2018年11月13日更新

【訃報】マーベル・コミックの伝説、スタン・リーが逝去

©Sthanlee Mirador/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

数々のヒーローを生み出し続け、「マーベルの父」として親しまれてきたスタン・リー。2018年11月12日に惜しまれながら亡くなった彼の代表作と、関係各位からの追悼コメントを紹介していきます。

「マーベルの父」、スタン・リーが95歳で逝去

2018年11月12日。数多くのヒーローを産み出したアメコミ界の巨匠・スタン・リーが、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターで、肺炎により息を引き取りました。 「マーベルの父」と呼ばれるほど多くのヒーローを産み出し、自ら「スマイリー・スタン」を名乗るほどいつも笑顔を絶やさなかったスタン・リー。数多くのヒーロー映画にカメオ出演する姿はチャーミングで、世界中のファンを魅了し続けてきました。 余談ですが、「ギネス世界記録に世界で最も多くの作品が映画化されたコミック作家、そしてカメオ出演した映画作品の興行収入が世界一の俳優」としてギネス世界記録にも登録されてます。 おそらくこの記録は、今後破られることはないのではないでしょうか?

アイアンマン、スパイダーマン、ブラックパンサー……数多くの人気キャラクターを産み出した巨匠

スタン・リーが産み出したヒーローは数え切れません。 アイアンマン、スパイダーマン、ドクター・ストレンジ、ブラックパンサー……。 今、世界を魅了しているヒーローたちの多くを世に送り出したのがスタン・リーなのです。 2017年に公開された上の動画では、数多くのヒーローを産み出してきた彼の、「ヒーローの数だけ、語るべき正義がある」という思いなどが語られています。この動画を見ると、スタン・リーはヒーローに完璧さを求めず、欠点を抱きながらも使命を胸に悪と対峙するキャラクターを作ってきたことがよくわかります。 「ヒーローである前に、一人の人間なのだ」という彼の言葉は、多くのマーベルヒーローに共通して言えることではないでしょうか?

業界に悲しみと感謝の声が広がる……追悼コメントの一部を紹介

アメコミ映画の実写映画化が世界を席巻する今、スタン・リーが果たした功績は極めて大きく、彼の死に際して、多くの著名人がSNSを通して追悼のコメントを発表しています。 ここでは、その中の一部を紹介します。

ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)

「スタン・リー以上に、ぼくのキャリアやマーベル・スタジオに影響を与えた人はいない。スタンは特別な遺産を遺してくれた。それは私たちの死後も生き続けていくだろう。彼のご令嬢、ご家族、そして彼のファンにお悔やみを申し上げます。」

ルッソ兄弟(「インフィニティ・ウォー」ほかMCU作品監督)

「ぼくらの子ども時代を喜びで満たしてくれて、ありがとう。たまらなく寂しくなるだろうな……。」

クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース / キャプテン・アメリカ役)

「スタン・リーのような人はもう二度と現れないだろう。彼は何十年にも渡って、冒険や逃避、安らぎと自信、刺激、強さ、友情と喜びをもたらした。彼の溢れんばかりの愛情と優しさは、きっと、ものすごく多くの人の心に跡を残す。エクセルシオール!」

ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク / アイアンマン役)

「彼には恩がある……スタン、どうか安らかに眠ってくれ」

トム・ホランド(ピーター・パーカー / スパイダーマン役)

「いったい、どれだけの人が彼に恩があるだろう?ぼくもまたその一人だ。マーベルの父は多くの人を、信じられないほど幸せにした。なんという人生だろう。なんという偉業だろう。スタン、どうか安らかに。」

クリス・プラット(ピーター・クイル / スター・ロード役)

「あなたの全てにありがとう、スタン・リー!なんて素晴らしい生涯だったんだろう。あなたが作った世界の中で演技ができた僕はとても幸運な人間でした」

トム・ハーディー(エディ・ブロック / ヴェノム役)

View this post on Instagram

With the greatest of respect ❤️

Tom Hardyさん(@tomhardy)がシェアした投稿 -

「最上の敬意を込めて」

ヒュー・ジャックマン(ローガン / ウルヴァリン役)

「創造の天才を失った。スタン・リーは、スーパーヒーローの世界の先駆者だった。少しでも彼の遺産の一部になることができたこと、そして……彼が生み出したキャラクターを現実にする手伝いができたことを誇りに思うよ。」

親愛なる隣人にして真に偉大なヒーロー、スタン・リーに最大級の感謝を

数多くのヒーローを創造し、そして自身の手で多くの人を笑顔にしてきたスタン・リー。彼こそ、真に親愛なる隣人であり、偉大なヒーローだったと言えるでしょう。MARVELのオフィシャルサイトには、彼のコメントとして、こんな言葉が紹介されています。

“I used to be embarrassed because I was just a comic book writer while other people were building bridges or going on to medical careers. And then I began to realize: entertainment is one of the most important things in people's lives. Without it, they might go off the deep end. I feel that if you're able to entertain, you're doing a good thing.”

「ぼくはかつて、周りの人たちが橋を造ったり、医学の道に進む中で、自分がマンガ描きでしかなかったことを恥ずかしく思っていたことがあった。だけど人々の人生にとって"楽しむこと"は最も大切なことのひとつなんだということに気がついたんだ。それが無ければ、頭がおかしくなってしまうこともある。もし君が誰かを楽しませることができるのなら、君はとても素晴らしいことをしている、とぼくは思うよ。」 エンターテイメントの世界で生きてきた彼らしい名文ではないでしょうか? スタン・リーが好んで使っていた「Excelsior(エクセルシオール)」という言葉はラテン語で、日本語では「優れた」、「気品のある」、「常に向上する」というポジティブな意味のある言葉でした。 彼の作品だけでなく、彼の人生にもぴったり当てはまる言葉ですね。