©Yonhap News/YNA/Newscom/Zeta Image

【祝ご結婚】幸せいっぱいソン・ジュンギ!これまでの軌跡【おすすめ映画・ドラマ】

2018年1月16日更新

愛らしいルックスと確かな演技力を武器に、着実にキャリアを重ねてきたソン・ジュンギ。2016年に韓国で放映された『太陽の末裔』は大ヒットを記録し、共演したソン・ヘギョとゴールインしました!今回は公私ともに波に乗るソン・ジュンギのこれまでを振り返ります。

ソン・ジュンギ、アナウンサー志望から俳優へ

ソン・ジュンギは1985年9月19日生まれ、身長178cm、血液型はA型です。子供の頃にはショートトラックのスケート選手として、国体にも出場するほどの成績を残しましたが、ケガで断念。その後は学業に専念し、韓国の名門校である成均館大学に入学しました。 学生時代から、校内のアナウンサーやモデルとして活躍する有名人でしたが、テレビのクイズ番組で準優勝した際にはイケメンぶりが話題になり、ファンカフェまで作られたほど!在学中は成績も優秀で、TOEICのスコアは900点以上というほどの努力家でもあります。その知性を活かし元々はアナウンサー志望でしたが、クイズ番組で芸能関係者の目に留まり、俳優への道を進み始めたのだそうです。 今や名実ともにトップスターの仲間入りを果たしたソン・ジュンギの、これまでの出演作品をピックアップしました!

『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛』で映画デビュー

映画デビューを飾ったのは、『霜花店 運命、その愛』。高麗時代を舞台に、チュ・ジンモ演じる王と王妃(ソン・ジヒョ)、王の寵愛を受ける近衛隊長(チョ・インソン)が繰り広げる三角関係を描いた、官能的なラブストーリーです。 ソン・ジュンギは、王を守る美少年親衛部隊「乾龍衛」のひとり、ノタク役で出演しました。当時は新人だったものの、演技への情熱と自信は監督やスタッフに強い印象を残したそう。 この映画で共演したチョ・インソンからは役者としての基本を教わったり、俳優としてのアドバイスを受けたりと目をかけてもらい、今も仲の良い友人として交流が続いているようです。

フレッシュな高校生を演じた、オムニバス映画『オガムド〜五感度〜』

「五感を刺激するエロス」をテーマにした、5編の短編ラブストーリーで構成されたオムニバス映画『オガムド~五感度~』。R18+の本作では、その中の短編のひとつ『One Fine Day』に出演し、シン・セギョンと高校生のカップルを演じました。 3組の高校生カップルが、お互いのパートナーを交換するというちょっと危ういストーリーですが、初々しくもセクシーに高校生役を演じています。

ソン・ジュンギが殺害される被害者役!映画『イテウォン殺人事件』

梨泰院(イテウォン)のハンバーガーショップで起きた、実際の殺人事件を基に作られた映画『イテウォン殺人事件』では、被害者のチョ・ジュンピル役を演じました。主演は『トンイ』や『王の男』のチョン・ジニョン。容疑者役のひとりをチャン・グンソクが演じています。 本作のソン・ジュンギは「トイレで斬殺される大学生の被害者」という、ファンにとっては観るのも辛い役どころ……ですが、まだあどけない面影のソン・ジュンギを垣間見ることのできる貴重な1作です。 ちなみにモデルとなった実際の事件は未解決でしたが、本作の公開がきっかけとなって捜査が再開され、後に容疑者が起訴されたのだそうです。

ドラマ『クリスマスに雪は降るの?』では優しいお兄さん

コ・スとハン・イェスル主演のドラマ『クリスマスに雪は降るの?』には、主人公の兄ハン・ジヨン役で出演しました。「子供時代の兄」を演じ、妹を想うあまりに命を落としてしまう……という役どころのため、登場するシーンは多くなかったものの、妹を優しく包むまなざしが印象的でした。 このドラマでは、コ・ス演じる主人公の子役時代を『星から来たあなた』のキム・スヒョンが演じています。

