2020年4月21日更新

ドラマ『ウエストワールド』完全ガイド シーズン毎の魅力を解説!【ネタバレ注意】

ウエストワールド シーズン2
© 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc

2016年から放送が開始され、世界中から熱い視線を集めているドラマ『ウエストワールド』。米HBOが巨額を投じて製作している本作は、スタッフもキャストも豪華!もちろん製作費と同じく、面白さも桁違いです。ここでは本作の魅力を徹底解説していきましょう。

目次

大注目の海外ドラマ『ウエストワールド』その魅力を徹底紹介!

ウエストワールド シーズン2
© 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc

近未来の巨大テーマパークを舞台としたSFドラマ『ウエストワールド』は、『ゲーム・オブ・スローンズ』のHBOが放つ新たな傑作として、世界中の注目を集めています。2020年3月からはシーズン3の放送が開始され、物語はさらにスケールアップ。 この記事では、本作の魅力を徹底解説していきます!キャスト、スタッフ、原案となった映画の紹介から、シーズン毎の注目ポイントをネタバレありで紹介しましょう。 ※この記事には『ウエストワールド』シーズン1およびシーズン2のネタバレが含まれます。ドラマを未視聴の方、ネタバレを知りたくない方はご注意ください。

まずはドラマ『ウエストワールド』の世界観を解説【入門編】

本作の最初の舞台は、アメリカ西部開拓時代をイメージした近未来のテーマパーク「ウエストワールド」。パークで来場者(ゲスト)を迎えるのは、全て「ホスト」と呼ばれるアンドロイドです。プログラムに従って動く彼らは、1日経てば記憶がリセットされ、ゲストに関わること以外は全く同じ毎日をくり返していました。 しかしあるとき、ホストの1人であるドロレス・アバナシーは、自分の住む世界に疑問を持ちはじめます。同時に彼女以外にも数体のホストが自我に目覚めはじめ、プログラムから外れた行動を起こすように。管理部の人間たちは、その原因を調査しはじめますが……。 過去と現在が巧みに交錯し、次第にパークに隠された謎が紐解かれる本作。シーズン1、シーズン2ともに驚愕の結末を迎え、2020年3月から放送が開始されたシーズン3にも大きな注目が集まっています。

J・J・エイブラムスをはじめ豪華製作陣が名を連ねる

ジョナサン・ノーラン、リサ・ジョイ
©Eugene Powers/WENN.com/zetaimage

本作の製作総指揮を担当するのは、J・J・エイブラムス。彼は数多くのテレビシリーズをヒットに導き、映画「スター・トレック」シリーズや『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019年)などの監督として知られています。 彼は、今までも壮大な世界をテーマにした作品や、スリリングでアクション豊富な作品に多く携わってきました。本作も迫力のある映像で展開されていることは言うまでもないでしょう。 製作総指揮には「ダークナイト」シリーズなどで知られるジョナサン・ノーランも参加しています。兄であるクリストファー・ノーランの監督作の多くで脚本を担当してきた彼は、本作でも脚本家を兼任。彼の妻で、人気を博したテレビシリーズ『プッシング・デイジー 〜恋するパイメーカー〜』(2009年〜2009年)や『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』(2007年〜2013年)などで脚本を担当したリサ・ジョイも、脚本兼製作総指揮を務めています。 ジョナサン・ノーランいわく、本作は「我々人間が主役ではなくなった時の人類の次章的物語」だとか。 現在実際に身近な存在になりはじめているAI。『ウエストワールド』は、もし人間たちがAIに多くを委ねすぎ、社会の第一線から退く時が来たら?というアイディアからはじまっているのですね。

原案はユル・ブリンナー主演の同名映画

このドラマは、1973年に公開されたユル・ブリンナー主演の映画『ウエストワールド』を原案に制作された作品です。 映画は、近未来テーマパーク「デロス」の中にある西部時代エリア「ウエストワールド」を舞台に繰り広げられます。人工知能を植え付けられたアンドロイドは、エリア内のそれぞれのアトラクションに自分の持ち場があり、観客と戦いを繰り広げたり、お互いに交流を深めあう役目を与えられていました。 そしてアンドロイドたちは観客が帰ると、記憶がリセットされるプログラムが組み込まれていたのですが……。 アンドロイドたちは、次第に人間が制御できる範囲を逸脱したレベルで感情や意識を持ちはじめます。「ウエストワールド」に来たゲストたちは、当然アンドロイドたちは奴隷のように自分たちに従うと思っていましたが、突如自我を芽生えさせた彼らは、人間への反逆をはじめるのでした。

豪華キャストに注目!アンソニー・ホプキンスがテレビシリーズ初出演

パークの創設者ロバート・フォード博士をアンソニー・ホプキンスが演じる!

