットのめがねをアメリカに試着させたそうで、それがぴったりで、ベティのめがねになりました。

4.「ベティ・ザ・アグリー」っていうタイトルは見たことある?

脚本家のホータは視聴者から「ベティ・ザ・アグリー」なんて呼んでもらいたくなかったようですが、あともう少しでそうなってしまうところでした。

公開初日までタイトルはテレビ局が推している「ベティ・ザ・アグリー」のまま。でもホータは諦めず主張を続けたようです。

最終的にタイトルは『アグリー・ベティ』になりました。

5.エリック・メビウスは衣装を撮影後も愛用

ベティがアシスタントをしていた、ファッション雑誌「モード」の編集長ダニエルを演じたエリック・メビウス。

彼は撮影で使ったエリックの衣装を、番組が終わった後も使っていたようです。

番組が終わった後、スタッフが衣装をオークションにかけようとしていたから、全て元値の1/10の値段で買い取ったんだそうです

6.マイケル・ユーリー はじめはゲスト出演契約だった?

ベテランクリエイティブディレクターであるウェルミナのアシスタント、マークを何年にも渡って演じたマイケル・ユーリー。実は毎週替わるウェルミナのアシスタントの1人ということで、「1回限り」の出演予定でした。

しかし、それははじめから違っていたと脚本家のホータは語っています。

彼の説明によると、予算の関係でこれ以上レギュラーキャストを組む許可が下りない状態になっていて、ゲスト出演という形で依頼するというコソクな手を使ってしまったとのこと。

このエピソードはマイケルにとっても衝撃的なニュースだったようです。

7.放送時間を変えた理由がスゴイ

はじめの3シリーズは、木曜の夜に放送し大成功を収めました。

しかし、3シリーズ目で視聴率が大幅に下落。特に一番重要な18才~49才の層を落としてしまいました。

そこで、問題解決のため金曜の夜に放送時間を変更してみますが、今度はアグリー・ベティファンたちの帰宅ラッシュで大混乱に。水曜日の夜へと再び放送時間を変更することを余儀なくされました。

8.アグリー・ベティが歌手アデルを有名にした?

アデルはシリーズ3で雑誌「モード」の写真撮影シーンに登場、「ライト・アズ・レイン」を披露しています。アメリカは加えてアデルに「どういたしまして、アデル!」「ところで、まだあなたからメールの返事が返ってきてないわ!」とメッセージを送っています。