ソン・ジュンギが愛らしい犬たちと共演!映画初主演作『ボクとマウミの物語』

2006年に公開されたヒット作『マウミ(原題)』の続編『ボクとマウミの物語』では、映画での初主演をつとめました。ソン・ジュンギ演じる高校生ドンウクと、愛犬マウミ、その子供たちとの交流を描いた感動作です。 犬たちの愛らしさと、さらに磨きのかかったソン・ジュンギの演技が本作の魅力。人気ドラマ『応答せよ』シリーズのソン・ドンイルや、『オー・マイ・ビーナス』のキム・ジョンテが脇を固めています。

“ジュンギ・ホリック”続出!ドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』

女人禁制の名門校・成均館を舞台に描いた、パク・ミニョンとJYJのパク・ユチョンが主演の時代劇では、女好きのプレイボーイ、ク・ヨンハ役を軽快に演じました。 本作でのソン・ジュンギの役どころは直観が鋭く、"おしろいの匂いで下着の色を当てることが出来る"ほどの遊び人かつ、中性的な魅力を持つ魔性の儒者。その魅力的なキャラクターは「ジュンギ中毒=ジュンギホリック」が後を絶たないほどファンからの注目を集め、人気を博しました。

ソン・ジュンギがドラマ『優しい男』では「ミルク男」から一皮むけた、演技派へ

映画に続いて、ドラマで初主演したのは『優しい男』。愛する女性に裏切られ復讐を誓うも、本当の愛を知り、本来の優しさを取り戻す……冷たさやタフさ、可愛らしさを併せ持つカン・マル役を演じました。 このドラマでのソン・ジュンギの演技は高く評価され、「KBS演技大賞」の最優秀演技賞をはじめ、多数の賞を受賞。名実ともに、トップスターへと昇り詰めました。これまでの「ミルク男(甘いマスクで色白の優しい男)」のイメージを脱ぎ捨て、演技の幅を更に広げたターニングポイントとなる作品と言えるでしょう。

韓流ドラマ史に残るメガヒット作!ドラマ『太陽の末裔』

兵役を終え除隊後に選んだ第1作目は、ドラマ『太陽の末裔 Love Under The Sun』でした。特殊部隊の軍人ユ・シジン大尉(ソン・ジュンギ)と、胸部外科医カン・モヨン(ソン・ヘギョ)を主役に、壮大なスケールで描かれる愛と使命のストーリーは視聴者の心を鷲づかみにし、韓国ドラマ史に残る名作のひとつとなりました。 今ではソン・ジュンギ以外には考えられませんが、ユ・シジン役にはチョ・インソン、キム・ウビン、カン・ドンウォン、イ・ミンホなどの人気俳優が候補に挙がっていたそう。長期海外ロケであること、軍人役のため短髪にする必要があったことなどの理由でオファーは難航しましたが、候補の一人チョ・インソンが製作陣に推薦したのが、ソン・ジュンギだったのです。 ぴったりはまったキャスティングと気の利いたセリフでファンの心をときめかせた『太陽の末裔』は各賞を総なめし、ソン・ジュンギはスターの仲間入りを果たしました。

祝ご結婚!お相手は『太陽の末裔』の彼女役、ソン・ヘギョ

『太陽の末裔』で共演した4歳年上のソン・ヘギョとの熱愛説を何度も否定し続けていたソン・ジュンギでしたが、2017年7月には婚約を電撃発表!10月31日にはソウル市内のホテルで挙式を行いました。 ドラマ放映中から話題になった「ソンソンカップル」と呼ばれるトップスター同士の結婚は、ドラマのように幸せな結末を迎え、多くのファンからも祝福されました!

ソン・ジュンギの気になる、次回作は?

ソン・ジュンギ
©Yonhap News/YNA/Newscom/Zeta Image

メガヒットを記録した『太陽の末裔』ですが、それだけに次回作のチョイスも難しいところ。一説には映画『ロ・ギワン』やNetflix製作のドラマ『キングダム』ではないかと噂されていますが、所属事務所からの正式な発表はされていないようです。 公私ともに充実し、俳優としても大躍進を遂げたソン・ジュンギ。ますますの活躍が楽しみです!