ロバート・フォード博士『ウエストワールド2』
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

本作では、アンソニー・ホプキンスが初めてテレビシリーズの出演を果たしました。彼はスリラー映画の金字塔『羊たちの沈黙』(1991年)で、優れた頭脳を持つ猟奇殺人犯ハンニバル・レクターを熱演したことで知られるイギリスの名俳優です。 彼が演じるのは、「ウエストワールド」を作った天才科学者ロバート・フォード博士。パークの全てを把握している唯一の人物という、重要な役柄です。

エド・ハリスは謎めいた「黒服の男」に

黒服の男『ウエストワールド』
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

もう1人、物語のキーパーソンとなる「黒服の男」を演じるのは、『アポロ13』(1995年)をはじめとする数多くの映画への出演で知られるエド・ハリス。1998年の『トゥルーマン・ショー』では、ゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞した名優です。 略奪、暴力、殺人など、悪虐の限りを尽くす彼には、なにか目的がある様子。パークに30年通う常連で、多くのホストの行動を知り尽くしています。 彼の目的は一体なんなのか?彼の正体は?という点にも注目です。

主演はエヴァン・レイチェル・ウッド そのほかにも注目のキャストが!

ウエストワールド シーズン2 ドロレス
© 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc

本作の主人公、ドロレス・アバナシーを演じるエヴァン・レイチェル・ウッドは、映画『アクロス・ザ・ユニバース』(2007年)や『レスラー』(2008年)などへの出演で知られています。 また、フォード博士の右腕であるバーナード・ロウを演じるのは『バスキア』(1996年)や「ハンガー・ゲーム」シリーズなどで知られるジェフリー・ライト。ドロレスの恋人テディ役には「X-MEN」のリチャード・マースデン、娼館の女主人メイヴ役に『クラッシュ』(2004年)のタンディ・ニュートンがそれぞれキャスティングされています。

ウエストワールド2
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

人間側では、ゲストのウィリアム役を『ゾディアック』(2007年)などのジミ・シンプソン、パークの保安責任者スタッブス役にルーク・ヘムズワース、デロス社の重役シャーロット・ヘイルを『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)のテッサ・トンプソンが演じています。 さらにシーズン2では、別のパークのホスト役で真田広之や菊地凛子が出演。シーズン3には人気テレビシリーズ『ブレイキング・バッド』(2008年〜2013年)のアーロン・ポールや、『ブラック・スワン』(2002年)などで知られるヴァンサン・カッセルもキャストに加わりました。

シーズン1の魅力・注目ポイントをネタバレありで解説 開拓時代のパークで自我が目覚めたアンドロイドたち

ドロレス・アバーナシー『ウエストワールド2』
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

西部開拓時代をイメージした近未来のテーマパーク「ウエストワールド」を舞台に、徐々に自我に目覚めていく「ホスト」と呼ばれるアンドロイドたち。シーズン1では農場の娘役のホスト・ドロレスを中心に、人間もアンドロイドも、パークに隠された秘密に迫っていきます。 自分の暮らす世界に違和感を持ちはじめたドロレスは、「外の世界」を目指して旅を始めることに。彼女はゲストのウィリアムと出会い、行動をともにしながら仲を深めていきます。一方で、彼女を付け狙う黒服の男の影が……。 ドロレス以外にも数体のホストがプログラムから外れた行動を始めたため、パークの管理責任者バーナードは調査をはじめます。パークの創設者であるフォード博士にも意見を求めますが、明確な回答は得られません。

