2019年7月26日更新

戦争映画おすすめランキング27選!【名作洋画編】

シンドラーのリスト
© Universal Pictures

平和な時代を生きる私たちだからこそしっかりと見ておきたい、戦争を題材にした映画。世界的大ヒットとなった作品や、歴史に残る名作もたくさんある、洋画のおすすめ映画をご紹介します。戦争映画ならこの作品を抜きには語れません!

目次

おすすめ戦争映画ランキング27選【名作洋画編】

『プライベートライアン』

21世紀になった現在も消えることはなく、この世界のどこかで巻き起こっている人類の争い。これまで、戦争を扱った名作映画が数え切れないほど生み出されてきました。兵士たちの過酷な訓練や悲惨な戦闘を描いた名作、戦時下の一般市民の苦悩や悲しみ、怒りに焦点を当てた名作、など戦争映画といっても様々。 この記事では洋画の中から厳選のおすすめ戦争映画27選をご紹介します。

27位『ジェイコブス・ラダー』

夢と現実の狭間で苦しむベトナム帰還兵

didymalilacina
didymalilacina 3.5

ベトナム戦争中、小憩を仲間と楽しんでいたはずが突然敵襲にみまわれる主人公ジェイコブス・シンガー。仲間の足が吹っ飛ばされ、戦地の混乱の中逃げ惑うジェイコブスも腹部を刺されて意識を失う。 目が覚めるとそこは地下鉄の中。目的地は過ぎてしまったのか?と老婆に聞くもただ見つめ返されるだけ…兵役時代の悪夢から覚めてから、いつもと変わらぬはずの日常を繰り返していくはずだった。今見ているのは現実か?一体どれが夢だったのか?という ホラー。 サイレントヒル系のモンスターが襲ってくる展開だと思ってたら違かった。夢と現実を行き交う描写が何度もあります。こちら側が「こうである」と表明してるのに、相手は「絶対にこう」だという強い意志のもと話を聞いてくれなくてそのうえ変な幻覚まで見えるものだから現実が揺らいでくる。 ホームアローン出演前のマコーレー・カルキンも息子役として出演してます。 映画を見終わった後、朝のとくダネで彼のニュースがとりあげられていました… 既に死亡してるというデマを打ち消すために自身のパロディーバンドで「俺は死んでるのか?俺は生きてるぞ〜!!」等と叫びまくっている映像が…。映画の続きを見ているようでした。

ニューヨークでごく普通の郵便局員として暮らすジェイコブ。しかし、彼の周りで奇妙な出来事が起こり始め、夜は悪夢にうなされるようになってしまいます。そんなある時、ベトナムでの戦友ポールが現れます。彼は、帰還してからずっと何者かに追われていると話します。 『フラッシュダンス』(1983)や『危険な情事』(1987)などで知られるイギリスの映画監督エイドリアン・ラインが、旧約聖書の「ヤコブの梯子」をモチーフに、ティム・ロビンス主演で製作したサイコ・スリラー。

26位『ハクソー・リッジ』

武器を持たず、前線へ……。

Kyohei_Fukuba
Kyohei_Fukuba 4.5

戦争映画史に間違いなく残る傑作! 後半の戦闘が始まるシーンからは怖い!かっこいい!怖い!かっこいい!って感じで一瞬も中弛みするシーンがありませんでした。 デズモンドドス、彼の名前は英雄の名として僕の心に深く刻まれました 今気付いたけど、139分という長さだったんですね。100分くらいに感じました。

ErikaEle
ErikaEle 3.5

実話なんて凄すぎる話。 リアル過ぎる戦争の描写はショッキングだけど、お互いの信念と葛藤を抱えて殺し合う戦争の悲惨さと、自分以外の命のために激しい銃撃戦に飛び込んでいく主人公に思わず熱くなった。

ある青年が陸軍へ志願。キツい訓練も難なくこなす彼だったが、ライフルの訓練でその手が止まる。彼は絶対に銃を撃たず、さらに人を殺さないという強い信念があった。上官の言うことを聞かない彼は除隊を迫られてしまう……。そんな彼が衛生兵として多数の負傷兵を救うことになろうとはこの時誰も想像しなかったのです。

監督としての活躍も目覚ましいメル・ギブソンが手がける戦争映画。主演は「アメイジング・スパイダーマン」シリーズなどで知られるアンドリュー・ガーフィールドです。本作における戦場のシーンは多くの評価を集めました。まるで本当に前線にいるかのよう。なるべく大画面、大音量で鑑賞しましょう。

25位『サラエボの花』

ボスニア紛争に巻き込まれた母と娘の物語

acornkorokoro
acornkorokoro 3.5

我が子をおもう母のつよさ。 ラストで微笑みながら手を振る姿が印象に残った。

ボスニア紛争で父をなくしたサラは母エスマとサラエボで暮らしていました。女手ひとつで娘サラを育ててきたエスマ。懸命に働く母を誇りに思いながらも、人知れずサラは寂しさを抱えています。 胸に孤独を秘めながらもサラは学校で自分と同じく紛争で父を失った少女と親しくなりました。穏やかに流れる日々でしたが、学校の修学旅行の旅費免除のために父の戦死証明書が必要になり、サラはエスマに初めて父の死について深く訪ねることになり......。

