「ラストコップ」シリーズのあらすじネタバレまとめ【THE LAST COP】

2018年1月5日更新

昭和の熱血刑事・京極浩介と、現代っ子の若手刑事・望月亮太の破天荒バディが暴れまわる「ラストコップ」シリーズ。今回は始まりの「Episode1」から、「アナザーストーリー」までのあらすじをネタバレ含めご紹介します。

「ラストコップ」シリーズのあらすじをまとめて紹介!【ネタバレ注意】

「ラストコップ」シリーズは、日本テレビと動画配信サイト「Hulu」の共同制作による、ドイツの人気ドラマ『DER LETZTE BULLE』のリメイク版です。 本作は横浜を舞台に、30年間の昏睡状態から目覚めた熱血刑事・京極浩介と、草食系刑事・望月亮太のバディが事件を解決する痛快アクションコメディ!最初は2015年6月19日に、金曜ロードSHOW!特別ドラマスペシャルとして「Episode1」が放送されました。 その後Huluにて、続編となるEpisode2以降が6週連続で配信。2016年9月3日から"3週連続ラストコップ祭り"と題し、Hulu版全7話の総集編「Episode0」が放送されました。同年10月には連続ドラマ化され、2017年に劇場版も公開された人気作です。 今回はそんな「ラストコップ」シリーズのあらすじを、放送・配信順にネタバレありでご紹介します。

ドラマ『THE LAST COP Episode1』あらすじ

長い昏睡状態から目覚めた昭和の熱血刑事・京極浩介

型破りですが、その情熱で数々の事件を解決してきた刑事・京極浩介(唐沢寿明)。しかし1985年、京極は凶悪犯・カグラが仕掛けた時限爆弾によって昏睡状態に陥りました。 それから、30年後の2015年。突然、病院で目覚めた京極は妻の加奈子(和久井映見)に会いに行きますが、彼女から再婚を理由に拒絶されます。納得できず大暴れしていたところを若手刑事の望月亮太(窪田正孝)に逮捕され、横浜中央署に連行されました。 かつての後輩で加奈子の夫・鈴木誠(宮川一朗太)と、先輩刑事で現在は横浜中央警察署署長の鯨井雅高(田山涼成)と再会し、刑事の職に復帰。京極とバディを組む亮太は、浦島太郎状態の京極に困らされてばかりで、住む家がない彼を居候させることに……。

2人組のサイバーテロリスト「シーサー」

そんな中、京極と亮太は巷を騒がせている2人組の犯罪者「シーサー」が狙う可能性があるということで、あるイベントの警備を任されました。シーサーらしき男たちを発見するも、病み上がりの京極はボコボコにされ、亮太ももうひとりを取り逃がしてしまいます。 署に戻った京極は、加奈子から娘の結衣(佐々木希)は鈴木を本当の父親と思っているからそのままにして欲しいと言われ、衝撃の事実に深く落ち込むのです。 その後、イベント会場を襲った犯人は、安藤と五十嵐という男だと判明しました。 京極は外回りの途中、チェイスブック(Facebook)を使って結衣の居場所を調べ、本当の父親だとは告げないまま再会を果たします。 そしてある日、あらゆる場所をハッキングしたシーサーは、「6月19日、インドラの雷が落ちる」と犯行声明を出しました。6月19日当日、シーサーの思惑が"飛行機を墜落させること"だと気づいた京極は、急いで亮太と共に空港へと向かいます。

シーサーの正体と事件の結末【ネタバレ注意】

同じころ空港では、加奈子が結衣の乗る飛行機の到着を待っていました。結衣たち乗客を救うため、安藤と五十嵐の説得に動き出した京極と亮太。安藤は青森の施設から彼を引き取った親が先助成金目当てだったと知り、全てに復讐を始めたと言うのです。 そして、「飛行機を狙ったのは、幼いころの夢がパイロットだったから」と語ります。 京極は逆上した安藤に撃たれますが、弾は亮太が無理やり渡していた携帯に当たり、安藤の制圧と飛行機のハッキング停止に成功しました。しかし、京極の一撃で気絶していたはずの五十嵐が姿を消し、飛行機の乗客の中に紛れていたことが判明! 京極たちに追い込まれ、苦し紛れに手榴弾を投げつける五十嵐。京極が何とかキャッチして無人の滑走路に投げ、今回の事件は一件落着します。その時、京極にお礼を言い鈴木の元へ走っていく結衣を見つめる京極に、ライフルを向ける者が……。 結局、人の影が邪魔で発砲しなかったものの、この人物は誰だったのでしょうか。 その夜、家で斉藤由貴の映画を観ながら泣いていた京極は、亮太に「カグラを捕まえることが、俺が目覚めた理由かもしれない」と宣言しました。