ホストを開発したフォード博士には、かつてアーノルドという相棒がいました。しかし、次第に彼とフォード博士の意見は対立し、アーノルドはパークの開園を前に自ら命を断ってしまったのです。その後、博士は自分の右腕となるホストを製作。それが、アーノルドと同じ外見を持つバーナードでした。 アーノルドは「ホストも心を持ち、人間と同等の存在になる」と信じていたため、彼らに自我を芽生えさせるための「迷路」と呼ばれるプログラムを埋め込んでいました。ドロレスたちは「迷路」を解きはじめていたのです。 その存在を知り、自らも「迷路」の謎を追っていた黒服の男の狙いは、ドロレスを覚醒させることでした。彼の正体は、かつて開園間もないパークを訪れ、彼女に恋をしたウィリアムだったのです。 「迷路」を解き自我を覚醒させたドロレス。経営陣を集めたデロス社のパーティに忍び込んだ彼女は、スピーチ中のフォード博士を見つけます。そこで博士は、ホストを解放するために彼らの反乱を準備していたことを明かし、ドロレスは彼の頭を銃で撃ち抜きました。

シーズン2の魅力・注目ポイントをネタバレありで解説 日本をテーマにしたパークでアクションがパワーアップ

『ウエストワールド』シーズン2、真田広之
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO

シーズン2は、前シーズン以上にアクションシーンや残酷なシーンが満載。その理由であり、注目ポイントのひとつは、デロス社が運営する別のテーマパーク「ショーグンワールド」の存在です。江戸時代の日本をテーマにしたこのパークのホスト役には、真田広之や菊地凛子など、多くの日本人俳優が起用されました。 またシーズン2では、デロス社が運営するパークに隠された、さらなる秘密が発覚します。 自我を覚醒させ、パークを脱出するため人間に反旗を翻したアンドロイドたち。ドロレスはほかのホストたちを率いて、ゲストやスタッフを惨殺します。その間に、娼館の女主人役ホストだったメイヴは、管理部の人間を利用して脱出に成功。しかし彼女がたどり着いたのは、日本の江戸時代をテーマにしたショーグンワールドでした。 一方でデロス社の重役シャーロット・ヘイルは、スタッフを増員して事態の収拾を図ります。

バーナードは亡きフォード博士が残したプログラムに干渉されながらも、「人間」としてヘイルとともに対応に当たっていました。 そんななか彼は、デロス社がこれまでパークを訪れた全てのゲストの人格を、データ化して保存していたことを発見します。ドロレスはホストのデータを現実世界に送り込んで解放しようとしますが、バーナードはそれを仮想現実に送り込んで阻止することに成功。 しかしその後、パークの秘密を知ったバーナードの同僚はヘイルに殺害されていました。バーナードはヘイルを殺し、彼女の姿をしたホストを作ります。そのホストに入れられたのは、ドロレスの人格データ。ヘイルになりすましたドロレスは、外の世界へと踏み出しました。

シーズン3の魅力・注目ポイントを解説 ついにパークの外へ

シーズン3の舞台は、いよいよパークの外の人間の世界へ。物語は、シーズン2のエンディングの92日後からスタートします。ドロレスはどんな方法で、人間への復讐に挑むのでしょうか。 また、これまで描かれてこなかった“現実の”世界がどうなっているのかも、本シーズンで明らかに。思わず「ありそう」と思ってしまう未来像に釘づけになるでしょう。 さらに、デロス社を買収しようとするセラックや、ドロレスと行動をともにすることになるケイレブなど、新キャラクターの背景や動向、目的も気になるところ。おなじみのキャラクターたちも登場し、ドロレスに協力するのか、それとも人間側につくのかにも注目したいですね。 2020年3月15日から放送が開始された今シーズンも、過去と現在が交錯し、さらに謎が謎を呼ぶ驚きの展開へ。毎週最新話が待ちきれません!

『ウエストワールド』のトリビアを紹介 『ジュラシックパーク』との意外な共通点とは

オリジナル映画をリスペクトした音楽

本作は、原案となった映画『ウエストワールド』のアイディアやストーリーに最大限のリスペクトをもって制作されていますが、それはオープニング曲も同様です。 本作のオープニングでは3つのコードから成るフレーズが幾度も繰り返されていますが、これは今回のために描き下ろされたものではなく、原案映画『ウエストワールド』でユル・ブリンナー演じるガンスリンガーが人間を容赦なく追撃する場面で用いられている音楽と同じもの。 ストーリーや世界観を見比べるだけでなく、音楽にも注目してドラマと映画作品を見比べるのも面白いでしょう。

ゲストが死なない秘密は運営会社の名前にあり!

