ドラマ『デクスター 警察官は殺人鬼』に出演していたキャストの現在

2017年7月6日更新

アメリカのショウタイムのテレビシリーズとして2006年から8年間、8シーズン続いた犯罪ドラマ『デクスター 警察官は殺人鬼』。デクスター役を演じたマイケル・C・ホールをはじめ、主なキャストのキャリアと今どうしているのかを調べてみました。

ドラマ『デクスター 警察官は殺人鬼』のキャストたちは今どうしてる?

『デクスター 警察官は殺人鬼』は、マイアミ警察に血痕鑑識官として勤めるデクスター・モーガンの表と裏の顔を描いたスリリングなサスペンス・ドラマです。表の顔は優秀な鑑識官、しかし裏の顔は犯罪衝動を抑えられないシリアルキラー!デクスターが狙うのは凶悪な犯罪者のみ。どんな犯罪ドラマとも一味違ったテイストを持った作品でした。

2016年には放送開始から10周年を迎えた本作。2013年に8シーズンを経てシリーズは終了しましたが、主人公を演じたマイケル・C・ホールやその他のメインキャストたちは、今どこで何をしているのでしょうか?

デクスター・モーガン役/マイケル・C・ホール

主人公のデクスター・モーガンを演じたマイケル・C・ホールは、1971年生まれ、ノースカロライナ州ローリー出身の俳優です。学生時代は弁護士を目指していましたが、ニューヨーク大学の大学院で芸術学を学んで俳優に転向しました。

俳優活動はオフ・ブロードウェイから始め、1999年には『キャバレー』でブロードウェイのデビューを飾りました。2006年の『デクスター 警察官は殺人鬼』の前に、2001年から2005年までHBOで放映されたテレビシリーズ『シックス・フィート・アンダー』にフィッシャー一家の次男デイヴィッド役で出演し、人気を博します。

私生活ではなんと三度も結婚。2002年の舞台『シカゴ』で共演したエイミー・スパンガーと結婚し、2006年には離婚。その後本作で共演したデブラ役のジェニファー・カーペンターと、2008年に結婚し、2010年に離婚。そして2016年にはモーガン・マクレガーと結婚しています。

本作の演技で2010年ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞。その授賞式には、ホジキンリンパ腫の化学療法のため失った頭髪をニット帽で隠して登場しましたが、元気な姿を見せていました。また、2014年10月からはブロードウェイで『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の主役ヘドウィグを務め、2015年にはデヴィッド・ボウイ脚本・音楽のオフブロードウェイ舞台『Lazurus』でも主演を務めています。

デボラ・モーガン役/ジェニファー・カーペンター

デクスターの義妹デボラを演じたジェニファー・カーペンターは、1979年生まれ、ケンタッキー州ルイビル出身の女優です。ジュリアード音楽院で演劇を学び、卒業前にブロードウェイの『るつぼ』で舞台デビュー、2005年には映画『エミリー・ローズ』で主役のエミリー・ローズを演じました。

2006年から本作のデボラ・モーガン役で出演し、その間にマイケル・C・ホールと交際に発展、2008年に結婚するもその2年後には離婚しています。離婚後もシリーズ終了時まで共演していたことになります。2016年にはセス・アベットと再婚し、第一子を出産しました。

2011年にはオフブロードウェイの舞台『Gruesome Playground Injuries(原題)』に立ち、CBSのテレビシリーズ『グッド・ワイフ』にゲスト出演しています。2014年にABCのパイロット・ドラマ『Sea of Fire(原題)』で主演のFBIエージェント役に抜擢されましたが、残念ながらシリーズ化はされませんでした。

2015年から2016年には、ブラッドリー・クーパー主演のサスペンス・ドラマ『リミットレス』にメインキャストのレベッカ・ハリス役で出演していますが、こちらも残念ながら1シーズンで終了しています。

ハリー・モーガン役/ジェームズ・レマー

家族を失った幼いデクスターを養子に迎えたハリー・モーガンを演じたのは、1953年生まれでマサチューセッツ州ボストン出身のジェームズ・レマーです。ハリーは病で亡くなった後も、自身の行動に悩むデクスターの前に幻の存在として現れるため、メインキャストとしてシーズンを通しての出演となりました。

ウォルター・ヒル監督の『ウォリアーズ』(1979)に準主役のエイジャックス役で映画デビューしてから、初期のウォルター・ヒル監督作品にたびたび出演しています。1980年にはウィリアム・フリードキン監督の『クルージング』、1984年にはフランシス・フォード・コッポラ監督の『コットンクラブ』にダッチ・シュルツ役で出演。キャリアの初期は過激な性格の役柄や悪役を演じることが多かったようです。

一方テレビドラマにも活躍の幅を広げ、2001年スタートのドラマシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』にはサマンサの恋人でホテル経営者のリチャード・ライト役で出演、2013年には『グレイズ・アナトミー』にジミー・エヴァンス役で6エピソード出演しています。また、映画やテレビアニメの声優としても活躍。