ドラマ『THE LAST COP Episode0』あらすじ

第一夜:結衣がストーカー被害に遭う!?【ネタバレ注意】

2015年、凶悪犯カグラの追跡中に陥った昏睡状態から、30年ぶりに目覚めた京極浩介。元妻から虐げられ、娘に父親と認識されない現実に耐え、再び刑事として立ち上がりました。 しかし、平成を迎えた現代に馴染めない京極は、最新機器を使いこなせず、セクハラ・パワハラでバディを組む望月亮太を困らせてばかりでした。そんなある日、京極はカグラの捜査資料が全て紛失していることを奇妙に思っていたのですが……。 世間では連続ストーカー暴行事件が騒ぎになっており、結衣はストーカー被害に遭っていると亮太に相談しますが、京極の活躍で男を撃退します。一安心かと思いきや、実は狙われていたのは京極で、復讐代行サイトで懸賞金の対象になっていたのです! 京極は結衣を人質に取られてしまったものの、無事に取り戻し犯人を倒しました。

第二夜:ついに京極が本当の父親だと結衣にバレる!【ネタバレ注意】

京極と亮太は、危険ドラッグに手を染めた半グレ集団を廃屋に追い込みますが、そこにいた仲間たちは拳銃やマシンガンを手にしていました。実は最近、3Dプリンターで製造された武器が闇社会に流通しており、大きな問題になっていたのです。 そんな時、京極は結衣に頼まれた亮太に連れられ、鈴木家の晩餐会に招かれます。 結衣は京極を母の元カレだと思っていたのですが、偶然、京極と結衣と加奈子が映った写真を見つけ、京極が本当の父親だと知ってしまいました。京極と亮太が暮らす家に乗り込んだ結衣は、京極に本当の気持ちを言ってほしいと詰めより、そのまま居座ります。 そして、半グレ集団の背後にいる闇組織が明らかになり、京極が潜入捜査することに!元バディの遠藤勇二(佐野史郎)から、「カグラの内通者がいる」と忠告されます。 無事、潜入に成功する京極ですが、またもトラップの爆発に巻き込まれてしまうのです!

第三夜:京極が追い続けたカグラの正体は……【ネタバレ注意】

潜入先の闇組織で爆発に巻き込まれるも、危機一髪のところで助かった京極。しかし、遠藤の謀略で殺人容疑の濡れ衣を着せられ、指名手配犯に仕立て上げられたのです!絶体絶命の京極でしたが、助けに来た亮太のおかげで何とか窮地を脱しました。 その後、カグラによって街の電波が乗っ取られてしまい、人々は混乱状態に陥ります。そこで京極は、こちらも電波をジャックし、カグラの正体を暴こうと考えました。 カグラの正体は、目星を付けていた男ではなく、元バディの遠藤だと判明……。遠藤はカグラに多額の金で買収されましたが、京極が昏睡状態になった30年前のあの日、カグラを暗殺して自分がなり代わる計画を実行したのです。 新たなカグラ・遠藤は京極に一緒に組もうと言いますが、京極は応じようとしません。屋上から飛び降りた遠藤を京極が助け、ずっと追い続けたカグラは逮捕されました。 30年前のケリをつけた京極ですが、亮太から結衣との交際を報告されショックを受けます。

連続ドラマ『THELASTCOP/ラストコップ』あらすじ

2016年もスタジャンと痩せマッチョコンビが大活躍!

2016年10月、京極の元バディでカグラだった遠藤が「俺がいなくなっても、新たなカグラが現れる。」と言い残し、逮捕されてから1年が経ちました。 京極と亮太はこの1年の間、数々の凶悪事件を解決する「スタジャンと痩せマッチョ」のコンビとして、裏社会からも恐れられていました。京極に感化された亮太は、草食系から破天荒な肉食系へと変貌を遂げ、時に京極以上の暴走を見せています。 さらに、結衣は父親たちの影響からか、交通課勤務の警察官へ転職していたのです! そんな中、京極たちは横浜中央署管内で発生した銀行強盗事件を解決するも、指揮を執っていた参事官・松浦聡(藤木直人)は作戦が混乱したと大激怒します。そして京極はかつての親友で、恋のライバルでもあった相良虎徹(吉田鋼太郎)と再会し、虎徹は社長になっていました。

破天荒に事件を解決していく京極と亮太

旧友との再会の喜びもつかの間、ドローンに積まれた無数の小型爆弾が爆発し、横浜の街は大パニックに陥っていました。何と爆弾犯は虎徹で、会社経営が破たんしたことを恨みに、腐った世界をリセットするつもりだと明かします。 京極の捨て身の作戦によって、横浜は爆弾の脅威から守られました。ですが松浦は、本部長の神野晴彦(小日向文世)に対して京極の危険性を訴えます。しかし、神野が見逃しているのには理由があるようで、「あの2人にまだまだ楽しませてもらわないと」と語りました。 そして京極が街を救った動画がインターネット上で拡散され、ジャーナリストの春日井晴香が取材クルーを連れて訪ねて来ます。恋の予感に浮き立つ京極ですが、晴香は国際的犯罪組織の一員で、警察署内の拳銃を盗むために京極に近付いたのです。 実は男だった晴香こと「春男」。彼を倒し、奪われていた拳銃と麻薬を取り返します。 その後、京極は赤嶺大和(粟島瑞丸)の手引きで脱獄した遠藤を再逮捕したり、名門高校での潜入捜査や亮太が記憶喪失になるなど、数々の困難に立ち向かいました。