ローレンス『ウエストワールド2』
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

「ウエストワールド」は、「デロス社」が運営するテーマパークのひとつ。この“デロス”とは、エーゲ海にあるギリシャの島の名前からとられています。ギリシャ神話によると、この島では人間が生まれること、そして死ぬことが禁じられていたとか。 作中ではパークの決まりとして、ここではゲストである人間は死なない、ということが言及されています。これは、アトラクションとしての安全が確保されているということであり、会社に“デロス”という名前がつけられた理由なのかもしれませんね。 原案となった映画では、パークの名前が「デロス」となっています。

「ウエストワールド」と「ジュラシックパーク」の共通点

ジュラシック・パーク
© Universal Pictures

テーマパークの被造物が人間を攻撃する、というストーリーから「ジュラシックパーク」シリーズを思い出した人もいるのではないでしょうか。それもそのはず、原案となった映画『ウエストワールド』の監督・脚本を手掛けたのは、「ジュラシックパーク」の原作者であるマイケル・クライトンなのです。 同作で映画初監督を務めた彼は、「最新科学を駆使したテーマパークが暴走する」というアイデアを小説「ジュラシックパーク」シリーズに発展させていきました。 ドラマ『ウエストワールド』のシーズン1には、『ジュラシックパーク』(1993年)と同じセリフが登場しています。孵化しようとしている恐竜の卵にハモンド博士がかける「Come on, little one!」というセリフを、ウエストワールドのホストを整備していたスタッフも口にしました。

足を引きずる演技は実は演技ではなかった!?

ローガン『ウエストワールド2』
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

ウエストワールドにゲストとして来園し、物語に巻き込まれていくローガン役を演じるベン・バーンズは、片足を引きずるような歩き方が特徴です。 これは一見、役作りのための歩き方に思えますが、実は引きずらないといけない理由があったそう。 その理由は、本当に足を骨折していたから。彼は撮影初日の前に片足を骨折していたのですが、「制作陣に知られたらローガン役を降板させられてしまうんじゃないか」と怯えて誰にも言えずに撮影に突入。また製作陣も、足を引きずるように歩くことが骨折をカバーしたうえで出来る最善の演技だという結論で納得し、事なきを得たのでした。

【ネタバレ】シーズン1の結末に気づいていたキャストが1人だけいた

ウィリアム『ウエストワールド2』
©2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

シーズン1の撮影中、キャストたちにはその結末がどうなるのか、直前まで明かされていなかったそうです。視聴者と同じく、彼らも物語の時間軸が入り乱れていることを知らなかったのだとか。 しかし、ウィリアムを演じたジミ・シンプソンは、かなり早い段階でそのことに気づいていたと語っています。2016年のVanity Fairのインタビューで、彼は次のように話しました。

彼は、メイクアップアーティストに眉毛を少し抜いてもいいかと訊かれたのだとか。「どうしてそんなことをするんだろう、と思いました。それで考えたのは、彼らは僕を別の誰かにしたいのかもしれない、ということです。」 メインキャストのなかから、その仮説に合いそうな人物は黒服の男を演じるエド・ハリスしかいないと思い至ったというシンプソン。そこで製作総指揮と脚本を担当するリサ・ジョイに「僕はエド・ハリスになるの?」と尋ねたところ、彼女は一瞬凍りつき「なにも言えないけど、この役はシーズンの重要な横糸になっている」と言われたと明かしています。

今後も『ウエストワールド』から目が離せない!

HBOが放つ新たな傑作SFドラマ『ウエストワールド』。あの『ゲーム・オブ・スローンズ』以上の製作費を投じ、豪華キャスト・スタッフが集結した本作は、迫力のアクションや映像の美しさ、綿密に計算されたストーリーなど見どころ満載です。 すでにAIが身近になっている私たち視聴者にとって、本作は「ありえないフィクション」とは思えないのが最大の魅力ではないでしょうか。 『ウエストワールド』シーズン3は、BS10スターチャンネルで毎週月曜あさ10時から世界同時放送中。最新シーズンは、スターチャンネル オンデマンド、またはAmazonのスターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-でも視聴できます。また、シーズン1〜2はU-NEXTでも視聴することができますので、そちらもチェック! シーズン3の最終話となる第8話の放送・配信開始日は、当初予定されていた5月4日から5月24日に変更になりました。最終話直前に、それまでのエピソードを復習するのもいいでしょう。