24位『戦場にかける橋』

日本兵の捕虜となったイギリス兵が巨大な橋の建設に従事する

Keimiyazato
Keimiyazato 4

猿の惑星の元ネタになった作品、日本が産んだ大スターとしては三船敏郎より格上の早川雪洲の堂々とした演技が素晴らしい❗イギリス人の日本への憎しみは相当なものがあるのだろうけど、そこを抑えて戦争の狂気として描いたリーンは流石です。。

タイのジャングル奥地にある日本兵が統治するイギリス兵捕虜収容所。連れてこられたイギリス兵は川にかける巨大な橋の建設に従事させられる。収容所所長はイギリス兵将校にも兵士同様の労務に就かせようとするも、将校たちは反発。見せしめとして監禁されてしまう。

アカデミー賞7冠に輝いたイギリス人監督デヴィッド・リーンによる戦争映画。横暴な日本人兵が登場するためか、一部では反日映画とも言われる本作ですが、全く異なります。日本人兵を一元的に悪と描いていません。自由と尊厳について考えさせられる傑作です。クライマックスには思わず唖然としてしまいます。

23位『ゼロ・ダーク・サーティ』

21世紀の戦争をスリリングに描いた名作!

yukally
yukally 4

この映画は歴史の舞台裏を描いている。その歴史は私達には関係ないものではない、つき最近起こった出来事。主人公はある出来事をきっかけに、ビンラディン殺害が執念となる。そして成し遂げたあと、ラストで彼女が流す涙。ビンラディン殺害が彼女のいきる意味であり、その後にはなにも残らない虚しさ。そして、彼を殺してもテロはなくならない。 重い内容で救われない内容なのですが、描写や内容が完璧だと感じました。また、やはり暴力は暴力しか生まない。やったらやり返す、それは当たり前なのかもしれませんが、父を目の前で殺されたビンラディンの子どもたちはやはり暴力に走るのではないかと思います。暴力の連鎖は絶ちきることが難しい。

nieve822
nieve822 3.5

国家まで動かしたマヤの執念とは。158分とかなり長いがラスト30分は圧巻。緊張感が半端ない。結局ビンラディンを殺害しても出口は見えない現実。彼女の表情が今の米国や世界の現状を物語っている気がする。

パキスタン支局でCIA分析官を務めるマヤ。かつてのアメリカ同時多発テロ事件に関わりがあるとみられる人物たちと対峙します。さまざまな情報が飛び交い、マヤやCIAの人間は翻弄されますが、事件の中核をなしていたアルカイダ、そしてその中心人物のビン・ラディンの実態に少しずつ迫っていきます。

アメリカ同時多発テロのその後を描いた戦争映画。政治映画としての特色も強く、非常にセンシティブな問題であったこともあり公開日が延期されるなどの憂き目にも遭いました。本作で主人公マヤを演じたジェシカ・チャスティンはその演技力を高く評価されています。

22位『イングロリアス・バスターズ』

タランティーノ節炸裂のおすすめ戦争映画

sogo_hiroaki
sogo_hiroaki 4

タランティーノの映画の中でこの作品が1番すきかも(≧∇≦) タランティーノの妄想というか、こんな奴等がいて、こんな歴史になってれば良かったのに感、満載。 展開も、そうくるかぁと、思わず拍手拍手(^^)

taichimachima
taichimachima 4

いやはや素晴らしい!タランティーノ色抜群のぶっ飛び映画ですね。ストーリーもWW2時のナチをぶっ潰すというわかりやすいものでした。5章から成る構成で150分と多少長いですが全く気にならず、終始脳汁出っ放しでした。 本作の悪役ポジションであるハンス大佐を演じるクリストフ・ヴァルツがまあ恐ろしいこと憎たらしいこと!この年のあらゆる助演男優賞を総ナメにしているのが納得できる演技でした。他にもタランティーノ映画おなじみのメンツ(ハーヴェイ・カイテルの声だけ出演は気づきませんでしたがw)はもちろんのこと、ドイツ映画ではおなじみのダニエル・ブリュールまで出てます。俳優陣ホントにそうそうたるメンツです。

クエンティン・タランティーノが監督・脚本を務めた戦争映画が『イングロリアス・バスターズ』です。 ユダヤ系フランス人の女性、ショシャナは、家族を皆殺しにしたナチス指導者への復讐を胸に近い、毎日を生きています。一方、アメリカ陸軍注意であるレインは、ナチスに拷問を加え殺害することだけを目標に職務を全うしていました。

21位『ノー・マンズ・ランド』

戦場での無人地帯における一幕。あなたならどうする……?

mayaki
mayaki 4

割と軽い感じで進んでいくので観やすいのだけれど、ずしっと重かった。 観終わる頃には胸が痛かった。 ボスニア戦争真っ只中、ボスニアとセルビアの中間地帯、ノーマンズランドで身動きがとれなくなってしまったセルビア軍新兵、ボスニア軍兵士。 そして死んだと思われ体の下に地雷を設置されてしまったもう一人のボスニア兵。彼らを救出?するため国連軍がやってくるも・・・。 塹壕という小さな場所が舞台なんだけれど、戦争の無意味さとか非道さとか兵士も人なんだということとか色々見えてきて良い作品だった。 セルビアには2度そしてボスニアや周りの国にも行ったけれど、こういう背景をもっと知ってから行けばまた違った見方ができたのかなと少し後悔。

norisuke_vip
norisuke_vip 3.5

なんともいえない戦争映画。考えることがたくさんある映画。 地雷が背中にセットされてるあの状態はなりたくね~ 見捨てるイコール殺すこと。 俺ならどうしただろ。

対立するボスニアとセルビアの間にある無人地帯。そこにはボスニア兵とセルビア兵、さらに背中に地雷があり身動きの取れないボスニア兵がいた。さらに彼らを助けようとやってくる国連軍や、彼らを報じようとするメディアが現れる。 時に笑えるシーンすらあるこの映画が描く愚かさは、まさに戦争の縮図と言えるでしょう。戦争映画が苦手な人でも十分に楽しめ、考えさせられる映画です。

