2018年4月11日更新

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の魅力・見どころ徹底解説!

全米で大人気のドラマ、『ヴァンパイア・ダイアリーズ』。美男美女が繰り広げる三角関係や、オカルトな世界観が多くの若者を惹きつけました。今回、作品の見どころや魅力的なキャスティングについて解剖していきます!

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』とは?

物語の舞台は、バージニア州ミスティック・フォールズ。女子高校生のエレナは、4ヶ月前に両親を自動車事故で失い、叔母と弟と3人で暮らしていました。 そんな中、転校生のステファン・サルヴァトーレと出会って恋に落ちますが、ステファンの兄であるデイモンの出現や街で次々と起こる奇妙な事件、そして彼らの正体を知っていくうちに、自らも大騒動に巻き込まれていき......。 あらすじを読んだだけでも惹かれるこの作品は、アメリカの作家L.J.スミスによる『ヴァンパイア・ダイアリーズ』を実写化した大人気ドラマシリーズです。2009年から人気を博したシリーズですが、2017年に放送したシーズン8で物語の幕を閉じました。

魅力は勿論!ときめきが止まらない三角関係

何と言ってもこのドラマの見どころは、美男美女が織りなす三角関係。観る人によってデイモン派かステファン派かで分かれるのではないでしょうか。 魅力的な3人の登場人物をご紹介します。

ニーナ・ドブレフが演じる、エレナ・ギルバード

まずは絶世の美女、エレナ・ギルバードの紹介です。彼女は、2人の男性から愛され揺れ動く魅惑的な主人公として登場します。

ポール・ウェズレイが演じる、ステファン・サルヴァトーレ

キャサリンの復活の為エレナに接近しますが、出会った2人は恋に落ちることになります。 彼の優しい眼差しに、思わずキュンとする女性も少なくないのでは。

イアン・サマーホルダーが演じる、デイモン・サルヴァトーレ

ステファンの兄、デイモン・サルヴァトーレ。愛するキャサリンのため弟に続いてエレナの前に現れますが、キャサリンと瓜二つなエレナに次第に惹かれていき......。 写真から溢れるセクシーさがたまりませんね。

魔女、狼人間......観るものを惹きつける『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のキャラクターたち

作中にはヴァンパイアだけでなく、オカルトでお馴染みの魔女や狼人間も続々登場します!

ヴァンパイア

約1000年前、現存するヴァンパイアの祖先となるオリジナル・ヴァンパイア一家が誕生しました。 ヴァンパイアであるサルヴァトーレ兄弟は基本的に不老不死ですが、弱点もあります。魔法のかかったアクセサリーをつけないと直射日光を浴びられないことや、心臓を杭で貫かれたら数百年もの眠りに落ちてしまうこと、心臓を取られた場合は死至ることなどが挙げられます。 ちなみにニンニクや聖水、十字架はヴァンパイアに効果がなく、伝説と設定が異なっています。

魔女

その名の通り魔力を持っており、様々な魔法を使うことができます。 作中では、エレナの親友のボニー・ベネットが魔女として登場します。

狼人間

狼人間は、満月の夜になると狼の姿に変身します。狼に変身すると、無差別的に殺人行為を行ってしまう凶暴な性質を持つ生き物です。 狼人間の血を持つタイラーは気性が荒く、たびたび問題を起こしてしまう問題児として物語に登場します。

ニーナ・ドブレフによる1人三役の演技がすごい!

なんと、ニーナ・ドブレフが1人で三役を演じ分けています。主人公のエレナ役、過去にサルバトーレ兄弟を魅了したキャサリン役、そしてサイラスの恋人であるアマラ役を1人で行っています。 三役の演技が評価されたのか、ティーン・チョイス・アワードの女優賞を複数回受賞しており、かなりの実力者として評価されています。 全く性格の異なる3人のキャラクターを演じ分けるニーナ・ドブレフに要注目ですね。

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』のトリビア

ニーナ・ドブレフ演じるキャサリンは、原作ではドイツ人キャラクターだった。

実際の原作ストーリーではキャサリンはドイツ人として描かれています。しかし、ニーナ・ドブレフはブルガリア出身であり、使用言語はブルガリア語でした。そのため、原作の設定を変えてキャサリンをブルガリア人として演じさせました。 もしかすると、一人三役を演じるニーナ・ドブレフへの負担を考え、少しでも演じやすいよう考慮した結果かもしれませんね。

実は、イアン・サマーホルダーとニーナ・ドブレフは、撮影期間中交際していた。

ドラマの共演がきっかけでデートをするようになった2人は、2010年から交際をスタートさせます。交際当初のイアン・サマーホルダーが32歳なのに対してニーナ・ドブレフは22歳、なんと10歳も離れています。 数年に渡ってラブラブな2人でしたが、結婚観のズレにより2013年に破局してしまいます。2人の年齢差が溝を生じさせる原因の一つとなったのかもしれません。 破局後もドラマ撮影は続き、2人の友好関係は変わらず続いたそうです。ニーナ・ドブレフはインスタグラムにしばしば2人のツーショットを掲載しており、ニッキー・リードとの交際についてもポジティブなコメントを残しています。

シーズン6でドラマ降板したニーナ・ドブレフが、シーズン7に登場している?

ニーナ・ドブレフの出演はシーズン6で一旦打ち切りとなりましたが、実はシーズン7でも電話シーンにて声出演を果たしています。 ちなみに、主役降板はニーナ・ドブレフの意思によって決まりました。明確な理由は公表されていませんが、イアン・サマーホルダーとの破局が大きな要因なのでは......という噂が流れています。

実は、スピンオフの『オリジナルズ』というドラマがある。

ドラマ自体は8シーズン目で終了となりましたが、実はスピンオフドラマとして制作された『オリジナルズ』があることは知っていますか?この作品は、ドラマ内に出てくるオリジナル・ヴァンパイア達について焦点を当てた物語構成となっているそうです。 『ヴァンパイア・ダイアリーズ』とはまた違ったダークな雰囲気が楽しめるこのドラマ、見ていない方は必見です!

知っておきたい『ヴァンパイア・ダイアリーズ』の魅力、いかがでしたか?これを機にシーズン1から是非おさらいしてみてくださいね。