2017年10月17日更新

ドラマ『明日の約束』で井上真央が2年ぶりに連ドラ主演!学園ミステリーに挑戦【キャスト・あらすじ】

花燃ゆ 完全版 第壱集 [Blu-ray]

女優の井上真央が、2017年10月スタートの連続ドラマ『明日の約束』に出演することが発表されました。井上が連続ドラマに出演するのは、大河ドラマ『花燃ゆ』以来、約2年ぶり。この記事では、『明日の約束』のあらすじなどをご紹介していきます。

ドラマ『明日の約束』で井上真央が主演を務める!

『花燃ゆ』から2年!井上真央が再び連続ドラマの主演に挑戦

女優・井上真央が2017年10月に放送を開始する連続ドラマ『明日の約束』に出演することが発表されました。 彼女が連続ドラマに出演するのは、2015年10月にクランクアップした大河ドラマ『花燃ゆ』以来、約2年ぶりとなります。 この記事では、井上が本作で演じる役所や作品のあらすじなどをご紹介していきたいと思います。

ドラマ『明日の約束』のあらすじ

高校生の不可解な死の謎に迫るミステリー

ドラマ『明日の約束』は、スクールカウンセラーとして働く主人公・藍沢日向が、校内で発生した男子生徒の不可解な死の謎に迫っていくというミステリードラマ。 藍沢はスクーカウンセラーとして問題を抱えた生徒たちの心のケアに情熱を注ぐ一方、自身は過干渉な親に悩まされているという人物。そんな彼女に告白してきた男子生徒が、彼女に告白した翌日に不可解な死を遂げるというストーリーです。 本作は一時期、2005年に発生した「丸子実業高校バレーボール部員自殺事件」を取材した福田ますみの著書『モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』が原案と噂されていました。しかし本作はオリジナル作品だと報じられています。

主演キャストは女優復帰となる井上真央

人の心の闇に対峙するスクールカウンセラー、藍沢役

家庭や学校での生活に悩みを抱える生徒たちを、親でも教師でもない立場から救おうとするスクールカウンセラー・藍沢を演じるのは井上真央。 約2年ぶりの主演作となる『明日の約束』に対して、井上は学校や家庭で問題を抱える人々の心にそっと寄り添えるような作品にしていきたいと意気込みを語っています。 2016年に事務所を移籍して以来、目立った活動がかなかった井上真央。2年ぶりのドラマ主演には期待が高まりますね。

脚本は『任侠ヘルパー』『S -最後の警官-』などを手がけた古家和尚!

本作の脚本を手がけるのは、ドラマ『任侠ヘルパー』『S -最後の警官-』など、様々な作品を手がけてきた古家和尚。 古家はこれまで、『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』といった刑事ドラマや、『幽かな彼女』のような学園ドラマも手がけています。 ドラマ『明日の約束』は学園が舞台のミステリーなので、古家の得意分野と言えるのではないでしょうか?主演の井上の演技はもちろん、古家の脚本にも注目です!

ドラマ『明日の約束』の放送は2017年10月17日から放送開始!

井上が主演を務めるドラマ『明日の約束』の放送は2017年10月17日から、関西テレビ・フジテレビ系で毎週火曜21時から放送されます。