20位『ハート・ロッカー』

この爆弾処理屋、命知らず

polo1026
polo1026 0

冒頭の「戦争は麻薬だ」という言葉がすべてを語ってます。 平和な日本にいる私たちは、「戦争は悪いこと、あってはならないこと」 と思っているので、この映画を観てもリアリティがないかもしれませんが、 常にどこかの国で戦争をしているアメリカにとってはこの映画のもつ意味合いが違って見えるのかなと思いながら観ました。 最後、再び戦場に戻る主人公には全く共感できませんでしたが、 戦争で極限まで追いつめられると、人ってああなってしまうのかなあと恐怖を感じました…

イラク戦争の最中のバクダッドを舞台に、アメリカ軍の爆弾処理班と、爆弾犯との戦いを描いた緊迫感あふれる1作。戦争により、平和や日常的な光景など無くなってしまった世界で、自らの命をかけて危険物の処理に当たる処理班たち。 その中心人物であるウィリアムは、部下たちも不安を抱くほどの危険を顧みない男。果たしてウィリアムたちは爆弾犯に勝利することができるのか。息をのむほどのスリリングな展開が見どころのおすすめ戦争映画です。

19位『ブラックホーク・ダウン』

手に汗握る戦闘シーンから目が離せない!

gaya1114
gaya1114 0

緊張感が凄まじいな、これ・・。いろんな立場の人の細かい心理描写もあって、今まで観た戦争映画で一番臨場感があったわ。

otomanuf
otomanuf 0

やー、こんなにお腹いっぱいになる映画久しぶり。

ソマリアへ派兵された米軍兵たち。とある任務の遂行中にヘリが墜落してしまいます。危険な市街地での戦闘を潜り抜け、彼らは生還することができるのか……?! 本当に戦争の前線へ送り込まれたような没入感と緊張感は、多数の映画を手がける巨匠リドリー・スコットによるものです。 米軍を代表とする多国籍軍とゲリラとの戦いを描いた『ブラックホーク・ダウン』。ソマリアでの「モガディシュの戦闘」を題材に描かれた戦争映画です。

18位『戦争のはらわた』

第二次世界大戦をドイツ軍側の視点で描いた名作戦争映画

1992tukuro_
1992tukuro_ 3.5

タランティーノ好きならこのペキンパー物も楽しめます。

southpumpkin
southpumpkin 4

戦場で英雄とされる男が強欲な上官の元に就く。 アクションシーンはすごい。アクションシーンでスローにするのは監督であるペキンパーが元祖と言われているそうですが、それ以上に独特な早いカットが印象的。最近劇場で鑑賞した『ハクソーリッジ』もすごいなあ、と思ったのですが演出のアイディアが明らかにこちらの方が上。最新の技術をもってしても、伝説的監督のアクションシーンに及ばない。 アクションシーン以外にも語るべきシーンがたくさん。個人的には大尉が部下二人に詰め寄るシーンが好き。三人それぞれを映すカメラがどんどん寄って、画面の緊迫感が尋常ではない。映画は後半から特に好き(序盤までアクションシーンが多すぎてサ…)。カタルシスがなんたるかがとてもよくわかっている。最後の残酷なまでに皮肉なオチが大好き。まさかああ落とすとは。最高の高笑い。 日本の実録モノでもよく使われているのですが、凄惨なシーンに可愛い音楽をつけるあれ。本作や『ワイルドバンチ』が元祖なのですね。ラストめちゃ冴えてる。

功績を立てた軍人に送られるドイツ軍の鉄十字勲章に執着するシュトランスキー大尉と、上司や部下からも慕われているシュタイナー軍曹。シュトランスキーはシュタイナーを味方に付けようとしますが、彼もまた、自分の理想を高く持っていて……。 第二次世界大戦中のドイツ軍の物語です。ドイツ軍の実態を深く描き、ドイツ軍の視点から第二世界大戦を考えることができると言えるでしょう。

17位『ダンケルク』

CGなしの驚異的な戦争映画

Pit7775Pit
Pit7775Pit 3.5

死と常に隣り合わせで逃げたい気持ちになる。 画の力はすごいですね。

YOKOHIDE
YOKOHIDE 4

説明を省き、登場する人物たちの心理描写でストーリーが展開していく。 観ていくうちに引き込まれていきます。 映像の迫力と美しさと音の臨場感は、作品を盛り上げています。 面白い

第二次世界大戦中に起こったフランス・ダンケルクでの戦いを題材に描かれた戦争映画。監督は『ダークナイト』の監督でも知られるクリストファー・ノーランです。ダンケルクでの戦いを陸、海、空の三景で切り取ります。 CGを使わないことで有名なクリストファー・ノーラン。レプリカの戦闘機を本当に飛ばすという徹底ぶりです。

16位『地獄の黙示録』

オールタイムベストに挙げる人も多い傑作戦争映画

agota310
agota310 0

凄まじい映画。何が、って言うと何もかも。よくこんなの撮れたな/撮ろうと思ったな、というシーンがたくさん。観ている間はまるで神話にみせられているような気がして、まさに現代の黙示録(Apocalypse Now)だなと。映画ってここまでできるのかと素直に感嘆した。

masayanodrum
masayanodrum 5

凄まじい映画!地獄の黙示録=エンターテイメント+社会派+リアリティ+強烈なキャラクター+ちょっとエッチなシーン+ドラッグ! おもろい映画に必要な要素が全部つまってます!