最終回は視聴者投票で京極の生死が決まる!?【ネタバレ注意】

京極と亮太、交通課の結衣と三島菜々子(桜井日奈子)は、神野の命令で臓器売買への関与が疑われている「みなと西病院」に潜入しました。 実は臓器売買は、京極をヒーローと呼んで憧れる子供たちと会わせるための嘘で、形だけの捜査だったというオチでした。しかし、署に戻った京極は屋上で怪しげな男・長沢佑二(忍成修吾)に声をかけられ、「これから横浜の街を混乱に陥れます」と宣言されます。 逮捕に動き出す横浜中央署と神奈川県警ですが、長沢の予言通り発電所の爆発で停電が起こり、子供たちの命綱の呼吸器が使えなくなりました。急いで発電所へ向かった京極と亮太は長沢とその手下を倒し、京極が素手でケーブルを接続し直します。 電気は復旧し長沢も逮捕されますが、京極は高圧電流の影響で倒れてしまいました。みなと西病院に運ばれた京極の傍で、子供たちは彼が好きな斉藤由貴の「卒業」を歌います。ついに策が尽きて、加奈子が目覚めのキスをしようとした時、京極が目を覚ましました。 今回ばかりは松浦も京極を認め、刑事ドラマ的展開に満足な様子の神野本部長。しかし、京極の体を検査した院長は何らかの異常を見つけたようで……。

映画『LAST COP THE MOVIE』あらすじ【ネタバレ注意】

人工知能システム導入に向けて、横浜中央署の面々はデーター採集のため、AIの「ブナッシー(cv.出川哲郎)」と一緒に捜査することに。しかし京極は、研究者の西園寺春孝(加藤雅也)と藤崎誠吾(吉沢亮)に、"刑事のカン"の方が大事だと反発します。 すると西園寺は、AIを使えば京極の失われた30年間も取り戻せると告げます。西園寺の研究所に招かれ、結衣の成長過程をもとにしたホログラムを目にする京極。昏睡中、唯一の心残りだった娘の成長を見つめながら涙し、西園寺に感謝を伝えました。 京極は亮太に「来月、結衣と結婚式を挙げろ。ただし、俺を超える男になれ」と告げます。実は長く眠っていた京極の体が、急激な運動量に限界を迎えていたのでした。 そんな中、西園寺を襲った藤崎がブナッシーのマザーコンピューターで、AIの「コスモス」を奪って逃走しました!藤崎はAIで世界の再構築を目指す急進派で、危険性を考慮して慎重に研究を進める西園寺のやり方に耐えられなかったのです。 藤崎はコスモスによる日本滅亡を画策し、国際的テロ組織と手を組んでいました。 京極は西園寺のもとに駆け付け、藤崎を止めるため一人で現場へと向かおうとしますが、京極の身に起きた異変を知った亮太が現れます。そこで、最後まで刑事として生きたいと言う京極と亮太のタイマン勝負が始まり、京極を超えて亮太が勝利しました。 亮太は結衣と結婚すると宣言し、京極のバディとして共に現場に行くことを選びます。京極も亮太に会えてよかったと言い、藤崎との最終決戦に向かいました。 窮地に陥った藤崎は、コスモスに命じて横浜を標的としたミサイルを発射します。死期の迫る京極は亮太を残し、単身で乗り込んだヘリコプターでミサイルに突っ込みました。そのまま空中で爆破し、京極の命と引き換えに人々の平和は守られたのです。 それから半年後、亮太と結衣の結婚式当日。生前の京極から依頼され、西園寺が作った京極のAIホログラムに見守られて、2人は誓いのキスをしました。 ――さらに30年後、何と西園寺によって冷凍保存されていた京極が復活! 今度は30年前の姿のまま目覚め、車が空を飛び高層ビルが並ぶ2037年の世界に向かって、「やってやろうじゃねぇか!」と叫びました。