2016年11月にはバットマンの前日譚を描いたFOXのテレビシリーズ『GOTHAM/ゴッサム』に、主人公ジェームズ・ゴードンの叔父フランク役でゲスト出演すると報じられました。悪役や強面の警官役が多いジェームズ・レマーですが、私生活では日本人の妻を持つ、2児の良き父親だそうです。

リタ・ベネット役/ジュリー・ベンツ

デクスターの妻となる2児を養うシングルマザーのリタ役を演じたのは、1972年生まれでペンシルベニア州ピッツバーグ出身のジュリー・ベンツです。母親もフィギュアスケートの選手だったため、アイススケートを3歳から始めています。1988年の全米選手権に出場するも、14歳で怪我のためプロスケーターの道を断念しました。

ニューヨーク大学で演技を学んだ後、ロサンゼルスへ。女優として1987年から活動を始め、1996年からスタートしたテレビシリーズ『バフィー~恋する十字架~』にヴァンパイアの少女ダーラ役で出演、2000年にはスピンオフ・シリーズ『エンジェル』でも2年間ダーラを演じました。

その後も『CSI:マイアミ』『CSI:科学捜査班』『スーパーナチュラル』『ロー&オーダー』『デスパレートな妻たち』など、多くのテレビシリーズでゲスト出演を果たしています。2013年にはテレビシリーズ『DEFIANCE/ディファイアンス』に女性市長アマンダ・ローズウォーター役で出演しました。また、2016~2017年のシーズンにスタートする新作ドラマ『Training Day(原題)』に出演することが決まっているようです。この作品はデンゼル・ワシントン主演の映画『トレーニング デイ』をCBSがテレビドラマ化するもので、ビル・パクストン主演です。

私生活では、1998年に俳優・コメディアンのジョン・カッサーと結婚しましたが、2007年に離婚しています。その後2008年から交際していた、2012年にマーケティング会社エグゼクティブでメキシコ系アメリカ人のリッチ・オロスコと再婚しました。

エンジェル・バティスタ役/デヴィッド・ザヤス

デクスターの心優しき同僚エンジェル・バティスタを演じたのは、1969年生まれでプエルトリコ出身のデイヴィッド・ザヤスです。ニューヨーク・ブロンクスで育ち、アメリカ空軍を経て、ニューヨーク市警の警察官になったという、俳優としては異色の経歴を持つザヤスですが、その経験を生かして警官の役どころをテレビドラマで多く演じています。

主なテレビドラマ出演作に『ロー&オーダー』『NYPDブルー』があり、2000年から2003年にはHBOのテレビシリーズ『OZ/オズ』では警官役とは対照的にアウトローな役柄のエンリケ・モラレス役で出演しました。また2014年から2015年には、ジェームズ・レマーも出演する『GOTHAM/ゴッサム』でマフィアの首領のサルヴァトーレ・ロマーニを演じています。

ヴィンス・マスカ役/C・S・リー

デクスターの同僚で鑑識官のヴィンス・マスカ役を演じたのは、韓国系アメリカ人俳優のC・S・リーで、1971年韓国生まれです。マスカは日系人という設定なのか名字の綴りはMasuokaと表記されていますが、ドラマ内ではマスカと呼ばれていました。

C・S・リーは、高校時代に演技に対する興味を抱き、コーニッシュ芸術大学の奨学金を受け、学士号を取得して卒業しています。その後さらに、イェール芸術大学院で博士号を取得し、ニューヨークで8年間いくつもの劇場やテレビ、映画で俳優として活動しました。

本作でコミカルなヴィンス・マスカ役を演じている間も、HBOのテレビシリーズ『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』でドクター・バー役や、2009年の映画『アンボーン』でも医師役で出演していました。また2007年のNBCテレビシリーズ『CHUCK/チャック』では主人公チャックの同僚ハリー・タン役でも出演しています。

その後もコンスタントに、『クリミナル・マインド』や『TRUE DETECTIVE/トゥルー・ディテクティブ』などのテレビドラマに出演。私生活ではララ・チョウと結婚してロサンゼルスに住んでおり、ゴルフ好きで知られ、よくロサンゼルスのゴルフコースでゴルフを楽しんでいるようです。

マリア・ラゲルタ役/ローレン・ヴェレス

デボラの上司でやり手の刑事マリア・ラゲルタ役を演じたのは、1964年生まれでニューヨーク州ブルックリン出身の女優ローレン・ヴェレスです。両親はプエルトリコ移民で、クイーンズ区で育ちました。

女優のロレイン・ヴェレスとは双子の姉妹で、一緒にアルヴィン・エイリー・ダンス・スクールの奨学金を受けて演劇を学びました。また、アクティングスタジオでも演技の勉強をしています。舞台デビューは『ドリームガールズ』でした。

1995年にドラマシリーズ『New york Undercover(原題)』にニナ・モレノ刑事役で出演したのを皮切りに、テレビドラマでも活躍の幅を広げていきます。1997年からはエンジェル役のデヴィッド・ザヤスも出演した『OZ/オズ』にグロリア・ネイサン役で出演、『デクスター 警察官は殺人鬼』の間も2009年からの『アグリー・ベティ』のエレナ役、2016年にはCBSのドラマシリーズ『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』、2016年から2017年にはABCのドラマシリーズ『殺人を無罪にする方法』に出演しています。