ベトナム戦争で戦地に赴いているアメリカ軍のウイラード大尉は、カーツ大尉の暗殺を命じられます。カーツは、グリーンベレーの隊長でしたが、職務を放棄し、カンボジアで独立王国を築いていました。 狂気の沙汰としか思えないカーツ王国に衝撃を受け、打ちのめされるウィラード。戦争が人の心を蝕んでいく様子が大胆で斬新な設定と描写で描かれる、フランシス・コッポラ監督の代表作です。

15位『プラトーン』

戦争の悲惨さに直面した青年の姿を生々しく描いた名作

masamitsu
masamitsu 4

ベトナム戦争を題材にした映画。 監督のオリヴァー・ストーンは実際にベトナム帰還兵であり、実体験に基づいた兵士同士の内状を描いているという。 国と国との争いということだけではなく、こういった側面も現実に起こっていたということも僕らは認知しなくてはならない。

kinako
kinako 4

若かりし気頃のチャーリー・シーンが大好きでした。。 今はなんであんな風になってしまったのか(T^T) そして、一瞬映ったかっこいい!て思った人は、ジョニー・デップでした。 戦争映画にハマるきっかけとなった1本。 美しい音楽と映像のコントラスト。 戦争を経験していない私は、実感出来ないけど、改めて戦争にNO!と言いたい。

若さゆえの行き過ぎた正義感から、大学を中退してまで自らベトナム戦争の戦地に赴くクリス・テイラー。アメリカ陸軍となったクリスを待ち受けていたのは、戦場の過酷さと残酷さでした。 戦争の現実に直面し、戸惑うクリスですが小隊に配属されることになります。クリスの配属された小隊は、それだけで小さな社会を形成しているような閉鎖された世界。その閉ざされた世界で、クリスは身も心も戦争に染まって行くのです。 クリス・テイラーをチャーリー・シーンが、無慈悲で残酷な軍曹、ボブ・バーンズにはトム・ベレンジャーが扮しました。

14位『アメリカン・スナイパー』

伝説の狙撃手が狂気に蝕まれる

EllyMimy
EllyMimy 4

まず、 私はこの映画の予備知識を入れず観に行きました。 それは人にもよるとは思いますが、 私はそれで良かったと思います。 戦争に行けば PTSDになるのは当然だと思うし、想像は出来るけど、やはり行って壮絶な体験をした本人ではないと分からないでしょう。 それでも画面を通して伝わる、 人を殺す瞬間の刺さるような辛さは、 私の心まで撃ち抜かれました。 痛かった、とにかく観ていて痛くて痛くて。 観るのは少し辛かったけれど この映画に出会えて良かったです。 うーん、ブラッドリー・クーパーにこの役でオスカーを受賞して欲しかった… ファンの我儘かも知れませんが(^_^;)

k1ller_aka_tKo
k1ller_aka_tKo 0

イラク戦争で160人を狙撃した実在のスナイパーをモデルに作られた作品。 9.11以降のアメリカと戦争を題材にしたものと言うと2年前に観た『ゼロ・ダーク・サーティ』が中東の不穏さやテロによる攻撃など内容がかなりヘヴィーだったので今回もある程度覚悟して行ったのですが、また違った視点というか戦争賞賛でも反戦でもない、最前線にいた一人の兵士の体験したままの事実として描かれていた。バックボーンや細かな掘り下げをあえて排除し、戦争に参加した兵士たちがどんどんと心を蝕まれ疲弊していくPTSDの様子が痛々しいまでに描いていて、こんなに生々しい戦争映画を初めて観たかも知れない。ラストの無音のエンドロールにすべて打ちのめされた。

家庭のある男が海軍へ志願。頭角を現し、伝説の狙撃手として名を馳せることとなる。だが惨たらしい戦闘に傷つき前線を離れる仲間たちを目にし、次第に心を蝕まれていく。家庭に戻ってくる度に夫の様子はおかしくなってしまい……。 クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー主演の戦争映画。本作がきっかけとなり保守派とリベラル派との間で論争が巻き起こりましたが、イーストウッドがそのことを批判しています。この映画は戦争という強大な暴力によって傷ついた人々を描いた映画なのです。

13位『フルメタル・ジャケット』

過酷な訓練シーンは映画史に残る名場面

taichimachima
taichimachima 3

キューブリック映画2作品目。若者たちがバリカンで容赦なく丸刈りにされるシーンから始まるこの映画は、その後の教官の理不尽さをまさに表している様。 2部構成となっているこの映画だが前半最後の「微笑みデブ」は微笑みではとても収まらないほどに不気味。シャイニングでジャック・ニコルソンが見せた微笑みを思いだす。 教官のこれでもかという罵り文句の数々とイカした選曲に注目して欲しい!

