2018年7月19日更新

『ダウントン・アビー』が映画化、マギー・スミスら主要キャストも集結!

ダウントン・アビー
©T.C.D / VISUAL Press Agency

人気ドラマシリーズ『ダウントン・アビー』が、映画になって復活するということが明らかになりました。しかも、主要キャスト・スタッフが続投するそうですよ!

『ダウントン・アビー』が映画になって帰ってくる!

2015年に完結した海外ドラマ「ダウントン・アビー」シリーズが、映画化されることが明らかになりました。同シリーズは、シーズン6まで放映され、「プライムタイム・エミー賞」「ゴールデン・グローブ賞(作品賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)」など、多岐にわたる受賞歴を誇る人気作。今回の映画化を待ちわびていたファンも多いのではないでしょうか?

『ダウントン・アビー』とは?

ダウントン・アビー
©T.C.D / VISUAL Press Agency

『ダウントン・アビー』は、イギリスのテレビドラマシリーズ。日本でも、NHK総合やスターチャンネルで放送されていました。 物語は、1912年から1925年までのイギリスにある、架空のカントリー・ハウス(当時の貴族たちの邸宅)を舞台に、当時の社会情勢や史実を踏まえながら進行。貴族・クローリー家の面々とその使用人たちに降りかかる様々な事件が、史実などを反映しながら描かれています。 登場キャラクターも非常に多く、ストーリーを簡単に説明するのもなかなか難しい本作ではありますが、2018年7月現在、NetflixやHuluでも配信されているので、興味のある方は是非そちらでチェックしてみて下さいね!

主要キャストは続投!ただし、あの人気女優は出演せず?

映画版には、クローリー家の当主ロバート・クローリー役のヒュー・ボネヴィルをはじめ、長女メアリー役のミシェル・ドッカリー、侍女のアンナ役ジョアン・フロガット、先代伯爵夫人バイオレット・クローリー役のマギー・スミスらオリジナル版主要キャストが多数出演するとのことが報じられています。 また、ミシェル・ドッカリーら一部のキャストは自身のSNSでも同作の出演を報告しています。

リリー・ジェームズ
©Clemens Niehaus/Geisler-Fotopres/picture alliance / Geisler-Fotop/Newscom/Zeta Image

ただし、同シリーズに伯爵の従妹スーザンの末娘・ローズ・マクレア役で出演し、現在は『ベイビー・ドライバー』『シンデレラ』など映画でも活躍中のリリー・ジェームズは、Peopleに本作に出演しない旨をコメントしたんだとか。それは、彼女の演じたローズが劇中でニューヨークへ旅立った為、物語の中にローズを呼び戻すことに違和感を覚えるからだそうです。

期待の映画、『ダウントン・アビー』の撮影は今夏スタート!

映画版の制作は2018年夏からスタートするとのこと。また、脚本と制作はドラマと同じくジュリアン・フェローズが担当するほか、ドラマ版の監督も務めたブライアン・パーシバが映画版のメガホンを取るそうなので、ドラマ版の魅力を活かした映画が作られるのではないかと期待出来ます。 公開日や詳しいあらすじなどは不明ですが、『ダウントン・アビー』ファンは続報を楽しみに待ちましょう。