「インディ・ジョーンズ」全シリーズのあらすじを時系列・見るべき順番と共に総復習!

2017年11月20日更新

2020年にシリーズ5作目の公開が決定した人気アドベンチャー映画「インディ・ジョーンズ」シリーズ。最新作公開前にこれまでの4作を復習しましょう!ネタバレ注意です

「インディ・ジョーンズ」全シリーズのあらすじを時系列と共に復習しよう!

世界的に有名な考古学者にして冒険家が活躍するこのシリーズは、「スター・ウォーズ」と同じく映画界の巨匠スティーヴン・スピルバーグとジョージ・ルーカスによって作り出されました。 1981年に公開された映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』からはじまり、2017年現在、第5作目の製作が発表されています。 そこで、ハリソン・フォード主演の人気アドベンチャー「インディ・ジョーンズ」シリーズを総復習しましょう! 各作品のあらすじ、時系列を紹介するとともに、ネタバレにも触れていますので、ご注意ください。

「インディ・ジョーンズ」シリーズの時系列は?どの順番で見るべき?

これまでに4作が製作・公開された「インディ・ジョーンズ」シリーズですが、実はその時系列は公開順とは違っていることをご存知でしたか? 第1作目『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の舞台は1936年、2作目の『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984)の舞台は1935年と、2作目の方が前の時代の物語となっています。 その後、3作目は1938年が舞台となり、4作目では1957年と続きました。

ですから、物語の時系列は2作目、1作目、3作目、4作目の順になります。 2作目以外は、舞台の設定当時の国際情勢を反映した敵となっていますので、時系列順に見る方がいいかもしれません。 しかし、各作品はそれぞれで完結しており、とくに重要な伏線もありませんので、公開順に見ても問題ないでしょう。

第1作目『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』(1981)のあらすじ

プリンストン大学の考古学教授で、冒険家・トレジャーハンターとしても知られるインディ・ジョーンズ。 彼はある日、アメリカ政府からナチス・ドイツが十戒の破片が収められたアーク(聖櫃)の発掘に着手したと知らされ、なんとしてもナチスよりも先にそれを手にいれるよう依頼されます。 アークのありかを示すラーの杖飾りが恩師であるレイブンウッド教授の元にあると知ったインディは、彼に会うためヒマラヤ山脈の奥地にある酒場を訪ねました。 しかし教授はすでに他界。彼の娘でかつての恋人マリオンに、インディは冷たく追い払われてしまいます。 その直後、杖飾りを奪いにやってきたナチスの一団に酒場が襲撃されますが、マリオンは戻ってきたインディに救われ、杖飾りも守ることができました。 格闘のすえに酒場は焼け落ちてしまい、インディはマリオンとともにアークを探す冒険に出ることになります。

第2作目『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984)のあらすじ

1935年、考古学者でトレジャーハンターのインディ・ジョーンズは、上海のマフィアとの交渉が決裂しトラブルになってしまいます。 インディはクラブシンガーのウィリー、相棒のショート・ラウンドとともに飛行機に逃げ込みましたが、飛行機は墜落。彼らはインドの小さな村にたどりつきます。 聞けば、その村には「シヴァ・リンガ(サンカラ・ストーン)」という秘石を祀ってありましたが、邪教集団にそれを奪われ、子供たちも連れ去られてしまったとか。 村の老人から秘石と子供たちを取り戻すよう頼まれたインディたちは、邪教集団の根城であるパンコット宮殿に向かいます。

第3作目『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』(1989)のあらすじ

1938年、冒険家兼考古学者であるインディ・ジョーンズのもとに、大富豪ドノヴァンから連絡が入ります。 ドノヴァンはイエス・キリストの聖杯を手にいれるため調査隊を派遣していましたが、手がかりは発見したものの隊長が行方不明になってしまったというのです。 そこで、インディに彼と聖杯を探して欲しいと依頼していきました。 インディは協力を渋りますが、行方不明になった隊長というのが自分の父ヘンリー・ジョーンズであるとわかり、仕方なく依頼を受けることにします。 インディの上司であるマーカス副学部長は、ドノヴァンが所有する博物館の館長で父の旧友でもあったので、インディは彼とともに父が消息を絶ったヴェネチアに向かいました。

第4作目『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)のあらすじ

前作の冒険から19年が経った1957年。インディ・ジョーンズは、元MI6局員で相棒のジョージ・マクヘイルとともにソ連の女スパイ・スパルコに囚われてしまいます。 スパルコからアメリカの軍事施設の地下倉庫で、1947年のロズウェル事件でアメリカ軍が手に入れた「強い磁気を発する長方形の箱」を探すよう強要されたインディたち。 しかし、彼らが発見したのは強い磁気を発する謎のミイラでした。 なんとか敵のもとから脱出したインディでしたが、ソ連のスパイ容疑をかけられ職を追われてしまいます。 やむなくイギリスに向かおうとした矢先、マットと名乗る青年と出会ったインディ。マットは自分の母とインディの友人であるオクスリー教授を救うため、彼を探していたのでした。