maglmag
maglmag 5

ただの戦闘映画ではなく、戦争の中での人間をできる限りリアルに撮りたかったんだなと感じました。とにかく人の表情をよく写していて、戦争によって生み出された生臭い狂気に圧倒されました。小説のほんの一部とのことで、小説も読んでみたいと思います。

スタンリー・キューブリック監督が描く、ベトナム戦争。映画『フルメタル・ジャケット』では、過酷な訓練の末にアメリカ海兵隊となった若者たちが、戦地ベトナムで次々に凄惨な現状に打ちのめされ、引き裂かれて行く様子が描かれています。 若く希望を持ち海兵隊を目指した若者が、戦争という残酷な現実によって歪められていく様子が辛辣に描かれています。

12位『風と共に去りぬ』

激動の時代をたくましく生き抜いた女性を描いた不朽の名作

Minamizaki_Masayasu
Minamizaki_Masayasu 5

名作であり大作!3時間40分だけど、全く飽きなくずーーっと見てた。スカーレットは、とにかく、今、今できる事をする。躊躇しない。前へ進む。激動の時代を生き抜いた人なんだね。 君を想う気持ちは誰にも負けない。私は涙を流さない。餓えにも負けない。私は気づいたの、あなた無しでは生きていけない。メラニーの優しさ

pinkymarie323
pinkymarie323 5

この作品を越える映画にまだ出逢えていません。 南部が南北戦争で敗北し、 みんなが生きる希望を失いかけ嘆き悲しみ、 タラの土地でひもじさの極限で 自分を奮い立たせるために、 スカーレットが 神に誓います。 わたしは、この試練に決して負けません。 のシーンは鳥肌が立ちました。 純粋にレットを愛せなかったスカーレットは 結局レットとは離ればなれになったけど、 わたしはスカーレットの生き様に惚れ込みました。 どんな困難なときも悲しみ、苦しみを 乗り越える力強さ、たくましさに わたしもこんな女性になりたいと 思ったのを覚えています。

南北戦争時代を若さと美しさを武器にたくましく生き抜いていくスカーレット・オハラの半生を通して、アメリカと南北戦争、貴族社会の衰退を描きます。 大地主の娘スカーレットの最初の夫、チャールズは戦死、結婚後まもなくして未亡人となってしまいました。そんなスカーレットに近づいてきたのは社交界でも評判の良くないレット・バドラー。 結婚前に少なからずレットに惹かれていたことを思い出しながらも、激動の時代を生きていくために彼女はレットに身を任せることを決意します。 戦争や時代に翻弄されながらも、一人の女性がたくましく生きる姿をドラマティックに描いた永遠の名作です。

11位『縞模様のパジャマの少年』

2人の少年の間に芽生えた友情。そして待ち受ける悲惨な結末とは?

dolphin_1208
dolphin_1208 0

ユダヤ人の少年と、ナチスの軍人の息子との友情。明るい作品ではない為、涙が止まらない。 見終わった後、何とも言えない気持ちになってしまうけど、とても良い作品。 軍人の息子ブルーノ役のエイサ•バターフィールドの目力ハンパない。まだ11才での作品。今後の作品が気になります。

whentheycry
whentheycry 4.5

強制労働収容所とかホロコーストとかのストーリーで子供が出てくる映画って「アイアムデビット」とか「バティニョールおじさん」とかのイメージで最後はハッピーエンドっていう意識がついてしまっていたから凄く衝撃的だったけどこういう現実が事実だってことを改めて思い知らされた。 見終わった後の気持ちは凄く複雑で、僕は加害者でもなければその時代にもその国にも生まれてないけど罪悪感に似たようなものが残った。 言われるがままの父親に純粋が故に引き込まれる姉。突如事実を知ってしまった母親。 教科書なんか見るよりこの映画を見ることが大事なことがわかる気がします。 ただ心の準備が必要です。

引っ越したばかりのブルーノは新しい土地にもなじめず、友達もおらず毎日寂しく退屈な日々を送っています。ある日、偶然立ち寄った施設の中で縞模様のパジャマを着て地面に座っている少年を発見します。その少年は、ユダヤ人強制収容施設で暮らすシュムエルでした。 友情が芽生え、関係が深くなっていくシュムエルとブルーノですが、戦争と迫害という二つの残酷な現実は二人の少年の前に大きく立ちはだかるのです。

10位『ディア・ハンター』

壮絶な戦争体験をした帰還兵をデ・ニーロが熱演

kotito07
kotito07 4.5

戦争に参加するとはどうゆうことなのかを問う作品。暗いテーマを扱っているのに、あまりそうゆう印象を受けないのは(心を揺さぶられはするが)、日常をゆったりと丁寧に描いているからだろう。(それとも一人で観るのにビビって2日に分けて観たからかな?)ロシアンルーレットのシーンが取りざたされる事が多い映画だが、見所は戦争に行く前と後。悲惨な体験をした後、変わってしまった若者達が悲しく、虚しい。他国の民主制を助けるという名目でアメリカが本当にやりたい事とアメリカ国民がやらされている事が明るみに出ないのはベトナム戦争に限った事ではない。今も終わらない戦争が何のためなのか、彼らがボロボロになって得たものは何なのかを考えさせられる。