私生活では1993年にマーク・ゴードンと結婚しましたが、2015年に離婚しています。

ジョーイ・クイン役/デズモンド・ハリントン

第3シーズンから登場し、デボラの捜査パートナーとなった殺人課の刑事ジョーイ・クイン役を演じたのは、1976年生まれでジョージア州サバンナ出身のデズモンド・ハリントンです。3歳の時にニューヨーク州ブロンクスに移り住んでいます。

マンハッタン大学中退後、さまざまな職に就きながら演技の勉強をし、1999年の映画『ジャンヌ・ダルク』でデビューしました。テレビでは2002年のSFミニシリーズ『TAKEN』の出演をはじめ、2003年の『Dragnet(原題)』での刑事役、2007年の『レスキュー・ミー NYの英雄たち』にキャスティングされました。

『デクスター 警察官は殺人鬼』の間からその後には、2009年から2012年には『ゴシップガール』のジャック・バス役、2015年には、ジェニファー・カーペンターが出演した『リミットレス』にケイシー・ルークス役で出演しています。

最近では、2016年製作、日本公開は2017年1月13日の映画『ネオン・デーモン』に、ジャック・マッカーサー役で、また2016年のUSA新作ドラマシリーズ『Shooter(原題)』にもロン・スコット役で出演しています。

ハンナ・マッケイ役/イヴォンヌ・ストラホフスキー

第7、8シーズンに登場し、デクスターと強く惹かれ合うハンナ・マッケイ役を演じたのは、1982年生まれでオーストラリア・シドニー出身の女優イヴォンヌ・ストラホフスキー。両親はポーランド移民で、ポーランド語も堪能だそうです。

キャリアの初期はオーストラリア映画やテレビに出演し、2007年から2012年にはNBCのテレビシリーズ『CHUCK/チャック』のメインキャストのサラ・ウォーカー役を務めました。この演技で、2010年ティーン・チョイス・アワードのアクション女優賞を受賞しています。

『デクスター 警察官は殺人鬼』の後には、2014年のFOXテレビシリーズ『24 -TWENTY FOUR- リブ・アナザー・デイ』に、メインキャストのケイト・モーガン役で出演。

また映画の出演も多く、2011年には『キラー・エリート』、2012年には『人生はノー・リターン ~僕とオカン、涙の3000マイル~』、2014年には『アイ・フランケンシュタイン』に続けてキャスティングされています。2016年のアニメ映画『バットマン:バッド・ブラッド』ではバッドウーマンの声を担当し、2017年公開予定の映画『He's Out There(原題)』にも出演が決まっています。

ジェイミー・バティスタ役/エイミー・ガルシア

第6シーズンから登場するエンジェルの妹ジェイミー・バティスタを演じたのは、1978年生まれでイリノイ州シカゴ出身の女優エイミー・ガルシアです。両親ともにラテン系で父親はプエルトリコ人、母親はメキシコ人です。

初舞台は7歳の時で、12歳には『くるみ割り人形』のクララ役でひと月20回ものショーで踊っていました。ノースウエスタン大学では、経済学・ジャーナリズム・フランス語を専攻し卒業しています。

2002年にはロサンゼルスでテレビのキャリアをスタートさせ『Greetings from Tucson(原題)』にマリア役で出演、同年に『George Lopez(原題)』にもヴェロニカ役でキャスティングされました。医療ドラマに縁があるのか、2009年にはNBCの『Trauma(原題)』の医療ヘリ・パイロット役、2011年の『Off The Map(原題)』にも出演しています。

2016年にはテレビシリーズ2本に出演。CBSの『Rush Hour(原題)』とFOXの『LUCIFER/ルシファー』にメインキャストとしてキャスティングされています。

ハリソン・モーガン役/ジェイドン・ウェルズ

デクスターとリタとの間に生まれた息子ハリソン・モーガン役を演じたのは、最終シーズン出演当時7歳だったジェイドン・ウェルズです。両親も俳優で、兄弟が2人います。

『デクスター 警察官は殺人鬼』に出演する前は2009年のテレビ映画『Married Not Dead(原題)』にサム役でキャスティングされています。また、2012年には『Divorce Invitation(原題)』で銀幕デビューしました。

1965年からNBCで放送されている長寿昼ドラ『デイズ・オブ・アワ・ライブス』に、ジョーイ・ジョンソン役で2013年から2014年の間に3回出演しています。2017年現在には11歳になっており、フィットネスのクロスフィットにはまっているようです。

ちなみに、赤ちゃんのころのハリソンを演じたのはルーク・アンドリュー&エヴァン・ジョージ・クランチェフの双子の兄弟でした。撮影中は入れ替わりでハリソン役を演じていたそうですが、当時は誰もそれに気づいていなかったようです。そしてこの二人もジェイドン同様に、『デクスター 警察官は殺人鬼』の後、『デイズ・オブ・アワ・ライブス』に双子の役で出演しています。