【時系列1】『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』のネタバレ

パンコット宮殿では新たなマハラジャ、ザリム・シンが即位しており、インディたちは歓迎を受けます。 しかしその夜、インディが隠し通路を見つけ地下へ降りると、そこでは邪教の禍々しい儀式が行われていました。 邪教の司祭モラ・ラムは、村から奪った「サンカラ・ストーン」を祭壇に祀っており、それが5つ揃うと邪神カリが復活すると信じていました。 村から誘拐された子供たちは、奴隷として地下に隠された残り2つの「サンカラ・ストーン」を探すと同時に、資金源となる宝石の発掘をさせられていたのです。 シリーズ2作目となった本作は、1作目と同じくアクションシーンなどの見所満載ですが、のちに多くの映画やゲーム、バライティ番組などで引用されることになるトロッコのシーンには特に注目です。

【時系列2】『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』のネタバレ

エジプトに到着したインディは、友人で考古学者のサラーの助けを得て情報を集めますが、ドイツ国防軍のディートリッヒ大佐の部下に襲撃されてしまいます。その際、マリオンがトラックの爆発で死亡してしまいました。 ナチスと行動をともにしていた考古学者ベロックも姿を見せ、危機に陥ったインディはサラーの機転で脱出。ラーの杖飾りの謎を解きアークが眠る「魂の井戸」の場所を示す鍵を見つけます。 ついに「魂の井戸」にたどり着いた彼は、マリオンが生きて捕らえられているのを発見。こっそりアークの発掘にも成功しますが、ベロックたちに見つかり、マリオンとともに「魂の井戸」に閉じ込められてしまいます。 なんとか脱出した2人は、アークを積んだトラックを奪い貨物船でアメリカを目指します。しかし、そこにドイツのUボートが現れ、またしてもアークとマリオンを奪われてしまいました。 息をもつかせぬ展開で大ヒットとなったシリーズ1作目。インディ・ジョーンズといえば、の巨大な岩に追いかけられるシーンはこの作品で観ることができます。

【時系列3】『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』のネタバレ

ヴェネチアに到着したインディとマーカスは、調査隊の一員だったエルザ・シュナイダー博士に出迎えられました。 インディは父の残したメモの謎を解き、十字軍の騎士の墓を発見します。そこで聖杯を探す第二の鍵となる盾を手に入れました。 聖杯を守る秘密結社の一団に襲われたインディたちでしたが、そのうちの1人からヘンリーの監禁場所を聞き出すことができました。 インディは、ナチスに占領されていたザルツブルク城で捕らえられていた父と再会を果たしましたが、実はナチスの一味だったエルザの裏切りで、2人とも捕らえられてしまいます。 本作の見所はなんといってもショーン・コネリー演じるインディの父、ヘンリー・ジョーンズのとぼけた存在感です。1作目に登場したインディの友人サラーの再登場も、ファンにはうれしい驚きでした。 また、少年時代のインディを『スタンド・バイ・ミー』(1987)などで知られるリバー・フェニックスが演じ、インディ自身の謎が明かされるなど冒険以外の見所も盛り込まれています。

【時系列4】『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』のネタバレ

マットの育ての親であるオクスリー教授は、半年前にペルーで神秘の力を持つというクリスタル・スカルを発見したと連絡してきた直後に消息を絶っていました。 クリスタル・スカルは、7000年前に存在したと言われる黄金の都アケトーの神殿から盗まれたもので、それを神殿に返した者はスカルのパワーを手にするという伝説がありました。 オクスリー教授を探しに行ったマットの母は、教授とともにソ連軍に捕まってしまいますが、隙を見てマットに連絡し、インディに助けを求めるよう伝えたのです。 KGBの追跡を振り切ってナスカに到着したインディたちは、教授の残した暗号を解き、クリスタル・スカルを発見します。 しかしそこでソ連軍に捕まってしまい、教授とマットの母に再会。マットの母は、なんとインディが結婚直前にケンカ別れしたマリオン・レイブンウッドでした。

前作から19年ぶりとなった本作では、1作目のヒロイン、マリオンの再登場やインディの息子の存在など冒険の中にそれぞれの人生や人間模様が描かれました。 どんでん返しのラストにも注目の作品です。

『インディ・ジョーンズ5(仮題)』は2020年公開予定!

2015年には、「インディ・ジョーンズ」シリーズ最新作となる5作目の製作が正式に発表されました。 主演はもちろんハリソン・フォードが続投し、前作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』の後の物語になるとのこと。 また、シリーズすべての監督を務めてきたスティーヴン・スピルバーグがメガホンをとることも発表され、ファンの期待は高まっています。 しかし、残念ながら製作総指揮のジョージ・ルーカスは今回は参加しません。 また、前作でインディの息子として登場し、その後を継ぐように思われたシャイア・ラブーフ演じるマットも、2017年現在のところ登場する予定はないとか。 まだ明らかになっていないことの多い最新作。2020年の公開を楽しみに待ちましょう!