Keimiyazato
Keimiyazato 4

地獄の黙示録とは違った視点からベトナム戦争へ切り込んで重たい緊張感が張りつめています、前半の長々しいドラマを退屈と感じずに入り込んで観て欲しい。

ロバート・デ・ニーロが戦争体験の傷跡に苦しむベトナム帰還兵を演じ、話題となった作品『ディア・ハンター』。 同じ製鉄所で働くマイケルたちは仲の良い同僚ですが、彼らの平穏な毎日にもベトナム戦争の影は迫っていました。やがて戦地ベトナムに兵士として赴くことになったマイケルたち。 戦場で必死に闘う彼らですが、ベトナム軍の捕虜となってしまい、そこで恐ろしい光景に直面します。ベトナム兵たちは、捕虜に自ら引き金をひかせるロシアンルーレットを掛けとして行っていました。

9位『ハーツ・アンド・マインズ ベトナム戦争の真実』

フィクションでは描かれることのない戦争の現実を収めた名作ドキュメンタリー映画

WdYgvh6VqaIc3oC
WdYgvh6VqaIc3oC 4

人間は何も変わらないんですね…大国の傲慢さが小国の人々を苦しめる… ナパーム弾でぼろぼろになった子ども達、棺の前で泣きじゃくる子ども、凄惨な現場に耐えられないアメリカ兵、、、絶対忘れてはいけないことだと強く感じました

ベトナム戦争のドキュメンタリー映画『ハーツ・アンド・マインズベトナム戦争の真実』。これまで、たくさんの作品で題材として取り上げられてきたベトナム戦争ですが、この作品はベトナム戦争終焉間近の1974年に制作されました。 日本での公開は2010年、40年以上の時を経て、ベトナム戦争の真実に触れることができる、貴重な作品。フィクションの映画では描かれることのなかった戦争の真実は、平和な現在を生きる私たちが見ておかなければいけないものです。

8位『戦場のピアニスト』

過酷な戦時下に鳴り響く、美しくも悲しい旋律

Megu_Komatsu
Megu_Komatsu 3.5

戦争映画は苦手だけど、3回見直してしまった。リアルで残酷ではあるけれど、所々に挟んでくる主人公をとりまく周りの人の「優しさ」に感動。素晴らしい映画だと思います。

TORABISU777
TORABISU777 3.5

ナチとユダヤの過去をこんなストレートに描いた作品は初めて観ました。 地面に溢れたおかゆを這いつくばって舐め回す男がいたり、一人前のキャラメルを10倍ぐらいの値段で購入しそれを六等分で分け合って食べたり、気が狂ったように自分の夫の名前を叫び続けるおばちゃんがいたり、カピカピになった子供の死体が転がってたり…全ての描写が実際に起きたことであり、むしろコンプライアンス的に少し抑えて表現してるぐらいあまりに悲惨な状態だったことがわかります。 そんな阿鼻叫喚の中で懸命に生きる主人公(ピアニスト)はもちろんかっこいいのですが、惨めでもあります。正直見てられない部分もあります。ですが、そんな順風満帆でスターのような男でも戦争下では一人の飢えた男に成り下がり、生きるために全てを投げ捨てていく姿にはいろいろ考えさせられます。 こんなこと絶対二度と繰り返されちゃいけないです。

第二次世界大戦が起こったことで、ピアニストとして活躍していたシュビルマンにもユダヤ人迫害の手が。シュビルマンの職場はドイツ空軍によって爆撃され、家族は収容所へと連行されます。 なんとか収容所へ送られることを逃れたシュビルマンですが、ゲットーで連日過酷な肉体労働を課せられました。わずかな知人たちの協力もあり、ゲットーを抜け出すことに成功するシュビルマン。しかし、彼は周囲の目を忍び隠れ家でドイツ軍に怯えながら送る苦しい生活を強いられます。

7位『ホテル・ルワンダ』

ルワンダの大虐殺を基にした名作

moco02
moco02 4

民族同士の紛争から、1200人もの人々をホテルに匿って守ったホテル支配人のおはなし。 「テレビでルワンダの惨状が報道されたって、外国の奴らは『ひどいね』と言うだけで、そのままテレビを見ながらディナーを続けるよ」 「君は黒人。しかもニガーですらない、アフリカンだ。」 助けを求める主人公に軍は言う。 ぐさぐさとくる言葉がたくさん。これも、世界のどこかでは映画のおはなしなんかではなく、現実なんだなぁ。感動するけど、虚しくもなり、考えさせられました。

hzkroute
hzkroute 3

これが俺が生きている時代に起こったことなのか。信じられない

1994年に起こったルワンダ虐殺により、多数の難民で溢れかえり混乱を極めていた当時の南アフリカ。ホテルの支配人であるポールは難民となった人々を自らのホテルで匿うことを決意し、やがては彼らの命を救うべくさまざまな策略を巡らせます。 この映画は、実在したホテルマン、ポール・ルセサバギナの話をもとに忠実に再現され、当時の南アフリカの惨状や人々の想い、歴史の移り変わりの瞬間をひとつの映画に収めることに成功した貴重な作品です。