ドラマ『THE LAST COP ANOTHER STORY/ラストコップアナザーストーリー』あらすじ

another story1「変・身」前編/後編

京極と亮太は鈴木家に招かれて、クリスマスパーティーをすることになりました。しかし、亮太が持参したウォッカを飲んだ5人は、盛大に酔っぱらってしまうのです。 そして翌日、目覚めた京極は洗面所の鏡に写る自分を見て驚きます。実は京極の体に結衣の精神が入り、結衣の体の中身は京極になってしまっていました!さらに、亮太と加奈子も同じように入れ替わっており、異変がなかったのは鈴木だけでした。 鈴木の提案で、京極、亮太、結衣、加奈子は体の人格になり切って生活し始めます。そんなある日、埠頭の倉庫にテロ組織が潜伏しているとの情報が!やむを得ず京極(結衣)と亮太(加奈子)は潜伏先に乗り込むのですが、経験のない2人は相手になりません。 そこで加奈子(亮太)は、中身に経験が無くても体は鍛えられた刑事だと思い出し、京極(結衣)と亮太(加奈子)に指示を出して男たちを制圧しました!4人が事件解決に喜んだところで、はっと目を覚ました京極は全て夢だったと気付きます。 京極は安心して鈴木家へ向かうのですが、話はなぜか夢通りに進んでいき・・・・・・。

another story番外編「KBD3人娘から亮太へのエール」

窪田正孝がノロウィルスに感染したため、another story1「変・身」後編の配信を延期にすることになり、その代わりに制作されたミニドラマです。 内容は横浜中央署の三人娘こと、三島奈々子(桜井日奈子)、小山内美咲(武田玲奈)、山瀬栞(伊藤沙莉)が、窪田演じる亮太にエールを送るというもの。亮太の絶叫つっこみコレクションからスタイリッシュアクションコレクションまで、貴重映像が大公開されました。 京極とのメモリアルコレクションのほか、亮太の未公開アクションも初披露されています。

another story2「刑事、赤の時代」前編/後編

ある日、神奈川県警で柔道大会が行われ、横浜中央警察署の京極と神奈川県警本部の参事官・松浦聡が決勝に残りました。試合中の事故で頭を打った2人は、精神だけの状態になって39年前にタイムスリップしてしまったのです! 当時、中学生だった京極は不良仲間を傷つけられ、長野県まで報復に来ていました。乱闘しているところに割って入ったのは、松浦の父で刑事の松浦和志(藤木直人)。長野南中央警察署に連行された京極に、和志は親し気に仲間を紹介してくれます。 その際、持田亮平(窪田正孝)の誘いで、和志の家に泊まることになった京極。和志は京極に自分も不良だったと明かし、なぜ刑事になったのかを語りました。 元の時代に戻る方法を探し始めた京極と松浦は、うっかり坂道から転がり落ちてしまい、今度は京極が22歳だった時代にやって来ます。京極は刑事になっており、和志が「カグラ捜索のために、神奈川県警の応援要請に志願した」と京極に話していました。 そして松浦の姿が消え、京極の前にホームレスのリョウ(窪田正孝)が現れます。リョウが読んでいた新聞の日付を見て、31年前にカグラと対決した日だと気付く京極。慌てて現場に向かうも時はすでに遅く、爆弾は爆発し、建物の外で和志が亡くなっていました。 その後、柔道大会の会場で目を覚ました京極と松浦は、過去の記憶を残していました。京極は和志の笑顔に何度も勇気付けられたと語り、松浦ももっと笑うよう勧めます。

another story of THE MOVIE「結婚にまつわるエトセトラ」

京極の知らぬ間に付き合い始めていた亮太と結衣。将来的には結婚を考えている2人ですが、結衣の実の父親である京極は交際すら認めていませんでした。 亮太は京極から過酷な「結婚段取りリスト」を課され、その消化に奮闘する毎日です。鈴木家では女子会が開催され、亮太と結衣の出会い、付き合うことになった経緯が明かされます。さらに話題は、京極と加奈子の過去のデートの思い出話へ発展していきました。 そんな中、鑑識課の栞が婚活パーティで出会ったのは、元海軍将校の国際ジャーナリスト。栞は運命の出会いだと言い、彼に一目惚れしてしまったそうなのです。 しかし、栞のこの運命の恋が、新たな事件の幕開けとなってしまいました。

another story of THE MOVIE「密着!神奈川県警24時?」

ある日、神奈川県警の密着ドキュメンタリー番組が制作されることになったため、番組の撮影スタッフが横浜中央署へとやって来ました。 署のメンバーに密着取材するそうで、街をパトロールする京極と亮太の独占インタビューや、京極と結衣親子の休日デートに密着することに。さらには、菜々子たち警察官アイドル「KBDホーリーナイト」のLIVEまで、知られざる一面が撮影されました。 しかし、ハチャメチャなメンバーに振り回され、当惑してしまう番組スタッフ。不正を糾弾する告発番組に方針転換しますが、半グレ集団の事件に巻き込まれていくのです。 そしてドラマ後半は、ラストコップメンバーのキャスト陣がアドリブ全開で演じる、インタビュー取材ブロックが展開されました。