6位『西部戦線異常なし』

愛国教育に煽られた青年が戦争の悲惨な現実に直面する

southpumpkin
southpumpkin 3.5

みんな英語をしゃべっているので途中まで全然気付きませんでしたが、ドイツ視点の第一次世界大戦をアメリカが製作した、というわけだったのですね。愛国教育に煽られ自ら軍隊に志願した学生がボロボロになっていく映画。漫画ですが「はだしのゲン」を連想しました。強烈な反戦を描くために狂信的な戦争信者を描く、という意味で似ているのでしょうね。インパクト強いのが、教授が学生に軍隊に志願するように煽る序盤のシーン。国のために自分を捧げることの尊さを説く教授に対し、目を輝かせて頷く学生達。自分もあの場所にいたら絶対志願しちゃうんだろうな・・・、と怖くなってしまいます。

hitomisnotebook
hitomisnotebook 5

第一次大戦をドイツ側から描いた凄惨な戦争映画 アメリカ人はこういう質の高い反戦映画を作れるのに何故戦争へと突き進むのだろう 戦争を知らない世代だがなにがあっても戦争をしまいと心に誓う

第一次世界大戦中のドイツで、愛国心だけを胸に軍人として生きる道を選んだ若者たちの青春を描く永遠の名作。希望と野心を胸に入隊したポールですが、実際の戦場は想像を絶する過酷さでした。 同じ学校で学んだ友が一人、また一人と戦場に散っていきます。ある日負傷兵となり、帰郷を許されたポールですが、愛国心に溢れ戦争を素晴らしいものと思い込んでいる故郷の人々に落胆します。居場所を失ったポールには再び戦地へと戻る道しか残されていませんでした。

5位『プライベート・ライアン』

リアルな戦闘シーンは数え切れない戦争映画に影響を与えた!

TORABISU777
TORABISU777 4.5

舞台はノルマンディー上陸作戦。 冒頭のオマハビーチでの血も涙もない熾烈な攻防に40分くらい口が開けっ放しになってた。ついさっきまで共に戦っていた仲間が数秒後には手と足が吹き飛んでピクリとも動かなかったり、屈強で頼りがいのあった男が夥しいほどの血を流しながら「ママ…ママ…」と断末魔の叫びをあげていたり、戦争では当たり前だと割り切っていた事をリアリティ且つシニカルに胸奥深く刻んでくるような演出でした…。言葉が出ないです。俺はまだ戦争について何も知らない。

Kenta_Kawamura
Kenta_Kawamura 4

アパム、弾を持ってこい。

スティーブン・スピルバーグ監督が描く第二世界大戦中のノルマンディー上陸作戦を題材に用いた作品で、主人公の陸軍大尉、ジョンをトム・ハンクスが演じました。 アメリカ陸軍のジョン・ミラー大尉は、ジェームズ・ライアンを救出するよう命令を受け、自ら選んだ兵士たちと共に必死の救出を行います。しかし、ライアン一人のために多くの兵士が犠牲になることに疑問を抱きはじめ、軍の方針にもライアン自身にも反感を持つようになります。 葛藤を抱いたままジョンはライアン救出を続けますが、その疑問と葛藤はやがて仲間たちの心にも芽生えることになるのです。

4位『大脱走』

収容所からの脱出劇をポップに描いた名作戦争映画

Saki_Shibata
Saki_Shibata 4.5

戦争映画なのに、暗くない珍しい作品。古き良き娯楽映画の鉄板! 映画を見たことがなくても、きっとテーマ曲は知っているはず。 みんなで逃げれば怖くない!笑

southpumpkin
southpumpkin 4.5

さすが脱獄モノ不朽の名作。三時間という上映時間を余裕で耐えうる完璧な映画でした。 ナチスの捕虜となったアメリカ軍が脱走しようと画策するお話。独房王、調達屋など脱走における役割がそれぞれ決まっており、それらがまるでピースを組み合わせるかのように画策して脱走を目指します。主役級のキャラクターが多く、非常にどれも魅力的。その中でも抜群の存在感を放つのがスティーブ・マックイーン。孤高でカリスマといえば独房王ことヒルツでしょう。僕が多分もう少し若ければ人格に影響を受けていたに違いありません。めちゃくちゃかっこいい。 刑務所、という感じでは無いので捕まっている人たちにある程度自由があるのが他の脱獄モノとの明確な違い。敵に見つからないように壮大なことをしています。 ラストはマジで???という感じでしたが、よく考えればそれでいいのです。

第二世界大戦中のドイツを舞台に捕虜収容所から集団脱走を試みる若者の姿を描き、戦争映画ではあるが戦闘シーンが全くないことや、初めて脱走を題材に用いたことでも有名な歴史的名作です。 スタラグ・ルフト北収容所に入所したロジャーは早々に大規模な脱走計画を練り始めます。すでに入所していた者の中には、脱走に必要不可欠な専門的な知識や技術を有している人物が複数おり、ロジャーは彼らと知恵を絞り脱走計画を成功させるべく策略を巡らせます。 果たしてロジャーと収容所の捕虜たちは脱走に成功し、自由の身となることができるのか。過酷な状況でも決して未来を諦めないロジャーたちの生き様が心に響きます。

3位『シンドラーのリスト』

ナチス政権下でユダヤ人に手を差し伸べた男の物語

Yasuhiro_Wada
Yasuhiro_Wada 5

ホロコーストから1200人に及ぶユダヤ人を救ったオスカー・シンドラーの実話です。 シンドラー、かっこ良過ぎんぜ。 金は命より重い。いや、金で命が買えるなら破産してでも買ってやるよ! 歴史から学ぶ尊さは深く突き刺さる。 間違いなく名作。 歴史学ぼ。

mazda620
mazda620 4.5

ユダヤ人大量虐殺時代に実在したドイツ人による1100人のユダヤ人を救った話。 ユダヤ人大量虐殺の事実だって未だ信じがたい話だけどこんな時代にこんなドイツ人がいたという事実は正直もっと信じられない。 ほんとに国や人種で物事を判断するのは違うと思いました。 日本人は未だに外国人や人への差別や偏見を無意識のうちにもっている人の多い国だと思うから他人事ではなくユダヤ人虐殺以外の目でも見てほしいと思える内容だった。 作中の、「人間以外のユダヤ人」という表現があるのに対して「殺人者ではなく人間として歩め」という表現もあってとてもよかった。 人への判別をする人達こそ、人とは呼べない。 シンドラー自身、最初は少なからず「ユダヤ人を見る目」をもっていたからこそ、1100人も救えた のではなく 1100人しか救えなかったという重みに変わったと思った。 本当のパワーとは人を殺す理由があるときに殺さないことだ。 死は解決にはならない。

第二次世界大戦中、工場を経営する実業家のオスカー・シンドラーは、当時迫害されていたユダヤ人たちを労働力として雇い戦争を利用して事業拡大を目論んでいました。 ナチス党員でもあるシンドラーは、同じようにユダヤ人に対する迫害意識を持っていましたが、ホロコーストによるユダヤ人殺戮が行われ始めたとき、彼の心の中では大きな変化が。シンドラーの工場の人員が収容所送りにされてしまい、経営が立ちいかなくなったことを理由に、収容所から多くのユダヤ人を救い出すための計画を実行に移していきます。

2位『ヒトラーの忘れ物』

戦争の負の遺産を背負った少年たちの運命は!?

Land_of_Mine
Land_of_Mine 5

とんだ大傑作。観ていると気付けば目が涙で溢れ、死と愛に塗れたぐちゃぐちゃの画面を正視出来なくなる。この世にあらゆる差がある故にどうしても避けられない「レッテル貼り」を、デンマークとドイツのセンシティブな関係性を通してこれ以上なく痛烈に描き出した。ドイツは悪で、少年は善か?スクリーン越しの我々への問いに、監督自身も答えられずにいる。

ドイツの降伏により終焉を迎えた第二次世界大戦。しかし、ナチス・ドイツが埋めた地雷は地中に残されたままでした。その地雷を撤去するために、ドイツ兵捕虜の若者たちが派遣され、危険な労働を強いられることになるのです。 恐ろしい現場に派遣されたのは、十代の若き兵士たち。戦争が終わっても過酷な強制労働によって命を落とすものが絶えなかった、母国の罪を背負わされた少年たちの凄惨な現実を描きます。

1位『ライフ・イズ・ビューティフル』

悲惨な戦時下で息子を守れるものはユーモアだけ?戦争映画が苦手な人にもおすすめできる名作

____RiN____
____RiN____ 4

まさにイタリアのチャップリン!なロベルト・ベニーニ主演作。 ユダヤ系イタリア人グイドとその家族が、第二次世界大戦に翻弄され、それでもユーモアを忘れず奮闘する姿を健気に描いた秀作。 残虐なシーンを一切見せないながらも戦争の残酷さと切なさを美しく描く。 チャップリンの作品へのオマージュなのかな?という表現やシチュエーションが多く見られたような。素敵な映画でした。

Aya_Osugi
Aya_Osugi 5

最初これ大丈夫?昔のちょっと笑えるラブストーリー? さすがイタリア人陽気だなwwとか思ってたら・・・ 泣けた泣けた。 最初のコミカルな描き方もあって余計に泣けた。 最終的にもう一度ライフイズビューティフル というタイトルを噛み締める。 戦争や人種差別を扱うものは なんてかわいそうなんだ。繰り返しちゃだめ。 という、泣ける、悲しい、教訓じみたもの にするのは簡単だと思うけれど、この映画はそうじゃない。 あまりに綺麗な家族愛に人生はこんなにも美しいかと思った。 文句なしの★5。

ユダヤ人強制収容所に送られた親子の物語を描く今作品は、過酷な状況でも人生の素晴らしさを信じて疑わないことがいかに大切であることかを教えてくれます。 第二次世界大戦が激化し、ユダヤ系イタリア人であるグイドの一家はナチス・ドイツによる迫害にあい、強制収容所に送られます。まだ幼い息子、ジョズエが傷つかないように「これはゲームだ」と嘘をつくグイド。 その父の言葉を信じ、ジョズエは悲惨な生活の中でも決して明日への希望を失わず生き延びることができました。グイドはナチス兵に射殺されるその瞬間までジョズエを怖がらせないよう嘘をつき続けます。 戦争が終わり、自宅に戻ることができたジョズエは成長し、父の想いを知るのです。ジョズエを怖がらせないよう常に喜劇役者のように振舞っていた父、グイドを演じたロベルト・ベニーニは、コメディアンでもあり、今作で脚本・監督も手がけています。

戦争映画を見て平和を願おう

戦争映画は無数にあります。凄まじい臨場感によってまるで戦争のど真ん中に放り込まれたみたいになる映画や、はたまた少し笑える映画まで。しかしそのほとんどには反戦と平和への願いが込められていることに間違いありません。戦争という題材は決して楽しいものではなく、鑑賞後に落ち込んでしまうこともしばしばでしょう。しかし気を落とすことなく、しっかりと平和について考えるきっかけになればと思います。